2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 季節はずれのチックエテッレ 1日目(1)人生最後!?のイスタンブール・アタテュルク国際空港。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 1日目(3)ミラノ中央駅から特急フレッチャビアンカ “Frecciabianca”でジェノヴァへ。 »

2019年6月27日 (木)

季節はずれのチックエテッレ 1日目(2)ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅へ。お昼ごはんはミラノ・モッタ“Motta”のパニーニ。

18cinq0301
イスタンブール・アタテュルク国際空港は今回の旅行がおそらく最後の利用となる(2019年4月6日に新空港に全面移転して閉鎖)。最後くらい、ラウンジじゃなくてフードコートで食べてみてもよかったかもしれないなぁ。

18cinq0302
搭乗ゲートが502番ゲートとわかったので、搭乗ゲートに向かい歩き始める。

18cinq0303
イスタンブール・アタテュルク国際空港は広くてレイアウトも複雑なので、早めにゲートに向かう。

18cinq0304
ミラノ行きTK1873便は502番ゲートで間違いない。

18cinq0305
空港の免税店ではバクラヴァが売られている。甘いんだけど、私はこれがけっこう好きで、帰りに買って帰ろうかなぁ?

18cinq0306
そして、トルコと言えばロクム。そう言えば、以前にターキッシュエアラインズに乗った時にはロクムのサービスがあったけれど、今回はなかった気がする。配られた時に寝ていたのかなぁ?ちなみに免税店ではロクムは試食し放題。

18cinq0307
大きなターミナルが3つもあるドバイ国際空港ほどではないんだろうけれど、イスタンブール・アタテュルク国際空港は乗り継ぎ客で賑わっている。

18cinq0308
この標識を見て嫌な感じがする。501-504番ゲートの矢印の方向がおかしい。

18cinq0309
501-504番ゲートはエスカレータで下に降りる。これは絶対に沖留めバスゲート。

18cinq0310
予想通り、地上に降りるとバスゲートが並んでいる。

18cinq0311
TK1873便ミラノ行きで間違いない。もっとラウンジでゆっくりしていてもよかったかもしれないなぁ。

18cinq0312
ゲートでボーディングを済ませるとバスに乗って飛行機へと向かう。

18cinq0313
タラップを自分の足で登って機内に向かう。タラップだと、飛行機の最後尾からも乗れる。この機材はエアバスA321-200。

18cinq0314
非常口席のひとつ後ろの席。私は日中の短距離路線では風景が見える窓側の席。

18cinq0315
ターキッシュエアラインズのエアバスA321は、個人モニタがついている。

18cinq0316
LEGOの機内安全ビデオが流れる。

18cinq0317
離陸待ちはあったけれど、無事にイスタンブールを出発。

18cinq0318
安定飛行に入ると機内食の時間。朝ごはんは、スクランブルエッグ。

18cinq0319
イスタンブール発のヨーロッパ内の路線は「アイラン」を積んでいる。アイランも、ヨーグルトはデザートで基本的に甘くして食べるという固定観念を持っている人が飲んだら、驚くだろうなぁ。だって、アイランはドリンクヨーグルトなんだけれど、塩味なんだもん。きっと、価値観が固定化してしまっている人が飲んだら「まずい!」と叫ぶに違いない。私は基本的には「郷に入っては郷に従え」なので、けっこう好きだったりする。基本はヨーグルト味でほのかな塩気なのでそんなに塩味が強いわけではない。だけど、繰り返しになるけれど、新しい価値観を受け入れられない人はたぶん受け入れられないので絶対に頼まない方がいい。

18cinq0320
イスタンブールからミラノまでは3時間ほどのフライト。これくらいのフライト時間だったら、ヨーロッパ系航空会社の乗り継ぎ便と大差ない。ミラノ・マルペンサ空港に向けて飛行機は降下中。中東系エアラインの中で、ターキッシュエアラインズはドバイやドーハ、アブダビと比較してヨーロッパに近いのがいい。

18cinq0321
ターキッシュエアラインズTK1873便はミラノ・マルペンサ空港に到着。入国審査を抜けて、手荷物検査場に向かう。ミラノ・マルペンサ空港は、パリ・シャルル・ド・ゴール空港やロンドン・ヒースロー空港ほど巨大なターミナルではないので、構造がわかりやすくていい。

18cinq0322
スーツケースを受け取り、到着出口を出る。ミラノ中央駅“Milano Centrale”に向かうには、最近はミラノ中央駅行きの鉄道“マルペンサ・エキスプレス”も出ているみたいだけど、バスの方が便利なのでバス乗り場へと向かう。

18cinq0323
モカカフェの前を通り、バス乗り場へと向かう。到着口からバス乗り場までがけっこう歩く。マルペンサ空港は到着フロアが一直線なのでわかりやすいけれど。ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅へのバス路線は複数のバス会社が運行している。どちらのバス会社も20分おきに出発するんだけど、交互に出発しているのでバス会社へのこだわりがなければ10分間隔で運行している。

18cinq0324
バスに乗るときの注意点は、マルペンサ空港の建物の中のチケット売り場でバスのチケットを買わないこと。なぜかというと、どちらの会社が先に出発するバスかわからないので、チケットを買わずにバスにむかう。そして、どのバスが先に発車するかと確かめてバスの運転手からチケットを買う。

18cinq0325
往復きっぷは安くなるけれど、私は帰りも待たずにすぐに発車するバス会社のバスに乗りたいので、8ユーロの片道きっぷを購入。会社を決めなければ10分間隔だけど、往復きっぷでバス会社を決めてしまうと20分間隔なので運が悪いとけっこう待つことになる。もちろん、あくまで時間優先の私の考え方なので、待ったとしても最大20分なのでお得な往復きっぷを買ってもいい。

18cinq0326
残念ながらミラノの天候は雨。空はどんよりと曇っている。うーん、この時期はどんよりと曇っているのかなぁ?「季節はずれのチンクエテッレ」は天候までは考えなかったなぁ。ぼーっと風景を眺めるにも、写真を撮るのにも、曇りと晴れでは感じ方が異なってくるので、できれば晴れてほしいんだけど。

18cinq0327
マルペンサ・バスはミラノ中央駅に到着。残念ながらミラノ中央駅に到着しても雨が降っている。以前に来た時とミラノ中央駅のマルペンサ空港行きのバス乗り場が変わっていて、反対側の広場になっている。

18cinq0328
ミラノ中央駅の中に入る。飛行機が遅延する場合もあり到着時間が読めなかったので、ジェノヴァ行きの列車の切符をあらかじめ買っていない。

18cinq0329
駅に入るとすぐに切符売り場がある。自動券売機で買おうと思っていたんだけど、混んでなさそうだから窓口で切符を購入することにする。不思議なのは、ジェノヴァ行きの切符はカードで支払ったんだけど、それとは別に現金で2.5ユーロが必要と言われたのはどうしてなんだろう?なぜ、まとめてカードで支払えないのかなぁ?

18cinq0330
まぁ、無事にジェノヴァまでの切符が買えたからいいか。列車が出発するまでの時間で、ちゃんとしたお昼ごはんを食べる時間はないので、ミラノ中央駅構内にあるモッタ“Motta”でパンを買うことにする。今回の旅行でイタリア最初の食事はモッタ“Motta”で始まる。

18cinq0331
うーん、サンドイッチもパニーニもどれもが美味しそう。

18cinq0332
パニーニを温めてもらう。イタリアって、軽食でも美味しいところがすごい。

18cinq0333
お店の前にテーブルがあったので、パニーニとアイスティーのお昼ごはん。時間がないので簡単なお昼ごはんになってしまったけれど、パニーニが美味しくて大満足。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 季節はずれのチックエテッレ 1日目(1)人生最後!?のイスタンブール・アタテュルク国際空港。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 1日目(3)ミラノ中央駅から特急フレッチャビアンカ “Frecciabianca”でジェノヴァへ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

ミラノの一度行ってみたいな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節はずれのチックエテッレ 1日目(1)人生最後!?のイスタンブール・アタテュルク国際空港。 | トップページ | 季節はずれのチックエテッレ 1日目(3)ミラノ中央駅から特急フレッチャビアンカ “Frecciabianca”でジェノヴァへ。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ