2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(3)ル・ピュイ・アン・ヴレのノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂の黒い聖母像。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(5)奇跡の絶景、ル・ピュイ・アン・ヴレの岩山の上の教会、サン・ミシェル・デギレ礼拝堂“Église Saint-Michel d'Aiguilhe”。 »

2017年6月11日 (日)

初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(4)ル・ピュイ・アン・ヴレでお昼ごはん。そして霞の中の「フランスの聖母マリア像」“Statue Notre-dame de France”。

Cfe1101
お昼ごはんを食べるレストランを探しながら町歩き。雰囲気の良い街並みだけど、人通りは少ない。

Cfe1102
ふと、人通りが少ない通りで“Bambou et Basilic”というレストランを発見する。

Cfe1103
私のフランスでのレストラン選びは、ミシュランやゴー・ミヨ“Gault&Millau”のシールが貼ってあるレストラン。星つきではないけれど、ミシュラン2016掲載店なので、このレストランに入ってみることにする。私は適当に雰囲気だけでレストラン選びをすることも多いんだけど、ガイドブック掲載店ならば、大きく外すことはないだろうというのが私の考え方。

Cfe1104
お店に入ってみると、ちゃんとしたレストランを感じる落ち着いた雰囲気。

Cfe1105
テーブルに飾られている花も生花。

Cfe1106
食前酒はパスして、白ワイン。そして、お店の雰囲気からみて、水道水ではなくバドワを注文。

Cfe1107
まずはアミューズブーシュ。レストランって、アミューズブーシュの美味しさでそのお店がちょっとだけわかる気がする。

Cfe1108
お昼限定のコースメニューのMenu Bambou 、29ユーロを注文する。今回のフランス旅行は、私のフランス旅行は美味しいものを食べ過ぎているので、食堂のようなレストランやカフェで安く済ませようと考えていたんだけど、スタートのリヨンからつまずいている。

Cfe1109
前菜のポタージュが運ばれてくる。フランスの美味しいレストランのポタージュは本当に美味しい。

Cfe1110
Velouté de potimarron« Bio de Saint Vincent »,brisure de châtaigne torréfiée et Chantilly de lard fume

Cfe1111
メインは魚料理を選択。説明を聞いたけど、魚の名前はよくわからない。このレストラン、美味しいかも。フランスの地方都市だと、手頃な価格で美味しいレストランに当たることがある。
Cfe1112
Julienne juste saisi,boulgour et quinoa et emulsion citron

Cfe1113
デザートも美味しい。

Cfe1114
Crumble pomme-coing,glacée à la vanille et éclats de nougatine

Cfe1115
食後のエスプレッソをお願いすると、ネスプレッソ。へぇ、フランスのレストランでもネスプレッソを使っているんだなぁ。

Cfe1116
“Bambou et Basilic”、なかなか美味しいレストランだった。ランチなら、29ユーロと30ユーロ以下なので、美味しいものを食べようと思ったらお手頃価格。外に出てみると、私の作戦は失敗した模様。お昼ごはんを食べているうちに天候が回復するどころか、雨が降っており悪化している。

Cfe1117
ル・ピュイ・アン・ヴレの観光は今日1日だけなので、もう雨が降っていても仕方がない。フランスの聖母マリア像“Statue Notre-dame de France”に向かうことにする。

Cfe1118
再びターブル通り“Rue des Tables”を上がり、大聖堂へ向かう。

Cfe1119
私にはレース製品は美しいとは思うけれど、使うかと考えると私の生活には登場しないかなぁ?大切な人でもいれば、プレゼントとしてじっくりみるかもしれないけれど。

Cfe1120
確実に先ほどより天候が悪化している。坂道を歩く人も傘をさしている。

Cfe1121
どんよりとした雲が街を覆っており、雨が降っている。

Cfe1122
大聖堂の中に入って、再び違う出口から外に出る。鐘楼の先端が霞んで見える。

Cfe1123
ついプジョー208がある風景を見つけると写真を撮ってしまう。

Cfe1124
もっと、注目してもいいフランス車がたくさんあるのに、プジョー208が好き。

Cfe1125
フランスの聖母マリア像までの登山口を探し、少し道に迷う。

Cfe1126
時間ができれば、一度は歩いて巡礼の道を歩いてみたいなぁ。何ヶ月もの休みどころか、5日間の休暇を取るのが精一杯なので今は無理だけど。Le Caminoはお昼休みで閉まっているみたい。

Cfe1127
閉ざされているけど大聖堂のドア。ドアやドアの周囲の装飾を見るのが好き。

Cfe1128
ドアの両端にあるひねったような形状の柱が面白い。

Cfe1129
ようやく「フランスの聖母マリア像」の入口を発見するけど、とても残念な状況。お昼ごはんを先に済ませたのは失敗かも。

Cfe1130
「フランスの聖母マリア像」はすっかり霞の中…。きっと、登ったところで、雲の中なので街を見下ろせない。

Cfe1131
かといって、これ以上の時間調整は難しい。何しろ、明日朝にはクレルモン・フェランに向かう予定にしているので、ル・ピュイで過ごせるのは今日1日しかないのだから仕方がない。

Cfe1132
うーん、今回は天候に恵まれない。もしかしたら、雲の中で何も見えないかもしれないけれど、「フランスの聖母マリア像」へ向かい、坂道を登ることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(3)ル・ピュイ・アン・ヴレのノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂の黒い聖母像。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(5)奇跡の絶景、ル・ピュイ・アン・ヴレの岩山の上の教会、サン・ミシェル・デギレ礼拝堂“Église Saint-Michel d'Aiguilhe”。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

楽しく読ませて頂いてます。
生憎のお天気ですが、マリア様から見た街並みは果たして…
続きも楽しみにしてます。

さちさん、こんばんは。

お返事遅れて申し訳ございません。結果は続編の通り。私は、雲の中の風景の方がよかったのかもしれないと思っています。もちろん、晴れた日の風景もみてみたいですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/65396812

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(4)ル・ピュイ・アン・ヴレでお昼ごはん。そして霞の中の「フランスの聖母マリア像」“Statue Notre-dame de France”。:

« 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(3)ル・ピュイ・アン・ヴレのノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂の黒い聖母像。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 2日目(5)奇跡の絶景、ル・ピュイ・アン・ヴレの岩山の上の教会、サン・ミシェル・デギレ礼拝堂“Église Saint-Michel d'Aiguilhe”。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ