2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(5)ダンケルクでお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(7)リールでメール“Méert”のゴーフル “Gaufre”を。そして、夕食はやっぱり牛肉のビール煮「カルボナード」。 »

2018年6月14日 (木)

初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(6)ダンケルクからリールへ向かう。

17lil0701
レストラン“L'Auberge de Jules”では、なかなか美味しいお昼ごはんを楽しんだあとは、リールに戻ることにする。そもそも「地球の歩き方」にも掲載がないダンケルクでは、必須観光スポットもわからないので、そもそも偶然の発見を期待していることもあり、下調べも弱いのでこれ以上のスポットが見つけられない。あとから考えれば、「ダンケルクの戦い」や「ダイナモ作戦」をテーマにした美術館“Musée Dunkerque 1940”は見ておくべきだったかなぁ?と思うけど。

17lil0702
海洋博物館にも入らずに通過。これが雨だったりすると博物館に入ったりもするんだけど。

17lil0703

基本的には私は美術館や博物館よりも、街並みを見ながら歩く方が好き。
17lil0704
すでに、つい先ほども見つけているけれど、互い違いに駐車しているプジョー208と206を逆方向から。

17lil0705
建物の柱が面白い。近代的な建物だけど、どのように作られているんだろう?

17lil0706

港に面して大きなショッピングセンターがあるのが見えるけど、今日は買い物の気分ではないので立ち寄らなくてもいいかなぁ。

17lil0707
旧市街の市庁舎前に戻ってくる。もう一度見ても、雰囲気がフランスらしくない。フランスにもこういう風景があったんだなぁ。

17lil0708
空爆によりドームが崩壊した聖エリギウス教会“Église Saint-Éloi”(聖エロワ教会)は、よく見ると爆撃から残されたファサード部分だけは石の色が違う。

17lil0709
旧市街を歩いてみるけれど、おそらくナチスドイツ軍との戦闘で焼け野原になった影響か歴史的な建物はあまりない。

17lil0710
秋の八百屋さんでは、リンゴや洋ナシが整然と並べられている。

17lil0711
この八百屋さんは、整然と並べてディスプレイされている。ハロウィンの習慣はフランスでもあるのかなぁ?かぼちゃの切り売りには、なぜか空洞部分にパセリ?が入れられている。

17lil0712
フランス語ではエンダイブ“endive”が売られている。たぶん、この地域でなくとも売られているけれど、ベルギーでグラタンにするシコン“chicon”。「チコリ」と言った方がわかりやすいかなぁ?

17lil0713
今回のフランス旅行で初めての試み。現地でデータ通信用のSIMを購入して、モバイルルーターを使って、常時iPhoneをネットにつなげてみることにする。

17lil0714
プリペイドのデータ通信用のシムが欲しいと伝えると、手続きをしてくれる。手続き自体は簡単だけど、APNのコードを知らないと通信できないので要注意。

17lil0715
雨が降ってきたので、リールに撤退することにする。ダンケルク駅に向かう。

17lil0716
まだ30分くらい時間があるけれど、15:08発のリール・フランドル“Lille Flandres”駅行きのTERに乗ることにする。パリ北駅行きはTGVと表示されているけれど、リールまでだったら行きと同様にTER扱いなのだろう。

17lil0717
TER専用の自動券売機で切符を購入する。

17lil0718
料金は15.7ユーロ。行きと同じ価格なので、それならTGV車両で高速鉄道線を通るリール・ユーロップ“Lille Europe”駅の方がお得感があるかもしれないなぁ。でも、次のリール・ユーロップ“Lille Europe”駅行きは15:56発のパリ北駅行きの列車なので、在来線経由でも15:08発のリール・フランドル駅“Lille Flandres”駅行きに乗った方が早く着くだろう。

17lil0719
発着番線が6番線と表示されたので6番ホームに線路をまたいで向かう。

17lil0720
リール・フランドル“Lille Flandres”駅行きのTERは在来線経由なので途中の停車駅が多い。途中の“Hazebrouck”なんて、フランス語ぽくない街の名前だけど、どんな町なのだろう?だいぶ雨が強くなって来たので、ダンケルク観光を終えてリールに向かうには良いタイミング。

17lil0721
車両はTGVではなく見慣れたTERの車両。

17lil0722
2階席に上がる。乗客はまばらにいる程度。

17lil0723
列車が停車すると街の中心には鐘楼が見える。小さな街の鐘楼巡りも面白いかもしれないなぁ。フランス北部オー・ド・フランス地方“Hauts-de-France”のフランスだけどフランスではないような風景にすっかり魅了されている。

17lil0724
列車は高速鉄道線経由であれば30分程度なのに2倍の1時間をかけて16:15過ぎに終点であるリール・フランドル“Lille Flandres”駅に到着する。

17lil0725
駅の横にある出口から外に出る。よかった、リールは雨が降っていないみたい。

17lil0726
駅前がショッピングセンター“Euralille”になっており、中には大型スーパーであるカルフールも入っている。

17lil0727
Booking.comで予約した大型ショッピングセンター“Euralille”の一角にある大型ホテルHotel Lille Europeにチェックイン。

Hotel Lille Europe
https://www.hotel-lille-europe.com

17lil0728
近代的なホテルで設備は充実しており、部屋も広め。

17lil0729
私の泊まるホテルにしては珍しく、冷蔵庫がありミニバーになっている。冷蔵庫があるだけで高級感を感じてしまう。

17lil0730
しかも、バスタブつき。2泊で117.3ユーロなので、1泊あたり60ユーロもしないのに、けっこういいホテルだったのかも。

17lil0731
出発前に日本のAmazonで購入したHUAWEIのモバイルルータも順調にOrange Franceの電波をつかんでおり、今回のフランス旅行は初めての常時ネット環境あり。きっと、私はいままでお金がもったいないから無料wifiだけを使用する旅行スタイルだっただけで、最近の旅行者は日本でモバイルルータを借りる人も多いので、すでに当たり前の旅行スタイルなのかもしれないけれど。私にとって最大のメリットは、これで今回のフランス北部オー・ド・フランス地方“Hauts-de-France”の旅ではGoogle Mapを使えるので道に迷うことはないかもしれないなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(5)ダンケルクでお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(7)リールでメール“Méert”のゴーフル “Gaufre”を。そして、夕食はやっぱり牛肉のビール煮「カルボナード」。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/66812648

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(6)ダンケルクからリールへ向かう。:

« 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(5)ダンケルクでお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス北部、オー・ド・フランス地方ひとり旅1日目(7)リールでメール“Méert”のゴーフル “Gaufre”を。そして、夕食はやっぱり牛肉のビール煮「カルボナード」。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ