2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« プジョー208との生活:静岡県横断の旅(2)浜松、舘山寺温泉へ。夕食は浜松在住の友人家族と「さわやか」へ。 | トップページ | 冬の高野山・大阪ひとり旅 1日目(1)人生初めての大阪伊丹空港。 »

2018年9月22日 (土)

プジョー208との生活:静岡県横断の旅(3)浜松、井伊谷の龍潭寺へ。気賀でうなぎの朝ごはん。

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208

Hmm0301
2018年8月20日、月曜日。舘山寺温泉で迎える朝。朝起きて、温泉大浴場で浜名湖を見ながら朝風呂に入る。「ニューいずみ館」は厨房設備を使わなくても、1階のロビーが浜名湖を見渡せる絶好の場所なので、浜名湖を見渡せるロビーでセルフサービスでいいのでパンとコーヒーだけでも出してくれればいいのになぁ。ポテンシャルを持っているとは思うけれど、色々と惜しい旅館。設備の古さは感じるけれど、温泉大浴場はいいし、周辺の旅館が高騰する中で安く温泉旅館に泊まれるのでまた来てもいい。せっかく舘山寺温泉に来たのに、舘山寺温泉を知らずに帰るのももったいないので舘山寺に行ってみることにする。

Hmm0302

舘山寺への参道を上がる。

Hmm0303
舘山寺は弘法大師(空海)によって810年に開かれたと言われる歴史あるお寺。

Hmm0304
その隣には愛宕神社が立つ。

Hmm0305
舘山寺一帯は半島になっており、散策路が整備されている。山道を歩くと「舘山寺穴大師」に到着。ここは、810年に弘法大師が舘山寺開創の際に、この岩穴にこもって修行をしたとされる。中には大師自作の石像がまつられており、眼病にご利益があるらしい。中に入ってみると、狭い洞窟。

Hmm0306
小高い丘の上に立つと浜名湖が眺められる。橋は東名高速道路で橋を渡った場所にあるのは浜名湖サービスエリア。

Hmm0307
散策路になっており、丘の上には全長16メートルの聖観世音菩薩が立てられている。

Hmm0308
散策路の案内に従って丘を下ると、半島の裏側に降りることができる。ここはチャート海岸と呼ばれる場所。

Hmm0309
舘山寺は朝の散策にはちょうど良い距離。クルマに戻ってどこかへ朝ごはんを食べに行こうと思ったら、遊覧船乗り場が目に入る。ちょうど9:15に30分コースが出発するところ。30分くらいなら、遊覧船に乗ってみようかなぁ。

Hmm0310
西武グループの車両によく見られる青、赤、緑のライオンズカラー。西武グループの再編成で売却されたのだろうけれど、かつてはこの遊覧船は西武グループだったんだろうなぁ。

Hmm0311
子供連れだったら楽しそうだけど、さすがに大人一人で浜名湖パルパルへは行けない。

Hmm0312
舘山寺は半島になっている。つい先ほどまで、この半島を散策していた。

Hmm0313
遊覧船は東名高速道路の橋をくぐる。

Hmm0314
30分の遊覧、浜名湖の風景を楽しめて、ちょうどよかった気がする。

Hmm0315
駐車場に停めたプジョー208に戻る。NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台となった、井伊谷や気賀に向かって走る。

Hmm0316
龍潭寺は733年に開かれたという舘山寺よりも古い歴史を持つ古刹。そして、「おんな城主直虎」でも描かれた通り、井伊家の菩提寺。

Hmm0317
東門は背が低い建物。かつては鐘楼だった。

Hmm0318
龍潭寺庭園および本堂を含めて見学料は500円。

Hmm0319
本堂内の写真は撮らず。本堂から庭を眺める。

Hmm0320
本堂の裏手には庭園がある。座布団がおかれ、案内放送による解説がある。

Hmm0321
縁側に座り、のんびりと庭園を眺める。

Hmm0322
井伊直親、井伊直虎の眠る井伊家墓所。直親と許嫁であった直虎は隣同士に眠っている。

Hmm0323
龍潭寺の裏手には井伊谷宮が建つ。南北朝時代の後醍醐天皇の子である宗良親王が祀られている。すでに時間は10時半。そういえば、今日は朝ごはんを食べていないことに気がつく。せっかく浜松にきてうなぎを食べていないので、朝ごはんと昼ごはんを兼ねて、11時から開いているうなぎ屋さんでうなぎでも食べようかなぁ。そういえば、ここに来る途中の気賀で細い道に入ったところにうなぎ屋さんがあった気がする。

Hmm0324
気賀へ戻る。東海道の脇街道として姫街道(本坂通)と呼ばれていた。そして気賀には関所が置かれていた。浜名湖の南側を通る東海道の新居の関所の女性に対する取り調べが厳しかったことから、お姫様は浜名湖の北側を経由する街道を通ったらしい。

Hmm0325
舘山寺から龍潭寺に行く途中の天竜浜名湖鉄道のガード側に「清水家」といううなぎ屋さんの看板があったのを見逃さない。

Hmm0326
11時の開店と同時に到着したけど、すでに待っている人がいる。最初に注文を伝え、番号札をもらい、呼ばれるのを待つ。開店後すぐだったので、すぐに案内されてカウンター席に座る。

Hmm0327
肝焼きが限定というので注文する。美味しい。クルマの旅ではなかったらビールが飲みたいところ。

Hmm0328
3500円のうな重(特)を注文する。浜松駅前のうなぎ屋さんで食べるよりも安い。清水家は、2100円のうな丼からあるのでリーズナブルな価格設定。

Hmm0329
小ぶりのうなぎだけど、身が厚くて美味しい。こんなに身が厚いうなぎがあるんだ。

Hmm0330
清水家の駐車場は天竜浜名湖鉄道のガードをくぐった反対側にある。クルマに乗ろうとしたら天竜浜名湖鉄道の1両のディーゼルカーが走ってきた。天竜浜名湖鉄道は、ちょうど本坂通(姫街道)の街道沿いの街をつないでいる。

Hmm0331
気賀から1時間ほどドライブ。浜松市内の移動なのにけっこう時間がかかる。浜松市は2005年に、井伊谷のある引佐町、気賀のある細江町、浜北市、天竜市と合併して政令指定都市になっていて、やたらと広い。そして、道路が混雑している。昨日、浜松在住の友達に浜松餃子を食べるにはどこがいいかと聞いたところ、無難に有名なのは「石松」と聞いて、石松本店へ。このお店も混んでいて、番号札を取ってから30分待ち。浜松の人は待つことに辛抱強い。そして、携帯電話に順番が来ると連絡が来るなど、待つことのシステムが良くできている。でも、朝ごはんにうなぎを食べてから1時間程度しか経っていなかったので、この30分のインターバルはちょうどいい。

Hmm0332
今回の静岡横断の旅の最後のお昼ごはんは石松の餃子定食。定食は餃子10個からあるんだけど、浜松らしく円形に焼かれるのは15個からだというので15個の定食を注文。

Hmm0333
浜松餃子は中身がほとんど野菜みたいで、軽くて、どんどん食べられる。クルマじゃなければビールが飲みたいところ。浜松駅にも「石松」があるみたいなので、鉄道の旅の時には餃子とビールだな。冷凍餃子を買って行きたいところだけど、夏場は2時間しか持たないというので新東名高速道路を使っても2時間では帰れないので断念する。

Hmm0334
帰り道は、行きに国道1号線バイパスの快適さに気がついたので、それに急いで帰る必要もないので、ひたすら国道1号線バイパスの旅。国道1号線バイパスは信号がなくほぼ高速道路のような流れの良さ。さすがに富士市と沼津から三島にかけては、信号が多くて流れが悪いところもある。バイパスと言っても、信号があって道の両側にお店ができてしまうと流れが悪い。さらに調子に乗って、三島から箱根越えをして箱根新道で小田原へ。西湘バイパスを通り、湘南大橋を渡り、寒川南インターから圏央道で自宅に戻る。翌日、トリップメーターを見てみると、今回の静岡横断の旅は2日間で652キロ。高速道路も使用しているので平均時速47キロ。プジョー208の燃費はリッター18.2キロ。日本では「ハイブリット」というレッテルが貼られていないと燃費が悪いと思われがちだけど、ダウンサイジングエンジンだって実は燃費はいい。久しぶりのドライブの旅、おもしろかった。ひとり旅だと、高速道路料金が高いので遠出はしなかったんだけど、たまにはプジョー208との旅行に出るのもいい。

にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« プジョー208との生活:静岡県横断の旅(2)浜松、舘山寺温泉へ。夕食は浜松在住の友人家族と「さわやか」へ。 | トップページ | 冬の高野山・大阪ひとり旅 1日目(1)人生初めての大阪伊丹空港。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

プジョー208との生活」カテゴリの記事

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プジョー208との生活:静岡県横断の旅(2)浜松、舘山寺温泉へ。夕食は浜松在住の友人家族と「さわやか」へ。 | トップページ | 冬の高野山・大阪ひとり旅 1日目(1)人生初めての大阪伊丹空港。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ