2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(1)キャセイパシフィック航空でテルアビブへ。そして、テルアビブ・ベン・グリオン空港で緊張のイスラエル入国審査へ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(3)エルサレム、イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサを歩く。 »

2017年11月29日 (水)

初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(2)テルアビブ・ベン・グリオン空港から乗合路線タクシー「シェルート」に乗ってエルサレムへ。

Jrs0401
テルアビブ・ベン・グリオン空港からエルサレムに向かうことにする。テルアビブ・ベン・グリオン空港には鉄道路線もあるが、30分に1本、テルアビブ市街に行くことができるが、エルサレム方面は現在建設中。近い将来、鉄道でエルサレムまで行ける日も来るかもしれない。

Jrs0402
そのほかの方法はタクシーか「シェルート」と呼ばれる乗合路線タクシー。表示ではシャトルサービスとなっている。タクシーの客引きがいるかと思っていたら、寄ってくる人もいない。

Jrs0403
シャトルサービスの案内表示に従い、シェルート乗り場を探す。

Jrs0404
たぶん、この周辺がエルサレム行きのシェルート乗り場。黄色いワゴンタクシーがおそらく乗合路線タクシー「シェルート」。しかし、閑散としており、ここでいいのかなぁ?と思ってしまう雰囲気。

Jrs0405
私の予想では、客引きのおっさんがいて、半ば強引に案内されるつもりでいたのに、実際は閑散とした雰囲気。強引すぎても困ってしまうけれど、私の考えは本当に都合のいいもので、まったく客引きがいないと困ってしまう。

Jrs0406
運転手とみられる人の前を通っても声をかけられない。でも、この周辺であっているみたいで、料金表がある。値段交渉制ではなく、安心の明朗会計になっていて、エルサレムセントラルステーションまでは38シュケル。ホテルまでは64シュケル。

Jrs0407
黄色いワゴンタクシーにはすでに乗車している人がいることに気がつく。こちらから運転手に声をかけるとエルサレム行きだという。旧市街のホテル名を伝えると、ダマスカス門まで連れて行ってくれることを確認し、スーツケースを積み、すでに先客のいるワゴンタクシーに乗る。

Jrs0408
ワゴンタクシーに乗り、乗客が集まるのを待つ。乗客が集まるまでシェルートは出発しない様子。早く乗客を集めるために、もっと、運転手が積極的に声をかければいいのに。

Jrs0409
ようやく乗客が集まり、ワゴンタクシーはテルアビブ・ベン・グリオン空港を出発。

Jrs0410
イスラエルという国は未知の国で、私の頭の中にあるイスラエルのイメージは「偏見」や「思い込み」に支配されていることに気がつく。シェルートから見るイスラエルの風景は作物が栽培されている。私はもっと草木も生えておらず、土色をした岩だらけの荒地のような風景を想像していた。

Jrs0411
今回、イスラエルに来てよかったかもしれない。実際に来て、自分の目で見て、自分の肌で感じなければ、イスラエルの地は、「偏見」や「思い込み」によって荒廃した土色の風景を想像し続けていただろうなぁ。一面に作物が植えられている。

Jrs0412
この背の高い作物はとうもろこしかなぁ?地平線まで畑が広がっている。

Jrs0413
ちゃんと森もある。どんなにインターネットで情報を得られるようになっていても、やっぱり「まだ知らないどこか」は、実際に自分で行って、自分の目で見て、耳で聞き、肌で感じなければわからない。勝手に作物も育たないような荒地を想像していた自分が恥ずかしい。

Jrs0414
イスラエル市街に入る。イスラエル新市街のホテルを巡り、乗客を降ろしながら進む。イスラエルの新市街は、ヨーロッパの街を感じさせる雰囲気。

Jrs0415
黒い衣服で身を包み、帽子をかぶった正統派ユダヤ教の人がバスを待っている。真夏である7月にこの服装は暑くないのかなぁ?

Jrs0416
イスラエル旧市街の城壁が見えてきた。イスラエル旧市街は、私の大好きな城壁で囲まれた城塞都市。

Jrs0417
ダマスカス門のそばで乗合路線タクシー「シェルート」を降りる。料金はテルアビブ・ベン・グリオン空港に掲示されていた通りの明朗会計。

Jrs0418
今回は城壁内のホテルを予約しているので、ダマスカス門から旧市街の中に入れば、ホテルに辿り着くはず。ダマスカス門の前はロータリー交差点になっている。

Jrs0419
ダマスカス門周辺はアラブ色が強い感じ。エルサレムって想像通り、ユダヤ教とキリスト教とイスラム教の聖地であり、文化が入り混じった街であることを感じる。私が好きなのは異文化が混じり合う文化の交差点。

Jrs0420
その意味でエルサレムは異文化の混じり合う究極の地。だからこそ、自分の目で見て、喧騒を聞き、ずっとこの地を五感で感じてみたかった。

Jrs0421
ダマスカス門周辺はごちゃっとした感じがアラブの雰囲気そのもの。

Jrs0422
パンが売られている。イスラエルというとベーグルというイメージだけど、日常的に食べられているパンは違うのかなぁ?それともこの周辺がアラブの街なので、アラブ文化のパンなのかなぁ?街を歩いている女性はアラブの服装。

Jrs0423
ダマスカス門に向かう。ダマスカス門周辺は混沌とした街のようだけど、ちゃんと歩行者用の信号機も整備されている。そしてダマスカス門周辺はアラブの服装の女性が多い。

Jrs0424
城塞都市エルサレムを守る立派なダマスカス門。名前の通り、シリアのダマスカスへ通じる街道につながっているんだろうなぁ。

Jrs0425
ダマスカス門の手前には軍服を着て銃を持ったイスラエルの治安部隊が常駐している。だけど、雰囲気的には緊張を感じるわけではない。

Jrs0426
ダマスカス門を一歩入ると、そこはアラブのスーク。ごちゃっとしたアラブのスークの雰囲気って大好き。生活を感じるスークを見ると、エルサレムって、実際はユダヤ文化とアラブ文化と絶妙のバランスで共存できているんじゃないかなぁ。

Jrs0427
街並みはアラブ文化だけど、強引な客引きなどの寄ってくる怪しげな人がいないので歩きやすい。

Jrs0428
迷路のような入り組んだ路地。そして路地の狭さ。まさに私の大好きなアラブのスーク。だけど、人通りが少なくて歩きやすい。もしかして、アラブのスークの雰囲気を安全に楽しむには、エルサレムって便利なのかもしれない。

Jrs0429
観光客目当てのお店かと思って歩いてみると旧市街の中にもお肉屋さんがあったり、生活に密着したお店があるのがいい。全くの観光地ではなく、旧市街で生活している人がいるということ。

Jrs0430
だけど、心配だったのは迷路のような細り路地を歩いて旧市街のホテルにたどり着けるかどうか。

Jrs0431
よかった、無事にアラブのスークにある今回のホテル、ハシミホテル“HASHIMI HOTEL&HOSTEL”の看板を発見する。さっそく、ホテルに入ってスーツケースを置いて、いよいよエルサレム旧市街の町歩きを始めてみることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(1)キャセイパシフィック航空でテルアビブへ。そして、テルアビブ・ベン・グリオン空港で緊張のイスラエル入国審査へ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(3)エルサレム、イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサを歩く。 »

イスラエル」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/66100516

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(2)テルアビブ・ベン・グリオン空港から乗合路線タクシー「シェルート」に乗ってエルサレムへ。:

« 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(1)キャセイパシフィック航空でテルアビブへ。そして、テルアビブ・ベン・グリオン空港で緊張のイスラエル入国審査へ。 | トップページ | 初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 2日目(3)エルサレム、イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサを歩く。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ