2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(1)パリ、雪が積もったクルマの名前当てクイズ。 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(3)パリ、ものすごく不便なメトロ4号線に乗って、シテ島のノートルダム大聖堂へ。 »

2019年1月28日 (月)

フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(2)パリ、雪景色のアメリの世界、サンマルタン運河、モンマルトル。

Lux2101
映画「アメリ」“Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain”を渋谷シネマライズで見たあとにパリに来た時には、アメリのロケ地巡りをしたこともあったけれど、最近はアメリの世界を味わっていないなぁ。そもそも、渋谷シネマライズと言っても、もう知らない世代もかなりいるだろうなぁ。もう、「アメリ」が好きな人には、レピュブリック駅“République”で降りて向かう場所といえば、予測できてしまうだろう。

Lux2102
「雪景色のパリ1日観光」最初の目的地はアメリが水切りをしたサンマルタン運河。うーん、普通に考えたらパリを1日で巡るフルコースに含まれるかどうかは微妙だけど。

Lux2103
ポイントは「雪景色」で、朝早いうちに雪景色を見るんだったら、サンマルタン運河が雪景色の美しいパリの風景かと感じていたから。

Lux2104
運河を渡る橋にのぼってみる。雪が残っており、気をつけないと滑りそう。

Lux2105
橋の上からサンマルタン運河を眺めるとパリ東駅の方面は幅が広くていかにも運河という感じ。

Lux2106
アメリが水切りを行うシーンの水門があるセーヌ川方面は、運河が狭くなっている。

Lux2107
想像通り、枝に雪が積もり、冬の美しい風景。

Lux2108
冬の曇り空だからこそ、水面に反射する枝だけの木々もおもしろい。

Lux2109
寒いんだけど、雪景色のパリ巡り、おもしろいかも。最近、パリは買い物がメインでパリ全体を観光することはないんだけど、いつもと違う雪景色のパリを自分の目で見てみたい気分が高まっている。

Lux2110
レピュブリック広場“Place de la République”に戻り、マリアンヌ像を見上げる。

Lux2111
メトロの駅の入口では無料新聞が配られている。青色の“20minutes”(ヴァン・ミニュット)と赤色の“Direct Matin”(ディレクト・マタン)が競うように配られている。

Lux2112
再びレピュブリック駅“République”からメトロ5号線に乗る。

Lux2113
スターリングラード駅“Stalingrad”で乗り換え。地上を走るメトロ2号線に乗り換えは、けっこう階段を上らなくちゃならないので面倒。レピュブリックからメトロ11号線でベルヴィルでメトロ2号線に乗り換えた方が楽だったかなぁ?

Lux2114
2つの路線を合わせて環状線となっているメトロ2号線と6号線は地上を走る区間がある。メトロ2号線は右側前方を見ていると、サクレ・クール聖堂が見える。時間があれば、バルベス・ロシュシュアール駅“Barbès-Rochechouart”で降りると激安の洋服屋さん、タチ“TATI”がある。

Lux2115
アンヴェール駅“Anvers”で降りる。

Lux2116
ナンシーでアール・ヌーヴォーを知ってから、今回はアール・ヌーヴォーのアンヴェール駅“Anvers”のメトロの入口を見ると足を止めてしまう。

Lux2117
雪が積もっていて、案内標識がわからない。

Lux2118
まだ朝が早いので、布地屋さんは開いていない。もしも、パリで布地を購入したいと思ったら、このあたりが布地屋さん街になっている。

Lux2119
このあたりもアメリのロケ地。ニノが矢印に従って走りまわったのはこのあたり。丘の上に立つのはサクレ・クール聖堂“Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre”。

Lux2120
1日乗車券のモビリス“Mobilis”を持っているので、フニクレール“Funiculaire”に乗ってモンマルトルの丘を上がる。

Lux2121
ケーブルカーだけど、ロープウェイのような小さな車両。

Lux2122
終点が見えているので大した距離ではない。観光用ではなく、住んでいる住民用に作られたんだろうなぁ。

Lux2123
サクレ・クール聖堂“Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre”は19世紀に建てられた比較的新しい建物だけど、凱旋門の上からもはっきりと見えるし、パリの中では私にとっては印象的なスポット。「雪景色」でなくとも、もしも私がパリ旅行が初めての人を案内するとすれば、私にとっては必須スポットだろうなぁ。

Lux2124
何が素晴らしいかといえば、ここから見渡せるパリの風景が美しい。パリ市内はモンパルナスタワーなどの例外を除き、高層の建物がない。

Lux2125
高層ビルがパリの外側に建てられている。ここは午前中の早い時間に来るのがいいかもしれないなぁ。声をかけてくる怪しげな人たちもいないので、周囲に警戒せずにゆっくりとぼーっとパリを眺めることができる。

Lux2126
サクレ・クール聖堂の中に入って、椅子に座りしばらく静寂を味わうと気持ちが落ち着いてくる。

Lux2127
サクレ・クール聖堂を見た後はサン・ピエール・ド・モンマルトル教会“Église Saint-Pierre de Montmartre”の外周を回るように、おみやげ店が並ぶ道を進む。

Lux2128
似顔絵を描く画家がいるはずのテルトル広場は午前中だからなのか、あまりに寒いためかわからないけれど、閑散とした雰囲気。

Lux2129
それでも、何人かの画家が絵を展示して売っている。

Lux2130
朝から歩き回っているけれど、やっぱり寒い。テルトル広場に面するカフェ“Le Sabot Rouge”で休むことにする。

Lux2131
トイレに行ってから、エスプレッソを注文。今回は寒いせいもあって、いつもよりもカフェ利用率が高い。実は「雪景色のパリ1日観光」のコースは、モンマルトルまでしか朝の段階では考えていないので、カフェの中で今後のコースを考える。このまま、アメリのロケ地巡りをするなら、アメリの働いているカフェ・デ・ドゥ・ムーラン“Café des Deux Moulins”に向かうべきだろうけれど、どうしようかなぁ。でも、アメリのカフェに行くんだったら、今、テルトル広場でカフェに入らずに、もう少しだけ歩いてカフェ・デ・ドゥ・ムーランでクレーム・ブリュレを食べた方が良かったかも。うーん、私の町歩きはいつも行き当たりばったり。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(1)パリ、雪が積もったクルマの名前当てクイズ。 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(3)パリ、ものすごく不便なメトロ4号線に乗って、シテ島のノートルダム大聖堂へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ルクセンブルク」カテゴリの記事

コメント

ブログで見るパリの雪景色は素敵ですね。
以前2月にモンマルトルの丘に行った時もすっごく寒かったのを思い出しました。

クリームブリュレはもちろんはずせませんよね!

ユリコさん、こんばんは。
実は、このところ、アメリのカフェやムーランルージュ方面には行っていないような気がします。たぶん、このブログの旅行記にはないと思うので、10年以上行っていない気がします。最近、パリでもいくところが決まってしまっているので、パリだけに滞在するというのもそろそろいいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(1)パリ、雪が積もったクルマの名前当てクイズ。 | トップページ | フランス北東部ナンシー・メッス、ルクセンブルクの旅 4日目(3)パリ、ものすごく不便なメトロ4号線に乗って、シテ島のノートルダム大聖堂へ。 »

Link

無料ブログはココログ