2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 【速報版】初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 ベングリオン空港からエルサレム間の移動は、わずか16シュケルの485番路線バスがある。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 4日目(1)クレルモン・フェランから特急列車に乗ってパリへ。 »

2017年7月24日 (月)

初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(7)クレルモン・フェランで夕ごはん。

Cfe2201
ラヴァンチュール・ミシュラン“L’aventure Michelin”を出て、トラムの停留所に向かう。サッカースタジアム“Stade M.Michelin”の前に出る。

Cfe2202
クレルモン・フェランを拠点としたサッカーチームASMのブティックがある。

Cfe2203
ここでも私の悪い癖が出る。一度、クレルモン・フェラン中心街に戻るよりも方向的にはクレルモン・フェラン駅に近いのではないかと思って、歩いてホテルに向かうことにする。

Cfe2204
ふとバス停を見つける。ル・ピュイ・ドームへのナベット“Navette”が出ているみたい。夏季でバスが運行されているんだったら、ル・ピュイ・ドームに行ってみたかったなぁ。

Cfe2205
えっ?4月2日から11月2日まで運行されている?今日は10月15日、土曜日だからバスは運行されている。「地球の歩き方フランス2010」の情報が古かったのかもしれないなぁ。バスで35分だったら、午後にル・ピュイ・ドームに行けたかもしれないなぁ。私の旅は行き当たりばったりで、最新の情報を事前に調べていないから気がつかない。反面、このようなガイドブックとは異なる発見もあるんだけれど。

Cfe2206
スタジアムからクレルモン・フェラン駅までは、思っていた以上にけっこう歩く。ようやくクレルモン・フェラン駅に出る。

Cfe2207
まだチェックインをしていないので、夕食前にホテルに戻ることにする。

Cfe2208
ホテル・ル・サン・ジョセフ“Le Saint-Joseph”にチェックイン。

Cfe2209
部屋は2階(フランス式では1階)だけど、3階建てのエレベータなしの建物なので2階でよかった。49.5ユーロと安かったけれど、きれいな部屋。

Cfe2210
バスルームの広さもフランスでは普通かなぁ?

Cfe2211
バスタブはなくてシャワーオンリー。ガラス張りのシャワールームが多いけれど、このホテルは昔ながらのシャワーカーテン。

Cfe2212
2階なので窓から眺望は今一つだけど、通り沿いに面しているのでサン・ジョセフ市場“La halle Saint-Joseph”がよく見える。金曜日に来れば賑やかだったんだろうなぁ。スーツケースから1泊分の着替えや洗面道具を取り出し、部屋のクロゼットに吊るして自分の部屋にする。

Cfe2213
ラヴァンチュール・ミシュラン“L’aventure Michelin”で買ったもの。手袋付きの雪かきなんて使わないかもしれないけれど、アイディアとしては面白い。

Cfe2214
ホテルの部屋に戻ってから観光案内所でもらったパンフレットを見ると、ラヴァンチュール・ミシュランの先にあるMontferrandという町まで行ってみてもよかったかもしれないなぁ。夕ごはんを食べるために再び旧市街へ向かう。

Cfe2215
事前にピュイ・ド・ドームまでバスが運行されているのを知っていれば、クレルモン・フェランに2泊してもよかったかもしれない。クレルモン・フェランを拠点にしてヴィシーに日帰りで遊びに行ったり、ル・ピュイとクレルモン・フェランの間にあったお城のある町に行くこともできたかもしれない。でも、今回は1泊の予定なので、それは次回のお楽しみに。

Cfe2216
だって、「弟子の足を洗うキリスト」のロマネスク様式の浮き彫りを見逃しているし、クレルモン・フェランにはいつか再訪しないと。できれば、その時は新婦と一緒にプジョー307ccのオープンカーに乗らないと!そんな妄想をしながら、結婚式を挙げるであろう市庁舎“Hôtel de Ville”の前を通る。

Cfe2217
本当に何度もこの通りを通っているのに、「弟子の足を洗うキリスト」のロマネスク様式の浮き彫りを見逃したんだろう…。1日中歩いているけれど、今回のクレルモン・フェランでは、ミシュランの赤いシールやゴー・ミヨの黄色いシールを貼られているレストランを日本料理の“MAIKO”くらいしか見つけられない。レストランが多く集まる通りも見つけられていない。

Cfe2218
唯一、マルシェ・サン・ピエール“Marché Saint Pierre”の建物にあるレストラン“Bath’s”くらい。ここはミシュランの赤いシールが貼られている。

Cfe2219
時間が早かったのか、レストランは空いている。もっとも、私「おひとり様予約なし」の必勝法として、開店直後を狙っているんだけど。

Cfe2220
食前酒は頼まずに白ワインをグラスで。30ユーロの定食“Menu Gourmand”を注文する。

Cfe2221
前菜はエスカルゴのフリカッセ。
Fricassée d’escargots , girolles et spaëtzle , crème d’ail et chlorophyle

Cfe2222
メインはラムステーキとの2択で鯛を選択。なかなか風味が面白くて美味しい。
Filet de Daurade Sébaste snacké purée d’artichaut à l’estragon , jus de mandarine et huile de gambas

Cfe2223
ババロアは読めたんだけど“mûres”がわからなくて、ホテルに戻ってからwifiに接続して桑の実であることがわかる。私は海外ではデータローミングがオフにして、ホテルなどの無料wifiしか使わないんだけど、データ通信ができた方が便利かなぁ?
Bavarois aux mûres et citron vert , brunoise de kiwi

Cfe2224
デザートを食べた後はエスプレッソで食後の余韻を楽しむ。

Cfe2225
実は今回の旅行は脱グルメ旅にするはずだったのに、最初のリヨンからつまずいている。そもそも美食の街リヨンから出発したことが間違っていたのかもしれない。パリに着いたら、今回は安くても美味しいものを探すようにしよう。

Cfe2226
クレルモン・フェランはノートルダム・ド・ラソンプシオン大聖堂“Cathédrale Notre-Dame de l'Assomption”の存在感が大きい。

Cfe2227
写真でもわかる通り、この通りを何度も何度も通っているのに、「弟子の足を洗うキリスト」のロマネスク様式の浮き彫りをどうして見逃したかなぁ?まぁ、事前にガイドブックをきちんと読まない私が悪いんだけど…。こういう時に「連れ」がいれば、行き当たりばったりの私を助けてくれたかなぁ?うーん、まだ、結婚式の影響を引きずっている。

Cfe2228
きっと神様がもう一度クレルモン・フェランを訪れて、プジョー307ccに連れと一緒に乗りなさい、その時に見ればいいと言っているんだろう。今日は結婚式を見てから妄想が大きくなっている。

Cfe2229
ノートルダム・デュ・ポール・バジリカ聖堂“Basilique Notre-Dame du Port”は、静かにライトアップされている。

Cfe2230
ピュイ・ド・ドームは訪れてみたいなぁ。クレルモン・フェランの町歩きだけなら1日で十分だけど、クレルモン・フェランを宿泊拠点にして連泊して周辺に遊びに行くけばよかった。でも、その街の魅力って、実際に行って見ないとわからない。情報だけではなく、自分で実際にその地を歩いてみないと、自分で体感しないとわからないことがある。

Cfe2231
ホテル・ル・サン・ジョセフ“Le Saint-Joseph”に戻る。

Cfe2232
空には月が明るく町を照らしている。たった1日のクレルモン・フェラン観光、天気も良かったし楽しかった。予習をちゃんとしていれば、今回の旅行の最終日はパリに宿泊せずにクレルモン・フェランに連泊して、クレルモン・フェランから直接空港に向かえば良かったかもしれないなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 【速報版】初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 ベングリオン空港からエルサレム間の移動は、わずか16シュケルの485番路線バスがある。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 4日目(1)クレルモン・フェランから特急列車に乗ってパリへ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/65465466

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(7)クレルモン・フェランで夕ごはん。:

« 【速報版】初めてのイスラエル、エルサレム・死海ひとり旅 ベングリオン空港からエルサレム間の移動は、わずか16シュケルの485番路線バスがある。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 4日目(1)クレルモン・フェランから特急列車に乗ってパリへ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ