2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 4日目(2)プラハのハヴェルスカー市場でスリに狙われる「ダメ旅行者」の烙印。 | トップページ | チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 4日目(4)ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港でまさかの大当たり! »

2019年5月17日 (金)

チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 4日目(3)プラハの大衆食堂「ハヴェルスカー・コルナ」“Havelská Koruna”でお昼ごはん。

Prg2401 
石炭市場“Uhelný trh”と呼ばれる三角形の広場にある噴水“Wimmerova kašna”。

Prg2402
そして、再びハヴェルスカー市場へ。すでにじっくりと品定めをしておいたチェコのハンドメイドのおみやげをいくつか購入。うーん、この市場は私には何度来ても楽しい場所。

Prg2403
グループツアーの人が説明を受けているのはスタヴァフスケー劇場(エステート劇場)“Stavovské divadlo”。モーツァルトが1787年に「ドン・ジョヴァンニ」を初演した劇場。

Prg2404
劇場の片隅にある像は、チェコの画家であるAnna Chromyによる“Plášť svědomí”。

Prg2405
劇場と面している建物はカロリヌム“Karolinum”と呼ばれる建物で、カレル大学の本部だった場所。改修されてしまっているが、この出窓のみゴシック様式の当時の姿を見ることができる。

Prg2406
スタヴァフスケー劇場にはテラスがある。私はマルタに行ってから、出窓とかテラスがあるとつい気になってしまう。

Prg2407
カロリヌムとスタヴァフスケー劇場の間の路地を歩く。

Prg2408
背面から見たスタヴァフスケー劇場。このまままっすぐ歩けば、火薬塔や市民会館の方向に抜けられるけれど、まだホテルに戻るには少し早い。時間がたっぷりあるわけではないけれど、もう少しプラハの散策を楽しむことにする。

Prg2409
残り時間をどう使うか。15:55発の飛行機なので、お昼を抜いてしまうと機内食まで何も食べないことになってしまうので、そんなにお腹は減っていなんだけど、プラハで軽くお昼ごはんを食べていこうかなぁ。ガイドブックを見ると、このあたりにセルフサービスの食堂があるみたいなので、そこに行ってみようかなぁ。

Prg2410
ガイドブックの地図で方向を確かめながら進んでいくと、ハンドメイドの民芸品を売っているお店に出会ってしまう。もう、さんざんハヴェルスカー市場で見ているのに、つい気になってしまう。

Prg2411
天井から吊るすタイプも面白いなぁ。私はプラハの民芸品を見ているだけでも楽しんでいる。やっぱり、15年前も、おばちゃん3人組に「ああいう人がスリにやられるのよ」と言われるくらい夢中になっている「ダメ旅行者」だったんだろうなぁ。

Prg2412
ガイドブックに掲載されている食堂「ハヴェルスカー・コルナ」“Havelská Koruna”で、今回の旅行でプラハでの最後の食事をとることにする。

Prg2413
この食堂は、学食や社員食堂のようにトレーを持って、カウンターで料理を注文する。

Prg2414
メニューはチェコ語の下に英語が書かれているので、なんとなくはわかるけれど、よくわからないものもある。料理によってはハーフサイズで注文できるので少食の女子にもいいかもしれない。

Prg2415
料理を注文すると、学食や社員食堂スタイルの作り置きなのですぐに出してくれる。カフェテリア形式の場合、普通は料金を支払ってから着席するんだけど、ここでは食べた後に店を出るときに料金を支払うシステムみたい。

Prg2416
作り置きの料理だけど、安いし、ちゃんとビールは生ビールだし、おひとり様が気軽にごはんを食べるのには最適の食堂かもしれないなぁ。

Prg2417
ちゃんと生ビールが置いてあるのがうれしい。このレストランは「ピルスナー・ウルクェル」“Pilsner Urquell(Plzeňský Prazdroj)”。

Prg2418
昨日の夕食でチェコのスープを飲んでから、スープがお気に入り。もっと早く気がつけばもっと楽しめたのになぁ。フランス旅行だと、ちゃんと前菜とメインを意識しているくせに、メインの量が多すぎることも警戒して、全般的にレストランで注文する品数がメイン1品のことがほとんどだったかもしれないなぁ。

Prg2419
メイン料理は“Hovězí pečeně na žampionech”という牛肉のローストのシャンピニオンソース。つけ合わせは、チェコでは定番のクネドリーキ。この食堂のクネドリーキはパンのような食感。

Prg2420
食事が終わったら学食や社員食堂のようにカートにトレーを戻す。

Prg2421
そして、伝票を持って出口に向かい、食事代を精算すれば完了。「ハヴェルスカー・コルナ」“Havelská Koruna”、おひとり様でも問題ないし、作り置きだけど料金も安いし、便利でいいかも。

Prg2422
昼食も食べたし、時間的にもそろそろ旅はエンディングに向かっている。最後にもう一度だけ旧市街広場に行ってプラハを感じることにする。

Prg2423
いつ来ても旧市街広場は大勢の観光客で賑わっている。

Prg2424
今回は2度目のプラハなので主要スポットをざっと観光するつもりで旅程を組んでいたんだけど、15年経つと記憶が薄れていて、新鮮な気持ちでプラハを楽しむことができたんだけど、むしろ時間が足りなかった。5日間の休暇をプラハでどっぷり過ごしても良かったかもしれない。

Prg2425
最後にティーン教会で無事に旅ができたことを神に感謝しにいくことにする。

Prg2426
今日は月曜日かぁ。残念ながらティーン教会は月曜日がお休みなので中に入れない。

Prg2427
次回プラハに来るときには、旧市庁舎の天文時計は修復を終えているかなぁ?その時こそは「ああいう人がスリにやられるのよ」と言われるくらい民芸品に夢中になっている「ダメ旅行者」を卒業できるのかなぁ?なんとなく、私はいつまで経っても落ち着いた大人にはなれない気がする。

Prg2428
火薬塔そして市民会館の方向に歩き始める。すなわち、ホテルやプラハ本駅の方向に向かっている。

Prg2429
ガイドブックに載っているキュービズム建築の「黒い聖母の家」。だけど、私にはキュービズム建築がよくわからない。時期としてはアール・ヌーヴォー様式のあとくらいの20世紀前半。

Prg2430
不思議な、らせん階段だけど、私は細かな建築様式には詳しくないので、率直にいうとよくわからない。

Prg2431
むしろ、私が興味を持ってしまうのは、マルタに旅行に行ってからというもの、ずっと出窓だったりする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 4日目(2)プラハのハヴェルスカー市場でスリに狙われる「ダメ旅行者」の烙印。 | トップページ | チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 4日目(4)ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港でまさかの大当たり! »

旅行・地域」カテゴリの記事

チェコ」カテゴリの記事

コメント

15年前はダメ旅行者なんて言ってごめんなさいね。
あなたがこんなに立派な旅行者になるなんてあのときは想像もしなかった🙏
これからもブログで楽しませてくださいね。

おばちゃん3人組のみなさま。

いいえ、やっぱり私は市場のおもちゃに夢中でしたし、さらに2003年から成長しておらず、今でも「ダメ旅行者」を卒業できていないことに気がつきました。ご指摘、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 4日目(2)プラハのハヴェルスカー市場でスリに狙われる「ダメ旅行者」の烙印。 | トップページ | チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 4日目(4)ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港でまさかの大当たり! »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ