2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

現地滞在時間31時間、パリ新年カウントダウン1泊4日弾丸旅行。

Paris2019
2018年4月に勤務先が東京都区内、しかも山手線内の拠点に転勤となる。新しい勤務先では2018年から2019年にかけての年末年始に、うまく休みがつながって5連休を取れることになる。ふだん、カレンダー通りのお休みが取れる会社に勤めている人にとっては毎年のことだから特別なことではないと思うんだけど、私にとってはお正月に5連休が取れるなんて、現在の会社に就職してから初めての経験で、予定もしない5連休に戸惑い始める。だって、5連休を取ることできれば旅行に出られる。


だけど、私はゴールデンウィークやお盆時期、シルバーウィークなどの繁盛期に旅行に行くことはないので、繁盛期の旅行手配のノウハウがないし、いつも直前まで休みが確定しないので、いつもの通り1ヶ月前の直前の手配になってしまう。それでも、休みが取れることがわかった時点で、私のいつものやり方でスカイスキャナーを使って航空券を調べ始める。しかし、年末年始については直前の予約では、航空券をまったく手配できないわけではないんだけど、航空券価格が繁盛期価格になっており予算オーバー。カレンダー通りにお休みが取れる人たちは、かなり前から綿密な計画を立てて予約しているだろうから、私のいつもの直前の予約の仕方ではまったく歯が立たなくて、完敗状態。

国内旅行を含めて飛行機を使った旅行は絶望的なので、大きな旅行はあきらめることにする。せっかくの5連休だけど、1泊か2泊で予約の必要のない「青春18きっぷ」の旅に行くことを考えることにせざるを得ない。

それでも、せっかくの5連休なんだから海外旅行に行くことをあきらめきれず、通勤電車の中でスカイスキャナーのアプリを使って、目的地を変えてみたり、旅程を短くして出発日や帰国日をずらして検索してみたり、遊びのつもりで検索をかけていたところ、たった1つだけ面白い航空券を見つける。それは、中国東方航空を使ったパリ往復の航空券が年末年始期間なのに11万円台という価格。ただし、この航空券には大きな欠点があって、パリには1泊しかできず、滞在時間は31時間のみとなってしまう。

12/30 MU540 HNDPVG 18:10 21:05
12/31 MU8661 PVGCDG 00:10 05:55
1/ 1 MU8662 CDGPVG 13:30 07:50+1
1/ 2 MU575 PVGHND 17:10 20:50
※MU=中国東方航空 HND=羽田空港 PVG=上海浦東空港 CDG=パリ・シャルル・ド・ゴール空港

この11万円台の航空券は出発日をずらしても到着日をずらしても、この日程でしか手配できない「理由あり」の航空券。不思議なんだけど、なぜかこの日程だけぽっかり穴が空いたように安い。12/31大晦日の早朝5:55にパリに到着し、朝から、丸1日パリで遊ぶことができる。そして、シャンゼリゼ大通りでの新年カウントダウンイベントに参加し、新年を迎える瞬間をパリで迎えることができる。2019年元旦1/1は13:30にはパリ・シャルル・ド・ゴール空港を出発しなければならないために、朝10時半にはパリ市街を出発しなければならないので、せいぜいノートルダム大聖堂に初詣に行くくらいで観光する時間はない。実際にパリで使える時間は大晦日の丸1日のみ。たった1日のために11万円をかけるのは、はっきり言ってもったいない。だけど、パリ・シャンゼリゼ大通りでの新年カウントダウンイベントに参加できることを考えると心の中でこのプランをまったく捨てきれない。

もしも、あなただったらどうします?今回の旅程については、あなたがカレンダー通りに休みを取れる人だったら、あなたが決断すればパリに行ってシャンゼリゼ大通りで新年カウントダウンイベントに参加し、パリで新年を迎えることができます。今回の旅程の場合は「私は長い休みが取れないからヨーロッパになんて行けない」なんていうことはありません。だけど、問題なのは「理由あり」航空券なのでパリにはたった1泊しかできず、料金は11万円台。この価格が微妙で、航空券としては安くはないのですが、繁盛期の年末年始と考えれば高くない価格なのが悩みどころ。だけど、繰り返しになりますがパリでは1泊しかできません。きっと、せっかくパリに行くんだったら、もっとゆっくり楽しみたいとあきらめますよね?そう、理性的に損得で考えれば、たった1泊のために11万円を使うのは損なのです。私もそう思います。

さすがに私も損得で考えると「もったいない」という気持ちがあり、11月下旬にこの「理由あり」航空券を見つけてから1週間くらいずっと悩んでいた。その間にこの航空券が売り切れてしまえばあきらめようと思っていた。売り切れてくれればあきらめられる。何しろ、たった1泊のために11万円はやっぱりもったいない。だけど、私の場合はシフト制なので毎年カレンダー通りの休みが毎年確定しているわけではない。毎年、あらかじめ休みが確定していれば「来年行けばいい」と見送ることができるかもしれないんだけど、私の場合は次にパリで新年カウントダウンイベントに参加できるチャンスがあるかと考えると、しばらくない可能性が高い。もしかしたら次のチャンスはないかもしれない。大げさに言えば、定年退職でもしない限りないかもしれない。さらに言えば、一生に一度のチャンスなのかもしれない。そう考えると、ここはチャンスを優先したほうがいい。タイミングをチャンスと考えれば、損得で言えば、特なのではないか。そして、私の決断を待っているかのように12月に入ってもこの航空券は空席が残っている。

ということで、私の最終的な決断は、チャンスやタイミング、機会を選択することにする。この一生に一度かもしれないチャンスを逃さずに「現地滞在時間31時間、パリ新年カウントダウン弾丸旅行」を決行することにする。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

2019年9月26日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 4・5日目 またしても最後の最後に大ピンチ!ミラノからなかなか飛び立たないターキッシュエアラインズTK1876便。

18cinq2801
そろそろイスタンブール行きのターキッシュエアラインズTK1876便へ搭乗の時間。プライオリティパスで使用できるラウンジ“Sala Pergolesi”でビールを飲んで、B55ゲートを目指して歩き始める。

18cinq2802
イスタンブール行きターキッシュエアラインズTK1876便は定刻通りの出発予定。今回の旅行は大きな移動は概ねスケジュール通りだけど、2018年7月のチェコ旅行では搭乗までは定刻通りだったのでまだ油断はできない。何しろ、このところ、帰りの便で3年連続トラブルに巻き込まれている。しかも、3回ともに搭乗するまではいずれも異常なし。

18cinq2803
イスタンブール行きTK1876便の機材はワイドボディのエアバスA330。

18cinq2804
前回、ミラノ・マルペンサ空港を利用した時もこのサテライトからの出発だった気がする。モッタ“Motta”のカフェがあったのを覚えている。

18cinq2805
イタリアでの最後のひとときはモッタでエスプレッソを飲む。

18cinq2806
カウンターで立ち飲み。

18cinq2807
定刻通りにイスタンブール行きターキッシュエアラインズTK1876便のボーディングが始まる。

18cinq2808
エアバスA330は標準の2-4-2の横1列8席のコンフィグレーション。ボーディングが完了後に機長からのアナウンスが入る。イスタンブール・アタテュルク国際空港の空域が混雑しており、30分ほど離陸を遅らせると言う。スケジュール上の到着予定時刻は23:45で、東京成田行きのTK52便は2:00の出発予定で、乗り継ぎ時間は2時間15分ある。30分遅れたとしても十分に乗り継ぎ時間はあるから大丈夫だろうとは思うけれどイヤな予感。

18cinq2809
30分後にようやく機内安全ビデオの放映が始まり、滑走路へと向かう。イスタンブール・アタテュルク国際空港は処理できる能力をすでにオーバーしているから、新空港が建設されたんだろうなぁ。

18cinq2810
2015年の作品である海難1890“Ertuğrul 1890”という映画を見る。紀伊大島でのエルトゥール号海難事故とイラン・イラク戦争時のテヘラン脱出時に、トルコ航空機にイラン駐在の日本人を乗せて、トルコ国民は自国民でありながら日本人に席を譲り、飛行機ではなく陸路で脱出させるという相互の物語になっている。

18cinq2811
この機内食はミラノで積んだのかなぁ?水やバターはトルコのものなのでイスタンブールから積まれたものかもしれないなぁ。トルコ料理のキョフテの機内食、機内食としては美味しいかも。

18cinq2812
そして、ターキッシュエアラインズといえば、エフェスビールでしょう。

18cinq2813
離陸を遅らせるくらいの混雑とあって、イスタンブール・アタテュルク国際空港の着陸待ちの混雑は激しくて、イスタンブール上空で着陸待ちの「ぐるぐる」に巻き込まれて、ただでさえ遅れているのに20分くらい上空を旋回していたんじゃないかなぁ。ようやく着陸して、今回はボーディングブリッジのあるスポットに到着。けっきょく1時間以上遅延しているので乗客の動きも慌ただしい。東京成田行きTK52便の出発まで残り1時間。忙しいけれど、1時間あればなんとか間に合うかなぁ?

18cinq2814
以前にギリシャに行った時に、アテネからイスタンブールへ向かう飛行機が遅れて、乗り継ぎ客はボーディングブリッジを逆流して、手荷物検査を受けずに出発フロアに直行するという裏技があることを知っていた。通常は手荷物再検査を受けてから出発フロアに向かうので時間がかかるんだけど、今回も裏技が発動。乗り継ぎ搭乗券のチェックだけで直接、出発フロアに出られてしまう。

18cinq2815
ということで実質上、乗り継ぎ時間0分で、飛行機から降りたら出発フロアに出られてしまう。現在の時刻は1:05。東京成田行きターキッシュエアラインズTK52便の出発は2:00で、出発ゲートは306番ゲート。55分あるので乗り継ぎには全く問題はないけれど、イスタンブール・アタテュルク国際空港でシャワーを浴びたり、バクラヴァを買ったり、人生最後のイスタンブール・アタテュルク国際空港を楽しみたかったのにその時間はなさそう。あくまでプラスアルファの「楽しみ」のための時間がなくなっただけで、乗り継ぎはできて予定通りに帰ることができるんだから、よしとしよう。このところ、帰りの便でトラブルに巻き込まれることが多くて、予定通りに帰れるだけでもありがたいと思ってしまう。

18cinq2816
306番ゲートの矢印がおかしい。これは、バスゲートの予感。そういえば前回、ターキッシュエアラインズを使った時もバスだったかな?

18cinq2817
予想通り沖留めバスゲート。306番ゲートにたどり着くと、すでにボーディングが始まっている。トイレにも行かずにそのままボーディングの列に加わる。けっきょく、人生最後のイスタンブール・アタテュルク国際空港は慌ただしくトイレにも行かずに終わってしまう。

18cinq2818
機材はエアバスA330-300。沖留めなので、イスタンブールの地に立ち、イスタンブールの風を浴びて、タラップを上って機内に入る。

18cinq2819
ミラノからの機材と同様にエアバスA330は2-4-2の横1列8席のコンフィグレーション。ちょっと心配だったけれど、無事にイスタンブールでの乗り継ぎもできた。このまま飛び立ってくれれば、無事に日本に帰ることができる。でも、最後まで油断はできない。今までのトラブルだって、飛行機に乗る時までは異常はなかった。

18cinq2820
ゲートが閉まり、機内安全ビデオの上映が始まる。無事に出発できそう。

18cinq2821
無事に離陸し、安定飛行に入る。1回目の機内食は、ボンベイ豆の前菜、羊飼いのサラダ。メイン料理はチキンのカフェ・ド・パリ・ソース添え。デザートとしてワイルドベリーマスカルポーネ。そして、エフェスビール。直訳的な日本語メニューからは料理がよくわからない。味付けは悪くないんだけど、「カフェ・ド・パリ・ソース」は想像とは全く違ってカレーのような感じ。

18cinq2822
離陸直後から、機内映画でフランスのコメディ映画の “TAXi 5”を見る。だけど、主役だったダニエルもエミリアンもいない。ジベール署長は健在でマルセイユ市長になっている。シリーズ途中から、出なくなったリリー役のマリオン・コティヤール“Marion Cotillard”も好きだったんだけどなぁ。

18cinq2823
日本で封切り前に“TAXi5”(放題:TAXi ダイヤモンド・ミッション)を見られてちょっと幸せ。新シリーズもなかなかおもしろい。

18cinq2824
チャイを飲んだら寝てしまう。

18cinq2825
北京上空を通過中。そろそろ朝ごはんの時間。

18cinq2826
朝ごはんもトルコ風。フムス、季節のサラダ、ナスの煮込み料理、チョコレートムース。トルコ料理の味つけって、毎日食べても飽きないような味つけで好き。そして、朝ではなく、すでに夕方なので再びエフェスビール。

18cinq2827
朝鮮半島上空に入り、“Tokyo”の文字が見えてきた。

18cinq2828
食後のチャイもこれで最後。

18cinq2829
TK52便は成田空港着なのでいわき上空を旋回し、成田空港に向けて降下していく。ターキッシュエアラインズの地図はどこの会社が作ったものなんだろう?私が千葉県に詳しくないせいだけど、“Yamada”なんていう町があったっけなぁ?さらに、埼玉県あたりにある“Ogami-yama”ってどこ?帰国後に「おがみやま」で検索してみると、「越上山」というのが埼玉県飯能市と入間郡越生町の境にあるみたいだけど、埼玉県民である私は知らないんだけど、飯能市民や日高市民とか越生町民には知られた山なのかなぁ?

18cinq2830
“Oji”は奈良県の王子だとして、“Ogawa”って東武東上線の池袋からの急行の終着駅である埼玉県比企郡小川町?この地図を作ったのは、埼玉県の人なんじゃないかなぁ?

18cinq2831
ターキッシュエアラインズTK52便は成田空港に到着。無事に予定通りに到着できてホッとする。いつもの通り、休暇5日間に詰め込んだ弾丸旅行だったけれど、「季節はずれのチンクエテッレ」の旅は面白かったなぁ。

18cinq2832
欠点としては日没が早いので観光する時間が限られてしまうことだけど、オフシーズンだからこそチンクエテッレの集落もポルトフィーノも空いていてのんびり観光できた。

18cinq2833
チンクエテッレは、死ぬまでに自分の目で見てみたいディスティネーションの第1候補として間違いなかった。リオ・マッジョーレの部屋の窓から見る絶景は最高だった。あの宿が100ユーロで直前に予約できてしまうのはオフシーズンならではだろう。本当に1人で泊まるのがもったいないような部屋だったなぁ。

18cinq2834
今回の旅行で一番感じたのはイタリアの地方の面白さ。フランスと同様にイタリアも地方色豊かで、もっとイタリアの地方に着目してもいいかもしれないことに気づかされる旅だった。イタリアもヨーロッパの国の中ではフランスの次に旅行している国だとは思うけれど、それでも数年に1回程度。もっと色々な地方に行くべきかもしれないなぁ。もっと「まだ知らない」イタリアを感じたくなってきている。

18cinq2835
時間に余裕があるときにはスカイアクセス特急に乗ることが多いんだけど、帰りは少しでも早く家に帰りたいので、久しぶりにスカイライナーに乗る。(季節はずれのチンクエテッレ おしまい)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年9月23日 (月)

季節はずれのチックエテッレ 4日目(4)ミラノ・ドゥオーモからミラノ・マルペンサ空港へ。

18cinq2701
最後にミラノのドゥオーモを眺めて、ミラノ・マルペンサ空港に向かうことにする。雄牛の上で3回転したので、きっと再びミラノを訪れることがあるだろう。

18cinq2702
ミラノ・メトロのドゥオーモ駅に向かう。それにしても、以前はよく見かけたミサンガ売りはどこへ行ってしまったんだろう?まぁ、いなくていいんだけど。

18cinq2703
自動券売機周辺をうろちょろしている親切風おじさんもいない。まぁ、いなくていいんだけど。

18cinq2704
メトロの駅周辺は警戒心を最高にしているのに、怪しげな人を今日は見つけられず、拍子抜け。それでも、油断はできない。

18cinq2705
メトロ3号線に乗ってスーツケースを預けてあるミラノ中央駅に向かう。

18cinq2706
ほんの少しのミラノ観光だけど、初めて上がったドゥオーモの屋上テラスの風景も良かったし、お昼ごはんにミラノの名物料理を食べたし、楽しかったなぁ。何度か来ていて慣れているということもあるけど、私はミラノの街って好きかもしれない。

18cinq2707
たった4駅なのであっという間にミラノ中央駅に到着してしまう。

18cinq2708
だけど、心残りなことがある。帰国前におみやげを買う大きめのスーパーマーケットをミラノでは開発しきれていない。以前は、ドゥオーモ広場からトリノ通り“Via Torino”を歩いて左側にスーパーマーケットがあったんだけど、なくなってしまったみたい。Lima駅のそばのスーパーマーケットもなくなってしまった。ミラノは乗り継ぎ地点としては便利なのでまた来るような気がするので新しいスーパーマーケットを開拓しなくちゃなぁ。

18cinq2709
仕方がないのでミラノ中央駅の地下にあるスーパーマーケットで買い物をすることにする。大きなスーパーではないけれど、必要なものは買うことができる。

18cinq2710
スーパーマーケットで最後の買い物をして、スーツケースを受け取りに向かう。

18cinq2711
荷物預かり場は、駅の右手にあるルイジ・ディ・サヴォア広場“Piazza Luigi di Savoia”に近い場所にある。少し先には、広場への出口が見えている。

18cinq2712
団体パッケージツアーと違って、スーツケースを持ち歩く旅行では、常にスーツケースをどこに置くかを考えて旅程を組まなければならないため、駅で荷物を預かってくれると宿泊地以外に途中下車ができるために旅の自由度が増してくる。

18cinq2713
時間帯によっては、窓口はがらがらなので、スタンダードレーンでもすぐに荷物を受け取れてしまう。よほど混雑していない限りはエキスプレスレーンでお願いする意味はないかも。

18cinq2714
以前にバーリに行った時にはミラノ・マルペンサ国際空港行きのバスは、手荷物預かり場に近い、ミラノ中央駅の右手のルイジ・ディ・サヴォア広場からの出発だったんだけど、いつの間にか駅の左手の11月4日広場“Piazza Quattro Novembre”に移転してしまったので、ミラノ中央駅を歩いて横断するような感じ。

18cinq2715
ようやく反対側の11月4日広場“Piazza Quattro Novembre”の出口が見えてきた。

18cinq2716
マルペンサ空港行きのバス乗り場は駅を出てすぐにある。

18cinq2717
マルペンサ空港行きのバスの切符売り場が並んでいる。ここでは、どの会社がすぐに発車するのかがわからないので、ここでは切符を買わない。

18cinq2718
切符は切符売り場で買わなくても、バスの前にいる係員から買うことができる。5分後に出発するバスを見つけて、すぐにスーツケースをバスのトランクルームに入れてバスに乗り込む。

18cinq2719
出発直前のバスに飛び乗ったので、座席はけっこう埋まっている。

18cinq2720
ミラノ・マルペンサ国際空港はミラノ市街から成田空港並みに遠くて、1時間くらいかかる。今日は雲がかかっていて、アルプスの山が見えないのが残念。晴れているとアルプスがきれいに見える。

18cinq2721
バスはミラノ・マルペンサ国際空港ターミナル1に到着。係員が手伝ってくれるわけではないので自分でトランクルームから荷物を取り出す。

18cinq2722
ミラノ・マルペンサ国際空港のターミナル1の建物の中に入る。

18cinq2723
まずは出発案内板を見て、スケジュールを確認。とりあえず、欠航や遅延は今のところ大丈夫そう。だけど、飛行機に乗る前までは正常でも機材不具合で飛ばないということもあるので最後まで安心してはいけない。ターキッシュエアラインズのチェックインカウンターは15番。

18cinq2724
15番のチェックインカウンターを見つけて、さっさとチェックインを済ませてしまうことにする。

18cinq2725
エコノミーのチェックインカウンターは、列はあるけれど、そんなに待たずにスーツケースを預けることができる。これで手続きは完了。

18cinq2726
ミラノ風リゾットにオッソブッコ、そしてティラミスとお昼ごはんをがっつり食べてしまったので、レストランで何かを食べたいという気持ちではないし、買うものも特にないので、さっさと手荷物検査を受けて制限エリアに向かうことにする。

18cinq2727
イスタンブール行きのTK1876便は定刻通りの出発予定でB55番ゲート。

18cinq2728
ミラノ・マルペンサ空港ターミナル1の非シェンゲンエリアは2つのサテライトに分かれている。サテライトごとにラウンジがあるんだけど、B55ゲートがあるサテライトのラウンジはプライオリティパスでは使用できない。もう一つのサテライトにあるラウンジ“Sala Pergolesi”であれば使用可能なんだけれど、サテライトが違うのでゲートまでけっこう歩くことになる。

18cinq2729
それでも、まだ出発までは時間もあるし、ビールを飲みにプライオリティパスで使用できるラウンジ“Sala Pergolesi”に行ってみることにする。建物の中央部にあるために窓がない。ラウンジ内は広い。

18cinq2730
食べ物はサンドイッチなどの軽食が置かれているほか、ケーキなど甘いものもある。

18cinq2731
飛行機に搭乗する前にビールを飲みながら、イタリアでの時間をまったりと過ごす。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年9月20日 (金)

季節はずれのチックエテッレ 4日目(3)ミラノ名物のミラノ風リゾットとオッソブッコ。

18cinq2601
ドゥオーモ広場“Piazza del Duomo”からメルカンティ広場“Piazza dei Mercanti”を歩く。以前にこの通りを歩いた時にはクリスマスシーズンで、メルカティーノ・ディ・ナターレ“Mercatino di Natale”が開かれていて賑やかだった。

18cinq2602
コルドゥジオ広場“Piazza Cordusio”の時計は12時半。そうだ、お昼ごはんを食べるレストランを探しているんだった。だけど、よく考えたら私はミラノに宿泊拠点として滞在することが多くて、ホテルのあるミラノ中央駅付近で夕ごはんを食べることはあるものの、ドゥオーモ周辺で食事をしたことってほとんどない。

18cinq2603
ふと広場の片隅にあるお花屋さんが気になってしまう。

18cinq2604
ブーケのアレンジメントって、国によって特徴があるような気がして、つい見てしまう。

18cinq2605
もちろん、国によってということではなく、フローリスト個人のセンスが大きんだろうけれど。

18cinq2606
コルドゥジオ広場から一直線に伸びるダンテ通り“Via Dante”の先にはスフォルツァ城“Castello Sforzesco”が真正面に見える。

18cinq2607
中央銀行であるイタリア銀行の建物“Palazzo della Banca d'Italia”。2009年に最初にミラノに来た時に、JTBのガイドブックに掲載されていたトラットリアがこの辺りにあったんだけど、今回持っている「地球の歩き方」には未掲載のトラットリアなので、場所がよくわからない。9年前のなんとなくの記憶だけでたどり着けるかなぁ?

18cinq2608
たしか、こんな感じの雰囲気のよい細い路地沿いにあった気がするんだけどなぁ。今回はモバイルルーターも持っていないので、Google Mapも使えず9年前の記憶だけで勝負。

18cinq2609
私の記憶力も大したものだと自分で感心してしまう。おそらく、目指していたのはこのトラットリア。迷うことなく一発で目的地にたどり着く。

18cinq2610
そうそう、トラットリア・ミラネーゼ“Trattoria Milanese Dal 1933”。今日はイタリアという大きな枠ではなくて、ミラノの名物料理を食べてみたい気分。JTB系のガイドブックに載っているので観光客向けかもしれないけれど、たしか、ここならミラノの名物料理が食べられるはず。

18cinq2611
12時半を過ぎているので混んでいるかと思ったら、席にすぐに案内される。

18cinq2612
今回の旅で最後の昼ごはんはミラノの名物料理を注文。グラスワインを飲みながら料理が来るのを待つ。

18cinq2613
今まで食べたことがないミラノ風カツレツ“Costoletta alla Milanese”と迷ったんだけど、煮込み料理が好きなのでミラノ風リゾットとオッソブッコの盛り合わせ“Risotto e Osso buco”を選択。スネ肉の煮込みは骨髄が美味しい。そして、サフランの色が鮮やかなミラノ風リゾット。私はまだまだイタリアの地方料理を知らないんだなぁ。

18cinq2614
最後の食事なので自家製ティラミスを頼んでしまう。

18cinq2615
今回のミラノ滞在の主目的であるミラノの名物料理のお昼ごはんを食べて、満足な気分でコルドゥジオ広場“Piazza Cordusio”に戻る。広場に面する立派な郵便局の建物“Palazzo delle Poste”。あとは、おみやげを買ってミラノ中央駅に戻るだけで今回の旅はエンディングへと向かう。

18cinq2616
信号の柱が邪魔だけど、レトロなトラムが走っている。

18cinq2617
オープンテラスのカフェが並ぶメルカンティ広場をドゥオーモ広場に向けて歩く。

18cinq2618
かつては商工会議所、現在は展示場として使われている時計台のあるジュレコンスルティ宮殿“Palazzo dei Giureconsulti”。奥にはドゥオーモが見える。

18cinq2619
ドゥオーモに戻る前にミラノに来たら必ず立ち寄るお店に行かなくちゃ。

18cinq2620
それはマロングラッセが名物のジョヴァンニ・ガッリ“Giovanni Galli”。

18cinq2621
自分用のおみやげに包んでもらった他に、その場で食べる用にばらで1つだけ購入。

18cinq2622
ジョヴァンニ・ガッリのマロングラッセ、久しぶりに食べたけど最高に美味しい。これだけのためにミラノに立ち寄ってもいい。

18cinq2623
ジョヴァンニ・ガッリに行くにはドゥオーモ広場から、このアーケードをくぐっていけば近道。残念ながら、食材店のペック“Peck”月曜日は15時からの開店なので、まだ開いておらずに立ち寄れず。

18cinq2624
背後から見るヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の記念碑“Monumento a Vittorio Emanuele II”とミラノのドゥオーモ。午前中よりも空が青く見える。

18cinq2625
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア“Galleria Vittorio Emanuele II”は、東京ディズニーランドのワールドバザールのモデルとも言われるガラス張りの屋根を持つショッピングアーケード。

18cinq2626
ガラス張りの屋根を持つアーケードは、中央部で道路交差している。交差部はドームになっている。

18cinq2627
交差部はガラス張りのドームになっており、建物のルネッタ“Lunetta”には、アメリカ、アフリカ、アジア、ヨーロッパの4つのテーマが描かれている。

18cinq2628
クリスマスシーズンなので、ドームの下にはクリスマスツリーが設置されている。

18cinq2629
ドームを見上げるだけでも美しい。

18cinq2630
床面にはSPQR(ローマ)のシンボルであるオオカミ“Lupa”のモザイクがある。

18cinq2631
そして、有名なのはトリノの紋章である雄牛のモザイク。雄牛の股間に右足のかかとで3回転すると幸福になれるという。私も他の観光客にならって、ミラノを去る前に3回転してみる。これで、幸福をつかみ取り、再びミラノの街を訪れることができるだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年9月17日 (火)

季節はずれのチックエテッレ 4日目(2)初めてのミラノのドゥオーモの「屋上テラス」。

18cinq2501
ミラノは観光名所としては限られているんだけど、空港のある宿泊拠点として私は好きな町だったりする。それに、ミラノ中央駅からドゥオーモ“Duomo di Milano”まではメトロ1本で簡単に行ける。イタリアの駅では自動券売機の前で声をかけてくる怪しい親切風おじさんを見かけることがあるので、警戒していたんだけど、今日はいないみたい。

18cinq2502
黄色が目印のミラノ・メトロ3号線の乗り場で電車が来るのを待つ。

18cinq2503
列車が駅に入ってきた。パリのメトロよりも車両が大きく、普通の電車サイズ。

18cinq2504
平日の日中の時間帯なので、メトロもそんなに混雑していない。常に油断大敵だけど、乗っている人も怪しげな人はいなさそうな雰囲気。

18cinq2505
中心部のドゥオーモ駅まではたった4駅で到着してしまう。

18cinq2506
ミラノは大都市だけど、観光客としての行動範囲は小さいので移動が簡単だから私はミラノが好きなのかも。

18cinq2507
私はドゥオーモ広場“Piazza del Duomo”に出る階段を上る時はいつも警戒心を最大にしている。なぜかというと、古典的な詐欺師であるミサンガ売りが待ち受けているから。ところが、今日はどうしちゃったんだろう、ミサンガ売りが出口に待ち構えていない。切符売り場に生息している親切風おじさんも、ドゥオーモ広場の地下鉄の出入り口に生息しているミサンガ売りもいないなんて、最近は取り締まりが強化されているのかなぁ?

18cinq2508
ミラノのドゥオーモは独特なファサードだけど、このファサードが好き。

18cinq2509
ドゥオーモ広場に面するヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア“Galleria Vittorio Emanuele II”。クレーン車が出て広場の一角で作業が行われている。時期的にはクリスマスツリーを立てるのかなぁ?

18cinq2510
急にハトが集団で飛んできた。黒っぽく映り込んでしまっているので、面白い写真が撮れたと思うけれど、平和な感じの写真になっていない気がする。

18cinq2511
ドゥオーモ広場には大量のハトが集まっている。どうやら、エサをまいた人がいて、ハトが集まってきている様子。

18cinq2512
あれ?ミラノのドゥオーモに入るのって有料だったんだっけ?チケットを買ってドゥオーモの内部に入るには手荷物検査がある。

18cinq2513
初めて来たわけではないんだけど、ミラノのドゥオーモは天井が高く感じる。残念ながら一部分は修復中のようで布がかかってしまっている。建築様式はゴシック様式。教会を支える太い柱が立ち並んでいる。

18cinq2514
スポットライトに輝いているマルコ・ダグラーテ“Marco d'Agrate”による聖バルトロメオの像“La statua di San Bartolomeo nel Duomo di Milano”。聖バルトロメオは「皮剥ぎの刑」によって殉教した聖人で、この像も皮を剥がされた状態を表現している。

18cinq2515
主祭壇。今回も無事に旅ができていることを神に感謝する。

18cinq2516
足が獣の足になっているこれ“Vasca romana del battistero”はなんだろう?直訳すればローマの浴槽?

18cinq2517
かつてフィレンツェのドゥオーモやローマのサンピエトロ寺院には登ったことはあるんだけど、ミラノのドゥオーモにはあがったことがなかったので上がってみることにする。もちろんエレベータがある場合はエレベータで。

18cinq2518
ドゥオーモの片隅に普通のエレベータが設置してある。

18cinq2519
エレベータを降りるとそこはドォーモの屋上部分。エレベータで屋上部分までエレベータで行けるなんてすごい。

18cinq2520
ミラノのドゥオーモのテラスは狭い通路ではなく自由に歩くことができる。

18cinq2521
ファサードに近いところにさらに上に登る階段がある。

18cinq2522
この階段の彫刻について、たしかNHKの「世界ふれあい街歩き」だったかなぁ?テレビの番組で見たことがある。

18cinq2523
歴史的な彫刻なんだけど、修復作業時などに遊び心のある彫刻があるという話だった気がする。

18cinq2524
見つけた!テニスラケット。

18cinq2525
今まで、ヨーロッパの教会の塔などに登ったことはあるけれど、こんなに屋根全体を歩けるなんて、ミラノのドゥオーモのテラスは開放感があっていい。たぶん、今回が3回目だったんだけど、どうして今までテラスにあがらなかったんだろう。

18cinq2526
主尖塔のてっぺんには黄金のマドンナーニ“Madonnina”が光り輝いている。

18cinq2527
裏側から見たファサードの先端部分。塔のてっぺんにはそれぞれに聖人像がある。

18cinq2528
ドゥオーモ広場に面するのはヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア“Galleria Vittorio Emanuele II”の入口部分。遠くにはスフォルツァ城“Castello Sforzesco”も見える。

18cinq2529
ミラノのドゥオーモのテラスは天気が良いと最高に気持ちがいい。どうして、過去に2回もミラノを訪れているのにこのテラスに来なかったのだろう?

18cinq2530
再びエレベータで地上に降りて、お昼ごはんを食べるレストランを探すことにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年9月14日 (土)

プジョー208との生活:プジョー208アリュール、点検結果は重症。エンジン交換のために入院へ。

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208

201909141
2019年9月14日、土曜日。6ヶ月点検と7月にプジョー・シトロエン・ジャポンから案内が届いていた点検を受けるためにPeugeot所沢へ。両方の点検作業は2時間程度と短めのために、いつもならば周囲にお散歩に出かけるんだけど、今日はショールーム内で本を読みながら待機することにする。

201909142
通勤に使っていないことと、ドライブ旅行に行くことが少ないので、私のプジョー208アリュールは、6年半で15000キロと走行距離が少ないので大丈夫だろうと思っていたら、点検結果は、なんと「エンジン交換」とのこと。9月下旬からエンジン交換のために入院予定になってしまった。ディーラーのサービス担当さんのお話だと、エンジン交換となるケースは走行距離には関係なく、私よりももっと走行距離の少ないクルマでも当たってしまったクルマがあるとのことで、ロットの問題なのかもしれないなぁ。フランス、パリ郊外のポワシー工場で作られた私のプジョー208アリュールは、PureTech直列3気筒1.2リットルNAエンジン。どうせ、エンジン交換となるんだったら、サービスでPureTech直列3気筒1.2リットル「ターボ」エンジンにしてくれれば、アリュールはもっと楽しくなりそうだけど、私にとっては自然吸気のエンジンで十分かなぁ。

にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
にほんブログ村

2019年9月11日 (水)

【緊急レポート】実際に体感してみた2019年9月のソウル。

19sel01
2019年9月8日、金曜日。成田空港第1ターミナルにてエアソウルRS702便に乗るためにチェックインカウンターに並ぶ。実は、行きの航空運賃はキャンペーンで直前にも関わらず片道2000円だったので、それだけ集客に苦労しており乗客もおらずガラガラだと思っていたら、チェックインカウンターには普通に乗客がいる。乗客のほとんどは日本人。

9/6 RS702 NRTICN 13:30 16:10
9/8 RS703 ICNNRT 17:05 19:30
※RS=エアソウル NRT=成田 ICN=仁川

19sel02
エアソウルはアシアナ航空の子会社なので、おそらく、機材はアシアナ航空のおさがりのエアバスA321。乗っている日本人は若い子が多いかなぁ?家族に反対されたとか、会社には秘密で来ているという会話も聞こえる。

19sel03
このところ、テレビやインターネットの情報だけを見ていると、韓国で「反日運動」が盛んに起きている様子だけど、実際の雰囲気はどうなんだろう?マスメディアって、一部分の事象を切り取って、あたかも「全体」であるような印象を与える場合がある。自宅で座って得られる情報は正しいものなのだろうか。一部分ではなく「全体」なのだろうか。マスメディアの情報を鵜呑みにせずに、実際のソウルを自分の足で歩いてみて、自分の目で見て、感じなければなぁと思っていた。そんな目的で、実際に2019年9月7日、土曜日にソウル市内を自分の足で歩いて雰囲気を確かめてみる。まずは南大門市場のカルグクス横丁。

19sel04
カルグクス横丁でIKKOさんオススメの「巨済食堂」に入ってみることにする。このお店の店主は「巨済島」出身なんだろうなぁ。

19sel05
物価がどんどん上がる韓国で、南大門市場のこの食堂は麦飯ビビンパッとカルグクス、冷麺のセットで6000ウォンと安い。現在のレートだと日本円で600円もしない。それにカルグクス横丁というだけあって、カルグクスが美味しい。

19sel06
南大門市場は人が少ない。実は理由があって、この日の韓国は台風13号の影響をもろに受けており、雨は降っていないけれど風がものすごく強い。日本人がいないかと思ったら、ちらほら歩いている。

19sel07
明洞を歩いてみると、台風の影響でやはり人通りが少ない。普通に街を歩いているけれど、いつものソウルと変わらない。

19sel08
あまりにも報道と異なり普通すぎるので、本来は近づいてはいけない光化門に行って、反日のデモを遠くからこっそり観察してみることにする。今日は土曜日なので、デモが行われているに違いない。

19sel09
テレビのクルーを見かけたけれど、これはどう見てもデモの取材ではなく、台風中継。韓国のテレビでも、アナウンサーが大げさな装備。

19sel10
台風だから反日デモは行われていないのかなぁ?むしろ、アメリカ国旗を掲げる小規模の保守派のデモは見かけたけれど、革新系のデモは見つけられず。うーん、危険な地域と言われる場所まで来てみたけれど、台風の影響で平穏ではないんだけど、残念ながら日本のテレビやインターネットの情報を実証できない結果になってしまう。マスメディアの情報では、あたかも韓国人が「すべて」反日というような印象を受けるんだけど、私には根拠とすべき事象を見つけられない。むしろ、いたって普通。

19sel11
そのまま仁寺洞まで歩く。こちらも台風の影響で人が少ないけれど、日本人観光客も見かける。人通りは少ないけれど、普段のソウルと変わらない。

19sel12
さすがに鍾路3街のユニクロはお客さんがいない。台風の影響もあるけれど、ここは不買運動の効果が出ているのかもしれないなぁ。「反日」という点で確認できたのは、ここくらいかなぁ?

19sel13
さらに鍾路5街まで歩き、広蔵市場へ。屋台の食べ物やさんは、いつも通りの雰囲気。日本人観光客もたくさんいる。けっきょく、地下鉄に乗っても、食堂に行っても、ものを買っても、いつもの通りの雰囲気で、普通に観光できてしまう。なお、私はできる限り「偏見」や「先入観」にとらわれず、ニュートラルに実際の様子を観察しようという意図なので、自分の目で確認したことや感じたことを書いており、韓国や日本の政治の是非については一切触れていない。内容を確認していただければ分かる通り、実際に自分の足で歩き、自分で体験してみたことに基づいた、旅行記である。もちろん、私の歩いたコースは典型的な観光名所だけなので、ソウルのごく「一部分」に過ぎない。いつも通りのソウルの雰囲気と私は感じたものの、たまたま台風の影響でデモが中止となっただけかもしれないので、私の体験を「すべて」と一般化することはできないだろう。でも、まぁ、実際に歩いてみた「主観的な」印象としては、普通にソウル観光するには問題ない感じ。実際に体験してみた「印象」に過ぎないけれど。

19sel14
むしろ、今回の2泊3日の韓国旅行で最大のピンチは、台風15号の接近。9月8日、日曜日夜に欠航にならずに成田空港に無事にたどり着けるのかどうか。エアソウルRS703便は仁川空港17:05出発で、成田空港19:30到着予定。進路予測を見ると、当初よりもスピードを落としており、なんとか19:30だったら台風が成田空港に近づく前に着陸できるかなぁ?こういう時に便数の多いアシアナ航空や大韓航空だったら、空港に早めに行って、午前中の便に空席があれば変更をお願いしたり、欠航になった時には自社便の関西国際空港や中部国際空港への振り替えも交渉できるんだけど、便数の少ないLCCでは払い戻りをして当日新たに航空券を買うしかない。翌9日、月曜日は仕事なので、何としても8日中に日本に戻りたい。

19sel15
実は前日に欠航になった時のシミュレーションを考えており、成田便が欠航になったら関空に飛び、翌朝の新大阪駅6時発の始発の新幹線で帰るつもりだった。ダイヤが乱れなければ、計算上は8時半前には東京駅にたどり着ける。ところが、当初の予想よりも台風の速度が遅く、エアソウルは、9/8は欠航にせずに成田空港まで飛ばす決断をした様子。これで日本に帰ることができる。成田空港に着陸できれば、交通が混乱しており自宅には戻れないかもれないけれど、なんとかなるだろうとホッとする。

19sel16
エアソウルRS703便は、17:05に定刻通り出発。この便は東京に帰る日本人乗客でほぼ満席。私は昨日から台風の進路予想とずっとにらめっこだったけど、他の日本人乗客は能天気なものであまり気にしていないみたい。台風が近づいているのに大きく揺れることもなく成田国際空港に着陸し、この日はJR線も京成線も、空港バスも通常通りに運行しており、スカイライナーに乗って、西武鉄道は通常運行しており、予定通り自宅まで戻ることができる。

19sel17
翌日9月9日、鉄道の運休や高速道路の閉鎖などで成田空港が陸の孤島となった状況を報道等で見て、私はたまたま運が良くて台風が来る前に帰ることができたけれど、人ごとではない気がする。実際に、私は成田空港まで飛ぶことができればなんとかなると考えていたので、台風対策について認識が甘かったんだなぁと反省している。そう、私はたまたま運が良かっただけで、成田空港に閉じ込められてもおかしくなかった。私だったら、閉じ込められたらどう行動しただろう?可能性としては、前日に関空に回避する方法に気がついていたので、鉄道やバスがダメでも飛行機は飛べるんだったら、乗客は成田空港にたどり着けずに空席があるだろうジェットスターやピーチなどのLCCで関空に飛び、そこから羽田空港便で羽田空港に戻る、もしくは新大阪駅から新幹線という作戦をその場で思いついたかどうかは、わからない。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2019年9月 8日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 4日目(1)ジェノヴァからミラノへの列車は15分遅れ。

18cinq2401
2018年11月26日、月曜日。私の旅は5日間の休暇に詰め込んだ弾丸旅行。早くも今回の旅行では現地最後の朝を迎える。「ベスト・ウエスタン・ホテル・モデルノ・ヴェルディ」“Best Western Hotel Moderno Verdi”の朝食レストランへ向かう。

18cinq2402
リオ・マッジョーレの宿は部屋のみで朝食なしだったので、ホテルでのビュッフェ式朝食は楽しく見えてしまう。だって、クロワッサンだけでも、これだけの種類がある。

18cinq2403
そして、この地域特有のフォカッチャが最高においしい。このフォカッチャを食べにジェノヴァを再訪してもいいかもしれないなぁなんて思い始めている。

18cinq2404
ジェノヴァの伝統的なお菓子であるパンドーロ“Pandolle”が置いてあるのもいい。

18cinq2405
今日も“Kachi”が置いてある。

18cinq2406
最初に宿泊した時は、いろいろ食べて試してみたくなってしまうんだけど、同じホテルでの2回目の朝食は控えめになる。だけど、まぁ、中1日開けているのもあるけれど、このホテルの朝食はつい食べたいと思う気持ちが強くなり、お皿いっぱいになってしまう。

18cinq2407
チェックアウトの手続きを済ませて、ジェノヴァを発つことにする。ターキッシュエアラインズTK1876便はミラノ・マルペンサ空港を18:55発なので、ジェノヴァ観光をしてから空港に向かっても十分に間に合うとは思うんだけど、私は長距離の移動については慎重派なので、早めにミラノにたどり着いていたいので、朝からミラノに向かうことにする。その理由はフランスやイタリアの鉄道は遅れることがよくあるので、あまり信用していない。

11/26 TK1876 MXPIST 18:55 23:45
11/27 TK52 ISTNRT 02:00 19:40
※TK=ターキッシュエアラインズ NRT=成田空港 IST=イスタンブル MXP=ミラノ

18cinq2408
今回の旅行ははジェノヴァはチンクエテッレ観光の通過点になってしまい、ジェノヴァ観光は夕方に歩いたくらいで、ちゃんと観光をしていない。フォカッチャもまた食べたいし、次回はジェノヴァを主役にして再訪してもいいかもしれないなぁ。今回の旅行でジェノヴァをけっこう気に入っていたりする。

18cinq2409
ジェノヴァ・ブリニョーレ駅“Genova Brignole”の中に入る。

18cinq2410
現在の時刻は7:47。出発案内板を見ると乗る予定にしていた8:09発ミラノ行きの列車IC658は10分遅れの表示が出ている。まぁ、10分くらいならばイタリアでは正常運転かなぁ?すでに発着番線が表示されているので、8番ホームに向かうことにする。

18cinq2411
スーツケースを転がしながら地下通路を通ってホームへ8番ホームヘ向かう。

18cinq2412
ジェノヴァ・ブリニョーレ駅にはエレベータがあり、エレベータで8番ホームに上がる。スーツケースの旅行だと、おみやげが入った帰りは重いので、エレベータがあるとうれしい。

18cinq2413
エレベータのおかげで簡単にホームに上がる。

18cinq2414
8番ホームで遅れているミラノ行きの列車IC658を待っている人はけっこう多い。

18cinq2415
出発予定時刻は8:09なのに、現在の時刻は8:15。しかも、遅れが増して15分になっている。

18cinq2416
15分遅れでようやく列車がジェノヴァ・ブリニョーレ駅に到着。

18cinq2417
ヨーロッパの駅でありがちな光景。何両編成なのか、何号車がどこに停車するかは、列車が来てみないとわからない。列車が到着してから指定席を目指して乗客の大移動が始まる。こんな感じだから、乗客の乗り降りに時間がかかり出発は累積的に遅れてしまう。

18cinq2418
2等車だけど反対側は1人がけの座席。2人掛けの座席は隣がいなければいいんだけど、隣が来てしまうと1人掛けのほうがゆったりと過ごせそう。

18cinq2419
15分遅れで列車はミラノに向けて走り始める。

18cinq2420
川を渡り、途中の大きな町に停車するみたい。

18cinq2421
列車は大きな町のパヴィア“Pavia”という町に到着。

18cinq2422
この駅に出発案内板を見ると、この列車はさらに遅延しており20分遅れになっている。

18cinq2423
ようやくミラノ市街に入ってきた。

18cinq2424
車両基地には蒸気機関車が見える。実際に動く蒸気機関車なのかなぁ?

18cinq2425
こちらにも蒸気機関車があるけれど、こちらは線路が行き止まりになっているから展示車両ぽい。

18cinq2426
終点ミラノ中央駅“Milano Centrale”のドームが見えてきた。

18cinq2427
ミラノ中央駅のホームには真っ赤なイタロ“Italo”の車両が停車中。

18cinq2428
けっきょく定刻では9:55着の予定が10:20に終点であるミラノ中央駅に到着。

18cinq2429
ミラノ中央駅ではホーム入場時は切符を確認されるけれど、出るときはチェックされないみたい。

18cinq2430
ミラノ・マルペンサ空港発ターキッシュエアラインズTK1876便の出発時間は18:55と遅いので、ミラノでお昼ごはんを食べる時間は十分にありそう。お昼ごはんを食べるために中心部まで出ることにする。そうなると邪魔なのがスーツケース。ミラノ中央駅には荷物預かり場があるので、スーツケースを駅で預けてしまうことにする。

18cinq2431
料金は2種類あってスタンダードレーンの普通運賃は6ユーロ。誰も並んでいないエキスプレスレーンだと12ユーロ。倍額を支払えば並ぶことなくすぐに預けることができるということらしい。職員はたくさんいるんだから、スタンダードレーンの職員を増やせば済む話のような気がするけれど。

18cinq2432
無事にスーツケースを預かってもらい、ミラノ中央駅の外にある広場に出る。今回の旅の最後に、ちょっとだけのミラノ観光に出ることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年9月 5日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(8)ジェノヴァの大衆食堂「カブール21」“Cavour21”で夕ごはん。

18cinq2301
サンタ・マルゲリータ・リグレから列車に乗ってジェノヴァ・ブリニョーレ駅“Genova Brignole”に到着。

18cinq2302
駅前ホテル「ベスト・ウエスタン・ホテル・モデルノ・ヴェルディ」“Best Western Hotel Moderno Verdi”は信号がうまくいけば徒歩1分。

18cinq2303
チェックインの際に昨日から預かってもらっているスーツケースを受け取ろうとすると、親切なことにすでに部屋に置いてあるという。今まで、何度も前後に宿泊をして荷物を預かってもらう作戦を実行してきたけれど、そのまま荷物室に保管してあることばかりで、事前に部屋に運んでもらえることはなかった。うーん、このホテル、なかなかいいホテルなのかも。

18cinq2304
チェックインを済ませて部屋に入る。

18cinq2305
ちゃんと、私のスーツケースが部屋に置かれている。ちょっとした親切なんだけど、なかなかここまで気配りできるクラスのホテルに私は宿泊していないんだなぁ。この「ベスト・ウエスタン・ホテル・モデルノ・ヴェルディ」は、ミニバーは無料だし、朝食もヴァリエーションがあるし、かなり当たりのホテルだったかも。

18cinq2306
シャワーオンリーだけど、バスルームも広めで、私は実は使い方がわからないんだけどイタリアらしくビデもある。

18cinq2307
昨日の朝、チェックアウトするときにミニバーは無料といわれてショックを受ける。確認するとちゃんと無料って書いてある。

18cinq2308
まぁ、私が宿泊するホテルは安ホテルが多いので、冷蔵庫がある時点ですばらしいんだけど、冷蔵庫を確認してみると、アルコール系のドリンクは置いていないけれど、これだけ入っていて無料なんてすばらしい。

18cinq2309
ホテルを出て夕ごはんを食べに行くことにする。

18cinq2310
けっきょく、ジェノヴァ観光をちゃんとできなかったなぁ。「レ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ」“Genova Le Strade Nuove e i Palazzi dei Rolli”の宮殿群にも入場してちゃんと見たいとは思っていたんだけど、ポルトフィーノだけで今日1日を使ってしまったので、ジェノヴァ観光の時間が無くなってしまった。

18cinq2311
でも、ジェノヴァはもう一度訪れてもいいかもしれないなぁ。今回、ヒヨコ豆の粉で作るファリナータ“Farinata”とニースのソッカ“Socca”の共通点を見つけてしまったので、ジェノヴァからニースへの旅をしてみたいと思い始めている。

18cinq2312
今回はチンクエテッレが主目的で、ジェノヴァはチンクエテッレ旅行のための宿泊拠点として立ち寄った感じだけど、もっとジェノヴァが主役の旅行でもいい。

18cinq2313
昨日と同じく、ジェノヴァ旧港であるポルト・アンティコ“Porto Antico”を目指して歩いていく。

18cinq2314
昨日の夕食後、“pesto world championship”と横断幕のかかるトラットリア・ジェノヴェーゼ「カブール21」“Cavour21”というレストランが気になっていた。今回の旅行ですっかりペスト“Pesto”(バジリコペースト)がお気に入りになっているので“pesto world championship”が気になってしまう。ちなみに実はこの写真を撮影したのは食事後で、開店前の19時半には10組以上の行列ができていた。どうやら、このレストランは予約を取らない雰囲気。

18cinq2315
このトラットリアは2階にも席があり、1巡目で着席できる。メニューを見ると、このレストランは格安。だからこそ開店前に並ぶほどの人気がある。そして、パーネもコペルトも0ユーロと明記してある。

18cinq2316
ずっと食べたかったジェノヴァのパスタであるトロフィエを使った料理、ペスト・トロフィエ“Trofie al Pesto con fagiolini e patate”をようやく食べることができる。しかもこれで6.5ユーロの安さ。いわゆるバジリコ風味のジェノヴァ特有のショートパスタ、最高においしい。私はペスト(バジリコ風味=ジェノヴェーゼ)のパスタって飽きないので好きな味なのかも。

18cinq2317
大衆食堂らしく、カラフェのワインはワイングラスではなく、コップで飲む。

18cinq2318
メイン料理はエビのグリル“Gamberi alla piastra”。このエビが7.5ユーロ。このエビが焼いた香ばしさと甘みがあって最高においしい。新鮮な魚介類は単純な料理方法が一番おいしい。

18cinq2319
食後のデザートはたった2.5ユーロのパンナコッタ。ガイドブックに載っているレストランではなかったんだけど、カヴール21“Cavour21”は大正解!

18cinq2320
カヴール21“Cavour21”は、その名前の通り、カヴール広場“Piazza Cavour”に面したところにある。

18cinq2321
イタリアって何を食べてもおいしいし、特に今回のリグーリア地方は、どのレストランもおいしかったなぁ。フランス地方パッチワークの旅は、毎年行っているけれど、イタリア地方の旅もおもしろいかもしれないなぁ。

18cinq2322
レストランを出て、ホテルに向かって歩き始める。

18cinq2323
昨日も感じたことだけど、ジェノヴァはまだそんなに遅い時間ではないのに夜になると人通りが少なくなる。

18cinq2324
まだ見つけていない人々が集まる飲み屋街があるのかもしれないけれど、中心部であるドゥカーレ宮殿のあたりは人影が少ない。

18cinq2325
フェッラーリ広場“Piazza De Ferrari”に戻る。ジェノヴァの風景を見るのも今晩が最後。明日の朝にはミラノに向かう。スケジュール的には明日の午前中にジェノヴァ観光をしてからミラノ・マルペンサ空港に向かうこともできるけれど、ミラノに立ち寄って、ジョヴァンニ・ガッリのマロングラッセが食べたい気分なので、マロングラッセのために朝からミラノに向かうことにする。

18cinq2326
明るいうちは車やバスがひっきりなしに通っていた9月20日通り“Via XX Settembre”も夜になると人通りも少なければ、クルマもほとんど走っていない。

18cinq2327
日曜日ということもあるけれど、もうほとんどのお店が閉まっている商店街を抜けてホテルへ向かう。

18cinq2328
でも、今回の「季節はずれのチンクエテッレ」では最後の夜になるので、ホテルのそばのバル(カフェ)“Les cafè des artistes”に寄ることにする。落書きだらけで外観の雰囲気はよくないけれど。

18cinq2329
外観は雰囲気がよくないけれど、中に入れば普通の雰囲気のバル。

18cinq2330
「季節はずれのチンクエテッレ」最後の夜は、グラッパをちびちび飲みながら、旅の余韻を味わう。5日間に詰め込んだ弾丸旅行だったけれど、チンクエテッレの5つの集落をめぐり、絶景の宿。そして、今日はのんびりポルトフィーノ。今回の旅行も楽しかったなぁ。

18cinq2331
旅の余韻を味わいながらグラッパを飲みほして、ほろ酔い気分でホテルに戻る。

18cinq2332
部屋に戻るとシャワーを浴びて、せっかくミニバーが無料なので、風呂上がりにレモンの炭酸水を飲み、ベッドに入り寝てしまう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年9月 1日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(7)サンタ・マルゲリータ・リグレの町歩き。

18cinq2201
連絡船はサンタ・マルゲリータ・リグレの港に到着する。観光としてはオフシーズンだけど、海岸のある町は明るくて人通りも多い。

18cinq2202
だけど、サンタ・マルゲリータ・リグレの情報を持っておらず、必須見学スポットがよくわからない。今朝、観光案内所で船の切符を買った時に地図をもらっておけばよかったなぁ。

18cinq2203
とりあえず、連絡船から見て気になったサンタ・マルゲリータ・リグレ城に向かう。船から見たときは、サンタ・マルゲリータ・リグレ城“Castello di Santa Margherita Ligure”の名前がついているけれど、お城というよりは見張り台としての要塞の雰囲気。

18cinq2204
歩いて近づいてみると、これは海からの敵の襲来に対する見張り台の塔。お城を建てるんだったら連絡船から見えた大きな教会、サン・ジャコモ・ディ・コルテ教会“Chiesa di San Giacomo di Corte”がある高台に作ったほうがいい気がする。

18cinq2205
サンタ・マルゲリータ・リグレ城の中には入れないみたい。この建物だけがお城だったのかなぁ?それとも、教会が立つ丘を囲むように城塞があり、現存しているのは城塞の一部である見張り台だけなのか?

18cinq2206
お城のすぐ裏手には小さなフラティ・カプチーニ教会“Chiesa dei frati cappuccini”がある。この地域は、しましま模様がかわいらしい。

18cinq2207
教会の中に入ると簡素な雰囲気。誰もいない教会の椅子に座り、神に旅の無事を感謝する。

18cinq2208
教会の前から海を眺める。

18cinq2209
海岸もあるし観光シーズンにリゾート気分でのんびりするには、サンタ・マルゲリータ・リグレはなかなか良い街かも。

18cinq2210
暗くなってきそうなので船から見えた高台にある大きな教会、サン・ジャコモ・ディ・コルテ教会“Chiesa di San Giacomo di Corte”に行くのはあきらめて、市街を歩いていると左右に2本の鐘楼を持つ大きな教会“Chiesa di Santa Margherita d'Antiochia”に出る。

18cinq2211
このあたりが、サンタ・マルゲリータ・リグレのショッピングストリートの雰囲気。観光シーズンには通りの真ん中にオープンカフェができるんだろうなぁ。

18cinq2212
生活に密着したお店が好きで、八百屋さんや果物屋さんをみつけるとついのぞきたくなってしまう。

18cinq2213
町の八百屋さんなので、ジェノヴァのメルカート・オリエンターレ“Mercato Orientale”よりも種類は少ないけれど、生活に密着した雰囲気が好き。

18cinq2214
そして、パニフィシオ“Panificio”を発見。お店の名前が“Panificio”なのかなぁ?かつて、八丈島で「ブーランジェリー」という名前のブーランジェリーを発見したことはあるけれど…。

18cinq2215
ショーウインドウを見ると、パン屋さんというよりはケーキ屋さん。お店に飾られているタルトやお菓子が楽しい。一番上に置かれているケーキはおみやげにはよさそう。私が大好きなお菓子の“Cantucci”もこのお店で作られたものなのかなぁ?

18cinq2216
様々なタルトが並んでいておいしそう。そういえば、イタリアでデザートといえばティラミスやパンナコッタ、カンノーロなどの簡単なものは食べるけれど、ちゃんとしたタルトってあまり食べたことがないかもなぁ。

18cinq2217
たぶん、観光名所としての町歩きはしていないんだけど、私にはこの通りを歩くだけでも面白い。

18cinq2218
少し歩いてみただけだけど、昔の地球の歩き方に書かれていた「庶民的なリゾート地」という表現はあっているかもしれないなぁ。特別な観光名所はないかもしれないけれど、宿泊して過ごすにはよい町かもしれない。

18cinq2219
早くも16時前には太陽が沈みかけてきたので、そろそろジェノヴァに向かうことにする。海岸沿いに並ぶブティックを眺めながら駅に向かい始める。

18cinq2220
ビーチで遊べる観光シーズンだったら、チンクエテッレ観光の拠点としてこの町に泊まるという選択肢もありだろうなぁ。夏だったら16時前だったらまだ太陽は高い位置にあるので、19時くらいまではビーチでのんびりできそう。

18cinq2221
季節はずれの晩秋のチンクエテッレを旅行するにあたっての最大の欠点は日が短いので観光で歩き回れる時間が少ないことかなぁ?

18cinq2222
鉄道駅へ入る路地には、案内標識がある。

18cinq2223
鉄道駅に向かう通りとは思えないほど、狭くてなにもない路地。

18cinq2224
トンネルの手前右手にある階段を上がっていく。

18cinq2225
駅に向かう階段は落書きがあったり、暗くなったら歩きたくない感じ。

18cinq2226
階段を上るとサンタ・マルゲリータ・リグレ・ポルトフィーノ駅。駅前にはお店もない。

18cinq2227
次のジェノヴァ方面のサボナ行きの各駅停車は15:56の出発だけど、すでに時刻は15:55になっている。だけど、10分遅れの表示が出ているので急がなくても間に合いそう。

18cinq2228
自動券売機で切符を買ってジェノヴァ方面のホームで列車を待つ。

18cinq2229
ジェノヴァ行きの列車は遅れて到着。

18cinq2230
列車は乗客がまばらにいる程度で空いている。客車は客室のドアと乗降のためのドアの2重構造になっている。

18cinq2231
まもなく太陽が地中海に沈んでいく。

18cinq2232
けっきょく、連絡船の都合で今日はポルトフィーノ観光だけで丸1日をつかってしまったけれど、のんびりできたので良かった気がする。私の旅行は弾丸旅行だけど、短い日程に目いっぱいは詰め込まない。

18cinq2233
列車はジェノヴァ・ブリニョーレ駅“Genova Brignole”に到着。

18cinq2234
まずは、スーツケースが留守番している駅前ホテル「ベスト・ウエスタン・ホテル・モデルノ・ヴェルディ」“Best Western Hotel Moderno Verdi”にチェックインすることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ