2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(4)クレルモン・フェランのマルシェ・サン・ピエール“Marché Saint Pierre”で大好きなマルシェ巡り、そしてオーベルニュ地方郷土料理のお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(6)ミシュランの本拠地、クレルモン・フェランでラヴァンチュール・ミシュラン“L’aventure Michelin”へ。 »

2017年7月16日 (日)

初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(5)クレルモン・フェラン、パスカルの道とノートルダム・ド・ラソンプシオン大聖堂“Cathédrale Notre-Dame de l'Assomption”の塔の上からの絶景。

Cfe2001
ノートルダム・ド・ラソンプシオン大聖堂のそばにあるレストランを出て、大聖堂の裏手の道を進む。

Cfe2002
小さな広場には噴水がある。

Cfe2003
この小さな広場から先の道はパスカルの道“Rue Pascal”と呼ばれる小道。

Cfe2004
パスカルの原理など物理学の分野や数学でも名を残し、哲学者として「パンセ」の印象が強いブレーズ・パスカル“Blaise Pascal”はクレルモン・フェランの出身。

Cfe2005
と言っても、それでは「パンセ」を読んだことがあるのかというと、私は読んだことがなく、どれだけ彼のことを知っているかと思い直すと怪しい。

Cfe2006
「人間は考える葦である」“L'homme est un roseau pensant”という一文は聞いたことがあるけれど、どのような意味を持つのかについて実はちゃんと理解していない。

Cfe2007
本当であれば、予習してからクレルモン・フェランを訪れればいいんだと思うけど、私の場合はいつもその地を訪れてから興味を持ってしまう。旅は新たな価値観、新たな興味への入口にすぎない。だけど、そのきっかけは旅にでなければ気がつくことはなく、一生気がつかないで人生を終えてしまうかもしれない。

Cfe2008
アンボワーズの泉のあるPlace de la Poterneに出る。

Cfe2009
この広場は高台にあり、周囲が見渡せる。

Cfe2010
クレルモン・フェランの周囲はシェヌ・デ・ピュイ火山群“Chaîne des Puys”の山などに囲まれており、丘の奥にも山が見える。

Cfe2011
公園のベンチで一休み。木に隠れてしまっているけれど、正面に見える山がピュイ・ド・ドーム。今日は天気が良いので、14時からノートルダム・ド・ラソンプシオン大聖堂“Cathédrale Notre-Dame de l'Assomption”の塔に登ることができるので、大聖堂に向かうことにする。

Cfe2012
派手な装飾のプジョー307ccが走ってきた。

Cfe2013
これはフランスの結婚式の風景。いいなぁ、プジョーのオープンカーに乗って新婦と結婚式をあげたい。

Cfe2014
市庁舎“Hôtel de Ville”が結婚式場になっているみたいで祝福する家族や友人が集まっている。

Cfe2015
どこかでUターンしたみたいで、プジョー307ccが再びこちらに向かってきた。

Cfe2016
祝福されながら市庁舎“Hôtel de Ville”へ向かう。やっぱり、新婦と一緒にプジョー307ccに乗ってみたい。だけど、まずは新婦を見つけなくちゃ…。

Cfe2017
一人旅は自由気ままで気楽な反面、美しい風景を見ると共感できる人がいたらいいと寂しく感じたり、結婚式の風景を見ると寂しくなったり、たまに寂しくなる。

Cfe2018
ちょうど時刻は2時。大聖堂の塔を登る。

Cfe2019
ヨーロッパの教会や塔には、時間があれば登るようにしているんだけど、ひたすら螺旋階段なので、途中でくじけそうになる。だけど、てっぺんからの展望に期待する気持ちがあるから頑張ることができる。

Cfe2020
クレルモン・フェランの大聖堂のてっぺんに到着。

Cfe2021
今日は天気もいいので景色がいい。今回のフランス旅行、リヨンからずっと雨模様だったけれど、3日目にしてようやく晴れた。

Cfe2022
聖母マリアが見下ろすクレルモン・フェランの町。

Cfe2023
町を歩いていると黒い建物だけど、空から見ると赤い屋根の建物が多いクレルモン・フェランの町はなかなかかわいらしい。

Cfe2024
美しい風景を見ながらぼーっとするのが好き。だけど、隣に美しい風景を共感できる連れがいたらもっと楽しいかもしれないなぁ。結婚式を見てしまってから、人恋しいモード。

Cfe2025
市庁舎の前では、先ほどとは別の結婚式が挙げられている様子。うーん、私が結婚式を挙げるとしたらベンツよりもやっぱりプジョーのオープンカーだな。価格としてはプジョー307よりもベンツの方が高そうだけど。

Cfe2026
相手もいないのに結婚式の妄想をしている。

Cfe2027
ガルグイユ “Gargouille”がクレルモン・フェランの町を見下ろしている。

Cfe2028
2本の黒い尖塔が見える。展望台よりもさらに高い。これだけ巨大な尖塔が2本ちゃんとある教会はフランス国内でも珍しい気がする。

Cfe2029
尖塔の間からは山が見える。

Cfe2030
ピュイ・ド・ドーム“Puy de dôme”が見える。私の持っている「地球の歩き方フランス2010」では、7月、8月であればバスが出ているらしいけど、今は10月なのでレンタカーを借りなければいけないらしい。夏に訪れた時には行ってみたいなぁ。

Cfe2031
天気が良かったので、大聖堂の展望台からの風景は楽しかった。

Cfe2032
大聖堂前の広場で一休み。

Cfe2033
私の旅は行き当たりばったり。これからの予定を決めていないので公園のベンチで次にどこに行こうか考える。こんな感じだから、私と一緒にプジョー307ccオープンカーに一緒に乗って結婚式を挙げる新婦が見つからないのかも…。観光案内所の地図の裏側を見ると、クレルモン・フェランと言えば、日本でも有名なあの会社の本拠地であり、博物館がある。トラムに乗って博物館に行ってみることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(4)クレルモン・フェランのマルシェ・サン・ピエール“Marché Saint Pierre”で大好きなマルシェ巡り、そしてオーベルニュ地方郷土料理のお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(6)ミシュランの本拠地、クレルモン・フェランでラヴァンチュール・ミシュラン“L’aventure Michelin”へ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(4)クレルモン・フェランのマルシェ・サン・ピエール“Marché Saint Pierre”で大好きなマルシェ巡り、そしてオーベルニュ地方郷土料理のお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 3日目(6)ミシュランの本拠地、クレルモン・フェランでラヴァンチュール・ミシュラン“L’aventure Michelin”へ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ