2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

フランスの大規模ストライキ、2019年12月31日大晦日も継続中!

311219
2019年12月5日に始まったフランスの大規模ストライキは、2019年12月31日の大晦日“Saint-Sylvestre”まで継続中。少なくとも政府と労働組合の次回の話し合いは2020年1月7日となっており、エピファニー“Épiphanie”(公現祭)までは継続しそう。

311219sncf1
しかし、SNCFについては、スト初日の2019年12月5日には運行本数は1/10とか1/6だったのに、TGVの運転本数は全体の1/2となっており、Ouigo以外はTGVの半分以上は動いているので、なんとか国内移動は可能となっており、SNCFは実は以前よりも運行本数は回復している。

311219sncf2
T E R(Transport Express Régional)についても同様に、スト開始日の2019年12月5日には1/10だったのに、今日は5/10なので、およそ半分の列車はバスの代行も含めて運行されるので、移動ができないわけではない。

Mvt311219
パリのメトロについては、通勤時間帯のみの運行となっている。やはり、終日運転しているのは無人自動運転のメトロ1号線、14号線のみとなるので、大晦日の今日、パリ観光をするのならパリ右岸の観光がメインで組み立てるしかない。左岸については、夕方の時間帯(15:30〜18:30)であれば、メトロを使って行くことができる。なお、ボン・マルシェの最寄駅であるセーヴル・バビロヌ駅“Sèvres-Babylone”や、エッフェル塔の最寄駅のトロカデロ駅“Trocadéro”は終日閉鎖されているので要注意。また、左岸を移動するのに便利なメトロ6号線は終日動いていない。

大晦日夕方から元旦の正午まではメトロは無料開放される。おそらく、メトロ1号線は、日本のラッシュ時の電車と同じように大混雑となる。無料開放されるということは、お金がない人でも乗ることができる。すなわち、スリも乗っていると考えた方がいい。フランスはなんでもおしゃれな夢の国ではない。くれぐれも、大晦日のカウントイベントは楽しいけれど、スリに出会ってしまうと、楽しい気分が台なしになってしまうのでご注意を!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月29日 (日)

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 準備編。

19lon3
旅行を組み立てる時に私の場合はまず休暇の日程が確定してから手配を始める。今回の休暇は2019年2月28日(木)から3月4日(月)までの5日間。日程が確定し、ディスティネーションが確定してから、私はまず航空券を探し始める。今回の場合は、現地滞在時間を最大にするためには、やはりエールフランス深夜便を使うことがベストなので検索してみると、2月は航空券価格も安く、代替ルートを探す必要もなく予算内なのであっという間に確定。このルートだったら休暇初日の朝にはロンドン・ヒースロー空港に到着できる。

2/27 AF293 HNDCDG 23:50 04:40+1
2/28 AF1680 CDGLHR 07:20 07:45

3/03 AF274 CDGHND 23:20 19:25+1
※AF=エールフランス HND=羽田 CDG=パリ LHR=ロンドン・ヒースロー

結果としてはエールフランスを選んでしまったんだけど、実を言うとほんの少しの価格差で、JAL深夜便を使って羽田からロンドンに飛び、オープンジョーでパリから帰るという方法があり、行きも帰りも直行便だし、日本語が通じるJALは楽なので、少しだけ迷っていた。エールフランスには1月に上海行きだけど乗ったばかりだし、JALでもいいかなぁと迷っていた。

航空券を確保したら、次に宿泊地点を決める。今回の宿泊は全部で3泊だけど、どこに宿泊をするか。初日は、到着後すぐに観光するために荷物を預かってもらう関係でロンドンに確定。問題は2泊目と3泊目。

2泊目は、ロンドンに連泊するか、ドーヴァーに宿泊するか。ロンドンからドーヴァーまでは高速列車を使えば1時間半をみておけばたどり着けるので、ロンドン連泊でフランスへの移動日にドーヴァーに向かってもOK。それにロンドンをちゃんと観光しようと思えば、2日でも足りない。でも、将来的にコッツウォルズなどの地方都市を周遊することを考えれば、今回はロンドンではなく地方都市を巡るのもいいかもしれない。地図を見るとロンドンからドーヴァーの途中にちょうどよくカンタベリーの町がある。ロンドンは前回の訪問から期間が開いているものの、以前に観光しているのでそんなに観光しなくてもいいかなぁ。それよりも地方の旅「入門」としてカンタベリー観光を優先することにして、2泊目はカンタベリーに宿泊しよう。

最後に3泊目。テーマを「ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅」としてしまったので、ゴール地点はパリを前提として考えてみるものの、パリは2ヶ月前の2019年1月に訪れたばかりで特別にやることはない。ドーヴァーからフェリーの到着地であるカレーも町が小さい。そうなると、リールは前回もお気に入りの町なのでリールでもいいかもしれないけれど、2017年に訪れたばかりなので、新たな見所は少ない。パリ・シャルル・ド・ゴール空港へのアクセスの良い場所を考えると、リール以外だとけっきょくはパリが無難かなぁ?と、今回は消極的な理由でパリを選択。これで大まかな旅程が完成。

2/27 仕事帰りに羽田空港23:50発エールフランスAF293便でパリへ。(機内泊)
2/28 パリで乗り継ぎ、朝ロンドンへ。着後ロンドン観光。(ロンドン泊)
3/1 昼頃にロンドンからカンタベリーに移動し、カンタベリー観光。(カンタベリー泊)
3/2 朝、カンタベリーからドーヴァーへ。フェリーでカレーへ。カレーから列車でパリへ。(パリ泊)
3/3 夜までパリ観光。シャルル・ド・ゴール空港23:20発AF274便で羽田へ。(機内泊)
3/4 19:25羽田空港到着。

次に大きな移動を考える。ロンドンからカンタベリーの列車は、事前に予約すれば半額くらいなので、インターネットで予約する。オペレーターは、サウスイースタン鉄道“Southeastern Railway”。インターネットで手配して、現地の自動券売機から予約番号を入力して切符を出力する方式。
Southeastern Railway
https://www.southeasternrailway.co.uk/

ドーヴァーからカレーのフェリーもインターネットで予約。現在、徒歩で乗船できるのはP&Oフェリーのみ。
P&O Ferries
http://www.poferries.com/eu/dover-calais

カレーからパリの移動も事前に手配した方が安いのでSNCFで予約。居住国を日本ではなくフランスにし設定すれば、その場で代理店を通さない価格で購入できて、PDFの切符を印刷するだけ。もしくはアプリでも可能。
SNCF
https://www.oui.sncf/

私の事前の手配は、いつも大きな移動のみ。ロンドンでどこに行こうか、パリでどこに行こうかはあとで考えればいい。だって、その日の天候によっても変わってくるし、私の旅は行き当たりばったり。でも、今回は、いつもより計画的に手配した方じゃない?

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月27日 (金)

フランスのストライキ、年末年始の解消は絶望的。

Mvt271219
ル・モンド“Le monde”によると政府と労働組合の次回の話し合いは2020年1月7日となっており、どうやら、フランスの大規模ストライキはクリスマス休暇、エピファニー“Épiphanie”(公現祭)が終わるまでは継続しそうな気配。

もしも、年末年始をパリで過ごす予定にしている人は、今からでもホテルを無人自動運転のメトロ1号線、メトロ14号線沿いに変更することをお勧めする。ロワッシーバスについては平常運行しており、サン・ラザール駅まで歩けばメトロ14号線に乗り継ぐことが可能。12/31大晦日のカウントダウンイベントに参加する予定があるのなら、昨年の私のようにシャンゼリゼ大通りからオペラまでならば歩ける距離なので、オペラ周辺にホテルを確保するのがベストかもしれない。過去の傾向を見ると休日モードになるとメトロ1号線と14号線以外は全運休となる場合があり、その場合、1月1日の移動はかなり困難になる。帰路の空港行きについては、たいていホテルに乗合シャトルバスのパンフレットが置いてあるので、ホテルに到着時にレセプションで予約をして、帰路の空港までの足を確保した方が安心。

※参考:休日モード、2019年12月15日(日曜日)のパターン
いつまで続く?フランスの大規模ストライキ。
http://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-636a1c.html

大晦日まではお店も通常営業しているので、パリを楽しむことは十分にできるけれど、コースの組み立ては基本的にはメトロ1号線と14号線で組み立てること。前回も書いた気がするけれど、パリは歩いて巡ることもできる。歩いて巡るパリは普段とは違う発見があるはず。「まだ知らない」パリを感じるためにも旅行をキャンセルするのはもったいない。

私のお勧めはチュイルリー公園“Jardin des Tuileries”でのマルシェ・ド・ノエル“Marché de Noël des Tuileries”。メトロ1号線沿いなのでアクセスが簡単で、エピファニー“Épiphanie”(公現祭)まで開催されている。

*******************************************
Réforme des retraites : la mobilisation, désormais aussi longue que celle de 1995, se poursuit
La situation dans les transports sera toujours perturbée vendredi, même si la SNCF annonce une légère amélioration pour les TVG et les Ouigo.

Le Monde avec AFP Publié hier à 15h11, mis à jour hier à 20h54

https://www.lemonde.fr/politique/article/2019/12/26/reforme-des-retraites-la-mobilisation-desormais-aussi-longue-que-celle-de-1995-se-poursuit_6024112_823448.html

Le conflit social autour de la réforme des retraites est entré, jeudi 26 décembre, dans sa quatrième semaine avec des transports toujours très perturbés par les grèves. Aucune porte de sortie ne semble visible pour l’heure. Blocages de bus, coupures d’électricité, raffineries à l’arrêt, ou encore déjeuners « festifs » et représentation du Lac des cygnes sur le parvis de l’Opéra de Paris par des danseuses en grève… Les syndicats ont multiplié les initiatives un peu partout. D’autres actions sont prévues dans toute la France, samedi 28 décembre.

・Un peu plus de TGV en circulation vendredi
Les prévisions de trafic pour le vendredi 27 janvier sont un peu meilleures que celles de jeudi sur les lignes rapides avec 6 TGV sur 10 et 7 Ouigo sur 10. Peu de changement en revanche sur les liaisons régionales : 1 Transilien sur 5, 1 Intercités sur 3 et 4 TER sur 10. La SNCF prévoit quatre Eurostar sur cinq, deux Thalys sur trois et deux Lyria sur cinq.

Concernant le week-end de chassé-croisé des vacances de Noël, du 27 au 29 décembre, le groupe ferroviaire avait annoncé mardi qu’il comptait faire rouler 6 TGV sur 10, soit « 20 % de trains en plus par rapport au premier week-end de départs en vacances ».

Le taux de grévistes à la SNCF a légèrement baissé à 9,6 % jeudi matin, contre 9,8 % mardi, au vingt-deuxième jour consécutif de grève reconductible, d’après les chiffres donnés par la direction du groupe public.

Dans le détail, parmi les personnels indispensables à la circulation des trains, un peu moins de la moitié des conducteurs (42,1 %) et le quart (24 %) des contrôleurs étaient grévistes, des taux en recul par rapport à mardi (49,3 % chez les conducteurs), jour du réveillon de Noël et précédent jour de publication de ces taux. Le taux des aiguilleurs ayant cessé le travail a, lui, légèrement augmenté à 13,8 %.

Cinq lignes de métro toujours complètement fermées
Du côté de la RATP, deux lignes de métro fonctionneront normalement vendredi, comme depuis le début du mouvement : la 1 et la 14, qui sont automatisées. Cinq lignes – 3bis, 5, 6, 7bis et 13 – resteront complètement fermées.

Le trafic sera perturbé sur le reste des lignes, avec plusieurs stations fermées. Les 3, 4, 7, 8, 9 et 10 fonctionneront aux heures de pointes. Les 2 et 11 fonctionneront uniquement le matin (de 6 h 30 à 9 h 30) tandis que la 12 fonctionnera, elle, uniquement le soir (16 h 30 à 19 h 30).

Le trafic RER restera lui très perturbé, malgré une amélioration.

Lire aussi : Les grévistes de la RATP prêts à une lutte « coûte que coûte »

・« Pas de risque de pénurie » de carburants, selon le ministre de l’intérieur
Le ministre de l’intérieur, Christophe Castaner, a souligné jeudi que sur les 200 dépôts en France, seuls deux « font l’objet d’un blocage ». « Il n’y a aucun risque de pénurie », a-t-il précisé lors d’un déplacement en Seine-et-Marne consacré à la sécurité routière.

Pour éviter un risque de comportements « qui ne seraient pas rationnels », M. Castaner a invité « chacune et chacun à ne pas se précipiter dans les stations-service ». Depuis le début du mouvement de grève contre le projet de réforme des retraites le 5 décembre, le gouvernement insiste sur l’absence de risque de pénurie de carburants.

・Reprise des négociations le 7 janvier
L’ombre de 1995 plane, jeudi, au vingt-deuxième jour de mobilisation : le conflit avait alors duré autant, entre le 24 novembre et le 15 décembre. La mobilisation actuelle semble bien partie pour dépasser le record de vingt-huit jours atteint en 1986-1987 à la SNCF, également sans trêve de Noël, pour la défense des salaires et les conditions de travail.

Lire aussi : Avec la réforme des retraites, l’or de la campagne présidentielle s’est transformé en plomb

Le collectif SOS Retraite, qui regroupe des professions libérales disposant de régimes autonomes, appelle à la grève le 3 janvier. Parmi eux, quatre syndicats d’hôtesses et stewards ont suspendu leur appel après avoir obtenu des garanties de la part de l’exécutif, et le syndicat des pilotes SNPL pourrait faire de même.

Autre prochain temps fort du conflit social : le 9 janvier, avec une nouvelle journée de grèves et de manifestations interprofessionnelles à l’appel de la CGT, Force ouvrière, la FSU et Solidaires, de même que des organisations de jeunesse. Deux jours plus tôt, le 7, des concertations auront repris entre le gouvernement et les organisations syndicales et patronales autour des questions de pénibilité et de gestion de fin de carrière, avant la présentation du projet de loi en conseil des ministres le 22 janvier.

Laurent Pietraszewski, le nouveau « M. retraites » du gouvernement, a prévenu : pas question de revenir sur la « suppression des régimes spéciaux ». Et il a fermé la porte à certaines revendications des syndicats CFDT et UNSA, favorables à la réforme, notamment celle de réintégrer quatre facteurs dans le compte pénibilité (postures pénibles, vibrations mécaniques, port de charges lourdes et agents chimiques).

Lire aussi Réforme des retraites : six questions sur le système par points au cœur des inquiétudes

・Un député LRM invite les commerçants à demander un report du paiement de leurs impôts
Le député de Paris Sylvain Maillard, porte-parole du groupe La République en marche (LRM) à l’Assemblée nationale, a invité jeudi les commerçants dont les revenus ont été touchés par les mouvements sociaux à demander « un report de charges, un report fiscal ».

« Il n’y a qu’à demander, c’est un Cerfa, donc un formulaire tout simple, recto verso, disponible sur le site du ministère. »

Avec ce « différé de paiement de charges », les entreprises concernées pourront « retrouver de la trésorerie dans ce moment un peu compliqué pour nos commerçants », a-t-il souligné.

Le gouvernement avait décidé le 11 décembre de réactiver des mesures d’aides déjà utilisées lors du mouvement des « gilets jaunes » (étalement de paiement de leurs cotisations fiscales et sociales, mesures de chômage partiel…) pour répondre notamment aux préoccupations du secteur du tourisme.

Les représentants des commerçants et des hôteliers-restaurateurs franciliens avaient fait état à la mi-décembre de chutes d’activité allant de 25 à 60 %. M. Maillard a souligné à titre d’exemple que dans les 1er, 2e, 8e et 9e arrondissements de la capitale, les hôtels sont « à moitié remplis alors que normalement on est dans une période de l’année totalement pleine ».

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月25日 (水)

ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅。

Joyeux Noël !

19lon1
このところ、死ぬまでに自分の目で見たいと思っているディスティネーションは行き尽くしていて、残っているのは交通の便が悪くて休暇5日間で行くことのできる新規ディスティネーションの開拓が難しくなってきている。そこで、以前に訪れてから15年以上経っているディスティネーションについては、自分の中にある「先入観」を更新するために再訪しようと思い始めている。きっと、私の視点も変化しているので、以前の訪問では気がつかなかった新しい発見があるはず。この旅行記ブログ「まだ知らないどこかへ」は2010年ごろからの旅行を旅行記にしているので、それ以前のディスティネーションの中には、ブログにはまったく出てこない国がある。例えば、ヨーロッパの中では、イギリスとドイツはメジャーなディスティネーションでありながら、この旅行記にはまったく登場していない。実はロンドンには過去3回ほど訪れているんだけど、最後に訪れたのは2003年3月。ドイツは、2004年9月にツアーではなく個人旅行で、ヴュルツブルク、ローテンブルク、ノイシュヴァンシュタイン城、ミュンヘン、ベルリン、サンスーシ宮殿などを訪れているんだけど、フルコースで周遊してしまった影響で新たなコースが生み出せずに1回しか行っていない。最近、特に情報を更新すべきだと考えているのは、イギリスとドイツ。

その中でもイギリスについては、好きな人は本当に大好きだし、ロンドンのリピーターなんて数多くいると思うんだけど、私は3度の訪問で物価が高くて、ビールはぬるくて、食事が美味しくないという「偏見」を持ってしまっていて、実に16年間も行っていない。しかも訪れたのはロンドンだけでイギリスのごく一部分であるにも関わらず、私の中でイギリスのイメージを全体化して、固定化してしまっている。私が大嫌いな、一部分だけを切り取って全体化、一般化するということを私はイギリスについて行ってしまっている。コッツウォルズや湖水地方、スコットランドなどの魅力ある「まだ知らないどこか」があるにも関わらず、私の中にイメージの固定化のために、フランスやイタリア、スペインなどの間違いなく食事が美味しいディスティネーションに負けてしまっている。「思い込みや偏見からの解放」をテーマにしている私としては、これは本当に良いことではない。

イギリスに行かなければなぁと思ったきっかけは、数年前のパリのオデオンにあるル・コントワール・デュ・ルレ“Le comptoir du Relais”。隣に座ったロンドン駐在で旅行に来ていた若い日本人カップルとたまたま話をして、ロンドンもオリンピック後は食事もまともになったという話を聞いていて、私の中にある「固定観念」や「偏見」を更新しなければなぁと思っていた。

19lon2

そして、2017年秋にオードフランス地方のリールやダンケルクに行って、私のテーマであるフランスの国境地帯を歩く中で、ドーヴァー海峡を隔てたイギリスとの国境に興味を持ち始める。国境というのはお互いの文化の影響を受けているはず。陸続きとは違うだろうけど、ドーヴァー海峡を飛行機やユーロスターではなく、フェリーで渡ってみたい。ロンドンとパリを陸路・海路で移動してみたい。

もう一つの目的は、イギリス旅行入門。いずれはコッツウォルズや湖水地方にも行ってみたいと思い始めている。しかし、なにしろ私はイギリスのことをごく一部のロンドンしか知らないので、本格的なイギリスのいなかの旅「入門」としてロンドンから陸路でドーヴァーに向かうのもおもしろい。「入門」をもとに、いずれはコッツウォルズ・レンタカー・ドライブ旅行などに発展できるかもしれないし。

ということで、2019年3月の旅は、今後のイギリス地方の旅への序章として、 ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅に決定。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月22日 (日)

Hotels.comのリワードは12ヶ月以内にたった1泊すれば、無期限に宿泊数を貯められる!

旅のテクニックについては、過去にホームページを作成しようとしたこともあるんだけど、時代によって使うサイトも変わってくるし、情報の更新が面倒であるために、事実上は頓挫している状況。でも、ホームページも更新できていないことだし、たまには、私がどのように個人手配旅行を組み立てているかについて書いてみることにする。今回は私の現在のホテルの予約方法。だけど、私がまとめてみるよりも、実際に旅行に行っていないのに、部屋に閉じこもったままインターネット上の情報だけをかき集めて、他人の写真を勝手に無断で盗んで、あたかも旅の専門家が書いたようなキュレーションサイトやまとめサイトの方が、見やすいかもしれないけれど。その人たちは、他人の写真を盗んで、あたかも自分の体験のような記事を書くことで収入を得ることが「仕事」なので、どんなに私がリアルの体験談を書いたところでかなうわけがない。


(1)まずはBooking.comで口コミ情報を収集

私の海外旅行のホテル探しは、Booking.comがスタート地点。場所や値段だけではなく、口コミ情報が載っており、点数だけではなく口コミ情報を含めてホテル選びをする。その際に、重要なことは、日本人による日本語のコメントがないホテルもチェックすること。

2019hotel01
実験として2019年12月21日現在、パリで2019年12月31日から1泊、シングルで検索をかける。今回はクリスマス休暇までストライキが継続していることも考慮して、空港バス“Le Bus Direct”にも乗れて、メトロ1号線と14号線のどちらも利用できるリヨン駅周辺をねらってみる。基本的に私はロケーションと価格優先なので地図で検索する。地図上で12,880円のホテルを発見。

2019hotel02
「ハルヴェディア」“Helvetia”をチェックしてみることにする。7.6点なので、総合的な点数としては特別良くはないけれど、まぁ普通だろう。

2019hotel03
口コミ情報をチェック。朝食が豪華だったなどのコメントがあれば、私にとってはポイントが高い。日本人って、ネガティブなコメントを書くのが好きな人が一定数はいる。全体的に見て数が少なければ無視してもいいけれど、複数のネガティブなコメントは要注意。私は、ネガティブなコメントを読むのって好きだったりする。ヨーロッパの建物は歴史がある建物なので、エレベータは後づけのために1人とスーツケースだけしか乗れないエレベータは結構ある。それにしてもどんなに狭いらせん階段なんだろう?と興味を持ってしまう。

2019hotel04
私は価格と立地しか求めていないので、たぶん、今回は空想旅行だけど私にとってはこのホテルは合格点。ホテル選択の候補はこんな感じで決めている。

2019hotel05
Bookig.com
https://www.booking.com/index.ja.html

料金的にも合格点。朝食の料金もパリにしては安い。こんな感じで基本的にはBooking.comでホテル選びをしている。ホテルレートは手数料を足したら11,085円。このホテルは、私は“Genius”会員のレベル2になっているけれど割引にはならない。


(2)トリバゴTrivagoで検索


私の場合は、最初に横断検索サイトのトリバゴで検索ではなく、Booking.comで口コミ情報をもとにホテルの候補を見つけてからトリバゴでホテル予約サイトの横断検索をかける。お目当てのホテルがBooking.comよりも安いオファーが出ているホテル予約サイトをチェックする。ここで、大事なのは、ホテル予約サイトのホームページまで行って、実際に空き情報が正しいか、値段に相違がないかチェックする。その際に、数十円の差であれば、為替レートの相違であり、ユーロ建てだと同じ価格だという場合が多い。Booking.comで特別価格と表示されているホテルは、実はエクスペディアやホテルズドットコムでも同様のオファーが出ている場合が多い。

2019hotel06
トリバゴで検索。12,874円のホテルが、先ほどのハルヴェディア“Helvetia”に違いない。周囲を見ても、トリバゴで検索をかけてもこのホテルが価格的にリーズナブルなホテルであることがわかる。

2019hotel07
たぶん、為替レートの微妙な違いで、Booking.comでもExpediaでもHotels.comでもユーロ建てだったら価格は一緒なんじゃないかなぁ?体験的には、たまにagodaが安いレートを出すことがあるんだけど、今回の場合、ホテルから各ホテル予約会社に提示されているレートはユーロ建てでは同一ではないのかなぁ?

2019hotel08
Hotels.com
https://jp.hotels.com/
一応、各ホテル予約サイトを調べてみることにするとHotels.comでは、11,585円。このホテルはHotels.comリワード対象となっており、10泊したら1泊無料になる宿泊数にカウントできる。

2019hotel09  
Expedia
https://www.expedia.co.jp/
Expediaでは、12,873円。微妙な差がある場合、為替レートの微妙な違いと手数料などを合計すると、結果的に予約画面まで進むと、おそらくユーロ建てだとどのホテル予約サイトでも大差はない感じ。実際、3つのホテル予約サイトを検索してみても、たいていは円建てにする際のレートの違い程度の場合が多い。すなわち、どのサイトを使っても、あまり変わらない場合が多いということ。


(3)チェーン系のホテルは直販サイトを必ずチェック!

フランス旅行が多い私にとって、アコーホテル系(イビス、イビススタイルズ)などは、会員登録をした上で、ホテル直販サイトから予約すると5%割引となって最安値となる場合が多い。アコーホテル系に限らず、チェーン系ホテルについては会員登録をするだけで安くなる場合もあるので必ずチェックすること。小さなホテルでも自社の予約サイトを持っているところはチェックした方がいい。ホテル予約サイトで満席でも空室がある場合があるし、独自のレートを出しているところもある。


(4)ホテル予約サイトの特徴
最後に、ホテル予約サイトの特徴を書いてみるけれど、私のホテル選びが偏っているかもしれないので、人によって違うかもしれない。

Booking.com(ブッキングドットコム) 

おそらくホテル予約サイトでは先駆的で、最も規模が大きい。サポートもしっかりしており要望やコメントを入力するとちゃんと返事が来る。“Genius”会員プログラムは、ハードルが低く設定されており、2年以内に2泊するだけでGenius会員レベル1になり、5泊するとレベル2になる。レベル2になると、「対象ホテル」が10%または15%の割引となり、無料で朝食をついてきたり、無料でアップグレードを受けられる。私はレベル2の会員ではあるけれど、安いホテルしか予約しないため、朝食無料やアップグレードのオファーに当たったことはなく、10%割引もすべてのホテルではなく「対象ホテル」に限られており、今回の検索のように当てはまらず、実はあまり会員特典の恩恵は感じていないんだけど、ホテルを知る口コミ情報は優位性があり、私の場合は結果的にBooking.comの利用が一番多い。


Expedia(エクスペディア)

世界最大の旅行会社であり、航空券の検索では優位性があり、使い勝手もよいために航空券に関しては料金が最安値でなくともリーズナブルであれば、私はたまに利用している。それに、ホテル登録の件数もBooking.comに劣らない。会員登録するだけで、ブルー会員となり「対象ホテル」が10%割引になる。シルバー会員になるには1年間に7泊が必要なので、頻繁に旅行に行かない限りシルバー会員になることは難しい。さらに、ブルー会員の10%割引については、Booking.comと同様で「対象ホテル」に限られており、実際にはそのホテルはBooking.comでも「対象ホテル」となっているために比較してみると金額が同等であることが多い。

2019hotel10
アメリカンエクスプレス等のクレジットカードの優待で「8%割引コード」がもらえるのであれば、Booking.comよりも安く手配できる場合がある。


Hotels.com(ホテルズドットコム)

このところ、テレビでコマーシャルを見かけるのがHotels.com。かつて、私はVenereというホテル予約サイトでたまに予約していたんだけど、最近どうも見かけないと思ったらhotels.comと合併したみたい。会社としてはExpediaのグループ会社なので信頼性はあるんだけど、検索結果もエクスペディアとほぼ同等の金額の場合が多い。過去に利用したことはあるんだけど、使用頻度としてはBooking.comとExpediaがほとんどで、めったに利用していない。その時は10泊すると1泊無料というプログラムはなかった気がするんだけど、最近のテレビのコマーシャルに影響されてつい調べてみることにする。私もテレビコマーシャルを見て調べようと思うきっかけとなっており、テレビコマーシャルってやっぱり影響がある。

2019hotel11
https://jp.hotels.com/hotel-rewards-pillar/hotelscomrewards.html

このプログラムの最大のポイントは、一番下に書かれているんだけど、最終宿泊日から12ヶ月経過すると無効になるんだけど、1年以内に1回でも宿泊すれば有効期限が切れることはない。すなわち、事実上、無期限にコツコツ宿泊数を貯められるみたいなので、仕事で高頻度にホテルに宿泊することはなく、レジャーで低頻度しかホテルに宿泊しない私には合っているかもしれないなぁと思い始めている。値段はどの予約サイトでも大差ないんだから、コツコツ宿泊数を貯めるというこのプログラムの方が私にとっては恩恵があるかもしれないなぁ。きっかけがテレビのコマーシャルで知ったということが恥ずかしいんだけど、このプログラムはレジャーにしか使わず年間の宿泊数が少ない私には、ちょっといいかも。


agoda

実は利用したことがないんだけど、ヨーロッパのホテルにおいて、たまに上記3社が同じような価格であるにも関わらず、agodaだけが単独で安い場合があることは気がついている。しかし、ヨーロッパについてはBooking.comグループでありながら検索エンジンが違うみたいで、そもそもヒットするホテルが少ないために利用する機会がない。私は実際に自分が利用したことしか紹介しないつもりなんだけれど、検索をかけた時に単独で安い場合があることは認識しているので、選択の範囲にはいつも考えている。


私の海外ホテル予約は、基本は以上の4つのホテル検索サイトと、アコーグループなどについては直販サイトだけでほぼ完結している。実際に旅行が決まると、ホテルの口コミ情報などを元に選択肢となるホテルを見つけて、いくつかの選択肢となったホテルを比較し、さらにホテル予約サイトで料金を調べてお得なオファーがないかを探す。料金的にはあまりお得なオファーを見つけることは少ないんだけど、ホテルを探すという、そのプロセスを楽しんでいるような気がする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年12月19日 (木)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 4日目(4)中国東方航空で上海浦東空港から羽田空港へ(中国東方航空の機内食2019)。

18par1901
南京東路を歩くと上海旧市街の中心にある人民広場に着く。今回の上海トランジット観光は、トランジットの限られた時間内でやりたいと思っていたことをほぼ達成できたので、上海浦東空港に戻ることにする。

18par1902
人民広場駅から地鉄2号線に乗って「上海浦東機場駅」に向かう。帰り道は、料金の安い地下鉄を空港まで乗り通して戻ってみることにする。

18par1903
地鉄2号線の人民広場駅は、古い路線であり、開業時にはホームドアは設置されていなかったので、後から設置されたもの。

18par1904
電車は空港まで直通ではなく、途中駅の広蘭路駅止まり。下り電車は空いている。

18par1905
「広蘭路」は「簡体字」だと日本人には読みづらい。

18par1906
上海中心部から上海浦東空港に向かうにはこの駅で乗り換えとなるんだけど、私が乗ってきた電車の前の電車の乗り換え客がいるみたいで、すでにホームで待っている乗客が多く、ホームは人で溢れている。そして、市街中心部から広蘭路駅までは8両編成なのに、この駅から乗り継ぐ空港行きの電車は半分の4両編成となるみたい。乗り切れるのかなぁ?

18par1907
私の頭の中の「先入観」では、座席の奪い合いになると思っていたのに、広蘭路駅で座席の奪い合いになることはなく順序を守って乗車していて、内心ではびっくりする。「智者守序」が実践されている。私にとってはっと気づかされる出来事だったんだけど、できる限りニュートラルに観察しようと思っていても、内心ではどうしても「先入観」や「偏見」が私の頭の中に残っている。はっきり言って私は座席の奪い合いになると思っていた。自分の中に時代遅れの「偏見」を持っていることに気づかされて、恥ずかしい気分になる。出発時は立っている人もいてラッシュアワーのような状態だったけど、途中駅で下車する人がけっこういて、空港に近づく頃には車内はゆったりとしている。

18par1908
広蘭路駅での乗り換えの経験は、自分自身の持つ「偏見」を気づかされてよかったと思う。気づかされなかったら、これから私はずっと時代遅れの「偏見」を持ったまま、現実と異なる「思い込み」を続けるところだった。電車は上海国際機場駅に到着。

18par1909
ターミナル1に入る前に手荷物のX線検査があるので列に並ぶ。地下鉄でも行われているくらいだから中国の人はX線検査に慣れているのでスムーズに進む。おそらく、厳密に検査をしているわけではなく、テロや犯罪防止の抑止力のためなんじゃないかなぁ?それでも、設備費も人件費もかけているんだけど、安全、治安維持のためには必要という考え方なんだろう。日本だったら、事前に予測はできるけれど、発生率から考えれば滅多に起こらないであろう大規模テロへの抑止力よりも、利便性やコストの問題が優先されて、大規模テロ事件が起きて、かなり痛い目に合わない限りは整備されないだろうなぁ。そもそも、「性善説」の日本では緩すぎて、国内線は搭乗時に本人確認はされないので、悪意を持った人が偽名でまったく問題なく乗れてしまうし、平和すぎる日本では国内線伊丹空港でも国際線羽田空港でも、ナイフを持っていても通過できてしまう。それも1回ではなく発生しているのに、職員に注意喚起を促す程度で、システムを変更しようとはしない。

18par1910
上海浦東国際空港第1ターミナルは、繰り返しになるけれど、この第1ターミナルはパリ・シャルル・ド・ゴール空港を手がけたポール・アンドリューの設計。

18par1911
すでに搭乗券を持っているので出国審査に進む。中国の空港は出国審査に時間がかかると書かれていることがあるけれど、私は運が良いのかスムーズに手荷物検査、出国審査を通過できる。混雑していなかったのだと思うけれど、中国だからと言って、特別に時間がかかるというようなことはない。

18par1912
今回の「現地滞在時間31時間、パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行」で、最後のフライトは「ほんまもんの中国東方航空」のフライト。中国東方航空MU575便で東京羽田空港に向かう。18番ゲートからの出発で、特に遅延等の表示はない。

18par1913
パンダグッズのお店。

18par1914
空港内にファミリーマートがある。手荷物検査後の制限エリアにコンビニがあるのはうれしい。

18par1915
そんなに広いお店ではないけれど、出国後に普通の値段で現地のものを買える。

18par1916
中国というだけでケチをつけたい一部の人だったら、中国のカップラーメンなんて「不味くて食べられない」と言うに違いないけれど、「合味道」と書かれたこのカップラーメンだったら、どう反応するんだろう?中国製だけど「日清」だったら良いのかなぁ?そもそも、自室にこもってパソコンでネガティブな情報を集めているだけで実際に中国に来ることはないだろうし、このカップヌードルを手にすることはないか。

18par1917
2018年夏にプラハに向かう機内で、ドバイから乗った若い女性が持っていた緑色のカップヌードルが気になっていて、探してみたんだけど、緑色のカップヌードルはないみたい。私は気になってしまい、余った元を使って、中国製の日清カップヌードルをおみやげとして購入してしまう。日本に帰ってから食べると、なかなか美味しい。もっと買えばよかった。

18par1918
行きと同じプライオリティパスで使用できる「ファーストクラスラウンジ37」に入る。食事メニューを観察。上海風混ぜごはん。ピーナッツと鶏肉のソース炒め。

18par1919
カレーじゃがいもに上海焼きそば

18par1920
お腹はすいていないんだけど、ちょっとだけ味見してみたくなる。ファミリーマートでカップヌードルの現地版を見ていたら、現地のカップヌードルを試してみたくなってしまう。上海では食べてばっかり。

18par1921
中国のメーカーの紅焼牛肉麺、普通に美味しい。

18par1922
そろそろ今回の旅行で最後のフライトの時間が近づいてきた。このままだと、今回は「ほんまもんの中国東方航空」を使用したのに遅延やトラブルなしに帰国できてしまいそう。

18par1923
だけど、油断大敵。2016年、2017年、2018年と3年連続で私は帰国時にトラブルに巻き込まれているけれど、どれも搭乗するまでは正常だった。離陸するまで油断してはいけない。

18par1924
18番ゲートに着く。遅延の表示はなく、定刻通りの出発予定。

18par1925
中国東方航空の機材はエアバスA330-300。客観的なデータでは、2019年1月現在、フランス・トゥールーズ生まれの機齢1.6年の最新鋭機。この機材はこの日はホノルルから到着し、羽田空港に向かう。

18par1926
定刻通りにボーディングが開始となる。機齢1.6年の最新鋭機とあって、キャビン内もきれいだし、個人モニタも大きい。

18par1927
真面目な機内安全ビデオが始まる。

18par1928
東シナ海を横断するとあっという間に日本列島。

18par1929
中国東方航空の上海で積まれた機内食。ビールは青島啤酒(ピーチュウ)。上海で作られた機内食としての「先入観」や「偏見」を持たなければ、味つけは特別に口に合わないとは感じない。間違いなくまずくて食べられないレベルではなく、普通じゃないかなぁ?冬でもスイカが出るのは中国らしい。

18par1930
上海で積んだものだということがわかる、四角いご飯。いちいちごはんを盛りつけるのは面倒なので、製造上の問題なんだろうなぁ。

18par1931
中国茶を飲んで食後の余韻を楽しむ。中国東方航空に往復乗ってみたけれど、大きく遅延することもないし、サービスも特別良いとは思わないけれど、不快感はまったくない。トイレも汚れていることもない。

18par1932
「ほんまもんの中国東方航空はかなりひどいようですよ。まあご存じとは思いますが。」

実際に中国東方航空に搭乗する機会が今までなく、2016年10月にご質問いただいてから返答するまでに3年を要してしまいましたがお答えします。もちろん、時代はどんどん変化しており2016年の状況と2019年の状況では中国東方航空はさらに進歩していると思いますが、中国東方航空は「かなりひどい」ことはなく普通に快適でしたよ。3年越しで「お邪魔します」さんの質問に、ようやく回答できてよかった。もっとも「お邪魔します」さんだって3年の間に中国の進歩と同様に進歩されているわけなので、今さらの回答は必要ないと言われそうですが。

18par1933
20:50到着予定の中国東方航空MU575便は、定刻通りに羽田空港にアプローチ中。

18par1934
2019年1月2日、夜21時前に羽田空港に到着。日本ではまだまだお正月。今回の「現地滞在時間31時間、パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行」は、実際は「+上海トランジット観光9時間」の旅行。今回ほど、「行く!」と決心するまで悩んだ旅行もなかったかもしれない。何しろ、1泊だけのために、航空券が¥118,660で、ホテル代が108ユーロ(1ユーロ¥125換算で¥13,500)と合計¥132,160をかけるのはもったいないと感じていたから。体験はプライスレスなのかもしれないけれど、私は残念ながら旅行にいくらでもお金をかけられるわけではないので…。でも、結果的には、パリ・シャンゼリゼ通りでのカウントダウンイベントにはいつ参加できるかわからないし、カレンダー通りの休みではない仕事をしている限りは、退職するまでは行くことは難しかったかもしれないので、プライスレスな体験を選んで良かった気がする。それに今回は「+上海トランジット観光9時間」も良かったなぁ。次回は上海メインの中国旅行もいいかもしれないなぁ。でも、中国旅行に行く時には、食事に困るので絶対にひとりじゃない方がいい。

18par1935
そして、パリで預けた折りたたみバックは問題なく上海で乗り継いでおり、羽田空港で受け取ることができる。私の弾丸海外旅行は5日間の休暇だったら、5日間フルに使うために、通常は旅行の翌日は必ず仕事となっている。今回は、航空券の都合で4日間の旅程となってしまったので、めったにない旅行の翌日がお休み。2019年1月3日は日本の正月気分をのんびりと味わう。(現地滞在時間31時間、パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 おしまい)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月16日 (月)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 4日目(3)上海トランジット観光。蟹料理専門店でひとりランチ。

18par1801
今回の「パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行」はパリのガイドブックは持ってきていないのに「るるぶ上海・蘇州」の最新版を持ってきている。ガイドブックによると、このお店の「五香豆」が上海名物らしい。おみやげに買ってみたけれど、ソラマメを炒ったもので、なかなかクセになる味で美味しい。

18par1802
中国のお菓子も売られている。

18par1803
飲食店やおみやげ物屋さんが並ぶ豫園商城、おもしろかったなぁ。パリからの帰りに上海に寄って本当によかった。

18par1804
外灘(バンド)から豫園まではかなり歩いたので、ケチらずに地下鉄に乗ることにする。地鉄10号線の豫園駅を目指して歩く。

18par1805
美術品を売るお店なのかなぁ?私はこのお店のスーパー袋が気になってしまう。

18par1806
どのような経路でこの「コーナン」のスーパー袋がここにあるのだろう?日本で使用されているスーパー袋って、中国で印刷されているということなんだろうなぁ。

18par1807
上海のおもしろいところは、旧市街には低層の建物が残っていること。町を歩いていると、まだ昔ながらの建物も見ることができる。

18par1808
地鉄10号線、豫園駅に到着。

18par1809
地鉄10号線は新しい路線なので、作られた時からホームドアが作られていたんだろうなぁ。

18par1810
「智者守序」。確かにその通り。中国のスローガンを読むのが楽しい。

18par1811
ソウルの地下鉄のように列車がどこの位置を走っているかを表している。パリのメトロもあと何分で電車が来るという表示なので同じ形式。あと44秒で列車が来る。4分間隔で走っているのかなぁ?東京のJR山手線もダイヤ表示から、パリのメトロや、ソウル、上海と同様に「あと何分」という表示形式に変わることが2019年10月に発表されている。

18par1812
今日の上海町歩きのスタート地点である南京東路駅で地下鉄を降りる。

18par1813
高層ビルが立ち並ぶ浦東地区と異なり、旧市街の中心街である南京東路は、昔ながらのショッピングストリート。繁華街ではあるけれど、建物は建て替えられておらず昔ながらの建物も残っている。

18par1814
南京東路にはプチトランが走っているけれど、側面に書かれた言葉は堅苦しい感じのスローガン。

18par1815
「尊老愛幼、家庭和美」というスローガン。伝統的な価値観からすれば、もっともなことだ。

18par1816
中国にもアップルストアがある。奥に見えるのは「上海新世界大丸百貨」。

18par1817
H&Mもちゃんとある。世界的なブランドのお店があるのは日本の都市と変わらない。

18par1818
上海の町歩きのおもしろいところは、中国らしさを残している食料品店があったりすること。

18par1819
「鮮肉月餅」はきっと、肉の入った月餅。ネーミングだけで考えても美味しそう。中国旅行が楽なのは、漢字でなんとなく意味がわかること。

18par1820
お茶の専門店が入っている。日本で買うよりは安いと思うけれど、ちゃんとした美味しい中国茶はそれなりのお値段がする。

18par1821
フランスの“Liberté, Égalité, Fraternité”ではなく、上海では「自由、平等、公正、法治」になっている。シャンゼリゼ通りのカウントダウンイベントでもっとも重視されていた“Fraternité”(博愛)が、「公正、法治」に変わっている。法治が厳しすぎると自由を侵害することにならないのだろうか。

18par1822
「るるぶ上海・蘇州」の最新版を見て、福州路にある蟹料理のお店を目指す。上海のおもしろいところは、南京東路からちょっと外れただけでも、路地を一歩入ると生活感を感じられるような風景が見られること。

18par1823
低層の建物が並ぶ道。

18par1824
窓から伸びた物干し竿に洗濯物が干されているのが見える。私は高層ビル街よりも生活感がある風景が好き。まだ、上海ではこのような風景を見ることができるんだ。

18par1825
ガイドブック掲載店である「王宝和酒家」に入ってみることにする。この建物自体、私が大好きな生活感があふれている。

18par1826
建物から想像すると庶民的なお店だと思って、案内されると高級な雰囲気。場違いなところに来てしまったのかも。上海蟹は、小さなものでもそれなりのお値段で、1品だけ頼んでも楽しめなさそうなのであきらめることにする。上海蟹の蒸したものを丸ごと味わうよりも、蟹料理を味わうことにする。お店の人と一人客なので、量を気にしながらおすすめを聞いて3品注文。ちなみに日本語メニューあり。

18par1827
青島啤酒(ピーチュウ)を飲みながら料理ができあがるのを待つ。

18par1828
まずは小さいサイズであることを確認して注文した、「タケノコと豆腐の千切りと蟹みそ入りのとろみスープ」。現地の価格水準だと、それなりのお値段の中国料理って美味しい。

18par1829
「蟹油とエビの巻きもの」が運ばれてくる。これも、絶品。だけど、一人では量が多いかも。これにごはんものがあれば、2人で食べるのに十分な量。

18par1830
店員さんオススメの「蟹みそと豆腐の煮込み」が最高に美味しい。最初から量が多いと思っていたので、ごはんは頼まなかったんだけど、ごはんと食べたらもっと美味しいだろうなぁ。それにしても、ごはんを頼めば2人で食べるのにちょうどいい量。ましてや、午前中に小籠包と生煎(焼き小籠包)を食べているので一人で楽しむには量が多すぎる。中国は、1人よりも2人以上で来た方が料理は楽しめるのかもしれないなぁ。ちゃんとした中国料理店で1人で食事をしてはダメなのかもしれない。

18par1831
ガイドブック「るるぶ」を参照した「王宝和酒家」は、なかなか美味しいお店だった。メインストリートである南京東路に向けて歩く。高層のアパートには、洗濯物が干されているのが見える。商業地域である南京東路からちょっと路地を入ると住宅街になっているのがおもしろい。

18par1832
そういえば、2007年に南京東路でベンチに座ってガイドブックでレストランを探していたら、日本ができる中国人女性に声をかけられ、「沈大成」の2階のレストランが安くて美味しいと案内されて半信半疑で行ってみたら、本当に安くて美味しかった。今でもまだ健在。

18par1833
2002年に参加した国連の会議はラマダホテルで行われた。毎回、豪華な昼食が用意されており、本場の中国料理を堪能したのだけは覚えている。このホテルも当時のまま健在。

18par1834
上海旧市街のショッピングストリートである南京東路は、昔ながらのお店も残っており、中国らしさを感じることができておもしろかった。食べ物も安くて美味しいし、上海に蘇州や杭州などを組み合わせて、上海をメインのディスティネーションとした旅行もおもしろいかもしれないなぁ。でも、その時は、中国料理を楽しむにも、絶対にひとりじゃない方がいい。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月15日 (日)

いつまで続く?フランスの大規模ストライキ。

Info-du-1512v2_plan-de-travail-1-copie_0
2019年12月15日、日曜日もフランスの大規模ストライキは継続中。すでに12月5日から10日間も大規模ストライキが継続している。マクロン政権との根比べになってきており、政権が妥協しない限り、このままではクリスマス休暇にも影響する可能性がある。しかし、10日間のストライキの運行状況を確認していると、ストライキ時のパリ対策がわかってきた。

・ホテルは無人自動運転のメトロ1号線、14号線沿いに。
おそらくフランスの無人自動運転が目指しているのは、無人自動運転だったらストライキ時でも運転手の必要がないということ。この10日間、無人自動運転の1号線と14号線については、社会運動による駅の封鎖はあるものの通常運転を継続している。このことから、ストライキ時のホテルの選び方は、メトロ1号線、14号線沿いに確保することは必勝法。リヨン駅周辺、ナシオン駅周辺、もしくはベルシー再開発地域あたりがリーズナブルなホテルがある。

・シャルル・ド・ゴール空港への移動は空港バス“Le Bus Direct”が最強。
RER B線は1時間に1本程度の運行となっているが、パリ北駅から日中のメトロの乗り継ぎができないために、パリ北駅周辺にホテルを確保していなければ、パリ北駅で足がなくなってしまう。メトロ1号線、14号線との接続駅であるパリ・リヨン駅行きの“Le Bus Direct”がベスト。

Le Bus Direct
https://www.lebusdirect.com/

・空港からロワッシーバスでオペラに向かい、サン・ラザール駅でメトロ14号線に乗り継ぎ。
または、本数は少なくなっているけれど、オペラ行きのロワッシーバス“Roissy Bus”に乗り、サン・ラザール駅でメトロ14号線に乗り継ぐ。バス停の背後にはすぐにギャラリー・ラファイエットがあり、プランタンとギャラリー・ラファイエットの間の道を歩けば、すぐにサン・ラザール駅なので歩ける距離。

・乗合シャトルバスサービスの利用
ホテルのレセプションには、たいてい、空港までの乗合シャトルバスのパンフレットが置いてあり、レセプションで予約してもらうことができる。混載シャトルバスであれば1人でも申し込むことができるので、シャルル・ド・ゴール空港に向かう帰路は、間違いなく空港に行ける手段となるので、ホテルのレセプションに相談してみる。パリの東部(ナシオンなどの20区あたり)は、パリ・シャルル・ド・ゴールに向かいやすい。

今回のストライキで、現時点でエールフランスが影響を受けていないということが最も大きい。日本までの長距離移動に影響を受けると、日本に帰れなくなってしまう。パリのメトロ1号線と14号線をうまく利用すれば、美術館などはストライキの影響を受けるけれど、クリスマスシーズンのパリを楽しむことができる。それに、パリは歩いて楽しむことだってできる。マレ地区からレ・アールまでは歩けるし、レ・アールからルーブル、ルーブルからオペラ、ルーブルからコンコルド広場、コンコルド広場から凱旋門、シャンゼリゼ通りからエッフェル塔は歩いていける距離。普段はメトロで地上の風景を見ることはないけれど、歩いてみれば、新しいパリを発見できるかもしれない。それに、日本とは異なり、政治に対して運動に参加するということを実際に体験することは滅多にできないチャンスかもしれない。と言っても、小さなストライキにはけっこう当たるんだけど。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月13日 (金)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 4日目(2)上海トランジット観光。豫園の南翔饅頭店で小籠包。

18par1701
豫園商城に入る。ここは中国らしさを表に出した観光名所で、路地の両側にはお店が並んでいる。

18par1702
広場に出ると「南翔饅頭店」のお店がある。以前は池のほとりにあった気がするんだけど、ガイドブックで確認するとテイクアウト専用のお店だけがここに移転したみたい。行列があることを予想していたんだけど、午前中の時間帯だからなのか、並んでいる人もいない。今回の上海トランジット観光の最大の目的は、このお店で小籠包を食べること。

18par1703
せいろには、蒸かしたての小籠包が運ばれてくる。テイクアウト用なので、せいろでは提供されないんだけど、ちゃんとせいろに蒸して作られていることがわかる。

18par1704
店内はカウンターになっており、立ち食いスタイル。

18par1705
せいろから紙の容器に入れられた小籠包。容器に移されても汁がこぼれないので、台湾で食べる小籠包よりも皮は厚めかも。「南翔饅頭店」の小籠包、安くて美味しい。美味しい小籠包が安く食べられるんだから、パリからの帰りに上海にも寄ることができてよかった。

18par1706
豫園商城は、「小吃」のお店がたくさんあって、「南翔饅頭店」のすぐお隣の「大壺春」が気になってしまう。このお店の生煎(焼き小籠包)が美味しそう。私の旅は行き当たりばったり。気になった時は、私は行動に移してしまう。

18par1707
このお店はちゃんとテーブルがある。

18par1708
「南翔饅頭店」の小籠包も美味しいけれど、「大壺春」の生煎(焼き小籠包)も絶品。パリからの帰りに上海にも寄ることができて本当によかった。

18par1709
おそらく建築としては、歴史があるものではないと思うんだけど、伝統的な中国らしさを感じることができて、テーマパークのようで楽しいところ。それに、お店を見たり、食べてみたり体験できるのがいい。

18par1710
スターバックスコーヒーもある。

18par1711
2019年、今年の干支である亥を見つける。

18par1712
おそらく近代的な建築だと思うけれど、まるで日本の天守閣のような豫園商城の建物。だけど、伝統的な中国らしさを感じされてくれて楽しい。

18par1713
池のそばの広場に出る。

18par1714
「南翔饅頭店」は、池のほとりの建物。ちゃんと座席のあるレストランとして小籠包を食べるのならばここ。

18par1715
現在も営業している茶館である「湖心亭」と池のある風景が周囲と調和しており、伝統的な中国らしさを感じる風景。

18par1716
豫園の庭園に入ってみることにする。豫園は明の時代の私庭園を発端としている。しかし、その後、荒廃した時期もあったが中華人民共和国成立後に大規模修繕が行われて、今のような庭園が復元された。

18par1717
「漸入佳境」の入口にある鉄製の獅子は元の時代のもので、日本占領時には持ち去られたが、その後に戻されたという。

18par1718
私のブログで解説しなくてもガイドブックを参照すればわかることだし、親切な人のブログで建築の解説はしてくれるだろうから、私はガイドブックに載っていない視点で見学して案内してみたい。今回、私が気になってしまったのは、建物と建物をつなぐところにある「門」と表現していいのかなぁ?「門」が気になってしまう。ツボのような形がおもしろいし、反対側も同じ形になっているのもおもしろい。

18par1719
「仰山堂」の跳ね上がる屋根がおもしろい。建物の中からのんびりと池を眺めるのもいい。

18par1720
でも、私が気になってしまったのは門の形状が異なることが、直感的にはおもしろいと感じてしまう。子供でもわかりそうな視点であるのが恥ずかしいけれど。

18par1721
どうしても門が気になってしまう。雲を表現したのかなぁ?

18par1722
左右のくぼみを耳と見ると、これは人間の顔なのかなぁ?

18par1723
壺のような門。

18par1724
池の上に立つ「九獅軒」。

18par1725
池の中に立つ建物と柳が絵になる風景。

18par1726
私の気になっている門を入れた風景。けっきょく、もっとガイドブック的な名所がたくさんあるにも関わらず、私は様々な形をした門がおもしろいと思って注目してしまう。通常の名所は紹介していないので、ガイドブックや解説をしてくれる親切な人のブログを参照してほしい。この写真、「小心地滑」の看板と観光客がいなければ、自分としては気に入っているアングル。

18par1727
「積玉水廊」と呼ばれる水上回廊。

18par1728
庭園の出口の外にはおみやげ物屋さん。中国らしい置物が並んでいる。

18par1729
こちらは金属のおみやげ。

18par1730
パッケージはなかなか味がある謎のクリーム。

18par1731
おみやげ屋さんに並ぶDVDのワンピースにも違和感があるけれど、ここに「蒼井そら」が並ぶのっておかしくないのかなぁ?「蒼井そら」がそれほど中国ではメジャーということ!?

18par1732
朝から上海を歩いていて、一番気になっているのは「上海老酸奶」。豫園商城でも、おみやげ物屋さんで見かけることが多い。私の場合は気になったら試してみる。

18par1733
飲み物を売る店で買ってみることにするんだけど、気になるのは「熱」というような文字。たぶん漢字から考えてもヨーグルトだと思うんだけど、温かい飲み物なのかなぁ?

18par1734
買ってみると、やはり温かい飲み物。ストローをもらったので、ストローで飲む。

18par1735
想像どおり普通に甘いヨーグルトドリンクで、味は美味しい。だけど、ほどよく温かい。寒い時期だから温かくして飲むのかなぁ?ヨーグルトは冷たいものという概念が私の頭の中にあるので、頭の中の「固定観念」や「先入観」で考えてしまうと違和感を感じてしまう。できる限りニュートラルに感じてみれば、寒い冬に外で飲むには温かいヨーグルトもいいんじゃない?と頭の中では考えてみるんだけど、慣れている感覚というものはすぐには直せないので、やっぱり冷たい方がいいと感じてしまう。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月10日 (火)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 4日目(1)2019年1月2日の上海トランジット観光。まずは外灘(バンド)へ。

18par1601
2019年1月2日、水曜日。リニアモーターカーの「体験乗車」を済ませて、上海郊外の「龍陽路駅」から地鉄2号線に。

18par1602
自動券売機で切符を買うことにする。タッチパネル式ディスプレイしかないシンプルな自動券売機。

18par1603
このところ、旅行をしていて気がつくのは紙の切符は廃止されてシングルトリップでもICチップの切符になっている国が多くなってきている。かなり保守的なパリですら紙の切符は廃止の方針を打ち出している。Suicaが普及しているとは言え、どうして日本では紙の切符を廃止できないんだろう?日本にどっぷり浸かっていると気がつかないかもしれないけれど、韓国ソウルでも1回券はICカードになっており、すでに紙の切符は廃止されている。中国や韓国というだけで、ケチをつけたい人はこのことを知っているのだろうか。「井の中の蛙」で、現地の現実を見ることなく中国や韓国にケチをつけていたら、残念な人になってしまうのではないだろうか。中国に抜かれていることもあるということを自覚しなければ、日本はさらに沈没していくことになるだろう。

18par1604
中国の地下鉄では、改札口に入る前に手荷物のX線検査がある。空港にあるような機械が置かれており、手荷物は乗車前に検査を受ける。感心するのは、滞留せずに人の流れを処理できていること。東京オリンピック期間中にセキュリティ強化のために、日本の地下鉄や鉄道駅でも同じことをやったら、渋滞が発生してしまうだろう。人口の多い中国の都市部では普通に行われているんだから、地下鉄は無理にしても新幹線だけでもテロ防止のためのセキュリティを強化できないのかなぁ?中国では通勤にも使われる地下鉄駅でもできているのに、日本ではできないのかなぁ?日本が安全ボケなんじゃないかなぁ?最近の伊丹空港のセキュリティなんて、何回、ナイフを見逃しているのか。しかも、日本の国内線は偽名でも平気で乗れてしまうので、テロリストが乗っても素通りしてしまうだろう。きっと、大きなテロ事件が起きて、大勢の人が亡くなりでもしない限り、日本の安全ボケは変わらないんだろうなぁ。

18par1605
つり革は、広告のためにやたらに大きい。

18par1606
中国では太陽暦の1月2日は祝日ではなく平日で、クリスマス休暇でも、お正月休みでもないので都心に向かう電車は混雑している。

18par1607
「平日」の朝の電車は混雑している。南京東路駅で降りる。上海の地下鉄は、昔からある2号線のホームにもすでにホームドアが整備されている。東京の地下鉄でもだいぶ整備されるようになってきたけれど、設備の近代化の速度は中国や韓国の方が一気に整備するので、のんびりしている日本はおそらく抜かれてしまっている。いつまでも過去の栄光にすがっていないで、抜かれてしまっているということを日本人は自覚すべきじゃないかなぁ?そうしないと、本当に日本は時代に取り残されてしまう。

18par1608
南京東路に出る。上海の町を歩くのは大学院生の時に2002年9月に国連の会議で来て、その次は2007年に行っており、今回が3回目。最初に来た時は、地下鉄が1号線と2号線、3号線しかなく、空港も上海虹橋空港しかなかった時代。前回2007年から12年ぶりなので、だいぶ変わっているんだろうなぁ。

18par1609
まずは外灘(バンド)に向かって、「東方明珠塔」のある風景を見にいくことにする。

18par1610
南京東路は旧市街なので、歴史を感じる建物が残っている。

18par1611
特産物を売るおみやげ屋さん。

18par1612
容器に入った「上海老酸奶」がちょっと気になってしまう。前からあったのかなぁ?まぁ、容器の雰囲気からするとヨーグルトなんだと思うけれど。

18par1613
租界時代の建物が並ぶ「外灘」に到着。アヘン戦争の結果1842年に締結された南京条約によって上海は解放され、共同租界として20世紀初頭に多くの建物が建てられた。

18par1614
まずは黄浦江の対岸に見える浦東の高層ビル群を眺める。

18par1615
「東方明珠塔」は1994年に完成している。2002年に上海を訪れた時も斬新なデザインだと感じていたけれど、今でも十分に斬新なデザイン。

18par1616
黄浦江沿いのテラスでしばらく、浦東の高層ビル群をぼーっと眺める。

18par1617
黄浦江沿いに遊歩道を歩いてみると、中国の最近の発展を象徴する浦東の高層ビル群もおもしろいけれど、かつて20世紀初頭から中頃にかけて建てられた外灘(バンド)の建築群を見る方が私は好きかも。

18par1618
中国にとっては、外灘(バンド)の共同租界地治は、言ってみれば治外法権の植民地だったのだろうけれど、当時の上海は国際色豊かで賑やかだったんだろうなぁ。

18par1619
ここまで歩いてきた範囲はいわゆる旧市街なので、地下鉄の路線が増えてインフラが近代化したこと以外は、印象としては2002年に訪れた時と大きく変わらない。浦東の高層ビルは当時よりも増えたんだろうけれど。上海の旧市街はまだ、どこかで急速に近代化した以前の中国を感じることができるのかもしれないなぁ。

18par1620
歩行者用信号には「遵守交通信号」という表示。中国は漢字なので意味が通じるのがいい。最初に上海に来たときは道路を渡るのが大変だった記憶があるけど、今は普通。

18par1621
ふと路地をのぞくと、歴史を感じる建物が並んでいる。

18par1622
豫園まで1キロの道路標識が見える。外灘のそばには地下鉄駅がないので、地下鉄駅まで戻って地下鉄に乗るよりも、1キロくらいならば歩いた方が早いかなぁ?

18par1623
この辺りは「古城公園」と呼ばれている。Google Mapなどの地図で見ると、この周辺は大きな円を描くように道路に囲まれている。かつての上海城の城壁の名残だろう。

18par1624
豫園に近づくにつれてだんだんと建物が密集してきて賑やかになってきた。

18par1625
中国のファーストフードも美味しそう。「本店任意消費4串、送8元果汁一杯」をなんとなく考えてみると、4本買ったらジュースがサービスということなのかなぁ?違うかもしれないけれど。中国は漢字でなんとなく意味がわかるのがいい。中国に来ると漢字で意味を考えるのって好き。

18par1626
春節用の装飾品が売られている。

18par1627
町のおもちゃ屋さん。

18par1628
おそらく普通のビルだけど、豫園に近づいてくると中国らしい雰囲気になってくる。

18par1629
塀の向こうには豫園の庭園が広がっている。無事に豫園に到着。

18par1630
「豫園老街」に入ってみることにする。老街の入口は石獅子に守られている。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月 9日 (月)

フランスのストライキ、2019年12月10日に大規模デモの可能性。

20191209
週明けの2019年12月9日、月曜日もストライキは継続中。どうやら明日2019年12月10日、火曜日に労働組合を主とする大規模デモが行われる予定で、明日12/10も交通機関は混乱が予想される。もしも、パリにいるのであれば、逆転の発想で、デモ=暴徒ではなく、基本的に参加者は労働組合に属している(公務員として働いている)普通の市民なので、運動によって政治を変革するというフランスの反対運動を見学するのもいいかもしれない。選挙にも行かずに政府の言いなりになって、お酒を飲みながら安倍批判をこっそりしているのではなく、目に見える形で反対運動をして政府の政策をひっくり返すという運動を見ることができると考えれば、ポジティブに考えれば、滅多に当たらない現実のフランスを見ることができるよいチャンス。ただし、一部、年金問題なんて関係なくデモ騒ぎに便乗して暴徒化する、単なる暴れたい輩が出てくるので、あまり中心にいくのはおすすめしないけれど。フランスというとなんでもステキでおしゃれだと思っている一部の人たちにとっては、見たくない現実かもしれないけれど、これが現実のフランス。それにしても今回のストライキはいつまで続くのかなぁ?

【パリ・メトロ】
9 Décembre 2019

<通常運転>(無人自動運転)
1号線
14号線

<6:30-9:30と16:30-19:30のみ運行>
4号線:通常の1/3
7号線:通常の1/3
8号線:通常の1/3で、CréteilとReuilly-Diderot間のみ。
9号線:通常の1/2で、NationとMairie de Montreuil駅間。
9号線:通常の1/4で、Pont de SèvresとFranklin Roosevelt駅間。

RER A線:通常の1/2
RER B線:通常の1/3で、シャルル・ド・ゴール空港へ直通運転中止。

※パリ北駅・シャルルドゴール空港間は日中時間帯も1時間に1本程度運転。

<終日運休>

2号線、3号線、3号線支線、5号線、6号線、7号線支線、10号線、11号線、12号線、13号線

【フランス国鉄SNCF】
9 Décembre 2019

TRAFIC TGV
Axe Est : 1 train sur 6
Axe Atlantique : 1 train sur 4
Axe Nord : 1 train sur 4
Axe Sud-Est : 1 train sur 5
Intersecteurs : 1 train sur 7
Ouigo : 1 train sur 6

TRAFIC INTERNATIONAL
Eurostar : 2 trains sur 3 (9 allers-retours Londres – Paris, 4 allers et 6 retours Londres – Bruxelles,
3 allers Londres – Bruxelles/Amsterdam et 1 aller-retour Londres – Marne-la-Vallée)
Thalys : 3 trains sur 5
Lyria (Liaison France – Suisse) : 2 trains sur 10 (2 allers-retours Paris – Bâle)
SVI (Liaison France – Italie) : aucune circulation
ALLEO (Liaison France – Allemagne) : 1 train sur 5 (2 allers-retours Paris – Francfort et 1 allerretour
Paris – Stuttgart)
ELIPSOS (Liaison France – Espagne) : aucune circulation

TRAFIC RÉGIONAL
TER : 3 circulations sur 10 en moyenne (train + bus)
Le détail des circulations est donné dans la carte en annexe. Les programmes de transports régionaux font l’objet d’un
communiqué dans les régions SNCF. Les clients sont invités à se renseigner sur la circulation de leur train sur l’Assistant
SNCF et sur leur site TER.

TRAFIC INTERCITÉS
Trains Intercités de nuit : pas de circulation
Trains Intercités de jour : trafic très perturbé (19% du service normal)
Prévisions détaillées :
+ Paris – Clermont-Ferrand : 2 allers-retours
+ Paris – Nevers : 1 aller-retour
+ Paris - Rouen - Le Havre : 5 allers-retours et 1 aller Paris - Rouen - Le Havre
+ Paris – Caen – Cherbourg : 4 allers-retours et 1 aller Paris – Caen – Cherbourg
+ Paris – Granville : 1 aller-retour
+ Paris – Brive : 2 allers-retours
+ Bordeaux-Marseille : 1 aller-retour
+ Nantes - Lyon : aucune circulation
+ Nantes – Bordeaux : aucune circulation
+ Clermont Ferrand - Béziers : aucune circulation
+ Clermont Ferrand – Lyon : aucune circulation
+ Toulouse – Hendaye : aucune circulation

【Air France】
9 Décembre 2019

アラートなし。(通常運行)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月 8日 (日)

フランスのストライキ、週明けも継続か?

20191208
2019年12月8日(日曜日)の運行状況。今日、12/8日曜日は、パリ・メトロは無人自動運転のメトロ1号線と14号線以外は動いていない。RERも今日はB線が午後12:00-18:00に通常の1/3ほど動いているのみ。今回から空港行きについて発表されるようになった。Orly Valおよびオルリーバス、ロワッシーバスは通常運行しており、シャルルドゴール空港への行き来は可能。メトロ14号線のサン・ラザール駅からはオペラまではスーツケースを転がしても歩ける距離なので、ロワッシーバスとサン・ラザール駅乗り換えで14号線、1号線の範囲であれば交通機関を利用して自力で移動可能。RER B線は5:00-22:00の間、通常の1/4程度の運行状況だけど、パリ北駅が孤立しており、ロワッシーバスや空港バスを使うのが無難。ストライキは週明けも継続する様子にて、フランス旅行を予定している人は引き続きご注意を!

【パリ・メトロ】
8 Décembre 2019

<通常運転>
1号線
14号線
オルリーヴァル
オルリーバス
ロワッシーバス"Roissy Bus"

12:00-18:00のみ運行>
RER B線:通常の1/3で、シャルル・ド・ゴール空港へ直通運転中止。

5:00-22:00のみ運行>
RER B線:パリ北駅・シャルルドゴール空港間は通常の1/4程度の運転。

<終日運休>

2号線、3号線、3号線支線、4号線、5号線、6号線、7号線、7号線支線、8号線、9号線、10号線、11号線、12号線、13号線

【フランス国鉄SNCF】
8 Décembre 2019

TRAFIC TGV
+ Axe Est : 1 train sur 10
+ Axe Atlantique : 1 train sur 6
+ Axe Nord : 1 train sur 4
+ Axe Sud Est : 1 train sur 6
+ Intersecteurs : 1 train sur 6
+ Ouigo : 1 train sur 6

TRAFIC INTERNATIONAL
+ Eurostar : 3 trains sur 5 (11 allers Londres-Paris, 9 retours Londres-Paris, 6 AR Londres-
+ Bruxelles/Amsterdam, 1 AR Londres-Marne-La-Vallée)
+ Thalys : 2 trains sur 3
+ Lyria (Liaison France – Suisse) : 1 train sur 10 (1 AR Paris-Bâle)
+ SVI (Liaison France – Italie) : aucune circulation
+ ALLEO (Liaison France – Allemagne) : 1 AR Paris-Stuttgart et 1 AR Paris-Francfort
+ ELLIPSOS (Liaison France – Espagne) : aucune circulation

TRAFIC RÉGIONAL
+ TER : 2 circulations sur 10 en moyenne (train + bus)
Le détail des circulations est donné dans la carte en annexe. Les programmes de transports régionaux
font l’objet d’un communiqué dans les régions SNCF. Les clients sont invités à se renseigner sur la
circulation de leur train sur l’Assistant SNCF et sur leur site TER.

TRAFIC INTERCITÉS
Trains Intercités de jour : pas de circulation
Trains Intercités de nuit : trafic très perturbé (10% du service normal)

【Air France】

通常通りの運行(アラートなし)

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月 7日 (土)

フランスのストライキ、2019年12月7日の交通機関運行状況。

Mvt71219
2019年12月7日の運行状況。引き続き、パリ・メトロは無人自動運転のメトロ1号線と14号線は動いてはいるものの、それ以外は午後のみの運行となっており、移動は難しい状況。7日は新たに3号線が一部区間のみ運行される。SNCFも引き続き、本数が少なくて国内の移動は難しい。エールフランスは国内線を含めて、100%運行とアナウンスしているので、飛行機を使った国内移動も可能となった。引き続き、長距離国際線は運行継続しており、日本への行き来が可能。今週末で収束しないか?

【パリ・メトロ】
7 Décembre 2019

<通常運転>(無人自動運転)
1号線
14号線

13:00-18:00のみ運行>
4号線:5分間隔
3号線:5分間隔で、Pont de Levallois BéconとHavre Caumartin間のみ。
7号線:5分間隔
8号線:5分間隔で、Créteil PointeとReuilly-Diderot間のみ。
9号線:4分間隔で、NationとMairie de Montreuil間のみ。

RER A線:通常の1/2
RER B線:通常の1/3で、シャルル・ド・ゴール空港へ直通運転中止。

※パリ北駅・シャルルドゴール空港間は日中時間帯も1時間に1本程度運転。

<終日運休>

2号線、3号線支線、5号線、6号線、7号線支線、10号線、11号線、12号線、13号線

【フランス国鉄SNCF】
7 Décembre 2019

TRAFIC TGV
+ Axe Est : 1 train sur 6
+ Axe Atlantique : 1 train sur 5
+ Axe Nord : 1 train sur 6
+ Axe Sud Est : 1 train sur 6
+ Intersecteurs : 2 allers-retour
+ Ouigo : 1 train sur 6

TRAFIC INTERNATIONAL
+ Eurostar : 1 train sur 2 (7 allers Londres-Paris, 9 retours Londres-Paris, 6 AR Londres
Bruxelles/Amsterdam)
+ Thalys : 2 trains sur 3
Lyria (Liaison France – Suisse) : 1 train sur 10 (1 AR Paris-Bâle)
SVI (Liaison France – Italie) : aucune circulation
ALLEO (Liaison France – Allemagne) : 1 AR Paris-Stuttgart
ELLIPSOS (Liaison France – Espagne) : aucune circulation

TRAFIC RÉGIONAL
+ TER : 1 circulation sur 10 en moyenne (train + bus) contre 3 sur 10 aujourd’hui
Le détail des circulations est donné dans la carte en annexe. Les programmes de transports
régionaux font l’objet d’un communiqué dans les régions SNCF. Les clients sont invités à se
renseigner sur la circulation de leur train sur l’Assistant SNCF et sur leur site TER.

TRAFIC INTERCITÉS
Trains Intercités de jour : pas de circulation
Trains Intercités de nuit : trafic très perturbé (5% du service normal)

【Air France】

MOUVEMENT NATIONAL D'APPEL À LA GRÈVE À COMPTER DU 5 DÉCEMBRE 2019
Mise à jour : 6 décembre 2019, 18h30 (heure locale de Paris)

Dans le cadre du mouvement national d’appel à la grève en France le 5 décembre 2019, relayé par un préavis des contrôleurs aériens français du 5 au 7 décembre, la Direction Générale de l’Aviation Civile (DGAC) a demandé aux compagnies aériennes de réduire à nouveau leur programme de vols au départ et à l’arrivée des aéroports de Paris CDG, Paris Orly, Lyon, Marseille, Toulouse et Bordeaux pour la journée du 6 décembre 2019.

Notre programme de vols pour le 6 décembre est à jour.

Pour la journée du 07 décembre, nous prévoyons d'assurer 100% de notre programme de vols.

Des retards et des annulations de dernière minute ne sont toutefois pas à exclure.

Si vous souhaitez dès à présent reporter ou anticiper votre voyage, nous mettons à votre disposition des possibilités de report de vol sans frais.

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月 6日 (金)

フランスの大規模ストライキは2019年12月6日も継続中。

Scenario61219 

フランスの反対運動は1日で収束することは少なくて、特に社会保障関連について、労働者にとっての「改悪」については、自分たちの老後の問題にダイレクトに響いてくるので、「運動」の動きも大きくなる。老後は、年金生活なので贅沢はしないけど、のんびり庭いじりをしながら田舎暮らしをしたい。そのために、オレたちは働いてきたんだ。政府との約束のもとに働いてきたのに、老後の生活のために我慢して働いてきたのに、それが遅れるということはどういうことなんだ。

会社だけが人生で、退職すると趣味もなく、地域に友達もおらず、家の中でもやることがない。政府は人手不足ということもあって70歳まで働かそうといているのに、何も文句も言わず、むしろ、退職後の地域社会には居場所がないので、働いていた方が自分の役割や居場所があるから幸せに感じてしまう日本人男性高齢者とはずいぶん違う。

ということで、2019年12月6日金曜日も、昨日と同様の交通機関の運行状況。フランス国内の移動は困難である状況は変わらない。全国規模のストライキであると美術館なども閉まってしまうので、パリ観光も無人運転のメトロ1号線と14号線は動いてはいるものの、入場観光は厳しい。幸い、エールフランスは長距離国際線は運行継続しており、日本への行き来が可能というだけでもまだマシかも知れない。なにしろ、私はストライキで欠航に当たり、日本に予定通りの日に帰国できなかったことがあるので、ストライキの恐ろしさを知っている。弾丸旅行にとって、パリ市内の移動はなんとかなるとしても、欠航がもっともダメージを食う。今回のストライキはいつまで続くのかなぁ?

【パリ・メトロ】

<通常運転>(無人自動運転)
1号線
14号線

<6:30-9:30と16:30-19:30のみ運行>
4号線:通常の1/3
7号線:通常の1/4
8号線:通常の1/4で、CréteilとReuilly-Diderot間のみ。
9号線:通常の1/4で、NationとMairie de Montreuil間のみ。

RER A線:通常の1/2
RER B線:通常の1/3で、シャルル・ド・ゴール空港へ直通運転中止。

※パリ北駅・シャルルドゴール空港間は日中時間帯も1時間に1本程度運転。

<終日運休>

2号線、3号線、3号線支線、5号線、6号線、7号線支線、10号線、11号線、12号線、13号線

【フランス国鉄SNCF】

TRAFIC TGV
+ Axe Est : 1 train sur 10
+ Axe Atlantique : 1 train sur 6
+ Axe Nord : 1 train sur 10
+ Axe Sud Est : 1 train sur 10
+ Intersecteurs : Aucune circulation
+ Ouigo : 1 train sur 6

TRAFIC INTERNATIONAL
+ Eurostar : 1 train sur 2
+ Thalys : 2 trains sur 3
+ Lyria : 1 aller-retour
+ Liaison France – Italie (SVI) : aucune circulation
+ Liaison France – Allemagne (Alleo) : aucune circulation
+ Liaison France – Espagne (Ellipsos) : aucune circulation

TRAFIC RÉGIONAL
+ TER : 3 circulation sur 10 en moyenne(train + bus) contre 1 circulation sur 5 aujourd’hui
Le détail des circulations est donné dans la carte en annexe. Les programmes de transports
régionaux font l’objet d’un communiqué dans les régions SNCF. Les clients sont invités à se
renseigner sur la circulation de leur train sur l’Assistant SNCF et sur leur site TER.

TRAFIC INTERCITÉS
Trains Intercités de jour : pas de circulation
Trains Intercités de nuit : trafic très perturbé

【Air France】

MOUVEMENT NATIONAL D'APPEL À LA GRÈVE À COMPTER DU 5 DÉCEMBRE 2019
Mise à jour : 5 décembre 2019, 16 h (heure locale de Paris)

Dans le cadre du mouvement national d’appel à la grève en France le 5 décembre 2019, relayé par un préavis des contrôleurs aériens français du 5 au 7 décembre, la Direction Générale de l’Aviation Civile (DGAC) a demandé aux compagnies aériennes de réduire à nouveau leur programme de vols au départ et à l’arrivée des aéroports de Paris CDG, Paris Orly, Lyon, Marseille, Toulouse et Bordeaux pour la journée du 6 décembre 2019.

Notre programme de vols pour le 6 décembre est à jour. Nous prévoyons d'assurer :
- L'ensemble des vols long-courriers
- Plus de 90 % des vols moyen-courriers
- Près de 70 % des vols domestiques

Des retards et des annulations de dernière minute ne sont toutefois pas à exclure.

Des perturbations sont possibles également pour la journée du 7 décembre, et notre programme de vol sera adapté la veille, en fonction des nouvelles recommandations de la DGAC.

Nous vous assurons de tous nos efforts pour vous accompagner et minimiser l'impact de ce mouvement social sur vos déplacements.

Si vous souhaitez dès à présent reporter ou anticiper votre voyage, nous mettons à votre disposition des possibilités de report de vol sans frais.

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月 4日 (水)

【緊急】2019年12月5日、パリのメトロはほぼ動きません!フランスで大規模ストライキ。

Infodu512_1

2019年125日、マクロン政権による社会保障改革への反対運動のために、RATPSNCFなどの大規模ストライキが予定されている。現在、発表になっている内容を見ると、自動運転のパリ・メトロ1号線と14号線以外は、日中はほぼ動かないので、今回のストライキはかなり重症TGVも路線によっては1/10程度しか運行されず、大きな移動も困難となる。シャルル・ド・ゴール空港からのRER B線は日中は1時間に1本程度、ラッシュ時間でも30分に1本程度の運行となり、RER B線を使用した空港への移動もかなり困難となる。ソースを見つけられていないんだけど、ロワッシーバスは本数が少ないもののストライキの時でも動いているはず。もしもパリ滞在中の場合は、自動運転の1号線、14号線でコースを組むこと。なお、エールフランスについては国内線は70%の運行、中距離路線は85%の運行、長距離路線についてはすべてのフライトで運行されるため、日本への行き来は可能。

 

【パリ・メトロ】

<通常運転>(自動運転)
1号線
14号線

<6:30-9:30と17:00-20:00のみ運行>
4号線:通常の1/3
7号線:通常の1/4
9号線:通常の1/4で、NationとMairie de Montreuil間。

RER A線:通常の1/2
RER B線:通常の1/3で、シャルル・ド・ゴール空港へ直通運転中止。

※パリ北駅・シャルルドゴール空港間は日中時間帯も1時間に1本程度運転。詳しくは臨時ダイヤを参照。
臨時ダイヤは以下からダウンロード
ダウンロード - 191205.pdf

<終日運休>

2号線、3号線、3号線支線、5号線、6号線、7号線支線、8号線、10号線、11号線、12号線、13号線

【フランス国鉄SNCF】

TRAFIC TGV
+ Axe Est : 1 train sur 6
+ Axe Atlantique : 1 train sur 10
+ Axe Nord : 1 train sur 6
+ Axe Sud Est : 1 train sur 10
+ Intersecteurs : pas de circulation
+ Ouigo : 1 train sur 6

TRAFIC INTERNATIONAL
+ Eurostar : 1 train sur 2
+ Thalys : 2 trains sur 3
+ Lyria : 1 aller-retour
+ Liaison France – Italie (SVI) : aucune circulation
+ Liaison France – Allemagne (Alleo) : aucune circulation
+ Liaison France – Espagne (Ellipsos) : 1 aller-retour

TRAFIC RÉGIONAL
+ TER : 1 circulation sur 5 en moyenne (essentiellement assuré par bus)
Les programmes de transports régionaux font l’objet d’un communiqué dans les régions SNCF
dans lesquelles le trafic SNCF est perturbé.
Les clients sont invités à se renseigner sur la circulation de leur train sur l’Assistant SNCF et sur
leur site TER.

TRAFIC INTERCITÉS
Trains Intercités de jour : 1 train sur 10
Trains Intercités de nuit : pas de circulation

【Air France】

Mouvement national d'appel à la grève à compter du 5 décembre 2019
Mise à jour : 5 décembre 2019, 08 h (heure locale de Paris)

Dans le cadre du mouvement national d’appel à la grève en France le 5 décembre 2019, relayé par un préavis des contrôleurs aériens français du 5 au 7 décembre, la Direction Générale de l’Aviation Civile (DGAC) a demandé aux compagnies aériennes de réduire leur programme de vols au départ et à l’arrivée des aéroports de Paris CDG, Paris Orly, Lyon, Marseille, Toulouse et Bordeaux pour la journée du 5 décembre 2019.

Notre programme de vols pour le 5 décembre est à jour. Nous prévoyons d'assurer :
- l'ensemble des vols long-courriers
- 85 % des vols moyen-courriers
- Près de 70 % des vols domestiques

Des retards et des annulations de dernière minute ne sont toutefois pas à exclure.

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年12月 3日 (火)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 3日目(4)2019年元旦発エールフランス上海行きAF112便の機内食。上海浦東空港からリニアモーターカーで上海市内へ。

18par1501
2019年1月1日、エールフランスAF112便は、パリ・シャルル・ド・ゴール空港を離陸し、上海へ向かう。エールフランスのサービスを堪能するには夜便よりも昼便のほうがいい。昼便だとアペリティフのサービスがあって、それから食事が始まるんだけど、夜便だと飲み物と食事が同時に来てしまう。

18par1502
まずは食事の前にメニューが配られる。

18par1503
離陸し、ランス上空で早くもアペリティフのサービスが始まる。

18par1504
食前酒として、いつもの通り「パスティス」をお願いする。

18par1505
昼便だと食事前のドリンクのカートでスナックが配られる。塩味のスナック。

18par1506
今日は元旦なのでというわけでもないんだけど、シャンパンももらう。シャンパンをもらった瞬間にオテスに「ボナネー!」“Bonne année !”と挨拶すると、ものすごく喜ばれる。パスティスのミニチュアボトルをさらに1本、プレゼントされる。このオテスからは、この後、ずっとサンパに接してもらうことになる。同僚にも「このムッシュはジャポネなのよ」とうれしそうに話しているのを見ると、中国人だらけの中にいる日本人が珍しかったのかなぁ?もしくは、フランス人にとって、日本人には中国人とは違うイメージがあるのかもしれない。

18par1507
昼便だと、アペリティフのサービスがあり、食前酒を飲み終える頃に食事のサーブが始まる。ちゃんと、フランス料理のサービスの仕方になっている。中華かフレンチの選択ができるので、フレンチを選択。食事の時の飲み物は赤ワイン。

18par1508
前菜は冬野菜のサラダ、ポトフ風。メインはバスク風チキン、ご飯を添えて。フロマージュはカマンベール。デザートはフォンダンショコラ。エールフランスの機内食は一応、コース料理になっている。

18par1509
いつもの通り、ディジェスティフはポワールを飲んで食事の余韻を楽しむ。

18par1510
昼便のほうがゆったり食事を楽しめるので、スケジュール重視の私は夜便に乗ることが多いんだけど、エールフランスのサービスを楽しむんだったら本当は昼便がいい。

18par1511
アイスクリームのサービスも、私は羽田発夜便だと私が寝ている時に配られるのか、最近、食べられないことが多い。

18par1512
北京の地名が見えてきた頃に朝ごはんの時間。

18par1513
パリ発のエールフランスの朝ごはんってこんなんだったっけ?こんなにトレーがすかすかだったっけ?さらにサービスの合理化が進んでいる気がする。

18par1514
しかも、ほうれん草の入ったスクランブルエッグの仕上がりが見た目が悪すぎる。これが、エールフランスの機内食ではなく、中国東方航空の機内食だったら、中国というだけでケチをつけたい人たちから「見た目からしてまずくて食べられたものじゃない」と言われてしまうだろう。逆に、フランスというだけでおしゃれだと思い込んでいる人たちだったら、エールフランスの機内食というだけで、見た目は無視して「発酵バターの香りが広がり、さすがはおフランス」と感動するに違いないけれど。ちなみに、パリで搭載した機内食なので、大阪行き、成田行き、羽田行きのエールフランス日本路線も同様のものと思われるんだけど、いつもこんな仕上がりなのかなぁ?エールフランス、合理化が進みすぎてサービスが悪くなっている。

18par1515
エールフランスの機内食に必ずあったヨーグルトのような“Fromage Frais”が好きだったのになぁ。あれだけは、合理化が進んでもずっと生き残っていたのに、とうとうダノンのドリンクヨーグルトになってしまった。

18par1516
エールフランスAF112便(中国東方航空MU8662便)は上海浦東空港に向けて降下を開始し、30分ほどで着陸予定。

18par1517
2019年1月2日、水曜日。定刻通り上海浦東空港に到着。現在の時刻は朝8時過ぎ。乗り継ぎの中国東方航空MU575便は、17:10の出発予定なので、9時間も乗り継ぎ時間がある。本当はもっと短い乗り継ぎ時間で接続できるんだけど、私がよくする方法なんだけど、あえて乗り継ぎ時間が長いフライトを選んでいる。だって、せっかくの経由地なんだから、ついでに観光したほうがお得じゃない?9時間の上海トランジット観光に向かうことにする。

18par1518
上海トランジット観光のために、リュックサックはパリの時点で最低限のものしか入っておらず、着替えなどの荷物は折りたたみバックに入れて預けてしまい、パリから羽田空港までスルーで運んでもらう。

18par1519
到着のたびに指紋を登録するマシーンに立ち寄らなくてはならないのかなぁ?以前の情報は保持されない仕組みなのかなぁ?

18par1520
中国の入国審査はあっさりと通過。上海で受け取る手荷物はないので、そのまま外に出る。

18par1521
中国は漢字でなんとなく意味がわかるからいい。9時間の乗り継ぎ時間を使っての上海トランジット観光で、上海の街に出て小籠包を食べに行くのが目的。できれば上海蟹も食べてみたいけれど、おひとり様なので、お値段しだいかなぁ?

18par1522
上海市街に出るには、地下鉄2号線かリニアモーターカー。リニアモーターカーは漢字で「磁浮」と書かれている。むしろ“Maglev”と言われてもわからず、漢字の意味の方がわかりやすいかも。

18par1523
地下鉄だったら時間はかかるけれど6元とかなのに、リニアモーターカーは50元と高価なので乗ろうかどうか迷う。当日の搭乗券があれば1割引きで片道40元。地下鉄だったら100円以下でいけるのに、リニアモーターカーは600円。私は、基本的には郷に入っては郷に従うので、物価もなるべく現地の物価で考えるようにしているんだけど、日本円で考えてみれば600円かぁ。まぁ、旅行だし、リニアモーターカーを体験してみるとすれば安いものかもしれないなぁ。

18par1524
リニアモーターカーに乗ることにして、プラットホームに向かうけれど、ホームにはほとんど人がいない。リニアモーターカーという乗り物に乗るのが目的で、実用的ではないのかもしれないなぁ。

18par1525
車両は幅が広く、通路の左右に3席ずつ座席がある。自由席でどこに座ってもいいし、ガラガラなのでどこにでも座れる。

18par1526
切符はICカード式。

18par1527
最高時速は時速301キロ。最高時速430キロを体感できると勘違いしていて、リニアモーターカーなのにあまり速い感じがしない。揺れはほとんど感じなく、乗り心地はなかなかいい。

18par1528
リニアモーターカーのガイドウェイには柵はない。

18par1529
10分もかからずリニアモーターカーは上海の町はずれの「龍陽路」駅に到着する。速いことは速いんだろうけど、途中駅までしか行かず、けっきょくは地鉄2号線に乗り換えないと上海中心部まで行かないので、実用的かと言うとお値段が高いのでコストに見合わないかもなぁ。「体験乗車」の域を出ていない気がする。「人民広場」や上海駅まで行ってくれるんだったら、便利だと思うんだけど。

18par1530
龍陽路駅で、地鉄2号線に乗り換えて、上海中心部へ向かう。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ