2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(5)チンクエテッレ周遊。コルニリア“Corniglia”でお昼ごはん。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 2日目(7)チンクエテッレ周遊。絶景のマナローラ“Manarola”。 »

2019年7月28日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 2日目(6)チンクエテッレ周遊。天候回復!ようやく青空のコルニリア。

18cinq1201
レストラン“Cecio Ristorante Camere”を出て空を見上げると、青空が見える。ようやく天候が回復してきた感じ。山の上にサン・ベルナルディーノ“San Bernardino”の集落が見える。教会の鐘楼も見える。いわゆる「鷲ノ巣村」なのかなぁ?あそこからなら、きっとコルニリアの町を一望できるんだろうなぁ。

18cinq1202
晩秋のコルニリアは西側が影になってしまうので、日の当たる夕方の方がきれいに見えるかも。

18cinq1203
天候が回復してきたことだし、違う風景を感じることができるかと思って、もう一度コルニリアの旧市街に入ってみることにする。

18cinq1204
サンタ・カテリーナ教会の前の小さな広場に出る。晴れてきたけれど、雲が多いので風景としてはお昼ごはんを食べる前とそんなに変わらないかなぁ?

18cinq1205
すっきりと晴れていれば、もう一度、コルニリアの風景を周遊してみようと思ったんだけど、あまり変わらなそうなので、コルニリアの町歩きはここまでにして、次の町であるマナローラ“Manarola”に向かうことにする。

18cinq1206
マナローラに向かう前にジェラート屋さん“Gelateria Corniglia”があることに気がつく。そういえば、イタリアに来てからジェラートを食べていない。

18cinq1207
さっぱりとしたレモンのシャーベットとコクのある味のピスタチオのジェラート。

18cinq1208
チンクエテッレカードを持っているので無料で乗れるミニバスに乗ってもいいんだけど、せっかく晴れたことだし、帰り道は下り坂なので歩いて鉄道駅に向かうことにする。

18cinq1209
コルニリアの町から鉄道駅への道は車道を通っても行けるけど、やっぱり細い路地が面白い。

18cinq1210
先ほどは作業をしていて入れなかったサン・ピエトロ教会“Chiesa di San Pietro”の入口が開いているので、中に入ってみることにする。

18cinq1211
旅の無事と天候が回復したことを神に感謝する。できれば、もう少し天候が良くなるといいけどなぁ。

18cinq1212
イタリアで見かけるタベルナーコロ“Tabernacolo”は、お地蔵さんみたい。

18cinq1213
右側の壁は石垣の壁で、平らな石がうまく積み上がっている。

18cinq1214
鉄道駅へと通じている長い階段の入口。登るのに比べたら降りるのは簡単。

18cinq1215
ミニバスに乗らずに歩いてよかった。天候が回復したので、青い海が美しい。そして、海岸線もきれいに見える。

18cinq1216
チンクエテッレの次の集落であるマナローラ“Manarola”の町がよく見える。

18cinq1217
マナローラは海のそばの岩山の上に建物が密集して建てられている。岩山の切り立った崖が町を防御しているんだろう。

18cinq1218
帰り道は階段を降りるだけなので楽でいい。

18cinq1219
階段を降り切って、海が見える場所に立ち、海の青さをぼーっと眺める。太陽の光が雲の隙間から降り注ぐ場所はエメラルドグリーンに輝いている。

18cinq1220
鉄道駅はこちら。

18cinq1221
線路脇のなだらかな坂道を下っていく。

18cinq1222
ようやくコルニリア鉄道駅に到着する。旧市街と鉄道駅を結ぶミニバスは、30分に1本程度運行されているので、あえて階段を上らなくても、バスを待ったほうが所要時間は実は短い。

18cinq1223
列車に乗るために駅へ向かう。

18cinq1224
現在の時刻は14:06。次のラ・スペツィア“La Spezia”行きの列車は14:28発なので20分待ち。

18cinq1225
晩秋のチンクエテッレは、晴れてきて日差しがあると暖かい。

18cinq1226
ベンチに座り、温かな日差しを感じながらホームで1時間に1本の列車をのんびりと待つ。旅に出て列車をのんびり待つことって私は好き。日本で生活していると、普段の生活では電車が来ないと「まだかなぁ?」という気持ちになるのに、旅に出ると「そのうちに来るだろう」という気持ちになっている。まぁ、特にフランスやイタリアの鉄道なんて、そのくらいの気持ちで待っていないと不安になってしまうんだけど。

18cinq1227
のんびりホームで景色を眺めていると、ふとホームからもマナローラの町がよく見えることに気がつく。のんびりベンチに座っていたからこその発見。のんびりするのも悪くない。

18cinq1228
ベンチに座りながらコルニリアの町を見上げると、海側からだと絶壁の岩山の上に町があることがわかる。これでは、海からの侵略は難しい。

18cinq1229
ようやくラ・スペツィア“La Spezia”行きの列車がやってきた。

18cinq1230
たった1駅だけど、列車に乗って今回のチンクエテッレ周遊で4番目の集落であるマナローラへと向かう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(5)チンクエテッレ周遊。コルニリア“Corniglia”でお昼ごはん。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 2日目(7)チンクエテッレ周遊。絶景のマナローラ“Manarola”。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(5)チンクエテッレ周遊。コルニリア“Corniglia”でお昼ごはん。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 2日目(7)チンクエテッレ周遊。絶景のマナローラ“Manarola”。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ