2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 1日目(1)ドバイからプラハへ向かうエミレーツ航空EK139便は、恐怖の離陸。 | トップページ | チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 1日目(3)プラハ本駅で「最大の危機」!?戸惑いながら、チェスケー・ブディェヨヴィツェ行きの列車に乗る。 »

2019年3月 7日 (木)

チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 1日目(2)今回の旅で最大の危機を乗り切り、プラハ中央駅へ。

Prg0301
エミレーツ航空プラハ行きEK139便は、全員の搭乗を終えてゲートは閉まり、いよいよドバイ国際空港を離陸。

Prg0302
幸運にも窓際の座席が3席とも空いていたので、全員の搭乗が終了してゲートが閉まった時点で緊急避難。まぁ、ラーメンが頭の上から降り注ぐ危機がなくても、たぶん移動していたとは思うけれど。

Prg0303
少女たちはすでにお湯を入れたカップラーメンを手に持ちながら、離陸に耐えている。

Prg0304
今日の離陸はスムーズで大気も安定しており安定飛行に移りつつあるものの、まだベルトサインは消えていない。しかし、少女の1人はテーブルを出して、日清カップヌードルを置いている。へぇ、当たり前のことだけど、日清カップヌードルも現地で生産された日本で売られていない味があるので、緑色のカップヌードルに少し興味を持ってしまう。

Prg0305
どうやらカップラーメンは離陸の衝撃に耐えた様子。もう一人の少女は麺をほぐしている。すでに離陸前にお湯を入れてから15分くらい経過しているので、だいぶ汁を吸ってしまっているんだろうなぁ。少女たちは無事にラーメンをかぶることなく、ラーメンを食べ始める。そもそも、離陸後にベルトサインが消えてからギャレーでお湯をもらうわけにはいかなかったのかなぁ? 離陸後にベルトサインが消えてからお湯を入れるわけにはいかなかったのかなぁ?

Prg0306
まぁ、ラーメンが宙を舞うことはなかったんだから、少女たちもやけどしなくて良かったんじゃない?過ぎたことをいつまで考えていても仕方がない。私は過ぎたことはあまり気にしない。ちなみに今回の旅の「最大の危機」は実はこの場面ではなく、のちにかなり困ったことに遭遇することとなるんだけど、それはまだ先の話。飛行機は安定飛行に入り、ペルシャ湾を進む。まもなく、最初の機内食の時間。

Prg0307
あれ?1回目の機内食はサンドイッチとジュースのみ。エミレーツ航空のヨーロッパ線はスイスのチューリッヒ線とジュネーヴ線に乗った時は、ちゃんとした機内食が2回出てきたんだけど、プラハは距離が短いせいなのか、軽食のみ。

Prg0308
むしろ、日本から機内食を4食も食べ続けることになるので、軽食で十分なんだけれど。

Prg0309
チキンのサンドイッチは、チキンのハムとチーズのシンプルなものだけど、美味しい。

Prg0310
そして、3席を使用した念願のエコノミーフラット。横になれるのでビジネスクラス並みの快適さ。

Prg0311
以前と航路が変わっている。以前はイラクとシリア上空を避けてイラン上空を通過するルートだったのに、さすがにシリアは回避しているようだけど、イランを避けるようにイラク上空を抜けるルート。

Prg0312
黒海を抜けると2回目の機内食。2回目の機内食はホットミール。ワインはグラスから注いでもらう。

Prg0313
メインはオニオングレービーソースのローストビーフ。エミレーツ航空の機内食は、総じて普通に美味しく食べられる味。

Prg0314
エコノミー席だけど横になれるフルフラットのエコノミーフラットは快適で、あっという間にプラハに近づいている。

Prg0315
メッカの方向が表示される時間って、タイミングがあるのかなぁ?表示された時がお祈りの時間なのかなぁ?

Prg0316
ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港に向けて、降下中。13:00の予定時刻よりも30分早く着陸する予定。

Prg0317
エアバス機は尾翼にカメラが設置されているので、それを見るのが楽しみ。

Prg0318
エミレーツ航空EK139便は定刻よりも早く、ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港に到着。チェコには2003年に一度だけ来ているけど、もう15年前なのでほぼ何も覚えていない。

Prg0319
非シェンゲン協定国から到着するヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港ターミナル1は、出発と到着が同一フロアに混在する空港みたい。このタイプの空港は乗り継ぎが簡単。

Prg0320
2003年にチェコを訪れた時は、まだチェコはEU非加盟国でシェンゲン協定外だった。どうやら、ゲートC-Dがシェンゲン協定加盟国向けの搭乗ゲートになっているみたい。出口の標識に従って歩いていく。ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港は、コンパクトな空港なので乗り継ぎには便利な空港かもしれないなぁ。

Prg0321
入国審査を済ませて、スーツケースをピックアップして到着ホールへ。チェコは2回目とはいえ、まだ知らないどこかへ来てしまったようなアウェー感しか感じない。最近、慣れているフランス旅行ばかりだったので、海外旅行らしく久しぶりに緊張する。本来は毎回緊張すべきなんだと思うけど。

Prg0322
これからプラハ本駅“Praha Hlavní Nádraží ”に向かい、チェスケー・ブディェヨヴィツェ“České Budějovice”へ向かう列車に乗る。まずはプラハ本駅に向かうバス乗り場を探す。

Prg0323
路線バスの119番バスの乗り場を発見。15年前は、この119番バスに乗ってプラハ市街に向かった気がする。119番バスは最安値だけど、プラハ旧市街までは行かずに途中にある地下鉄駅までしか行かない。地下鉄に乗り換えるんだけど、その地下鉄はプラハ本駅に直通しないので、さらに乗り換えることになり、プラハ本駅に行くのはけっこう面倒。それにたしか、スーツケースを持っていると荷物券を買わなくてはいけなかったような…。

Prg0324
料金は少し高いけれど、プラハ本駅行きのエアポートエキスプレスバスに乗ることにする。停車しているこのバスがエアポートエキスプレスバスなのかなぁ?

Prg0325
ここがプラハ本駅直通のエアポートエキスプレスのバス停。AEと書かれていると、京成スカイライナーを思い起こしてしまうけれど、“Airport Express”の略。

Prg0326
切符は運転手から購入できる。

Prg0327
空港バスらしく、これだけ必要なのかと思うくらい荷物置き場が広い。連節バスなので、後部に座席はたくさんある。

Prg0328
バスの所要時間は35分なので、ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港はプラハ市街から近い。車窓からの風景で感じることは、よくわからないオブジェが多い気がする。

Prg0329
近くで見ていないから、なんのオブジェやモニュメントなのかはわからないけれど、人々が一致団結しているような雰囲気。

Prg0330
ヴルタヴァ川を渡れば、もうすぐプラハ本駅。右側に見えるのはプラハ城かもしれないなぁ。

Prg0331
バスはプラハ中央駅前の広場に到着。

Prg0332
プラハ本駅“Praha Hlavní Nádraží ”の駅舎は、ガイドブックを見るとアール・ヌーヴォー風とのことだけど、2018年にナンシーでアール・ヌーヴォーに触れてはいるものの、チェコのアール・ヌーヴォーを理解していないので、よくわからない。

Prg0333
横断歩道はない様子なので、駅舎に向かうために階段を降りていく。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 1日目(1)ドバイからプラハへ向かうエミレーツ航空EK139便は、恐怖の離陸。 | トップページ | チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 1日目(3)プラハ本駅で「最大の危機」!?戸惑いながら、チェスケー・ブディェヨヴィツェ行きの列車に乗る。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

チェコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 1日目(1)ドバイからプラハへ向かうエミレーツ航空EK139便は、恐怖の離陸。 | トップページ | チェコ、プラハとチェスキー・クルムロフへの旅 1日目(3)プラハ本駅で「最大の危機」!?戸惑いながら、チェスケー・ブディェヨヴィツェ行きの列車に乗る。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ