2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 今回のイスラエル旅行のカメラはNikon D7200を導入。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(3)エゲッドバス(路線バス)に乗ってイスラエルの死海リゾート、エン・ボケックへ。エン・ボケックのパブリックビーチでの死海浮遊はなんと無料! »

2018年1月 1日 (月)

初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(2)エゲッドバス(路線バス)で死海を目指して、まずはエルサレム・セントラル・バス・ステーションへ。

Bonne Année !
Jrs1301
今日のスケジュールは、死海へエゲッドバス(路線バス)を利用して日帰り観光に行ってみることにする。金曜日であれば、夕方までは路線バスが通常通り走っているので、死海で丸一日過ごすことは難しくてゆっくりはできないけど、その日のうちにエルサレムに戻ってくることができる。土曜日だと朝から夕方までシャバット(安息日)のためにエゲッドバスは運休となるので、日帰りツアーを使用するしかない。割安に路線バスで行くなら今日しかない。

Jrs1302
やっぱり、このリング状の黄色いパンはマルタで似たようなものを見たような気がする。マルタ騎士団も、元々はヨハネ騎士団としてイスラエルで活動していたので、つながりがあるのかなぁ?途中にあるキプロス、このパンには気がつかなったなぁ。

Jrs1303
まずは、エルサレムのバスターミナルであるセントラルバスステーションに向かう。セントラルバスステーションは、エルサレム新市街にあるため、ダマスカス門からはトラムに乗って向かう。

Jrs1304
ベツレヘム行きのアラブバス乗り場。明日、土曜日はユダヤ教系の公共交通機関はシャバットのために運休していまいい動画できないので、明日はここからイエス・キリストが生まれた地である生誕教会を目指してベツレヘムに行こうと思っている。

Jrs1305
ダマスカス門のトラム乗り場に到着。

Jrs1306
切符は自動券売機で購入する。

Jrs1307
画面は英語に切り替えできるので、切符の購入は簡単。

Jrs1308
セントラルステーション方面に向かうトラムが近づいてきた。

Jrs1309
トラムに乗車した後はヨーロッパのバスやトラムと同様に刻印機で刻印する。ICカードにも対応しており、タッチする。

Jrs1310
2017年7月14日、6:55と日付と時刻が刻印される。そういえば、今日は“14 Juillet”だったんだなぁ。日程がわかった時に、いつものようにフランスに行くことも考えたんだけど、象徴的な日というのは危険であり、前年の2016年7月14日には、ニースでテロ事件が発生している。そのために、フランスは避けてディスティネーションを選んで、イスラエルに決めた経緯がある。まぁ、イスラエルがフランスよりも安全かというと微妙なところだけど。

Jrs1311
トラムはヨーロッパで乗るような近代的な車両。

Jrs1312
セントラルステーション駅で降りる。

Jrs1313
トラムの停留所の名称はセントラルステーション。現在、テルアビブからベン・グリオン空港を通って、エルサレムまで鉄道が建設中だけど、おそらくエルサレム駅はこのあたりに作られるのだろう。テルアビブからベン・グリオン空港とエルサレムを結ぶ鉄道があれば、もっとイスラエル旅行は便利になる。

Jrs1314
エルサレムのバスターミナル、セントラルバスステーションは大きなビル。残念ながら、大きな時計は遅れているみたい。エルサレム新市街は、普通に近代的なビルが立ち並ぶ。

Jrs1315
セントラルステーションの入口にはセキュリティチェックがあり、手荷物検査の機械もおいてあるけど、話しかけることも検査を受けることなく素通りでパス。私だけでなく、セキュリティチェックで引っかかっている人はいない。大きい荷物を持っていると引っかかるのかなぁ?セントラルステーションの1階部分はショッピングセンターになっている。

Jrs1316
人の流れに従って、エスカレータに乗って3階に向かう。エゲッドバスのマークと、バスのマークを目指して進めば迷うことはない。

Jrs1317
切符売り場でエン・ボケック行きのチケットを購入。料金は37.5シュケルで、8時出発の486番バスで、乗り場は4番乗り場と親切に教えてくれる。

Jrs1318
出発までだいぶ時間があるけれど、4番バス乗り場を確認。エン・ボケックまでの所要時間は1時間40分くらい。

Jrs1319
シャバットに入る金曜日の486番エン・ボケック行きは、8:00と9:00、11:00と最終は13:00と本数が少ない。「地球の歩き方イスラエル2015〜2016」の巻末に掲載されている時刻から変わっていない。ちなみに金曜日の帰りのバスは12:03と13:33のバスに乗らないと金曜日はエルサレムに戻れなくなる。日曜日から木曜日であれば、夕方までエン・ボケックに滞在できる。

Jrs1320
8:00のバスに乗ろうと思って、ハシミホテルは朝食つきだったのに、ホテルで朝食を取らずに出てきてしまった。1階にあるパン屋さんで朝ごはんを食べる場所を探す。ふと、パン屋さんが気になる。

Jrs1321
カフェのようなお店もあったけれど、パンと飲み物を買ってベンチに座って食べればいい。

Jrs1322
3階にあるバス乗り場へ。ベンチがあるので、座る場所がある。

Jrs1323
小さなパイのようなパンが気になって、買ってみる。

Jrs1324
中身はジャガイモのようなもので甘くない。

Jrs1325
別の種類のパン。

Jrs1326
同じような中身でやはり甘くない。形は違うけれど、パンの種類によってどう違うのかがわからない。実はもう1つ別のパンもあったんだけど、中身は似たようなもの。違いがあるのかなぁ?

Jrs1327
バスの出発時間が近づいてくると乗客が集まってくる。私のように日帰りで死海のビーチに行こうと考える人はいるようで、軽装で荷物が少ない人がいる。

Jrs1328
確かに路線バスで片道1時間40分で行けるんだから、エルサレムから死海にあるエン・ボケックのパブリックビーチには簡単に行ける。以前から、死ぬまでには一度でいいから死海で浮いてみたいと考えていたんだけど、死海というとヨルダン側のイメージが強くて、イスラエル側からだとこんなに簡単に行けるとは思っていなかった。

Jrs1329
公共交通機関としてエゲッドバスには時刻表があり、セントラルステーションには時刻通りバスが来ており、正確に運行されている。時刻表があるということは、旅行者にとっては時間の計算ができるので旅行しやすい。もしかして、イスラエルって、旅行しやすい国なんじゃないかなぁ?

Jrs1330
ふと、バスの乗客が天井にコードを刺しているのに気がつく。

Jrs1331
天井にUSBの端子があるので、充電が可能。

Jrs1332
バスはセントラルバスステーションを出発し、エン・ボケックへと向かい始める。エルサレム新市街は近代的なアパートが並ぶ。

Jrs1333
エルサレム市街を出ると、荒涼とした風景に変わってくる。バスは岩山の中を整備された道路を死海に向けて走ってゆく。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 今回のイスラエル旅行のカメラはNikon D7200を導入。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(3)エゲッドバス(路線バス)に乗ってイスラエルの死海リゾート、エン・ボケックへ。エン・ボケックのパブリックビーチでの死海浮遊はなんと無料! »

イスラエル」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとう。ブログはちょくちょく見ています。写真が綺麗だね。
そのうち会いましょう。

もといさん

今回の写真はNikon D7200。やはりデジタル一番レフは表現力が違います。でも、かさばるので旅行用カメラとしては毎回は持って行けません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/66213166

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(2)エゲッドバス(路線バス)で死海を目指して、まずはエルサレム・セントラル・バス・ステーションへ。:

« 今回のイスラエル旅行のカメラはNikon D7200を導入。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 3日目(3)エゲッドバス(路線バス)に乗ってイスラエルの死海リゾート、エン・ボケックへ。エン・ボケックのパブリックビーチでの死海浮遊はなんと無料! »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ