2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 2日目(8)リールの郷土料理のレストラン。 | トップページ | 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 3日目(2)リールで道に迷う。 »

2018年7月19日 (木)

初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 3日目(1)シコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”を探しにリールのカルフールへ。

17lil1701
2017年10月28日、土曜日。今回の旅行でオー・ド・フランス地方のリールで迎える最後の朝。今夕にはパリに旅立ってしまう。オー・ド・フランス地方がこんなにも楽しいとわかっていれば、リールに3連泊してもよかったかもしれないなぁ。TF2の“Télématin(テレマタン)”は土曜日は朝7時の開始。

17lil1702
今日の司会者は昨日に引き続きThierry Beccarro氏。フランス旅行の際は、朝テレビをつけるとウイリアム・レイメルジが当たり前のようにいたので、まだ慣れない。

17lil1703
今日2017年10月28日、土曜日はサマータイム最終日なので7時過ぎでも薄暗いどころではなく、暗い。Hotel Lille Europeの朝食レストランで朝食を食べるのも今日が最後。

17lil1704
大きなホテルなので、クロワッサンやパン・オ・ショコラもたくさん置かれているし、昨日から気がついているスペキュロス“Spéculoos”味のクリームもある。

17lil1705
ケーキも置いてある。昨日は丸いケーキはあったかなぁ?

17lil1706
コンチネンタルブレックファーストだけど、私にはハムとチーズがあれば十分。これでサンドイッチを作って食べる。フランスのハムもチーズも力があるので美味しい。

17lil1707
ゆで卵もあるし、ヨーグルトもたくさんあるし、果物もあるので、私の宿泊するホテルの朝食としては贅沢なほう。

17lil1708
土曜日の朝はお客さんがぜんぜんいなくて、貸切状態。リール・フランドル駅前広場を眺められる。

17lil1709
どうしても初日はいろいろと試してみたくて、量が多くなってしまうんだけど、2日目以降は落ち着いてくる。

17lil1710
食後にコーヒーをお代わりしようと席を立つと、ふと、写真でいうと左端に、細長い瓶があることに気がつく。この瓶はいったいなんだろう?

17lil1711
どうやら、シコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”の液体で、お湯で割って飲むみたい。リールではシコレ(チコリ)コーヒーが当たり前なのかなぁ?うーん、昨日の朝は、まだオー・ド・フランス地方の文化を知らないので気がつかなかったんだろうなぁ。

17lil1712
せっかくだから、シコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”を試してみることにする。昨日から気がついていればなぁ。

17lil1713
もっとクセが強くて、薬草ぽい味や香りを想像していたら、香りも気にならず味的にはまったくもってコーヒー。シコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”、美味しいじゃない。カフェインレスコーヒーとしてシコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”を飲んでもいい。

17lil1714
部屋に戻って、“Télématin(テレマタン)”の今日の天気予報を確認する。午前中は雲が多い感じ。

17lil1715
午前中は雲が多いけれど、お昼過ぎには晴れてきそう。

17lil1716
8時過ぎになってようやく明るくなってきたけど、天気予報通り雲が確かに多い。今日の予定は、午前中はまだリールをちゃんと歩いていないのでリール観光。パリ北駅行きのTGVの予約は取っていないので、お昼ごはんはリールで食べて、夕方ごろにパリに着くようにしようかなぁと思っている。ただ、どこに行くかはいつもの通り行き当たりばったりで、今の時点では決めていない。

17lil1717
リールの地図をまだ手にしていないので観光案内所に行ってリールの地図をもらおう。その前に、どうしても気になることができてしまい、ショッピングセンターEURALILLEへ向かう。

17lil1718
まだ9時前なのでお店はほとんど空いていない。

17lil1719
向かったのは大型ディスカウントスーパー、カルフール“Carrefour”。日本に進出した時のカルフールは「おフランス」感、おしゃれ感を全面に出してしまっていたけれど、それが失敗だったのだと思う。フランスでは、大型スーパー、カルフールは安いけれど、おしゃれ感はない。

17lil1720
あった!確探していたのはシコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”。リールのカルフールで普通に売っているものだった。どこのカルフールで売っているものなのかなぁ?フランスには何度も旅をしているはずなのに、私にはまだ知らないことがたくさんある。

17lil1721
いろいろな種類のシコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”が売られている。わからないことは、シコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”がリールだから売っているものなのか、パリでも普通に売られているものなのか。カフェインレスのコーヒーとしてパリでも普通に売られているものなのかなぁ?今まで、私が興味がなくて知らなかったら見つけられなかったのかなぁ?

17lil1722
だけど、パッケージを見ると鐘楼が描かれておりオー・ド・フランス地方の特産であり、リールだから置かれているのか。私には、シコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”が、フランス全土で売られているものなのか、この地方特有のものなのかが、やっぱりわからない。

17lil1723
ホテルの朝食レストランに置かれていた液体タイプのシコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”も売られている。スーパーマーケットで紅茶売り場は見ることがあってもコーヒー売り場をちゃんと見てこなかったかもしれないなぁ。

17lil1724
でも、どうやらフランスのどこでも買えそうな雰囲気。決定的なのは、カルフールのプライベートブランドのインスタント“Chicorée Café”が売られているので、おそらくパリでも買えるものなのだろう。うーん、今回のオー・ド・フランス地方の旅は「まだ知らない」フランスの発見ばかり。フランスをずっと旅していて、フランスのことを知ったつもりだった自分が本当に恥ずかしい。

17lil1725
カルフールでホテルの朝食レストランに置いてあった液体タイプのシコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”を自分用のおみやげとしてさっそく購入。フランスをずっと旅行していても、「まだ知らない」発見にハッと気づかされることがある。だからこそ、フランス旅行は辞められない。

17lil1726
今日はGoogleMapをあてにせずに、なんと、モバイルWifiの電源も切ってしまう。いつもの通り、気の向くままに歩いて見ることにする。「地球の歩き方フランス」にも小さな地図が掲載されているので、迷うことはないだろうし。

17lil1727
まずはリールの地図をもらうために観光案内所を目指すことにする。

17lil1728
私の旅は行き当たりばったり。リール・フランドル駅から歩いていくと、後ろから見る聖モーリス教会“Église Saint-Maurice”が気になり、正面から教会を見たくなり、寄り道することにする。

17lil1729
遠くに104メートルの高さのリールの鐘楼“Beffroi de Lille”が見える。世界遺産「ベルギーとフランスの鐘楼群」“Beffrois de Belgique et de France”のひとつとなっているが第一次世界大戦後の1932年に完成したもの。

17lil1730
聖モーリス教会“Église Saint-Maurice”を正面から見る。中には入れないみたい。

17lil1731
寄り道したところ、方向がよくわからなくなってしまったので、旧株式取引所“Vieille Bourse”の建物が見えたので、いったん、旧株式取引所に向かうことにする。

17lil1732
けっきょく、観光案内所へ向かうはずだったのに、聖モーリス教会に寄り道していたら、よくわからなくなり、オペラ座に向かうことになってしまった。リールの町は斜めに走る道が多いので方向感覚を見失いやすいのかもしれないなぁ。ただ、今日はGoogleMapに頼らずに、彷徨うことを楽しむことにしよう。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 2日目(8)リールの郷土料理のレストラン。 | トップページ | 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 3日目(2)リールで道に迷う。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
リールやアラス、私も2~3年前に行ったことがあり、懐かしく思い出しつつ読ませて頂いてます。
シコレコーヒー、私も大好きです!!
10年ちょっとまえにパリに行ったときに、知り合いが「ちょっとクセがあるけど…」といれてくれて、(ネスレのRICOREだったので、シコレ100%ではなく、インスタントコーヒーとが混ざったものだったのですが)、その時からとりこになって、いつもパリに行くときは買って帰っていて、今年もパリから持ち帰りました。
日本でも数年前から、インスタントのシコレが売られていて、それも毎日愛飲していますよ。
(成城石井で売られてる、ルルーの黄色い蓋のものです)

ブログに書かれていた、液体タイプのシコレは初めて見ました。
鐘楼の絵がいい感じですね。
続きの旅行記も、楽しみにしています♪

いつも楽しく拝見しています。
旅行に行く際など、とても参考になります。

私はフランス語を習っているのですが、ちょうど今日の授業で、ブルゴーニュ出身の先生(52歳)が、子供の頃朝食にショコラ・ショーを飲むと気持ち悪くなるので、シコレを飲んでいた、カフェインがないからね、と言っていました。

また、もう一人の先生はリール出身です。ベルギーとの国境、くらいしかイメージはなかったのですが、ぜひ一度訪れてみたいと思います。

KAYO*chocolatさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。今まで、シコレコーヒーのことには気がついていなかったのに、リールで自分用のお土産として買ってきたシコレコーヒー、すっかりお気に入りです。次回からパリで探してみたいと思います。そして、成城石井でも扱っている情報、ありがとうございます。今度探してみます!

ポリンキーさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。いいですねぇ。フランス語を習われているのですね。私もフランス語がちゃんとできずに、もうちょっとコミュニケーションができたら楽しい気がするので、いつかは習いに行きたいと思っています。シコレコーヒー、フランス人にとっては当たり前ですが、普通なんですね。

オー・ド・フランス地方は、実際に旅行してみる前は、ガイドブックにもほとんど掲載されていないので、何があるんだろう?と感じていて、フランス地方パッチワークの旅でも後回しになっていましたが、行ってみたら楽しい地方でした。ぜひ、フランス北部、オー・ド・フランス地方の旅をお勧めします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/66944306

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 3日目(1)シコレ(チコリ)コーヒー“Chicorée”を探しにリールのカルフールへ。:

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 2日目(8)リールの郷土料理のレストラン。 | トップページ | 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅 3日目(2)リールで道に迷う。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ