2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月29日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(6)季節はずれの11月下旬は日没が早いポルトフィーノ。

18cinq2101
太陽の位置がだいぶ低くなってきており、日が短い時期のポルトフィーノは15時前から南側に丘があるために日陰になってきた。まだ歩いていない商店街を歩いてみることにする。

18cinq2102
ところがお店が開いていない。オフシーズンということよりも、今日は日曜日だからなんだろうなぁ。

18cinq2103
1階の一部がロンシャンのお店になっている小さな教会“Oratorio di Nostra Signora Assunta”がある。

18cinq2104
教会の中に入ってみると素朴な教会だけど、白い十字架と黒い十字架が対になって飾られている。

18cinq2105
こちらは黒いキリスト像。

18cinq2106
路地に入ってみるけれど、生活感は感じられず、あまり面白くないかも。もう、港に戻ってサンタ・マルゲリータ・リグレ行きの船を待つことにする。

18cinq2107
海沿いのベンチに座り、連絡船が来るのを待つ。海を眺めていると本当に穏やかな海。

18cinq2108
だんだんとポルトフィーノの町が日陰に隠れていく。

18cinq2109
透明度の高い海には小さな魚が泳いでいる。

18cinq2110
波が穏やかだから建物の影が海に反射している。

18cinq2111
私は水面に反射した風景が好きなので、このような風景を見つけるとつい写真を撮りたくなってしまう。

18cinq2112
空を見上げると、カモメが飛んでいる。

18cinq2113
ようやくサンタ・マルゲリータ・リグレから船が近づいてきた。

18cinq2114
2階のデッキにも乗客が乗っているのが見える。この時間にポルトフィーノに来る乗客は地元の人なのかなぁ?今から観光に来ても、残念ながら日が落ちてしまう。でも、私も日が傾き始めるのがこんなに早いとは思わなかった。

18cinq2115
行きと同じ進行方向左側の席に座る。サンタ・マルゲリータ・リグレに向かう帰路は左側が陸側なので風景を見られるはず。

18cinq2116
船は動き始めて、ポルトフィーノの桟橋から離れていく。

18cinq2117
ブラウン城には日が当たっているけれど、湾内はすでに日陰に入ってしまっている。

18cinq2118
あまり日没のことは気にしていなかったんだけど、ちょうどいいタイミングでポルトフィーノ観光ができたんだなぁ。

18cinq2119
1日5往復しか運行されない船しか移動手段がなかったために、ポルトフィーノだけに丸1日使ってしまったけれど、のんびりできてよかった。

18cinq2120
ポルトフィーノから船は離れていく。さようなら、ポルトフィーノの町。

18cinq2121
帰りは進行方向左側が陸地なので、座ったままでも風景を楽しむことができる。

18cinq2122
パラッジ“Paraggi”の海岸が見える。バカンスシーズンに小さな海岸でのんびり過ごすには最高だけど、バスが走っていなければ旅行者はこの集落に行くのは今は難しいなぁ。

18cinq2123
海は波もなく穏やかで、船も大きく揺れることなくサンタ・マルゲリータ・リグレに向かう。

18cinq2124
海岸沿いの道路が嵐による波によって侵食されてしまっているのが見える。それにしても断崖絶壁の海岸に道路をよく作った感じ。

18cinq2125
サンタ・マルゲリータ・リグレの町が近づいてきた。

18cinq2126
小高い丘に建つ教会はサン・ジャコモ・ディ・コルテ教会“Chiesa di San Giacomo di Corte”。少し離れて右側の建物は17世紀に建てられたデュラッツォ家の別荘“Villa Durazzo”。

18cinq2127
サン・ジャコモ・ディ・コルテ教会“Chiesa di San Giacomo di Corte” は大きな教会なので、サンタ・マルゲリータ・リグレに宿泊するなら訪れてみたいところだけど、日没も迫っているので、今回は船の上から眺めるだけになってしまいそう。夏だったら、夜まで明るいので時間は遅くなっても観光できたかもしれないなぁ。

18cinq2128
サンタ・マルゲリータ・リグレの港が見えてきた。

18cinq2129
サンタ・マルゲリータ女神像が見えてきた。桟橋には人が集まっているように見えるけれど、これから船に乗るのかなぁ?

18cinq2130
船は港に到着し、下船する。サンタ・マルゲリータ・リグレは「地球の歩き方イタリア2018-2019」では未掲載の町で情報がなく、旧版である「地球の歩き方イタリア2006-2007」には掲載されているけれど、「お手頃に楽しめる庶民のリゾート」で「ヨーロッパの人々にはカーニバルでも有名なところ」というたった4行の情報しかないけれど、ちょっとだけでも市街地を歩いてみることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月25日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(5)ディズニーシーのモデルとなったポルトフィーノでお昼ごはん。

18cinq2001
やっぱりポルトフィーノの町はかわいらしい。ブラウン城のテラスから眺めるポルトフィーノもいいけれど、サン・ジョルジョ教会“Chiesa di San Giorgio”から眺めるポルトフィーノも絵になる風景。

18cinq2002
「地球の歩き方2018-2019」に掲載されているポルトヴェネーレも行ってみたいと思えるような町だけど、非掲載のポルトフィーノに来てよかった。私の持っている「地球の歩き方2006-2007」には、花のリヴェエラとしてサン・レモやフランスとの国境であるヴェンティミリアも掲載されているのに、最新版ではカットされている。

18cinq2003
船の便数が少なく、帰りの船の時間は15時ちょうどなので、時間はたっぷり過ぎるくらいあるので、今日はのんびりとポルトフィーノの町をぼーっと眺める。そして、ポルトフィーノの滞在を満喫する。

18cinq2004
もうポルトフィーノ町の写真は十分に撮っているんだけど、ついファインダーをのぞくと絵になる風景を切り取りたくなってしまう。

18cinq2005
行きとは違って緩やかな坂道を港に向かって下っていく。

18cinq2006
歩きながらつい海が見える場所に来ると足を止めてしまう。私の町歩きは美しい風景を見つけると立ち止まってしまうので、なかなか進まない。

18cinq2007
坂道を下り、ようやくポルトフィーノの町に降りてきた。

18cinq2008
港の前が広場になっている。きっと、観光シーズンだったらレストランやカフェももっと営業していて、賑やかな雰囲気なんだと思うけれど、人通りも少なく静かな雰囲気。

18cinq2009
港から海を見ると、丘の上にはポルトフィーノを見守るブラウン城が見える。

18cinq2010
広場にはお客さんはほとんどいないんだけど2件のカフェが営業中。今日はよく晴れており、11月下旬でも外の席のほうが心地よさそう。

18cinq2011
2件のカフェのメニューはそんなにかわらないだろうと思って、景観重視で港に近いほうのカフェの席に座る。観光地では料理よりも景観重視。

18cinq2012
11月下旬なのに今日は暖かく、港を眺めながら外で飲むビールが最高においしい。

18cinq2013
私の旅行はたいてい5日間の休暇での弾丸旅行なので、時間がないので駆け足で巡ることも多いんだけど、いざ旅行に出ると、あまり詰め込んだスケジュールは嫌いなので、どうしてものんびりする時間がほしくなる。今日なんて、連絡船のスケジュールの関係でポルトフィーノで丸1日終わってしまうんだけど、ポルトフィーノを満喫できて、これはこれで幸せな気分。

18cinq2014
もともとカフェなので、あまり食事メニューが充実しておらず、軽食しかない。旅行中はどうしても野菜が不足するのでニース風サラダを注文。

18cinq2015
そして、トマトとチーズのフォカッチャ。リグーリア地方独特のさくっとした食感のフォカッチャがおいしい。

18cinq2016
中身は生のトマトとチーズだけ。イタリアって、簡単なものでもおいしい。それに地域によって名物料理がフランスと同様に異なるところが面白い。このところ、フランス地方パッチワークの旅はだいぶ埋まってきていて次の行き先を探すのが難しくなってきているので、イタリア地方パッチワークの旅に切り替えようかなぁ?

18cinq2017
食事をしていると、スズメがこちらを眺めている。食事をしているお客さんがほとんどいないから、おこぼれを狙われているのかなぁ?

18cinq2018
しかも、1匹だけではなく、私の周囲にスズメが集まってきている。

18cinq2019
美しい風景を見ながら、ビールを飲んで、フォカッチャを食べて、のんびり過ごすのは最高の幸せ。

18cinq2020
最近、日本でスズメってあまり見かけない気がする。スズメってこんな風に近寄ってくるんだっけ?でも、きっとパンをあげるひとがいて、それを学習していいるんだろうなぁ。

18cinq2021
のんびりとお昼ごはんを食べて、ほとんどお客さんがいないカフェを出る。

18cinq2022
ブラウン城からもよく見えたサン・マルティーノ教会“Chiesa di San Martino”に行ってみることにする。

18cinq2023
サン・マルティーノ教会は近くで見るとグレーと黄色のしましま模様がかわいらしい。

18cinq2024
日曜日の午後にはミサは行われていないので、ひっそりとしている。内装は装飾がされており、豪華な感じ。

18cinq2025
教会の裏にある車道を歩いてみる。おそらく、この通りがサンタ・マルゲリータ・リグレへ向かう主要道路で、82番バスが通るバス通りだけど、こんな狭い道なんだ。

18cinq2026
舗装された道路の途中から海沿いの道を歩く。近づいてみると、湾内は波もなく穏やかな海であることを実感する。

18cinq2027
ポルトフィーノですっかりのんびりした気分。

18cinq2028
水面を見ると、魚の群れが泳いでいる。けっこう大きな魚だけど、なんの魚だろう?

18cinq2029
11月下旬は太陽が沈むのが早いために、もう少しでこの湾も日陰になってしまいそう。

18cinq2030
港にあるベンチに座り、ぼーっとポルトフィーノの町を眺め続ける。

18cinq2031
旅行にでも出ない限り、日常生活の中でぼーっと空を眺めている時間ってあまりない気がする。でも、私はたまに美しい風景をみながらのんびり過ごす時間が恋しくなってしまう。

18cinq2032
それにしても、まだまだ連絡船が来るまでに時間がたっぷりあるので、ポルトフィーノの町をもう少しだけ歩いてみることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月22日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(4)ディズニーシーのモデルのポルトフィーノ、ブラウン城からの絶景。

18cinq1901
サンタ・マルゲリータ・リグレからの連絡船はポルトフィーノの港に到着する。天気は晴れてはいるものの、ちょっと雲が多い。もう少し雲がなければいいんだけどなぁ。

18cinq1902
それでも晴れているので、まずは高台からポルトフィーノの町を見下ろしてみたいので、丘の上に建つブラウン城を目指すことにする。

18cinq1903
ピンク色の動物の像が並んでいる。美術館“Museo del Parco”は植物やオブジェの美術館みたいだけど、オフシーズンはやっていないみたい。

18cinq1904
港を歩いていると、ブラウン城の案内標識がある階段がある。

18cinq1905
ブラウン城に向かう階段は細くて急な階段。

18cinq1906
階段を上ると、尾根沿いに伸びる道に出る。案内標識に従って、ブラウン城を目指す。

18cinq1907
両側を壁で囲まれた道を歩く。正面の建物は要塞のような建物だけど、まだブラウン城ではない。

18cinq1908
高台にあるブラウン城に続く道は、階段の道。

18cinq1909
コルリニアでも見かけたタベルナーコロ“Tabernacolo”は、お地蔵さんみたい。

18cinq1910
ブラウン城までは、もう少し。高い壁を持つ丘の上に建つ軍事的な要塞。いい感じに雲が切れて青空が見えている。美しい風景を見られる期待があるから頑張れる。

18cinq1911
いよいよブラウン城の敷地内に入る。敷地内に入ると、敵と戦う城塞というよりも宮殿のような雰囲気。中庭を通って入口を目指す。

18cinq1912
ラパッロや遠くはチンクエテッレまでが一望できる。

18cinq1913
いよいよブラウン城の建物の中に入る。私がここへ来た目的は建物そのものよりも、ここから眺めるポルトフィーノの風景。建物の見学よりもまずはテラスに向かう。

18cinq1914
ブラウン城から見下ろすポルトフィーノの町は、なんてかわいらしいんだろう。

18cinq1915
今回の「晩秋のチンクエテッレ」の旅では、この風景を自分の目で見てみたかった。ブラウン城から見る風景がポルトフィーノの町全体を見下ろすことができるので、写真写りもいいし、私は絶景だと思うんだけど、うーん、どうして「地球の歩き方2018-2019」では非掲載なんだろう?美しい風景なんだけれど、ガイドブックに載っていない「まだ知らないどこか」がたくさんあるんだろうなぁ。

18cinq1916
オフシーズンのせいなのか、海岸沿いの道路が不通の影響か、日曜日のポルトフィーノは観光客も少なく静かな雰囲気。まぁ、陸路は寸断されていてバスでは来ることができないし、連絡船だけでは観光客を運べる人数も限られている。このブラウン城のテラスだって貸し切り状態で、この風景を独り占めできるなんて、最高の幸せ。ほかの観光客が来ないので、いつまでもぼーっと眺めていられる。

18cinq1917
サン・マルティーノ教会“Chiesa di San Martino”が見える。

18cinq1918
海沿いの遊歩道も人通りが少なければ、お店もあまりやっていないみたい。オフシーズンは静かに歩くことができるからいいんだけど、お店も閉まってしまうのは残念なところかも。

18cinq1919
ブラウン城のテラスからはサンタ・マルゲリータ・リグレの方向も一望できる。

18cinq1920
波も小さく穏やかな海の印象だけど、10月下旬の大嵐はものすごい威力だったんだろうなぁ。

18cinq1921
誰も来る気配のない展望台で、ポルトフィーノの町を眺め続ける。

18cinq1922
ポルトフィーノの港が波もなく穏やかな理由は、ブラウン城のある丘が半島のようになっており、外洋と面していないこと。ところで、残念なことに港のどこかでたき火をしているようで、写真右下が煙でぼやけてしまっている。

18cinq1923
すっかり貸し切り状態のテラスから眺めるポルトフィーノを堪能し、ブラウン城の建物に戻ることにする。外から見ると外敵からの攻撃を防ぐ城塞だけど、中庭などは平和な宮殿の雰囲気。このブラウン城は、19世紀になりイギリス領事ブラウン“Montague Yeats Brown”に購入されて、私邸にリノベーションされている。

18cinq1924
私邸にリノベーションされた建物の中はすっかり宮殿。住まいの雰囲気を感じる。

18cinq1925
ブラウン城の窓からの風景が絶景。

18cinq1926
建物の外周の通路を歩く。

18cinq1927
展望台から見るポルトフィーノと少し角度が違う。ブラウン城に来る途中にあった建物もここから見ると、ただの建物ではなく見張り塔のようになっていることがよくわかる。

18cinq1928
ポルトフィーノの町を見ようとすると、残念ながら港でたき火をしている煙に邪魔されてしまう。

18cinq1929
ブラウン城からの風景を堪能し、お昼ごはんを食べようと思って、港に戻ることにする。登っているときは宮殿に見えたんだけど、上から見ると外敵からの攻撃を考えた城塞だということがわかる。

18cinq1930
ずいぶん高い石壁に挟まれた道を歩く。サン・ジョルジョ教会“Chiesa di San Giorgio”の鐘楼が見える。

18cinq1931
サン・ジョルジョ教会は第二次世界大戦の際に爆撃で破壊され、1950年に再建されたもの。奥に見えるのはブラウン城。

18cinq1932
ブラウン城から歩いていて高い壁があった理由は、立体的なお墓だったから。今まで旅行をしていて、有名人のお墓でもないかぎりお墓について気にしたことがなかったので、立体的なお墓に興味を持ってしまう。参拝するには、移動式の階段を使うのかなぁ?

18cinq1933
狭い土地を有効に活用するために、立体的なお墓になってしまったんだろうなぁ。それにしても、どのお墓にもきれいなお花が生けられているので、頻繁に墓参りをして故人が大切にされているのがわかる気がする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月18日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(3)サンタ・マルゲリータ・リグレからポルトフィーノ行きの臨時船。

18cinq1801
サンタ・マルゲリータ・リグレ・ポルトフィーノ駅“S.Margherita Ligure-Portofino”で列車を降りてポルトフィーノ行きの船着場に向かうことにする。本来はポルトフィーノ“Portofino”に向かう船は10月いっぱいまでで冬季運休となり、ポルトフィーノに向かうには公共交通機関は82番路線バスのみとなる。ところが、2018年10月末の大嵐の影響で海沿いの道路が寸断されてしまい、バスの運行再開の見通しは2018 年11月の時点では立っていない。

18cinq1802
82番バスだったら本数も多くて気軽に訪れることのできるはずのポルトフィーノに行くには、1日に5本程度の臨時の船で行くしかない。だけど、本来であれば観光シーズンじゃないと乗ることのできない船で行くのも面白いかと思って、今日の目的地はポルトフィーノ。

18cinq1803
駅前の横断歩道を渡り、港を目指して階段を降りる。

18cinq1804
階段を降りて細い通りを左に曲がるとすぐに海が見えてくる。

18cinq1805
砂浜が広がり、すっかり南国の雰囲気。サンタ・マルゲリータ・リグレ“SantaMargherita Ligure”は、夏のリゾートシーズンにはビーチが賑わっているんだろうなぁ。

18cinq1806
港がありそうな方向に向けて海岸沿いを歩いていく。この町は「地球の歩き方イタリア2018-2019」では未掲載の町で情報がないので、ポルトフィーノに向かう船乗り場が実はよくわからない。

18cinq1807
観光案内所を無事に発見する。日曜日でも開いているので、ポルトフィーノへ向かう方法について聞いてみると事前に得ていた情報通りで臨時運行の船で行くことができる。船のチケットも観光案内所で往復分を購入する。次の船は11:30発。

18cinq1808
観光案内所に貼られているお知らせを見ると、やはりポルトフィーノ行きの82番バスは道路が寸断されているために運休している。

18cinq1809
ポルトフィーノ行きの臨時運行の船は1日に5往復しかない。帰りの船は15時なので、今日はポルトフィーノ観光で終わってしまう。バスが運行していれば本数が多いのでそんなに時間を気にする必要もないはずだったんだけど。

18cinq1810
船着場は目の前で、おそらく停泊している船がポルトフィーノ行きの船。まぁ、本来はオフシーズンの11月からは船は冬季運休のはずで、バスで行くしか方法はなかったはずなので、むしろ遊覧船気分でポルトフィーノに行けるんだから運が良かったんだと前向きに考える。人生、ポジティブシンキング。

18cinq1811
サンタ・マルゲリータ・リグレの町はガイドブック「地球の歩き方イタリア2018-2019」にも非掲載の町なので観光名所として何があるかはわからないけど、リゾートぽい雰囲気は楽しそう。

18cinq1812
広場に立つ銅像は、ローマに行ったことがある人だったらきっと聞いたことがあるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世“Vittorio Emanuele II”の像。イタリアにとっては国父“Padre della Patria”と呼ばれる人物。

18cinq1813
港のあたりは岩場になっており、カモメが休んでいる。それにしても、サンタ・マルゲリータ・リグレの町はなかなか雰囲気のよい港町。

18cinq1814
ジェノヴァのような大都市ではなく、のんびりとした港町。海岸沿いにはカラフルな建物が並んでいるんだけど、丘には緑が目立つ。

18cinq1815
夏だったら、ビーチもあるし、ジェノヴァよりもチンクエテッレに近いので、チンクエテッレ観光の宿泊拠点としていいかもしれないなぁ。それに夏の観光シーズンだったら、ここからチンクエテッレに向かう船も出ている。

18cinq1816
本来であれば夏の観光シーズンしか運行されておらずに乗れないはずだった船に乗ってポルトフィーノに向かう。

18cinq1817
ようやく乗船開始。今日は日曜日ということもあって観光客がけっこういる。11月下旬だけど、日差しもあるので今日は寒くない。

18cinq1818
屋内の席もあるんだけど、今日は寒くないのでデッキにある席に座る。海岸沿いには、かつての城塞“Castello di Santa Margherita Ligure”が見える。サンタ・マルゲリータ・リグレの町の大きさに比べたら、ずいぶんと小さな城塞。海からの外敵に対する見張り台という感じかなぁ?

18cinq1819
桟橋にはサンタ・マルゲリータ像が海の方向を眺めている。海の安全を祈っているのかなぁ?

18cinq1820
いよいよ、ポルトフィーノに向けて船は出航。ポルトフィーノ城は小さくて、お城というよりは海から襲来する外敵を監視する見張り台の感じ。奥に見える丘のほうが城塞には適している。

18cinq1821
サンタ・マルゲリータ女神像は海に向かって両手を広げている。この桟橋自体は近世のものだろうから、歴史があるものではないだろうけど。

18cinq1822
船が港から出た時点で気がついたんだけど、ポルトフィーノに向かう時には進行方向左側の席は失敗したかも。ポルトフィーノへ行くには南に向かうので、右側の席のほうが海岸線を眺められる。

18cinq1823
左側の席からは見づらいんだけど、海岸線を見ると道路がすっかり浸食されてしまっているのが見える。リグーリア州を襲った2018年10月の大嵐は、かなりの威力だったんだろうなぁ。

18cinq1824
丘の上にはサン・ジローラモ・アル・モンテ修道院“La Cervara Abbazia di San Girolamo al Monte di Portofino”が見える。鐘楼には見えない塔が立っているので、外敵を見張る見張り台の役割もかつてはあったのだろうなぁ。

18cinq1825
これではバスどころか自動車は通行できない。そもそもの構造が海岸線に石を積み上げて埋めただけの構造だった感じ。

18cinq1826
すっかりと土台が浸食されている。これではだいぶ修復には時間がかかるだろう。その後2019年4月6日に復旧するまで半年近くかかったことになる。

18cinq1827
まもなくポルトフィーノに到着。要塞というよりは宮殿としてのお城か別荘のような建物。奥の山に見える円形の塔は、なんだろう?歴史があるものだったら見張り塔なのかもしれないけれど、近代的なものなのかもしれない。

18cinq1828
やっぱり進行方向左側の席は失敗だったかもなぁ。ポルトフィーノの港に入ってくると、右側に着席していた観光客は立ち上がって美しい町を眺めている。

18cinq1829
ポルトフィーノはカラフルな家が立ち並ぶかわいらしい町。入り江になっており、波も静かな港町。

18cinq1830
左側には丘の上にブラウン城“Castello Brown”が見える。高い城壁を持つ城塞はポルトフィーノの町を見守っている。

18cinq1831
チンクエテッレの町も美しいけれど、波の穏やかな入り江に広がるポルトフィーノの町は、なんてかわいらしいんだろう。

18cinq1832
ディズニーシーのモデルにもなったと言われているポルトフィーノの町。なぜ、ガイドブック「地球の歩き方イタリア2018-2019」には非掲載の町になってしまったんだろう。私が持っている旧版の「地球の歩き方イタリア2006-2007」には、逆にポルトヴェネーレは非掲載でポルトフィーノが掲載されていたのに。私はプランニングの段階では旧版の2006年版を見てコースを考えていたので、この町を自分の目で見たいと思っていた。

18cinq1833
こんなに海面ぎりぎりに建物が面しているのがおもしろい。今が満潮なのかなぁ?地中海の外洋に面していない入り江なので波は穏やかだけど、海が荒れることはないのかなぁ?この地域は平地が貴重だったんだろうなぁ。すぐ裏が丘になっているので、狭い平地を利用して建物が建てられているのはチンクエテッレと同様。

18cinq1834
11月下旬の旅程では本来は乗れなかったはずの観光船に乗ってポルトフィーノに到着。ポルトフィーノの町歩きを始めることとする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月15日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(2)リオマッジョーレからサンタ・マルゲリータ・リグレへ。

18cinq1701
そろそろリオマッジョーレ“Riomaggiore”を去らなくてはならない時間。部屋のオーナーに電話をして迎えに来てもらう。

18cinq1702
カードでの宿泊料金の支払いは事務所ではないとできないとのことで、一緒に事務所に向かい、料金の支払いを行う。

18cinq1703
事務所でオーナーと別れると、広場“Piazza vignaioli”に出る。リオマッジョーレは谷沿いの町。なぜ、町の中心部に高台の広場があるんだろう?と考えた時に、マナローラの広場と同様のロケーションにあることに気がつく。駅から鉄道の線路と並行して歩いてきたはずなのに、線路が見えない。ということは、あくまで私の勝手な仮説だけど線路をまたぐ跨線橋のような役割をしてるんじゃないかなぁ?

18cinq1704
この広場からリオマッジョーレの鉄道駅に向かうにはまずは階段を降りる。

18cinq1705
そして、広場の下に鉄道駅につながる歩行者用トンネルがあり、トンネルを通って駅に向かう。鉄道の線路は歩行者用トンネルと並行に走っているはずなのに、線路は見えない。

18cinq1706
駅に向かう歩行者用トンネルを通る。

18cinq1707
リオマッジョーレ駅に到着し、窓口でサンタ・マルゲリータ・リグレ・ポルトフィーノ駅“S.Margherita Ligure-Portofino”までの切符を購入する。そう、今日の目的地はディズニーシーのモデルとも言われるポルトフィーノ“Portofino”。実は今日これからどこに行こうか、昨日の夜まで決めていなかった。と言うのも、以前の「地球の歩き方」には掲載されていたポルトフィーノは、最新の「地球の歩き方イタリア2018-2019」にはポルトフィーノは掲載されておらず、ラ・スペッツァからアプローチするポルトヴェーネレ“Portovenere”のみが掲載されている。ポルトフィーノにすべきかポルトヴェーネレにしようか、もちろんどちらを選択しても下調べはしてあるんだけど、本気で昨日の夜まで決められなかった。

18cinq1708
ポルトヴェーネレよりもポルトフィーノの風景を私は自分の目で見てみたい。もちろん、私に時間があれば両方行ってみたいくらいなんだけど。切符はレシートのようなもので、サンタ・マルゲリータ・リグレ・ポルトフィーノ駅までは5.9ユーロ。

18cinq1709
さすがに行き当たりばったりの私でも、列車の時刻は昨夜のうちに調べてある。サンタ・マルゲリータ・リグレ・ポルトフィーノ駅までの所要時間は各駅停車を乗り継いで1時間15分。直通ではなく途中のセストリ・レヴァンテ駅“Sestri Levante”で乗り換える。

18cinq1710
9:26の出発まで10分くらい時間があるので、早朝は準備中だったバルに入ってみることにする。

18cinq1711
よく考えたら、リュックサック一つで荷物も少ないことだし、チェックアウトしてからここで遅めの朝ごはんでもよかったのかもしれないなぁ。

18cinq1712
カウンターでエスプレッソを飲む。

18cinq1713
ジェノヴァ方面のホームは線路の反対側にある。ここで建物のピクトグラムをちゃんと見れば迷うことはなかったんだけど…。

18cinq1714
反対側に渡る通路はどこにあるんだろう?と迷っている。

18cinq1715
駅舎を一周してようやく反対側のホームに行く地下通路へ向かう階段を見つける。

18cinq1716
ジェノヴァ方面のホームで列車を待つ。

18cinq1717
現在の時刻は9:22。9:26発のセストリ・レヴァンテ駅“Sestri Levante”は定刻通りに来るはず。

18cinq1718
列車がやってきたと思ったら、特急フレッチャビアンカ “Frecciabianca”で通過列車。

18cinq1719
セストリ・レヴァンテ駅行きのローカル列車がやってくる。

18cinq1720
日曜日朝の列車はほとんど乗客がいない。

18cinq1721
雲は薄い雲しかないので今日は晴れてきそうだなぁ。自分の目で見てみたいと思う気持ちはポルトヴェーネレよりもポルトフィーノの方が強かったんだけど、実は出発1ヶ月前の10月下旬にリグーリア州は大嵐に見舞われた関係でポルトフィーノに行けるか怪しい状況になってしまった。サンタ・マルゲリータ・リグレとポルトフィーノ間の道路が波に削られて、この旅行の時点でも不通になっていて、バスが運行されていない。10月いっぱいまでは観光船が運行されているんだけど、オフシーズンの11月からは運休となってしまうためにポルトフィーノに行く足がない。

18cinq1722
コルニリア駅のあたりからはマナローラの町が見える。ギリギリまで道路が復旧するかみていたんだけど、道路の復旧の目処は立たない。しかし、本来は10月いっぱいで運休となる観光船が住民の移動のために臨時運行されていると言う情報を見つける。その情報を信じて、今回はポルトフィーノに向かうことにした。

18cinq1723
列車はトンネルに入ったり、海が見えたりを繰り返しながらチンクエテッレを出て、セストリ・レヴァンテ駅に向けて走る。

18cinq1724
ようやくセストリ・レヴァンテ駅に到着。この列車はこの駅が終着駅で、この駅でジェノヴァ・ブリニョーレ駅“Genova Brignole”行きの列車に乗り換える。

18cinq1725
現在の時刻は10:17。10:26発のジェノヴァ・ブリニョーレ駅行きの列車は2番線からの出発。

18cinq1726
階段を降りて連絡通路を通って2番ホームへ。まだ列車は入線していないみたい。各駅停車でジェノヴァに向かう乗客はけっこういるけれど、分散して乗ってしまえば車内はガラガラだろう。

18cinq1727
セストリ・レヴァンテはどんな町なんだろう。私は飛行機でも乗り継ぎ便の時は、ついでに降りようとしたり、単なる乗換駅でも何があるのかなぁ?と「まだ知らないどこかへ」興味を持ってしまう。残念ながら乗り換え時間が短いのでこの町の探検する時間はないんだけど。

18cinq1728
この駅が始発ではないのかなぁ?ジェノヴァ・ブリニョーレ駅行きの列車がやってきた。

18cinq1729
編成が長いので、車内は空いている。

18cinq1730
セストリ・レヴァンテからは、砂浜の海岸線。海釣りをしている人がいる。

18cinq1731
半島の先端あたりがポルトフィーノ“Portofino”。天気は薄雲が出ており、すっきりとした快晴ではない感じ。

18cinq1732
列車はサンタ・マルゲリータ・リグレ・ポルトフィーノ駅に到着。出発直前に得た情報では、バスの代替で運行されている船でポルトフィーノに行けるはずなんだけれど、実際にその情報はあっているのかなぁ?まずは駅からサンタ・マルゲリータ・リグレ“SantaMargherita Ligure”の港へ向かう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月11日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 3日目(1)チンクエテッレ周遊。早朝のリオマッジョーレ散歩。

18cinq1601
2018年11月25日、日曜日。チンクエテッレ、リオマッジョーレ“Riomaggiore”で迎える朝。戸を開けると、部屋から見える絶景。すっきりとした青空ではなく薄い雲が空を覆っている。それにしても朝起きて、部屋の窓から見える風景が素晴らしい。

18cinq1602
この部屋の欠点はホテルではないので朝食つきではないところ。朝食は外に食べに行くか、スーパーで朝食となる食べ物を買っておくしかない。日曜日でもパン屋さんがあれば、焼きたてのパンを買ってくれば十分な朝食になるけれど、問題はオフシーズンのリオマッジョーレで日曜日の朝に開いているお店があるかどうか。

18cinq1603
朝食が食べられそうなお店を探すのと、お散歩のためにリオマッジョーレの町を歩いてみることにする。

18cinq1604
リオマッジョーレのメイン通りであるコロンボ通り“Via Colombo”を歩いてみるけれど、早朝から開いているカフェもなさそう。そして、パン屋さんも開いてなさそう。フォカッチャや甘いパンでも売っていれば、それで十分なんだけどなぁ。

18cinq1605
洗濯物は一晩、干しっぱなしなのかなぁ?オフシーズンの日曜日早朝のリオマッジョーレは、開いているお店がないことがわかる。

18cinq1606
16世紀に建てられた小さな教会“Oratorio di Santa Maria Assunta”がある。なぜ、道路の真ん中に教会が建っているんだろう。

18cinq1607
昨日は途中までしか歩いていない高台の道を歩いてみることにする。

18cinq1608
昨日も訪れたサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会“Chiesa di San Giovanni Battista”。

18cinq1609
洗濯物は夜も取り込まないみたい。教会の前の通り“Via Pecunia”は、階段を登るルートが正式ルートで城塞“Castello di Riomaggiore”に行けるみたいだけど、通り“Via Telemaco Signorini”をまっすぐ進むと遊歩道になっているみたいなので、まっすぐ道を進む。

18cinq1610
通り“Via Telemaco Signorini”は、リオマッジョーレの市庁舎の前を通る。

18cinq1611
さらに歩いていくと海がよく見える開けた場所に出る。昨日の夕方、ここから夕陽を見たほうがきれいに見えたかもしれないなぁ。

18cinq1612
でも、ここからは夕陽は見えてもリオマッジョーレの集落は見えない。

18cinq1613
リオマッジョーレの集落からは離れていく。

18cinq1614
通り“Via Telemaco Signorini”を歩き続けるとリオマッジョーレの鉄道駅が見えてきた。海沿いの崖には「愛の小道」“Via dell' Amore”が見える。「地球の歩き方イタリア2018-2019」には、がけ崩れのために通行止めと書かれているけれど、今は歩けるのかなぁ?

18cinq1615
でも、「愛の小道」の入口はフェンスで閉鎖されていることがここからでもわかる。そして、「愛の小道」のフェンスが崩落していることも見える。

18cinq1616
ずっと歩き続けたらリオマッジョーレの鉄道駅に到着。

18cinq1617
駅前のバルだったらやっているんじゃないかと思って来てみたんだけど、まだ準備中。

18cinq1618
トンネルを通ってリオマッジョーレの市街中心部に戻ることにする。

18cinq1619
よかった、開いているカフェ“IL Maggiore”を見つける。

18cinq1620
お客さんは誰もいない。

18cinq1621
カフェラッテとまだクロワッサンは入荷していなくてマフィンを注文。

18cinq1622
カフェラッテと一緒に楽しむあまーいマフィンが朝は美味しい。

18cinq1623
リコッタチーズの入ったカンノーロを見ると食べたくなってしまう。いつか「カンノーロを食べにシチリアへ」という旅行記ができる気がしている。

18cinq1624
お店が開いていなかった理由は、たぶん、7時台に出発した私の町歩きの時間が早かったから。どうしても夜遊びをしないために、夜早く寝てしまうために、旅行に出ると朝早く目が覚めてしまうんだけど、のんびり8時過ぎに部屋を出ていれば、開いているカフェは普通に見つかったのかも。

18cinq1625
朝食を終えて港に戻るころにはだいぶ明るくなってきている。部屋に戻る前に、もう一度展望台へと向かう。

18cinq1626
曇り空だけど、どうしてもこの風景を記憶に焼きつけておきたくて、昨日から何度も見ているこの風景を見るために展望台へ。

18cinq1627
そろそろ部屋に戻ることにする。

18cinq1628
おそらくリオマッジョーレの町の下には暗渠となっている川が流れている。大きな川ではないのだろうけれど。

18cinq1629
今回の「晩秋のチンクエテッレ」の旅では、リオマッジョーレに宿泊して本当によかった。むしろ、季節はずれの「晩秋」だったからこそギリギリの手配でも予約できて宿泊できたのかもしれないなぁ。

18cinq1630
港に面したこんな場所に泊まることができるなんて最高に幸せ。

18cinq1631
残念ながら、そろそろリオマッジョーレを去らなければならない時間。窓を全開にして、波の音を聞きながら、出発の準備をする。と言っても、リュックサック一つなので準備はすぐに終わってしまうんだけど。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月 8日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 2日目(9)チンクエテッレ周遊。リオマッジョーレで夕ごはん。

18cinq1501
せっかくリオマッジョーレ“Riomaggiore”に来たのに、港を見るだけではもったいないと思って、太陽が沈む前に港を後にして町を歩いてみることにする。

18cinq1502
リオマッジョーレは道幅も広くて、シーズンオフで閉まっているレストランやお店も多いけれど、それでもお店は多いほうかもしれないなぁ。

18cinq1503
夕陽が当たる場所を見つけながら町を歩く。

18cinq1504
道路の半分だけ一段高くなっている。どうしてこのような段差が生まれたんだろう?チンクエテッレの集落を巡ってみて、おそらく谷沿いに広がっているリオマッジョーレも暗渠となっている川がある。かつて川が流れていた影響なのかなぁ?

18cinq1505
洗濯物が干してあったり、リオマッジョーレも生活を感じられる町。

18cinq1506
ここから先はお店が少なくなり、ほとんど住宅街になってくるので、そろそろUターン。けっこうな坂道だけど、もしも暗渠としてでも川が流れているとすればかなりの急流。

18cinq1507
ふと、高台に教会の鐘楼が見える。高台だったら景色がきれいに見られるかも。この教会まで行ってみようかなぁ。

18cinq1508
高台にあるのはサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会“Chiesa di San Giovanni Battista”。まだ夕陽が当たっている。

18cinq1509
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会の前は高台の広場になっている。

18cinq1510
高台から夕日を浴びるリオマッジョーレの町を眺める。

18cinq1511
海沿いへ続く道もあるけれど、今日のサンセットは港で海に沈むところを見ることにする。教会よりもさらに高い場所に城塞“Castello di Riomaggiore”が見える。すでに谷間に広がる町には太陽の光はない。ちょっと時間をかけて冒険しすぎたかなぁ?道に迷ったりもしたしなぁ。海に沈むサンセットに間に合わないかもしれない。

18cinq1512
港に戻ると、ちょうど太陽が海に沈みゆくところ。よかった、ギリギリ間に合ったみたい。

18cinq1513
海に沈んでいく夕陽を眺め続ける。毎日のようにサンセットはあるのに、旅行に行かないと夕陽を眺め続けることってない。

18cinq1514
夕陽の色に染まった空が美しい。

18cinq1515
日没後のリオマッジョーレの情景。まだかすかに夕陽色が残っている。

18cinq1516
季節はずれになってしまったけれど、今回、チンクエテッレに来てよかった。最初にチンクエテッレに行こうと2018年夏に考えた「まぼろしのチンクエテッレ旅程案」では、ジェノヴァからの日帰り旅行を考えていたんだけど、その案でも実現可能だったかも。この時点で時間は18時前なので、今からジェノヴァに戻ったとしても、そんなに遅い時間にはならずに帰ることができる。ましてや、夏だったら明るいのでもっと遅い時間まで滞在できるので、ジェノヴァから日帰りの旅でも十分に可能。

18cinq1517
空がだんだんと夕陽色から白くなっていく。このベンチはカップルにとっては特等席だなぁ。

18cinq1518
レストランの夕食の時間にはまだ早いのでいったん部屋に戻る。部屋に戻り、窓を全開にするけど寒くない。冬なので虫も入ってこないし、波の音を聞くのが心地よい。

18cinq1519
ベッドに寝そべって窓から見える風景。

18cinq1520
部屋から見える風景が絶景。

18cinq1521
夕陽ではなく街灯の灯りに染まる風景はまた違った雰囲気。

18cinq1522
わざわざ見に行かなくても部屋の窓から見えるんだから、最高の幸せ。

18cinq1523
やることもないので、再びカメラを持って展望台へ。空がだんだんと藍色に染まってきた。

18cinq1524
だいぶ暗くなってきた。

18cinq1525
夕食前にバルでビールでも飲もうかと思ったんだけど、オフシーズンでレストランやバルも開いているお店が少なくて、観光客がいないこともあり、町はひっそりとしている。仕方がないので、スーパーマーケットのコープを見つける。

18cinq1526
夕食を食べる前に部屋に戻り、缶ビール。

18cinq1527
でも、絶景を見ながら部屋で飲むビールはなかなかいい。

18cinq1528
そろそろ夕食の時間。町に行っても開いているレストランを探すのは大変そうだというのはわかっているので、部屋から徒歩1分のレストラン“Dau Cila”で夕食を済ませることにする。

18cinq1529
席は空いているところならばどこでもいいと言うので、一番、海が見える席に座る。

18cinq1530
港がよく見える特等席。夏だったら賑やかなんだと思うけれど、海はすでに真っ暗だし、人通りも少ない。

18cinq1531
ずっとビールだったので、今日くらいはハーフボトルの白ワインを注文。ちゃんとしたレストランぽいので、ミネラルウォーターも注文。

18cinq1532
プリモは、エビとボラのカラスミのカラマラータ“Calamarata con mazzancolle cime di rape e bottarga di muggine”。これが美味しい。イカの輪切りのようだから「カラマータ」と言う名前のパスタなんだろうなぁ。

18cinq1533
イタリアって、つけあわせにサラダが頼めるのが好き。

18cinq1534
セコンドはお魚“Filetto di dentice con crema di finocchi e olive taggiasche”で、“Dentice”がわからなくて聞いたけれどよくわからず。白身の魚でソースも美味しい。うーん、このレストラン、ロケーションもいいけれど、美味しいかも。イタリア料理って、美味しい。

18cinq1535
調子に乗ってデザートにティラミスも食べてしまうけれど、これも美味しい。リオマッジョーレの夜は幸せな気分。

18cinq1536
レストランで食事を終えると徒歩1分もかからないうちに部屋に戻る。こんな絶景の部屋に一人で泊まるなんて、贅沢な気分。季節はずれだけど「晩秋のチンクエテッレ」に来て、本当に良かった。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月 5日 (月)

日本発深夜便で最速でニースへ向かう方法 - 中国国際航空、北京・ニース線開設!

Airchina201810
私は休暇の中で最大限に現地滞在時間を増やすために、常に仕事帰りに深夜に出発する航路について研究している。中国国際航空で羽田発21時台の飛行機に乗れば、翌朝にはヨーロッパに到達できるようになったことは、すでに2018年10月に紹介している。

2018年10月29日より中国国際航空北京経由の新しいヨーロッパ方面深夜便が誕生!
http://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/20181029-5807.html

北京経由の深夜便を使ったディスティネーションに、2019年8月2日より、北京・ニース線が週3便で開設された。この便に乗ると、エールフランス深夜便AF293便でパリ乗り換えよりも早い時間にニースに到着することができる。コートダジュールに向かうには深夜便では最速ルートとなる。さらに、ニースからはコルシカ島に向かう国内線も出ている。もちろん、別切り航空券となるので接続には要注意だけど。

(行き)
CA422 HNDPEK 21:10 00:05+1 毎日運航(火・木・土に羽田発)
CA851 PEKNCE 02:50 08:05 水・金・日
(帰り)
CA852 NCEPEK 12:25 04:55+1 水・金・日
CA181 PEKHND 08:20 12:30 毎日運航
※CA=中国国際航空 HND=羽田 PEK=北京 NCE=ニース

ニースは観光地とあって格安航空会社も就航しており、周遊旅行の拠点としても悪くない。中国国際航空で単純往復する場合は復航便のニース出発時間が早いので、フランス周遊の旅にして、帰りはオープンジョーでパリ発のCA934便を利用するというアレンジもいいかもしれない。

(帰り)
CA934 CDGPEK 20:20 12:25+1
CA421 PEKHND 15:40 20:00
※CA=中国国際航空 CDG= パリPEK=北京HND=羽田

*******************************************

traicy2019
中国国際航空、北京~ニース線を開設 記念運賃は日本発着で往復6万円
2019年8月3日 10:31 am 本間 智宏

中国国際航空は、北京~ニース線を8月2日に開設した。
運航日は水・金・日曜の週3日。機材はエアバスA320-200型機を使用する。
日本国内9空港から北京乗り継ぎでニースまで、エコノミークラス往復で60,000円からの就航記念特別運賃を設定する。諸税、燃油サーチャージ等は別途必要。販売期間は8月2日から9日までで、対象出発日は8月21日から9月14日まで。中国国際航空日本公式サイトかアプリで予約できる。
■ダイヤ
CA851 北京(02:50)~ニース(08:05)/水・金・日
CA852 ニース(12:25)~北京(04:55+1)/水・金・日

記事引用元:Traicy
https://www.traicy.com/20190802-CAnice
*******************************************
ところで、このTraicyの記事なんだけど、Traicyは旅行情報専門のニュースサイトで、もちろん記事を書いたライターも旅行関係の専門家だろうし、校正もきちんとされているのだと思うけれど、「本当に?」と思われる箇所があるんだけど、お気づきだろうか?

そう、「エアバスA320-200」での北京・ヨーロッパ路線の開設は画期的である。いつの間に航続距離が伸びたんだろう。それにしても、ずっとナローボディ機に乗っているのも窮屈かもしれないなぁ。おそらく、ワイドボディのエアバスA330-200の間違いだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月 4日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 2日目(8)チンクエテッレ周遊。一人で宿泊するのはもったいないくらいのリオマッジョーレ“Riomaggiore”の絶景ルーム。

18cinq1401
列車は私の今日の旅の終着駅であるリオマッジョーレ駅“Riomaggiore”に到着する。

18cinq1402
リオマッジョーレ駅のホームも半分はトンネルの中の地下ホーム。

18cinq1403
駅の時計を見ると時刻は15:35。日没が遅い夏だったら、まだまだ遊べる時間だけど、冬至が近いとこの時間でもだいぶ日が傾いている。駅前の広場から今日の宿のオーナーに電話すると、駅まで迎えにきてくれるとのことでしばらく待つ。リオマッジョーレ駅前は観光客が多く、賑わっている。

18cinq1404
無事に駅前広場で宿のオーナーと会うことができて、一緒にリオマッジョーレ市街に向かうトンネルを歩く。マナローラと同様に駅と集落は離れていて、歩行者用のトンネルを通ってリオマッジョーレの集落へ向かう。

18cinq1405
今日の宿はホテルではなくBooking.comで評価が高かったB&B。オーナーから部屋を貸してくれるだけで、最近の言葉では「民泊」のようなもの。リオマッジョーレは八百屋さんがあったり、今までの村の中では一番お店があるので滞在するにはいいかもしれない。

18cinq1406
宿のオーナーに連れられて歩くと、港に近づいている。Booking.comで部屋の写真は確認しているんだけど、宿の場所を特定できていない。いくつかの建物に部屋を持っているのかもしれないなぁ。Googleマップでは事務所がある場所が表示されてしまうために、どこに部屋があるのだか分からない。

18cinq1407
オーナーが立ち止まった場所は港沿いの建物。えっ?港に面したこんないい場所なの?

18cinq1408
港に面したこの赤い浮き輪が2つ飾られている建物が貸してくれる部屋のある建物らしい。

18cinq1409
建物の2階の部屋を案内される。

18cinq1410
一人で寝るのにはもったいないくらいの大きなベッド。

18cinq1411
小さなテーブルとクロゼットが置かれている。

18cinq1412
バスルームにはイタリアらしくビデがある。

18cinq1413
シャワーオンリーで、昔ながらのシャワーカーテン。

18cinq1414
そして、この部屋の最大の特徴は窓から見える風景。窓から見える風景にワクワクしてしまう。

18cinq1415
部屋にある2つの窓を全開にしてみる。

18cinq1416
リオマッジョーレの港が一望できる。

18cinq1417
部屋からリオマッジョーレの絶景が一望できるなんて最高の部屋。Booking.comで自分で選択して手配したのに、こんなに素晴らしい部屋だとは思ってもみなかった。この部屋に一人で泊まるのがもったいないくらい。この感動を共感できる人がいないのが本当に残念。

18cinq1418
それよりも、日が沈む前にリオマッジョーレの絶景を見に行かなくちゃ。部屋から外に出るとカモメと目が合ってしまう。

18cinq1419
部屋から一歩外に出るとこの絶景。夕日が差し込んでおり、町が美しく見える最高のタイミングかもしれない。

18cinq1420
細長く黄色い建物が今日宿泊している部屋。テラスつきの部屋にすれば、この建物の最上階だったのかなぁ?でも、一人で泊まるにはもったいない。

18cinq1421
リオマッジョーレの展望台から見る風景は絶景。しかも、夕日が当たっていて、いい感じ。

18cinq1422
夕日を浴びながら、ぼーっと美しい風景を見ていることは最高の幸せ。マナローラの町でも感じたことだけど、絵葉書のようなリオマッジョーレの風景を、自分の目で夕日を浴びながら自分の目で見るためにここに来た。

18cinq1423
私は、絵葉書でもなく、写真でもなく、そしてテレビでもなく、自分の目で見て、肌で風を感じながら、実際の風景を感じたいがために旅をしている。やっぱりチンクエテッレは一生のうちで自分の目で必ず見ておきたい風景だった。

18cinq1424
小さな港には漁船が並んでいる。ふと岩山を見ると柱状節理の岩の上に建物が建っているんだなぁ。

18cinq1425
港沿いの赤い浮き輪がある建物が今日の私の部屋。こんなに最高のロケーションだとは思ってなかったけれど。この部屋に一人で過ごすのは最高にもったいない。だけど、この部屋にギリギリでも空きがあり、宿泊できた理由は、オフシーズンの「晩秋のチンクエテッレ」だったからこそ。夏の時期だったら予約が取れなかっただろうなぁ。それに、オフシーズンだからこそ1泊1部屋100ユーロ。私は1人で予約したから高めのお値段だけど、2人で宿泊すれば1人あたり50ユーロでこの絶景が手に入れられるなんて安い。でも、夏だったら、宿泊料金だって手が届かなかったかもしれないなぁ。

18cinq1426
このまま、この場所で夕日が沈むまで眺めているのもいいけれど、明るいうちにリオマッジョーレの町を歩けるのはあとわずかな時間しかない。夕日が当たる美しい風景を求めて、リオマッジョーレの町を歩いてみることにする。

18cinq1427
歩きはじめてうしろを振り返ってみると、だいぶ太陽が海に近くなってきた。まもなく日没を迎える。

18cinq1428
夕日が沈むまでの時間はあとわずか。このまま夕日が沈むのをのんびり眺めていてもいいけれど、ここだけではなくリオマッジョーレの町を見てみたい。

18cinq1429
展望台から階段を降りて、リオマッジョーレの市街を目指すことにする。

18cinq1430
小さな漁船が並ぶ港の風景がいい。この場所が今日の自分の部屋から1分も歩かない場所にある。

18cinq1431
作業をしている人がいる。観光地でありながら生活感を感じることができる。観光客も多くなくて、生活感を感じるにはオフシーズンの「晩秋のチンクエテッレ」で正解だったかもしれない。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2019年8月 1日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 2日目(7)チンクエテッレ周遊。絶景のマナローラ“Manarola”。

18cinq1301
あっという間に列車はマナローラ駅“Manarola”に到着する。マナローラ駅はトンネルの中ではないけれど、駅前には海しか見えず、集落がない。どうやら、岩山の裏にマナローラの町があるみたい。

18cinq1302
ようやく天候が回復して、マナローラでは太陽の光の恵みを感じられそう。

18cinq1303
マナローラ駅は島式ホームになっており駅の外に出るには地下の連絡通路を通る。

18cinq1304
駅を出るといきなりトンネルがある。マナローラの町に行くには、岩山を突き抜けるトンネルを歩く。

18cinq1305
歩行者専用のトンネルは結構長い。

18cinq1306
トンネルを抜けるとそこにマナローラの町がある。まずは海が見たいと思って海の方向に歩いてみる。町の真ん中に高台になっている広場がある。たぶん、マナローラの町も谷沿いに発展した町。谷沿いに発展した町の真ん中に高台の広場が作られた目的はなんだろう?そういえば、歩行者用トンネルと並行して線路が走っているはずなので、もしかしたら鉄道が走っているのかもなぁ?

18cinq1307
マナローラの町ってかわいらしい。広場から海の方向を眺めると、道路には小さな漁船があり、もともとの漁村の生活感を感じられる、なかなか風情がある通り。クルマじゃないく船なのがおもしろい。

18cinq1308
広場から漁船が並ぶレナート・ビロッリ通り“Via Renato Birolli”を海に向かって歩く。漁船が並んでいる風景が好き。

18cinq1309
マナローラのネコは漁船の上でお休み中。

18cinq1310
海までたどり着くけれど、ヴェルナッツァのような砂浜はなく、マナローラの港はごつごつとした岩の港。どうやって漁船を海に出すのだろう?

18cinq1311
マナローラの町は晩秋でも観光客がいて、観光客が向かう流れについていき、海沿いの遊歩道を歩く。

18cinq1312
絵葉書のようなマナローラの風景。出発前に見たいと思っていた風景を、海風を感じながら、海の匂いを感じながら、自分の目で見る。私は、写真やテレビではなく、実際の風景を感じたいがために旅をしているんだなぁ。今日は朝から曇り空で、このタイミングで太陽の光に恵まれるなんて、幸せな気分。

18cinq1313
マナローラの町は、岩山にへばりつくように建っている建物が多い。谷沿いに発展した町であることはわかるんだけど、平地がほとんどない。なぜこのような場所に集落を作ったんだろう。海に突き出た岩山が天然の要塞になっているからなんだろうなぁ。

18cinq1314
雲から太陽がのぞくと、ほんの少しの太陽の光の変化で町の輝き方が変わってくる。そんな変化がおもしろくて、ぼーっと美しい風景を眺めている。今回の旅はこの風景を見るためにここに来ている。

18cinq1315
ハトと目が合ってしまう。

18cinq1316
夕方になると天気は回復し、チンクエテッレ全体が太陽の光が降り注いでいる。

18cinq1317
遠くにモンテロッソが見える。

18cinq1318
そして、コルニリアの町が切り立った岩山の上にあることがここからだとよくわかる。右側にコルニリアのサン・ピエトロ教会“Chiesa di San Pietro”の鐘楼が見える。

18cinq1319
さらに高い位置にある展望台に登る。この銅像はなんだろう?

18cinq1320
少し高い位置から再びマナローラの町を眺める。

18cinq1321
高台からマナローラに戻る道があるので、坂を下っていく。

18cinq1322
マナローラの町から港に向かう坂道を下る。マナローラの町にあった漁船はわざわざこの坂道を下って海に出ているんだろうなぁ。

18cinq1323
港からマナローラの町を見上げる。どうやら、マナローラも町の下に暗渠になっている川があるみたい。町の下を川が流れていて、狭い平地を活用している。

18cinq1324
漁船を引き上げるのは大変だろうなぁ。

18cinq1325
漁師さんたちが網の手入れをしている。ちゃんとこの地で生活している人がいるんだなぁ。

18cinq1326
オフシーズンなのでレストランやカフェの活気がなく静かな雰囲気。夏だったら賑やかなんだろうけど、オフシーズンだからこそ、小さな漁村の雰囲気を感じられたのかもしれないなぁ。

18cinq1327
建物を見ると住んでいて生活している雰囲気を感じる。

18cinq1328
サン・ロレンツォ教会“Chiesa di San Lorenzo”の鐘楼が見える。きっと、あそこまで登れば、マナローラの町を一望できるんだろうなぁ。登ってみたいと思ったんだけど、オフシーズンの「晩秋のチンクエテッレ」ならではの問題があり、教会に行くのを今回は断念する。

18cinq1329
オフシーズンの「晩秋のチンクエテッレ」の最大の問題は、夏だったら日が長いので問題がないんだけど、11月下旬は冬至まで1ヶ月の時期であり、日が沈むのが早いということ。最後のリオマッジョーレ“Riomaggiore”の町に日が沈む前にたどり着きたい。そして、オフシーズンは列車が1時間に1本程度しか運行されていないので、列車を逃すと当然ながら1時間遅れとなり、せっかく晴れたのに日没に間に合わなくなってしまう。

18cinq1330
マナローラは観光客が多く、駅に集まる人も多い。

18cinq1331
島式ホームに行くために階段を下る。

18cinq1332
マナローラは列車を待つ人が多い。そして、人影が長く伸びており、太陽の光も夕方の雰囲気。時間的にはギリギリかなぁ?15:32発の列車の次は16:32なので、次の列車だと日没を迎えてしまいそう。日没が早い晩秋の旅行だからこその問題。

18cinq1333
ラ・スペツィア“La Spezia”行きの列車がホームに入線してきた。今日はリオマッジョーレに宿泊する予定なので、今日列車に乗るのはこれが最後。

18cinq1334
いよいよチンクエテッレの5つの村の最後の村となるリオマッジョーレへ。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ