2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« プジョー208との生活:静岡県横断の旅(1)三保の松原、日本平からの富士山。 | トップページ | プジョー208との生活:静岡県横断の旅(3)浜松、井伊谷の龍潭寺へ。気賀でうなぎの朝ごはん。 »

2018年9月19日 (水)

プジョー208との生活:静岡県横断の旅(2)浜松、舘山寺温泉へ。夕食は浜松在住の友人家族と「さわやか」へ。

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208
Hmm0201
日本平を出発し、国道150号線を海沿いにドライブ。静岡県の一般道はバイパスが整備されていて走りやすい。東名高速道路を使わなくてもいいんじゃないかなぁ?

Hmm0202
順調すぎて、11時には焼津付近に到着してしまう。せっかくだから、焼津の小川港魚河岸食堂でお昼ごはんを食べることにする。日曜日なので警備員がいて、駐車する場所は小川魚市場を案内してもらえる。本当はポルシェよりもカングーの隣に停めたかったんだけど…。

Hmm0203
小川港魚河岸食堂は基本的には漁協の組合員のための食堂なので、朝7時からオープンして、14時には閉店になってしまう。

Hmm0204
建物の中に入ってみると席数がけっこう多い。日曜日でも席数が多いので、席は空いており、おひとり様でも困らない。

Hmm0205
カウンターに食券を出すと番号札をもらい、できあがったらカウンターに取りに行く。

Hmm0206
マグロのお刺身が食べたくて1500円の駿河定食。桜えびのかき揚げ、黒はんぺん、しらすなどがついた豪華版。もちろん、漁協の食堂なのでカツ丼やうどん、カレーもある。

Hmm0207
焼津で食べるマグロが美味しい。

Hmm0208
焼津港からも富士山が見える。沼津から焼津まで一般道がパイパス化されており、スムーズに走ることができることがわかったので、浜松まで国道1号線パイパスで向かうことにする。片側1車線のところもあるけれど、信号がなくほとんど高速道路のように整備されており、静岡市から浜松までは東名高速道路を使わなくてもいいんじゃないかなぁ?さすがに浜松市街は混雑するけど。

Hmm0209
浜松市街は混雑したものの国道1号線バイパスが順調すぎて早くも13時過ぎには浜松に到着。浜松の誇る名車、スズキ・スイフトの隣に停める。最近、私の好きな小型でキビキビと走るクルマとしては、国内メーカーではスイフトが一番おもしろそう。

Hmm0210
駐車場から浜松城に向かう。

Hmm0211
浜松城は最近、観光スポットとして人気みたいだけど、昭和20年に焼失し、平成33年に再建されたもの。残念ながら鉄筋コンクリート製。浜松城主が出世したことが多いことから出世城と呼ばれる。

Hmm0212
天守閣からはコンコルドホテルの右にうっすらと富士山が見える。

Hmm0213
本丸の広場ではイベントが開催されている。

Hmm0214
出世法師直虎ちゃんと出世大名家康くんがお出迎え。直虎ちゃんの持っているものは杖ではなく「うなぎの思い槍」。家康くんはピアノの鍵盤になっている。

Hmm0215
これから出世する若い時の家康像なのでスリム。

Hmm0216
早めに舘山寺温泉に到着して温泉に入ろうと思って、浜松市街を出る。舘山寺温泉に行く前に佐鳴湖のそばでおやつを食べることにする。

Hmm0217
以前に青春18きっぷの旅で浜松に立ち寄った時に遠鉄百貨店で買って美味しかった「あげ潮」を買いに「まるたや洋菓子店 佐鳴台店」へ。駐車場があって、舘山寺に行く途中にある「まるたや」を調べたらここが一番近かった。

Hmm0218
でも、ここのスペシャリテは「あげ潮」もそうだけど、一番はチーズケーキだったみたい。「まるたや洋菓子店 佐鳴台店」はイートインが出来て、セルフサービスで紅茶を飲むことができる。濃厚なチーズケーキ、美味しい。持って帰れるなら持ち帰りたいくらい。

Hmm0219
舘山寺温泉に到着。

Hmm0220
今日の宿は「ニューいずみ館」。楽天トラベルで素泊まり9000円。素泊まりしか表示されなかったのは、おそらく、厨房設備をお休みさせており提供していない。そのため、追加料金を支払えば夕食と朝食が食べられるわけではないみたい。もちろん、休前日などは稼働しているのかもしれないけれど。

Hmm0221
設備は古いけれど支障があるわけではなく、部屋から見える浜名湖の眺望は最高にいい。

Hmm0222
温泉大浴場も設備は古いけれど、浜名湖が一望できる。昔は賑わっていたのであろう昭和の雰囲気の旅館だけど、私はこういう旅館が好きだったりする。内装にきちんとお金をかければ、部屋からの眺望もいいし、温泉大浴場からの眺望もいいし、なかなかいい宿。だけど、残念ながら設備に十分にお金がかけられておらず古い。ホームページも持っておらず、おそらくインターネットの代理店も楽天トラベルしか契約がなく、集客が弱いので個人客がこの旅館を選ぶ機会がない。

Hmm0223
素泊まりで夕食が出ないので、事前に浜松在住の友達家族と一緒に夕ごはんを食べることにする。実は行きたいお店はリクエストしていて、そのお店は一人では入りづらい。

Hmm0224
「ニューいずみ館」は浜名湖を見渡せる1階のロビーはほとんど使われていない様子。休前日は食事の提供がされているのかなぁ?部屋食ではなく1階をレストランにすればいいのに。舘山寺温泉の閉鎖されている建物があったり、左に見える建物は宗教団体に買収されてしまっているなど、今の時代は温泉旅館の経営は難しい。

Hmm0225
「ニューいずみ館」の前は海水浴場になっており、SUPを楽しんでいる人がいる。

Hmm0226
浜松在住の友達家族との待ち合わせは、炭焼きレストラン「さわやか」をお願いする。「さわやか」はファミレスなのに静岡県にしかないので、静岡県にいかな いと食べられない。しかも、混雑しているし、ここだけは一人では行きづらい。

Hmm0227
日曜日で混雑するので17:30に待ち合わせにしたけれど、すでに30分待ち。

Hmm0228
ようやく席に着き、「げんこつハンバーグ」が運ばれてくる。

Hmm0229
店員さんが「げんこつハンバーグ」を真っ二つに切る。

Hmm0230
焼けていない内側を鉄板でさらに焼く。いちいち写真に撮ってみたけれど、公式ホームページの動画を見たほうがよくわかるかも。

炭焼きレストランさわやか
https://www.genkotsu-hb.com/

Hmm0231
オニオンソースをかけたら完成。さわやかのハンバーグ美味しい。ずっと行きたいと思っていたけど、おひとり様では行きづらい「さわやか」に浜松在住の友達家族に連れてもらってよかった。

Hmm0232
友達家族は日曜日で子供もいるので、早めに解散し一人で舘山寺温泉に戻る。

Hmm0233
すでに太陽は沈み、黄昏時の空が美しい。

Hmm0234
「ニューいずみ館」は、食事はつかないけれど、部屋から見える浜名湖と温泉大浴場から見える浜名湖が最高にいい。もう少し早く帰れば、夕日が浜名湖に沈む様子が見られたかもしれないなぁ。日曜日は部屋からは見られないけれど裏手には花火があがる。夏休みのドライブ旅、おもしろかった。このところ宿泊を伴うようなドライブ旅に出ていなかったけれど、プジョー208でのドライブ旅を再評価。温泉に入って、ゆっくり休む。

にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« プジョー208との生活:静岡県横断の旅(1)三保の松原、日本平からの富士山。 | トップページ | プジョー208との生活:静岡県横断の旅(3)浜松、井伊谷の龍潭寺へ。気賀でうなぎの朝ごはん。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

プジョー208との生活」カテゴリの記事

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プジョー208との生活:静岡県横断の旅(1)三保の松原、日本平からの富士山。 | トップページ | プジョー208との生活:静岡県横断の旅(3)浜松、井伊谷の龍潭寺へ。気賀でうなぎの朝ごはん。 »

Link

  • surprice
  • JTB
  • Expedia
  • skyscanner

最近のコメント

無料ブログはココログ