2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 日本発深夜便で最速でニースへ向かう方法 - 中国国際航空、北京・ニース線開設! | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 3日目(1)チンクエテッレ周遊。早朝のリオマッジョーレ散歩。 »

2019年8月 8日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 2日目(9)チンクエテッレ周遊。リオマッジョーレで夕ごはん。

18cinq1501
せっかくリオマッジョーレ“Riomaggiore”に来たのに、港を見るだけではもったいないと思って、太陽が沈む前に港を後にして町を歩いてみることにする。

18cinq1502
リオマッジョーレは道幅も広くて、シーズンオフで閉まっているレストランやお店も多いけれど、それでもお店は多いほうかもしれないなぁ。

18cinq1503
夕陽が当たる場所を見つけながら町を歩く。

18cinq1504
道路の半分だけ一段高くなっている。どうしてこのような段差が生まれたんだろう?チンクエテッレの集落を巡ってみて、おそらく谷沿いに広がっているリオマッジョーレも暗渠となっている川がある。かつて川が流れていた影響なのかなぁ?

18cinq1505
洗濯物が干してあったり、リオマッジョーレも生活を感じられる町。

18cinq1506
ここから先はお店が少なくなり、ほとんど住宅街になってくるので、そろそろUターン。けっこうな坂道だけど、もしも暗渠としてでも川が流れているとすればかなりの急流。

18cinq1507
ふと、高台に教会の鐘楼が見える。高台だったら景色がきれいに見られるかも。この教会まで行ってみようかなぁ。

18cinq1508
高台にあるのはサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会“Chiesa di San Giovanni Battista”。まだ夕陽が当たっている。

18cinq1509
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会の前は高台の広場になっている。

18cinq1510
高台から夕日を浴びるリオマッジョーレの町を眺める。

18cinq1511
海沿いへ続く道もあるけれど、今日のサンセットは港で海に沈むところを見ることにする。教会よりもさらに高い場所に城塞“Castello di Riomaggiore”が見える。すでに谷間に広がる町には太陽の光はない。ちょっと時間をかけて冒険しすぎたかなぁ?道に迷ったりもしたしなぁ。海に沈むサンセットに間に合わないかもしれない。

18cinq1512
港に戻ると、ちょうど太陽が海に沈みゆくところ。よかった、ギリギリ間に合ったみたい。

18cinq1513
海に沈んでいく夕陽を眺め続ける。毎日のようにサンセットはあるのに、旅行に行かないと夕陽を眺め続けることってない。

18cinq1514
夕陽の色に染まった空が美しい。

18cinq1515
日没後のリオマッジョーレの情景。まだかすかに夕陽色が残っている。

18cinq1516
季節はずれになってしまったけれど、今回、チンクエテッレに来てよかった。最初にチンクエテッレに行こうと2018年夏に考えた「まぼろしのチンクエテッレ旅程案」では、ジェノヴァからの日帰り旅行を考えていたんだけど、その案でも実現可能だったかも。この時点で時間は18時前なので、今からジェノヴァに戻ったとしても、そんなに遅い時間にはならずに帰ることができる。ましてや、夏だったら明るいのでもっと遅い時間まで滞在できるので、ジェノヴァから日帰りの旅でも十分に可能。

18cinq1517
空がだんだんと夕陽色から白くなっていく。このベンチはカップルにとっては特等席だなぁ。

18cinq1518
レストランの夕食の時間にはまだ早いのでいったん部屋に戻る。部屋に戻り、窓を全開にするけど寒くない。冬なので虫も入ってこないし、波の音を聞くのが心地よい。

18cinq1519
ベッドに寝そべって窓から見える風景。

18cinq1520
部屋から見える風景が絶景。

18cinq1521
夕陽ではなく街灯の灯りに染まる風景はまた違った雰囲気。

18cinq1522
わざわざ見に行かなくても部屋の窓から見えるんだから、最高の幸せ。

18cinq1523
やることもないので、再びカメラを持って展望台へ。空がだんだんと藍色に染まってきた。

18cinq1524
だいぶ暗くなってきた。

18cinq1525
夕食前にバルでビールでも飲もうかと思ったんだけど、オフシーズンでレストランやバルも開いているお店が少なくて、観光客がいないこともあり、町はひっそりとしている。仕方がないので、スーパーマーケットのコープを見つける。

18cinq1526
夕食を食べる前に部屋に戻り、缶ビール。

18cinq1527
でも、絶景を見ながら部屋で飲むビールはなかなかいい。

18cinq1528
そろそろ夕食の時間。町に行っても開いているレストランを探すのは大変そうだというのはわかっているので、部屋から徒歩1分のレストラン“Dau Cila”で夕食を済ませることにする。

18cinq1529
席は空いているところならばどこでもいいと言うので、一番、海が見える席に座る。

18cinq1530
港がよく見える特等席。夏だったら賑やかなんだと思うけれど、海はすでに真っ暗だし、人通りも少ない。

18cinq1531
ずっとビールだったので、今日くらいはハーフボトルの白ワインを注文。ちゃんとしたレストランぽいので、ミネラルウォーターも注文。

18cinq1532
プリモは、エビとボラのカラスミのカラマラータ“Calamarata con mazzancolle cime di rape e bottarga di muggine”。これが美味しい。イカの輪切りのようだから「カラマータ」と言う名前のパスタなんだろうなぁ。

18cinq1533
イタリアって、つけあわせにサラダが頼めるのが好き。

18cinq1534
セコンドはお魚“Filetto di dentice con crema di finocchi e olive taggiasche”で、“Dentice”がわからなくて聞いたけれどよくわからず。白身の魚でソースも美味しい。うーん、このレストラン、ロケーションもいいけれど、美味しいかも。イタリア料理って、美味しい。

18cinq1535
調子に乗ってデザートにティラミスも食べてしまうけれど、これも美味しい。リオマッジョーレの夜は幸せな気分。

18cinq1536
レストランで食事を終えると徒歩1分もかからないうちに部屋に戻る。こんな絶景の部屋に一人で泊まるなんて、贅沢な気分。季節はずれだけど「晩秋のチンクエテッレ」に来て、本当に良かった。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 日本発深夜便で最速でニースへ向かう方法 - 中国国際航空、北京・ニース線開設! | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 3日目(1)チンクエテッレ周遊。早朝のリオマッジョーレ散歩。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本発深夜便で最速でニースへ向かう方法 - 中国国際航空、北京・ニース線開設! | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 3日目(1)チンクエテッレ周遊。早朝のリオマッジョーレ散歩。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ