2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フランスのストライキ、年末年始の解消は絶望的。 | トップページ | フランスの大規模ストライキ、2019年12月31日大晦日も継続中! »

2019年12月29日 (日)

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 準備編。

19lon3
旅行を組み立てる時に私の場合はまず休暇の日程が確定してから手配を始める。今回の休暇は2019年2月28日(木)から3月4日(月)までの5日間。日程が確定し、ディスティネーションが確定してから、私はまず航空券を探し始める。今回の場合は、現地滞在時間を最大にするためには、やはりエールフランス深夜便を使うことがベストなので検索してみると、2月は航空券価格も安く、代替ルートを探す必要もなく予算内なのであっという間に確定。このルートだったら休暇初日の朝にはロンドン・ヒースロー空港に到着できる。

2/27 AF293 HNDCDG 23:50 04:40+1
2/28 AF1680 CDGLHR 07:20 07:45

3/03 AF274 CDGHND 23:20 19:25+1
※AF=エールフランス HND=羽田 CDG=パリ LHR=ロンドン・ヒースロー

結果としてはエールフランスを選んでしまったんだけど、実を言うとほんの少しの価格差で、JAL深夜便を使って羽田からロンドンに飛び、オープンジョーでパリから帰るという方法があり、行きも帰りも直行便だし、日本語が通じるJALは楽なので、少しだけ迷っていた。エールフランスには1月に上海行きだけど乗ったばかりだし、JALでもいいかなぁと迷っていた。

航空券を確保したら、次に宿泊地点を決める。今回の宿泊は全部で3泊だけど、どこに宿泊をするか。初日は、到着後すぐに観光するために荷物を預かってもらう関係でロンドンに確定。問題は2泊目と3泊目。

2泊目は、ロンドンに連泊するか、ドーヴァーに宿泊するか。ロンドンからドーヴァーまでは高速列車を使えば1時間半をみておけばたどり着けるので、ロンドン連泊でフランスへの移動日にドーヴァーに向かってもOK。それにロンドンをちゃんと観光しようと思えば、2日でも足りない。でも、将来的にコッツウォルズなどの地方都市を周遊することを考えれば、今回はロンドンではなく地方都市を巡るのもいいかもしれない。地図を見るとロンドンからドーヴァーの途中にちょうどよくカンタベリーの町がある。ロンドンは前回の訪問から期間が開いているものの、以前に観光しているのでそんなに観光しなくてもいいかなぁ。それよりも地方の旅「入門」としてカンタベリー観光を優先することにして、2泊目はカンタベリーに宿泊しよう。

最後に3泊目。テーマを「ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅」としてしまったので、ゴール地点はパリを前提として考えてみるものの、パリは2ヶ月前の2019年1月に訪れたばかりで特別にやることはない。ドーヴァーからフェリーの到着地であるカレーも町が小さい。そうなると、リールは前回もお気に入りの町なのでリールでもいいかもしれないけれど、2017年に訪れたばかりなので、新たな見所は少ない。パリ・シャルル・ド・ゴール空港へのアクセスの良い場所を考えると、リール以外だとけっきょくはパリが無難かなぁ?と、今回は消極的な理由でパリを選択。これで大まかな旅程が完成。

2/27 仕事帰りに羽田空港23:50発エールフランスAF293便でパリへ。(機内泊)
2/28 パリで乗り継ぎ、朝ロンドンへ。着後ロンドン観光。(ロンドン泊)
3/1 昼頃にロンドンからカンタベリーに移動し、カンタベリー観光。(カンタベリー泊)
3/2 朝、カンタベリーからドーヴァーへ。フェリーでカレーへ。カレーから列車でパリへ。(パリ泊)
3/3 夜までパリ観光。シャルル・ド・ゴール空港23:20発AF274便で羽田へ。(機内泊)
3/4 19:25羽田空港到着。

次に大きな移動を考える。ロンドンからカンタベリーの列車は、事前に予約すれば半額くらいなので、インターネットで予約する。オペレーターは、サウスイースタン鉄道“Southeastern Railway”。インターネットで手配して、現地の自動券売機から予約番号を入力して切符を出力する方式。
Southeastern Railway
https://www.southeasternrailway.co.uk/

ドーヴァーからカレーのフェリーもインターネットで予約。現在、徒歩で乗船できるのはP&Oフェリーのみ。
P&O Ferries
http://www.poferries.com/eu/dover-calais

カレーからパリの移動も事前に手配した方が安いのでSNCFで予約。居住国を日本ではなくフランスにし設定すれば、その場で代理店を通さない価格で購入できて、PDFの切符を印刷するだけ。もしくはアプリでも可能。
SNCF
https://www.oui.sncf/

私の事前の手配は、いつも大きな移動のみ。ロンドンでどこに行こうか、パリでどこに行こうかはあとで考えればいい。だって、その日の天候によっても変わってくるし、私の旅は行き当たりばったり。でも、今回は、いつもより計画的に手配した方じゃない?

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« フランスのストライキ、年末年始の解消は絶望的。 | トップページ | フランスの大規模ストライキ、2019年12月31日大晦日も継続中! »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フランスのストライキ、年末年始の解消は絶望的。 | トップページ | フランスの大規模ストライキ、2019年12月31日大晦日も継続中! »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ