2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 神保町岩波ホールで“Le Jeune Karl Marx”「マルクス・エンゲルス」。 | トップページ | 福岡ヤフオクドームへ埼玉西武ライオンズ応援の旅 2日目(3)福岡旅行の最後のとどめは「牧のうどん」のごぼう天うどん、やわ。 »

2018年5月11日 (金)

福岡ヤフオクドームへ埼玉西武ライオンズ応援の旅 2日目(2)イカ丸に乗って七ツ釜へ。そして呼子のイカの踊り食い。

17hkt0601
日本三大呼子朝市と書かれた看板を見つけ、三大朝市とはどこだろう?と考えてみるけど特定できない。私が訪れたことのある朝市では、飛騨高山の朝市は規模が大きいけれど、あとはどこだろう?私は訪れたことがないけれど、朝市として有名なのは能登の輪島かなぁ?

17hkt0602
確かに通りの両側におばあさんがお店を広げているけれど、飛騨高山の朝市と比べてしまうとのどかな感じ。呼子が三大朝市のひとつなのかなぁ?でも、実は私は商業的に大規模なお店よりも、このような、おばあさんが一人でやっているような零細なお店から買うのが好きだったりする。

17hkt0603
リヤカーがお店になっている。このあたりは干物のお店。

17hkt0604
みりん干しって好きで、網で売られていると買ってしまうことが多い。

17hkt0605
呼子といえばイカだけど、このお店は大量生産しすぎている。しかも、売約済みや注文分などとその場で買えないことでプレミアム感を出している。私が買わなくても売れているんだろうから、このようなお店では私は買わない。

17hkt0606
朝釣りの魚が売られている。品数もこれしかおかれていないので、漁師が本当に釣ってきたんだろうなぁ。でも、流石にこれは持って帰れない。

17hkt0607
イカが新鮮で美味しそう。

17hkt0608
安いのか高いのかはよくわからないけれど、おばあちゃんからやりいか1パック1000円を購入。東京まで帰ると言ったら保冷剤をつけてくれるという。その保冷剤はペットボトルに水を入れて凍らせたもの。そして保冷バックにはDAISOと書かれている。

17hkt0609
平日の呼子朝市はお客さんも多くなく、ゆったりと見ることができて楽しかった。三大朝市の一つかどうかはよくわからないけれど、十分に楽しめる。でも、マルシェ好きの私としては、残る能登、輪島の朝市に行ってみたくなってしまう。

17hkt0610
観光案内所でマリンパル呼子から海中展望船の「ジーラ」と七ツ釜遊覧船の「イカ丸」の2つのコースで遊覧船が出ていることを教わる。観光案内所の人にどちらが面白いかを聞いたところ、「大人だったら」という条件つきなら七ツ釜の方が面白いとのことで、それに時間的に次に出発するのは「イカ丸」なので、イカ丸に乗ることにする。

17hkt0611
出発まで時間があるのでマリンパル呼子の周辺を歩く。生活感があって好き。売り物ではなく、サバと一緒に干してある葉っぱはなんだろう?

17hkt0612
10:30の出船時刻が近づいてきたのでマリンパル呼子に向かう。

17hkt0613
「イカ丸」が桟橋につけられている。

17hkt0614
ガラガラだと思っていたら、団体観光客がいたみたいで、けっこう混んでいる。

17hkt0615
昨日は海が時化て出港できなかったのだという。確かに福岡に到着したときには雨が降っていた。今日は快晴で海も穏やかだという。

17hkt0616
遊覧船に乗るのは2016年のコルシカ島のスカンドラ観光以来かなぁ。

17hkt0617
このあたりの岩は玄武岩の柱状節理。確か、コルシカ島のスカンドラも柱状節理の岩だった気がする。思ってもみないところでコルシカ島との共通点を見つける。

17hkt0618
七ツ釜は玄武岩の断崖絶壁に7つのカマドを並べたように穴が開いている。まぁ、「七ツ釜」の名前の通りだけど。

17hkt0619
この遊覧船「イカ丸」のすごいところは、そのカマドの中に入ってしまうこと。デッキに出て、間近に柱状節理の岩を観察できる。

17hkt0620
七ツ釜を出発し、呼子港へ向かう。観光案内所でオススメされた通り「イカ丸」でよかったかもしれないなぁ。コルシカ島で見たような柱状節理の岩はおもしろかった。

17hkt0621
鷹島が見える。もう一つのコースの「ジーラ」は、海中展望船になっており、鷹島周辺で魚が泳ぐ様子を見ることができる。

17hkt0622
呼子大橋が見える。やっぱり、レンタカーが欲しかったかも。次に呼子に来ることがあったら、その時は丸一日スケジュールを空けてゆっくりと周遊すればいい。私は見逃したところはまた来ればいいと思うようにしている。きっと神様がもう一度ここに来なさいと言っているに違いない。

17hkt0623
所要時間40分でマリンパル呼子に戻る。遊覧船は長すぎても船酔いするかもしれないし、このくらいの時間で十分楽しかった。コルシカ島でも興味を持った「柱状節理」の奇岩を私は好きなのかもしれないなぁ。

17hkt0624
「イカ丸」は離れた場所から見た方が「イカ丸」っぽい。

17hkt0625
時刻は11時20分くらい。今朝は早起きして朝ごはんも早めに食べたので、お昼ごはんを食べてしまうことにする。今日、呼子に来たのは、ここでお昼ごはんにイカを食べることが最大の目的だったので、メインイベントとなる。

17hkt0626
いくつかお店があるけれど、わりと大きな「いか本家」というお店に入ってみることにする。

17hkt0627
深津絵里と妻夫木聡の映画「悪人」のロケ地ですと言われても、その映画がどんな映画かどうか私は知らない。本日のおすすめメニューはサザエの刺身が通常1500円が1000円とお得になっている。

17hkt0628
2階に上がる階段にはロケの様子の写真が貼られているけれど、映画を見ていないのでさっぱりわからない。「悪人」ってどんな映画なんだろう?

17hkt0629
さすがにお昼前、さらには11時半前なのでお店は空いている。それでも、すでに私より早く食事をしているグループが3組ほどいる。

17hkt0630
ここで食べたかったものは「いか活造り」。わざわざイカを食べるために今回は呼子にきたようなもの。おひとり様でも注文できる「いか活造り定食」2500円を注文する。このメニューの写真をみる限り、そんなに量は多くなさそう。

17hkt0631
突き出しを食べながら料理が運ばれて来るのを待つ。この「いか本家」はオペレーションがゆったりめなので、のんびりと待つこと。確かに、注文を受けてからイカを活け造りにするので手間がかかるのだろう。逆にいえば、急いでいる時には来ない方がいい。

17hkt0632
「いか本家」からは海がよく見える。「イカ丸」が七ツ釜に向けて出港。

17hkt0633
そして、「いかの活造り」が運ばれて来る。ゲソはハサミで切って踊り食いを楽しめる。

17hkt0634
踊り食いのイカのゲソは刺身醤油の中で動き回っている。九州なので刺身醤油はたまり醤油で少し甘い。

17hkt0635
2,500円の定食はメニューの写真を見る限り、そんなに多くない感じがしたので、追加メニューとして本日のおすすめメニューであるサザエの刺身1,500円→1,000円を追加発注。ちょっとだけでいいのに、サザエ2個分の刺身が来てしまう。うーん、量が多い。ある意味ではお得なんだけど、こういう時におひとり様は辛い。一緒に食べる「連れ」がいればなぁ。

17hkt0636
とてもいいことなんだけれど、メニューの写真よりもおかずが絶対に多い。どう見ても1人で戦うにはきびしい量。こんなに量が多いならサザエの刺身を頼まなければよかったかも。こういう時にサザエを一緒に楽しめる「連れ」がいればなぁ。でも、さすがに呼子までわざわざ来ただけあって、イカの活造りは美味しくて大満足。そして、サブメニューとして注文したサザエも美味しい。バス旅のいいところは、ビールが飲めてしまうこと。

17hkt0637
イカのゲソは途中から天ぷらにしてもらう。平日は塩焼きにもできるという。わざわざ呼子に来て、いかの活造りを堪能して、幸せな気分。一人ではなく、この美味しさを共感できる人と一緒に食べられたらもっと幸せだろうなぁ。感動したときに隣に共感できる人がいない一人旅はたまにさみしさを感じることがある。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 神保町岩波ホールで“Le Jeune Karl Marx”「マルクス・エンゲルス」。 | トップページ | 福岡ヤフオクドームへ埼玉西武ライオンズ応援の旅 2日目(3)福岡旅行の最後のとどめは「牧のうどん」のごぼう天うどん、やわ。 »

九州」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/66663900

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡ヤフオクドームへ埼玉西武ライオンズ応援の旅 2日目(2)イカ丸に乗って七ツ釜へ。そして呼子のイカの踊り食い。:

« 神保町岩波ホールで“Le Jeune Karl Marx”「マルクス・エンゲルス」。 | トップページ | 福岡ヤフオクドームへ埼玉西武ライオンズ応援の旅 2日目(3)福岡旅行の最後のとどめは「牧のうどん」のごぼう天うどん、やわ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ