2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(3)旅はくいだおれの大阪へ。初めての他人丼。帝塚山ポアールのモンブラン。道頓堀今井のきつねうどん。 | トップページ | 冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(5)大阪食い倒れの旅。新世界のジャンジャン横丁の「八重勝」で串かつを。 »

2018年10月20日 (土)

冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(4)新今宮駅前の「健康で文化的な最低限度のドヤ(宿)」

Itm0901
道頓堀今井で「きつねうどん」を堪能したあとは、そろそろ今晩の宿にチェックインに向かうことにする。今日の宿はBooking.comで手配した新今宮のホテル。千日前をなんば駅に向かって歩く。

Itm0902
ちょうど2018年2月はNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」の放送時期だったので、影響を受けて、なんばグランド花月で漫才を見るというのも選択肢として考える。

Itm0903
最近東京のテレビではなかなか見ないけれど、オール阪神・巨人やトミーズ、ザ・ぼんちも普通に出演している。

Itm0904
千日前は道具屋街になっていて、調理器具の問屋さんが並んでいる。

Itm0905
包丁の専門店には外国人の姿もある。

Itm0906
南海なんば駅に戻ってくる。

Itm0907
新今宮駅ならばどの電車も停車するだろうと思って、和泉中央駅行きの電車に乗る。

Itm0908
新今宮駅に到着。

Itm0909
南海の新今宮駅は狭い階段を降りると小さな出口。

Itm0910
駅を降りて目の前にあるのは「あいりん労働公共職業安定所」で、「大阪社会医療センター付属病院」を併設している。この辺りは、いわゆる「あいりん地区」と呼ばれる地域で、東京の山谷、横浜の寿町と共に日本三大ドヤ街と呼ばれている。「あいりん労働公共職業安定所」は、今でも「寄せ場」の機能を持っているのかなぁ?

Itm0911
工事現場などの軽作業の労働の人足はその日によって必要な人数が異なる。雨だと工事そのものが行われないこともある。必要のない日もあるから零細企業である土木会社は常勤雇用は難しい。そのため、その日だけ必要な労働力を集める場所が必要となる。「寄せ場」には、日雇いの仕事とそれを求める日雇い労働者が集まってくる。

Itm0913
日雇いの日当を貰うと日雇い労働者は簡易宿泊所に宿泊する。ところが、仕事にあふれると宿泊所に泊まるお金もなくなってしまい、アオカン(青空簡易宿泊所)に泊まるしかなくなる。アオカンは卑猥な意味ではなく、青空が見える簡易宿泊所ということ、すなわち野宿をすること。好景気で工事現場が多ければ、日雇い労働者でも仕事を得て簡易宿泊所に泊まって生活できる。実際に高度経済成長時にはそのような生活を続けることできただろうけど、いざ不景気になれば工事現場が減り、したがって仕事がないために収入を得られなくなる。そうなると野宿をせざるを得なくなる。

Itm0914
しかし、日雇い労働者がいなくなると、泊まる人がいなくなってしまうので簡易宿泊所も困ってしまう。また、近年は日雇い労働者の高齢化が進み、そもそも労働者ではなくなってしまう。そのため、簡易宿泊所はアパート化することで生活保護を受給して安定して生活できる人を求め始める。新今宮駅は大阪環状線の駅だから便利かもしれないけど、風呂トイレ共同で3畳一間の部屋で42000円が安いのか高いのかと考えると微妙な金額。なぜなら42000円で、風呂トイレ共同ではなく、風呂トイレ付きのアパートの一室を借りることができる可能性がある。

Itm0915
もともと簡易宿泊所は、日雇い労働者のための宿なので誰でも1泊でも宿泊できるし、1泊1300円で布団に横になることができるのだったら、考えようによってはカプセルホテルやサウナに泊まるよりも安い。そのため、近年は東京の山谷も同様だけど、外国人のバックパッカー向けに活路を見出している簡易宿泊所も多い。

Itm0916
もう一方は、高齢化が進み、日雇い労働者そのものが少なくなっているので、簡易宿泊所にとっては、生活保護受給者は安定収入(生活保護費なので未払いのリスクは少ない)なので、ずっといてもらう方がいい。そのために、住居としてアパート化を目指す簡易宿泊所がある。

Itm0917
日雇い労働者の街には必ずロッカールームがある。なぜなら、日雇い労働者は安定した居住地がない。収入がなくお金が底をつけば青空簡易宿泊所に泊まるしかなく、すなわち野宿となり、安定した住居がないので財産は常に持ち歩かないと盗まれてしまう。そのために、財産を預かってもらえる場所が必要となる。

Itm0918
日雇い労働者の転落の危機は実は遠い世界ではない。景気というのは浮き沈みする。好景気の時には労働力は必要だけど、不景気の時には労働力は必要なくなる。最近、企業としては不景気になっても解雇しないで済む最低限の職員を正職員としており、需給調整できる職員を「(有期)契約職員」などとしている。正職員は不景気の時にも優先して雇用が守られるけれど、契約職員は日雇い労働者と同じように不景気になれば捨てられる。そう、正職員ではない契約社員やアルバイト、パート労働は、日雇い労働者と同じ運命をたどる危険性がある。景気の浮き沈みがある以上、不安定な雇用というのは形を変えても消えることはない。

Itm0919
今時、カラーテレビではないテレビの方が貴重かも。日雇い労働者は、病気や怪我で仕事ができなくなると、安定した住宅がないために、あからさまに貧困に陥るのでわかりやすい。しかし、誰もが病気や怪我で収入が断たれる可能性があり、家賃が払えなくなるかもしれない。また契約社員が不景気によって契約更新ができずに解雇されることもある。そうなると家賃が払えずに困ってしまうことになる。そう、誰もが貧困に陥る可能性はある。

Itm0920
なお、今回の話はあくまで旅行記なので、新今宮駅周辺に激安の旅館がなぜたくさんあるのかについて考えてみただけで、「生活保護制度」の是非については触れないし、議論をするつもりはない。なので「生活保護制度」の是非についてのコメントをいただいても削除するのであらかじめご了承を願いたい。もっと雰囲気が悪いと覚悟してきたんだけど、ここまで歩いてきても怖い感じはまったくない。

Itm0921
今回はその簡易宿泊所に泊まってみることにする。と言っても、生活保護受給者を集めてアパート化を目指した簡易宿泊所ではなく、1泊2500円と価格は高いながらもBooking.comに掲載し、外国からのバックパッカーに活路を見出している、ある意味では安全な簡易宿泊所。本当は1泊1000円の簡易宿泊所に泊まらなければ、本当の簡易宿泊所の体験とは言えないかも知れない。

Itm0922
今晩の宿はBooking.comで予約した「ホテルみかど」。

Itm0923
ロビーで前払い金を払いチェックイン。玄関付近は清潔な感じ。

Itm0924
長期滞在もできそう。共同のキッチンスペースもある。電子レンジにポットや調味料もおかれている。

Itm0925
1階には大浴場があり、大浴場は男性と女性で時間が決まっており交代制。シャワールームもあるので、共同だけどいつでもシャワーは浴びられる。正面に見えるのは洗濯機と乾燥機。なるほど、簡易宿泊所はここで生活をするわけだから、当然ながら洗濯ができる場所がある。

Itm0926
エレベータもあり、部屋に向かう。

Itm0927
トイレは共同だけど改装してあり、清潔感がある。部屋には洗面台もないので、歯を磨くにもここまで来なくてはならない。

Itm0928
部屋に入ると3畳一間の和室。部屋には簡単なテーブルと布団がおかれているのみ。

Itm0929
アメニティは、バスタオルにタオル、歯ブラシもあり、一応、ホテルとしてのものはちゃんとあり、清潔なもの。

Itm0930
寝巻きまであるのでパジャマを持たずに宿泊しても不自由しない。

Itm0931
入口側を見ると、冷蔵庫とテレビがある。

Itm0932
冷蔵庫は空っぽになっている。電源が取れるのがテレビの下にある延長コードのみ。ゴミ箱の上には使い捨てのスリッパもある。

Itm0933
もちろん、エアコン完備なので冬でも夏でも快適に過ごせするし、電灯はLEDだった。率直な感想としては、Booking.comに掲載してパソコンで予約管理ができるようなオーナーである「ホテルみかど」は、2500円と周辺の簡易宿泊所と比較して倍ぐらいの値段ということもあり、設備については清潔感もあって、大阪に泊まるんだったら、これで十分じゃない?もっとも、1泊1300円の簡易宿泊所に泊まらないと、日雇い労働者の簡易宿泊所を体験できないかもしれないけれど。大阪での夜は、宿泊費を2500円にケチった分だけ、大阪名物の美味しいものを食い倒れることにする。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(3)旅はくいだおれの大阪へ。初めての他人丼。帝塚山ポアールのモンブラン。道頓堀今井のきつねうどん。 | トップページ | 冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(5)大阪食い倒れの旅。新世界のジャンジャン横丁の「八重勝」で串かつを。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

関西(大阪・京都)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(3)旅はくいだおれの大阪へ。初めての他人丼。帝塚山ポアールのモンブラン。道頓堀今井のきつねうどん。 | トップページ | 冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(5)大阪食い倒れの旅。新世界のジャンジャン横丁の「八重勝」で串かつを。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ