2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 偏見につながる「全体化」をニュースから考える。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(7)エルサレム、ダビデの塔からダビデ王の墓、そして鶏鳴教会へ。 »

2017年12月14日 (木)

初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(6)エルサレム旧市街の「ファミレス」でお昼ごはん。

Jrs0801
途中の両替所で米ドルを調達して、アラブのスークを通り、ハシミホテルを目指す。ハシミホテルは、クレジットカードが使用できずドル建て現金のみであることを出発前に確認しておけばよかった。

Jrs0802
エルサレム旧市街の道は、そんなに複雑ではないので迷子にならずに一発でホテルの看板のある場所に到着。前払いで宿泊料金を支払いチェックイン。

HASHIMI HOTEL
http://www.hashimihotel.com/hotel-overview

Jrs0803
エレベータは完備されている。

Jrs0804
部屋に入るとツインの部屋でベッドが並んでいる。

Jrs0805
バスタブはなくシャワーのみ。きちんとお湯は出るし、私には十分な設備。

Jrs0806
窓からは今歩いてきたスーク。そして、ダマスカス門方面の風景が見える。

Jrs0807
エルサレムについてから初めての食事は、ホテルのすぐ隣にあるその名も「ファミレス」“Family Rest.”に入ってみることにする。

Jrs0808
「ファミレス」の中に入ってみると、奥行きがあって広い。

Jrs0809
アラブ系の食事を出すレストランなので、シュワルマを注文する。

Jrs0810
飲み物はレモンとミントのジュース。レモンは生搾りのもので、香りが良くて、乾いた喉には最高に美味しい。

Jrs0811
パンが運ばれてくる。ピタパン。

Jrs0812
サラダを注文するとおまけなのか小さなお皿も含めて3種類運ばれてくる。このサラダも中近東スタイル。

Jrs0813
メインのシュワルマが運ばれてきて、全ての料理が揃う。「ファミレス」はどう見てもアラブ系の食堂だから、これらがイスラエル料理なのかはよくわからない。でも、食文化というのは地域性があるはずなので、イスラエルで普通に食べられているものであることは間違いない。

Jrs0814
シュワルマは、トルコなどでも食べられるけれど、ジューシーで間違いなく美味しい。

Jrs0815
ピタサンドにして食べる。きちんとレストランで頼むとけっこう量が多いし、それなりのお値段ので、テイクアウトのピタサンドだけでも十分かもしれないなぁ。

Jrs0816
お昼ごはんを食べたあとは、ダビデの塔に行ってみることにする。エルサレム旧市街は、道路がまっすぐに走っているので、わりと地図通りに歩けることがわかったので、まだ知らない道を歩いてみることにする。この冒険心が時に迷子になる原因だとはわかっているんだけど。

Jrs0817
この辺りは、地図で見るとキリスト教徒地区と呼ばれるあたりだけど、特徴的な感じはない。アクセサリー屋さん。

Jrs0818
このお店は陶器のお店。

Jrs0819
イスラエルらしいモザイク画が描かれたお皿もある。ちょっとイスラエルぽくて、いいかも。私の旅は行き当たりばったり。興味を持つと立ち止まってしまうので、まっすぐには進まない。エルサレム旧市街では、特別な警戒心を持つこともなく、私のいつものスタイルで町歩きができている。

Jrs0820
道幅が広くなり、ダマスカス門からハシミホテルまでの通りのような、アラブのスーク特有のごちゃっとした感じがない。

Jrs0821
前に見えるのが「新門」“New Gate”は乗用車の行き来ができるようで、旧市街の中にもプジョー206が駐車している。

Jrs0822
新門はマイナーな門なのか、特に警察官がいるわけではなく、普通に城壁外に出ることができる。

Jrs0823
城壁外から見た新門。

Jrs0824
ここからダビデの塔まで城壁沿いに城塞都市エルサレムの外周を歩いてみることにする。

Jrs0825
奥に見えるのがダビデの塔。名称こそダビデの塔“Tower if David”だけど、いわゆる外敵から街を防御する要塞。イスラエル旧市街の西側は土地が低くなっており、城塞都市エルサレムは丘の上に作られている。

Jrs0826
城塞都市エルサレムにある門のうちの一つのヤッフォ門から再びエルサレム旧市街に入る。ヤッフォ門も車両の出入りが可能になっている。

Jrs0827
門の前では、パンが売られている。奥においてある黄色いパン、どこかで見たことがある。そう、マルタで売られていたお菓子のような形をしている。マルタ騎士団はもともとヨハネ騎士団であり、その発端はエルサレムなので関係がないのかもしれないけれど、つながっているのかもしれないなぁ。

Jrs0828
ヤッフォ門から旧市街に入る。ホテルを探している時にハシミホテルと、このニューインペリアルホテルと最後まで迷っていた。ごちゃっとしたスークの中にあるハシミホテルよりもヨーロッパの建物の雰囲気。スーツケース旅行にはヤッフォ門のすぐそばだし、こちらの方が便利だったかもしれないなぁ。

Jrs0829
エルサレム旧市街って面白い。道幅も広く、ダマスカス門周辺のいかにもアラブのスークといった雰囲気とは異なる。私はごちゃっとしたダマスカス門周辺の雰囲気も好きだけど。最終的にハシミホテルを選択した理由は、アラブの雰囲気が好きだったことと、Booking.comのホテルの紹介ページで見た屋上からの風景写真。

Jrs0830
ダビデの塔に入場してみることにする。ダビデの塔の前には空堀があり、やはり完全に要塞。

Jrs0831
入口で入場料を払って、まずはファサエルの塔に上がる。

Jrs0832
私はヨーロッパに行くと塔に登るんだけど、ひたすら階段なので途中で後悔することがある。このファサエルの塔は入口からそんなに登らない場所にある。ファサエルの塔の上にはイスラエルの国旗がはためいている。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 偏見につながる「全体化」をニュースから考える。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(7)エルサレム、ダビデの塔からダビデ王の墓、そして鶏鳴教会へ。 »

イスラエル」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/66137148

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(6)エルサレム旧市街の「ファミレス」でお昼ごはん。:

« 偏見につながる「全体化」をニュースから考える。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(7)エルサレム、ダビデの塔からダビデ王の墓、そして鶏鳴教会へ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ