2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(3)チンクエテッレ周遊。モンテロッソからヴェルナッツァ“Vernazza”へ。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 2日目(5)チンクエテッレ周遊。コルニリア“Corniglia”でお昼ごはん。 »

2019年7月21日 (日)

季節はずれのチックエテッレ 2日目(4)チンクエテッレ周遊。ヴェルナッツァからコルニリア“Corniglia”へ。

18cinq1001
丘の上にあるドリア城“Castello Doria”の展望台から港へ降りる。

18cinq1002
小さな町なので道に迷うことはないんだけど、地図を見ずに路地や階段を歩き回るのが好き。

18cinq1003
狭い路地の両側に丘に張り付くように建物が建っている。

18cinq1004
マルコーニ広場“Piazza Marconi”に戻ってくる。

18cinq1005
サンタ・マルゲリータ教会“Chiesa di Santa Margherita di Antiochia”は、1318年に建てられたと言われるロマネスク様式の教会。

18cinq1006
教会の中に入ってみると、石造りで装飾もない素朴な雰囲気。

18cinq1007
祭壇も装飾が少ない感じ。教会のベンチに座り、深呼吸。

18cinq1008
ヴェルナッツァの美しい風景を見るためには、ハイキングコースにもなっているぶどう畑の丘を登ると、街全体を見下ろせる写真が撮れることは、先行研究などではわかっているけれど、今回は写真を撮ったとしても曇り空なので、行かないことにする。

18cinq1009
ということで次の列車まで時間があまったので、バルでトイレ休憩。

18cinq1010
フォカッチャやケーキも美味しそう。

18cinq1011
注文したのは、チンクエテッレのレモンのスプレムータ“Spremuta di limone”。レモンを絞って、水で割っただけで甘くない。レモンそのものの味を楽しむ。口がさっぱりして、なかなか美味しい。

18cinq1012
ヴェルナッツァは、かわいらしい町。残念なのは曇り空であること。晴れていれば、ブドウ畑の丘を上って、ヴェルナッツァの町を見たかった。モンテロッソからハイキングコースを歩いてもよかった。チンクエテッレは、再度訪問してもいいかもしれないなぁ。

18cinq1013
ローマ通りを駅に向かって歩く。

18cinq1014
あっという間にヴェルナッツァ駅に着いてしまう。本当にヴェルナッツァは小さな集落で、港から歩いて5分くらいしかかからない。

18cinq1015
駅には列車を待つ人たちがいる。正午に近づいてきて観光客をようやく見かけるようになった。

18cinq1016
理由はわからないけれど10分遅れ。ヨーロッパを旅していると、10分や15分遅れなんて気にならない。列車が来るまでのんびり待っていればいい。いつも不思議に思うのは、日本にいると電車が10分遅れると聞くと、のんびり平穏な気持ちで待てないことがあるのはどうしてなんだろう。

18cinq1017
駅からドリア城“Castello Doria”の塔が見える。列車が10分遅れなかったら気がつかなかったかもしれない。

18cinq1018
10分遅れで列車がやってきた。ヴェルナッツァ駅は、本当に地上の部分は少なくて、ホームはトンネルの中に伸びている。

18cinq1019
列車に乗るけれど、またしても次のコルニリア駅“Corniglia”までの一駅のみ。トンネルの中を走るので景観を楽しめない。

18cinq1020
コルニリア駅に到着。コルニリア駅は開けた場所にある地上駅。

18cinq1021
駅の外に出る。海岸線ギリギリに駅がある。

18cinq1022
小さな港町が多いチンクエテッレの中で、コルニリアの町だけは、フランスの鷲ノ巣村のエズのように山の上に集落がある。鉄道駅からは、1時間に2本程度運行されているミニバスに乗るか、階段を登ってコルニリアの集落まで行く。

18cinq1023
このクルマはなんだろう?イタリアの小さなクルマっておもしろい。

18cinq1024
チンクエテッレカードを買っているので、ミニバスも無料で乗れるんだけど、年配のカップルが階段のコースを選んでいるので、私もミニバスには乗らずに階段を登ってみることにする。

18cinq1025
つづら折りの階段が見える。これだけの高低差を登るんだから、けっこう辛いかも。

18cinq1026
つづら折りの階段を登り始める。風景を見ながらのんびり登ることにする。

18cinq1027
上を見上げると、ひたすら階段。見なければよかった。

18cinq1028
斜面をうまく利用してぶどう畑が広がっている。

18cinq1029
ようやく階段の最後まで登り切る。明るくなってきたような気がするけれど、まだ曇り空。5つの村のうち、すでに3つめに来てしまったけれど、今日は晴れないのかなぁ?このまま晴れなかったら、季節を変えて、リベンジのために再訪してもいいかも。できれば、その時はモンテロッソからコルニリアまで歩いてみたい。

18cinq1030
この階段がどれほど辛いかは、私の前を歩いていた年配のカップルを見ればわかる。鉄道駅を出たところでは、2人ともダウンジャケットを着ていたのに、2人とも脱いでいる。

18cinq1031
ヴェルナッツァからのハイキングコースの分岐点。この道をまっすぐ歩けばヴェルナッツァへ。次回はぜひ歩いてみたいなぁ。

18cinq1032
細い路地を歩いていくとサン・ピエトロ教会“Chiesa di San Pietro”が見えてくる。

18cinq1033
サン・ピエトロ教会は石造りのかわいらしい教会。入口のところで作業をしているみたいなので、今は中に入ることができないみたい。

18cinq1034
教会に入るのは後回しにして、まずはコルニリアの町歩き。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(3)チンクエテッレ周遊。モンテロッソからヴェルナッツァ“Vernazza”へ。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 2日目(5)チンクエテッレ周遊。コルニリア“Corniglia”でお昼ごはん。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節はずれのチックエテッレ 2日目(3)チンクエテッレ周遊。モンテロッソからヴェルナッツァ“Vernazza”へ。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 2日目(5)チンクエテッレ周遊。コルニリア“Corniglia”でお昼ごはん。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ