2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(9)チンクエテッレ周遊。リオマッジョーレで夕ごはん。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 3日目(2)リオマッジョーレからサンタ・マルゲリータ・リグレへ。 »

2019年8月11日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(1)チンクエテッレ周遊。早朝のリオマッジョーレ散歩。

18cinq1601
2018年11月25日、日曜日。チンクエテッレ、リオマッジョーレ“Riomaggiore”で迎える朝。戸を開けると、部屋から見える絶景。すっきりとした青空ではなく薄い雲が空を覆っている。それにしても朝起きて、部屋の窓から見える風景が素晴らしい。

18cinq1602
この部屋の欠点はホテルではないので朝食つきではないところ。朝食は外に食べに行くか、スーパーで朝食となる食べ物を買っておくしかない。日曜日でもパン屋さんがあれば、焼きたてのパンを買ってくれば十分な朝食になるけれど、問題はオフシーズンのリオマッジョーレで日曜日の朝に開いているお店があるかどうか。

18cinq1603
朝食が食べられそうなお店を探すのと、お散歩のためにリオマッジョーレの町を歩いてみることにする。

18cinq1604
リオマッジョーレのメイン通りであるコロンボ通り“Via Colombo”を歩いてみるけれど、早朝から開いているカフェもなさそう。そして、パン屋さんも開いてなさそう。フォカッチャや甘いパンでも売っていれば、それで十分なんだけどなぁ。

18cinq1605
洗濯物は一晩、干しっぱなしなのかなぁ?オフシーズンの日曜日早朝のリオマッジョーレは、開いているお店がないことがわかる。

18cinq1606
16世紀に建てられた小さな教会“Oratorio di Santa Maria Assunta”がある。なぜ、道路の真ん中に教会が建っているんだろう。

18cinq1607
昨日は途中までしか歩いていない高台の道を歩いてみることにする。

18cinq1608
昨日も訪れたサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会“Chiesa di San Giovanni Battista”。

18cinq1609
洗濯物は夜も取り込まないみたい。教会の前の通り“Via Pecunia”は、階段を登るルートが正式ルートで城塞“Castello di Riomaggiore”に行けるみたいだけど、通り“Via Telemaco Signorini”をまっすぐ進むと遊歩道になっているみたいなので、まっすぐ道を進む。

18cinq1610
通り“Via Telemaco Signorini”は、リオマッジョーレの市庁舎の前を通る。

18cinq1611
さらに歩いていくと海がよく見える開けた場所に出る。昨日の夕方、ここから夕陽を見たほうがきれいに見えたかもしれないなぁ。

18cinq1612
でも、ここからは夕陽は見えてもリオマッジョーレの集落は見えない。

18cinq1613
リオマッジョーレの集落からは離れていく。

18cinq1614
通り“Via Telemaco Signorini”を歩き続けるとリオマッジョーレの鉄道駅が見えてきた。海沿いの崖には「愛の小道」“Via dell' Amore”が見える。「地球の歩き方イタリア2018-2019」には、がけ崩れのために通行止めと書かれているけれど、今は歩けるのかなぁ?

18cinq1615
でも、「愛の小道」の入口はフェンスで閉鎖されていることがここからでもわかる。そして、「愛の小道」のフェンスが崩落していることも見える。

18cinq1616
ずっと歩き続けたらリオマッジョーレの鉄道駅に到着。

18cinq1617
駅前のバルだったらやっているんじゃないかと思って来てみたんだけど、まだ準備中。

18cinq1618
トンネルを通ってリオマッジョーレの市街中心部に戻ることにする。

18cinq1619
よかった、開いているカフェ“IL Maggiore”を見つける。

18cinq1620
お客さんは誰もいない。

18cinq1621
カフェラッテとまだクロワッサンは入荷していなくてマフィンを注文。

18cinq1622
カフェラッテと一緒に楽しむあまーいマフィンが朝は美味しい。

18cinq1623
リコッタチーズの入ったカンノーロを見ると食べたくなってしまう。いつか「カンノーロを食べにシチリアへ」という旅行記ができる気がしている。

18cinq1624
お店が開いていなかった理由は、たぶん、7時台に出発した私の町歩きの時間が早かったから。どうしても夜遊びをしないために、夜早く寝てしまうために、旅行に出ると朝早く目が覚めてしまうんだけど、のんびり8時過ぎに部屋を出ていれば、開いているカフェは普通に見つかったのかも。

18cinq1625
朝食を終えて港に戻るころにはだいぶ明るくなってきている。部屋に戻る前に、もう一度展望台へと向かう。

18cinq1626
曇り空だけど、どうしてもこの風景を記憶に焼きつけておきたくて、昨日から何度も見ているこの風景を見るために展望台へ。

18cinq1627
そろそろ部屋に戻ることにする。

18cinq1628
おそらくリオマッジョーレの町の下には暗渠となっている川が流れている。大きな川ではないのだろうけれど。

18cinq1629
今回の「晩秋のチンクエテッレ」の旅では、リオマッジョーレに宿泊して本当によかった。むしろ、季節はずれの「晩秋」だったからこそギリギリの手配でも予約できて宿泊できたのかもしれないなぁ。

18cinq1630
港に面したこんな場所に泊まることができるなんて最高に幸せ。

18cinq1631
残念ながら、そろそろリオマッジョーレを去らなければならない時間。窓を全開にして、波の音を聞きながら、出発の準備をする。と言っても、リュックサック一つなので準備はすぐに終わってしまうんだけど。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(9)チンクエテッレ周遊。リオマッジョーレで夕ごはん。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 3日目(2)リオマッジョーレからサンタ・マルゲリータ・リグレへ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(9)チンクエテッレ周遊。リオマッジョーレで夕ごはん。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 3日目(2)リオマッジョーレからサンタ・マルゲリータ・リグレへ。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ