2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« プジョー208との生活:新型プジョー208を見に、六本木へ。 | トップページ | パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(8)パリ新年カウントダウン会場であるシャンゼリゼ大通りへ。 »

2019年11月 9日 (土)

パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(7)大晦日のパリのディナーは、大衆食堂シャルティエ“Bouillon Chartier”。

18par0901
チュイルリー公園を抜けると、カルーゼル凱旋門“Arc de Triomphe du Carrousel”の先には、ルーブル宮(ルーブル美術館)が見える。

18par0902
朝よりもセキュリティチェックのための行列がすごくなっている気がする。予約がなくても開館前に並んだのは正解だったんだなぁ。
※2018年12月31日現在。現在の入場方法については、最新情報を確認してください。

18par0903
カルーゼル凱旋門を正面から眺める。

18par0904
カルーゼル広場“Place du Carrousel”では、シャボン玉のパフォーマンスが行われている。

18par0905
広場にはシャボン玉が舞っている。大晦日のパリ1日観光はそろそろ終わりの時間。夜のシャンゼリゼ大通りでのカウントダウンイベントに備えていったんホテルに戻ることにする。

18par0906
パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅“Palais Royal - Musée du Louvre”まで歩く。

18par0907
この駅だったら、メトロ7号線が走っている。

18par0908
メトロ7号線で乗り換えなしでショセ・ダンタン=ラ・ファイエット駅“Chaussée d'Antin - La Fayette”で降りる。

18par0909
エスカレータに乗って地上に出る。

18par0910
もう、今日宿泊するホテルは目の前。

18par0911
ホテル・エクセルシオール・オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”にてチェックイン。

ホテル エクセルシオール オペラ“Hôtel Excelsior Opéra Paris 9e”
https://hotel-excelsior-opera.com/fr

18par0912
預けてあった折りたたみバックを受け取り、部屋に向かう。シングルの部屋はビジネスホテル並みの狭さ。

18par0913
だけど、私が泊まるホテルにしては、部屋にポットが置いてあるのは設備としては上等な方かも。

18par0914
部屋に冷蔵庫があるのも上等な方かも。

18par0915
洗面所やトイレもゆったりはしていないけれど、狭すぎることはない。

18par0916
シャワーはぴったりと閉まるガラス戸があり、床を濡らす心配をしなくてもいいタイプ。朝食込み108ユーロで、普段よりもお金をかけているので、なかなかいいホテル。だけど、少しだけ欠点があって、ホテルのすぐ下をメトロが通っているみたいで電車が通るたびに、ちょっとだけ音がする。まぁ、深夜はメトロも運行していないので寝るのには気にならないけれど。

18par0917
部屋の整理といってもリュックサックひとつだし、着替えも1組しかないのであっという間に終わってしまう。ホテルを出てギャラリーラファイエットの中に入ってみる。クリスマスの装飾を見るのが目的で買うものは特にない。

18par0918
中央のドームのクリスマスツリーが美しい。ずっと眺めていたいほど美しい。

18par0919
店内もクリスマスの装飾がされており、何も買わなくても楽しい。

18par0920
そして、お店の外のショーウインドウを見るのが楽しい。

18par0921
ショーウインドウの装飾は、ボン・マルシェとはまたテーマが違うんだろうなぁ。

18par0922
そのまま夕食を食べるためにレストランに向かうことにする。ラファイエットの前のオスマン通り“Boulevard Haussmann”をまっすぐ進む。途中でメトロ8・9号線のリシュリュー・ドゥルオ駅“Richelieu - Drouot”を通り過ぎる。メトロ1駅分以上歩く。

18par0923
2018年最後の夕ごはんは、パリの大衆食堂「シャルティエ」“Bouillon Chartier”で食べることにする。このレストランは予約を取らないので並ぶしかない。ランチから通しで営業しているので19時前に到着したんだけど、すでに長い列ができている。

18par0924
ようやく入口へと進み、さらに席を案内されるのを待つ。

18par0925
レストランの中に入ると広いホールで、賑やかな雰囲気。

18par0926
ようやく席に着く。電車の網棚のような荷物置きがある。テーブルはお一人様でも、2人でも相席。

18par0927
カルト(メニュー)は、毎日印刷されるのかなぁ?今日の日付が入っている。左側に32ユーロの定食“Menu Suggestion”があるのでそれを注文することにする。前菜、メイン、デザートの他に1/2 Vittel または 1/2Perrierがついてくる。

18par0928
注文すると紙製のテーブルクロスに書き込まれる。

18par0929
前菜はスモークサーモン“Saumon fumé d’Ecosse”。

18par0930
25clのカラフェのワインは2.7ユーロ。向かいの席の一人で来ているフランス人のおっちゃんは、エスカルゴだけを注文して、さっさと食べてそのまま帰っていた。ちなみに、ギャルソンのおっちゃんは大忙しなので、ペリエが忘れられて来ていないこと伝える。そのやり取りを見て、隣に座っていたカップルの若いマダムから、なぜかフランス語がうまいと褒められる。

18par0931
メインは牛のヒレ肉のステーキ、フォアグラソース“Filet de bœuf sauce foie gras”。盛りつけは大衆食堂の雰囲気。

18par0932
切ってみるとミディアムレアにちゃんと仕上げられていて、柔らかくて美味しい。大衆食堂風の雰囲気だけど、ちゃんと美味しい。

18par0933
食後のデザートはフォンダンショコラ“Moelleux au chocolat”。かしこまったレストランよりも、とにかく安いし、大きなホールで賑やかな感じの「シャルティエ」は楽しかったなぁ。私はオペラ近辺に宿泊することが少ないので来る機会はないんだけど、お値段以上の価値はある。実は、ラファイエットの近くに泊まることを決めてから「シャルティエ」に行くことは、事前に考えていた大晦日のパリで行いたいことの8番目。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« プジョー208との生活:新型プジョー208を見に、六本木へ。 | トップページ | パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(8)パリ新年カウントダウン会場であるシャンゼリゼ大通りへ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プジョー208との生活:新型プジョー208を見に、六本木へ。 | トップページ | パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行 2日目(8)パリ新年カウントダウン会場であるシャンゼリゼ大通りへ。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ