2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 青春18きっぷで伊勢参り一人旅 3日目(2)浜松のうなぎ料理「あつみ」でお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 準備編 »

2017年4月27日 (木)

青春18きっぷで伊勢参り一人旅 3日目(3)東海道線の車窓の風景を眺めながら東京へ。

Ise1501
「あつみ」のうなぎを食べて幸せな気分で浜松駅の東海道線ホームに向かう。東海道線の次の静岡方面行きの列車は4番ホームからの発車。静岡県内の東海道線は20分に1本の間隔で運行されているので、本数が多いのであまり時間を気にしなくていいのが好き。

Ise1502
次の電車は14:27発興津行きで、3両編成。前回の青春18きっぷを利用した北陸旅行で学んだことなんだけど、在来線は高校の学区などの関係で県をまたぐ移動は少なくて、県内の主要都市への移動は多い。静岡県は横に広いので、在来線の需要はあり、3両編成だと混むことがある。

Ise1503
静岡県内は混んで座れない可能性もあるので、始発駅をちょっとだけ気にして旅をすることにしよう。静岡方面から来た折り返しの興津行きの電車は211系。

Ise1504
この電車もロングシート。在来線は地域交通が主体なので、クロスシートでお弁当を食べながら乗るというのは現在の静岡県内の東海道線では難しいのかも。

Ise1505
青春18きっぷを今回は2回分だけ使用しての旅行。往復の料金は「あつみ」のうな重と同じくらい。

Ise1506
時刻表はやっぱりあったほうが便利。何も考えなくても東海道線は20分に1本の間隔で運行されているんだけど、始発駅がわかるので、どの駅で乗り換えたほうがいいのかがわかる。静岡県内の東海道線は島田始発や静岡始発の列車がある。

Ise1507
浜松みやげは、遠鉄百貨店でつい気になってしまった「あげ潮」。洋菓子屋さんに売っていて、ネーミング的にはせんべいに違いないと思ったら、クッキー。サクサクとしたクッキーで美味しい。もっと買ってくればよかった。

Ise1508
そして、見たことのないトリイソース。醤油やソースなども地域性が出やすいので私は地方に行ったらチェックする。

Ise1509
興津行きの電車は15:42静岡駅に到着する。時刻表で調べると、次の熱海行きの電車は静岡が始発。興津まで乗っても、同じ電車となる。それだったら、始発駅から乗ったほうがいい。

Ise1510
熱海行きの電車は夕方なので乗客数が多いのか6両編成。静岡駅のトイレでトイレ休憩をして、静岡16:04発熱海行きの電車に乗ることにする。

Ise1511
熱海行きの電車は再び211系。東京駅までの乗り継ぎもあと1回。

Ise1512
この電車もロングシート。静岡駅始発なので問題なく着席できる。先頭車両の最前部に座る。

Ise1513
最前部の席なので、運転席を通しての風景を楽しむことができる。今回の旅行、三岐鉄道で元西武鉄道の車両を見てから、地方私鉄に興味を持っている。静岡と清水を結ぶ静岡鉄道。

Ise1514
最前列の座席に座って、運転席越しに見る風景、けっこう楽しいかも。

Ise1515
曇り空なので写真に撮ってもきれいじゃないけど、海が見えてきた。

Ise1516
東海道線の由比駅前後の海沿いを走る風景が好き。晴れていれば、もっと美しいんだけどなぁ。

Ise1517
海と山が迫っており、狭い平坦地に東海道線、国道1号線、東名高速道路が入り組んでいる。

Ise1518
富士駅に近づくと白い煙を出す工場が間近に見える。最前列から見える風景はおもしろくて、私を飽きさせない。

Ise1519
今回は地方私鉄に興味を持ってしまう。この京王井の頭線のようなカラーの電車は岳南電車。京王井の頭線の車両を両運転台に改造したもの。

Ise1520
そして三島駅では伊豆箱根鉄道。三岐鉄道で元西武新101系を見たのだから、元西武101系である伊豆箱根鉄道の1300系イエローパラダイストレインを見たかったなぁ。

Ise1521
丹那トンネルの手前では霧が発生している。

Ise1522
トンネルを抜けると、列車は17:27熱海駅に到着。

Ise1523
ようやくJR東日本の管轄まで帰って来た。東京駅までの最後の列車に乗る。

Ise1524
17:37熱海始発快速アクティ小金井行きは10両編成。

Ise1525
現在のJR東日本管内での東海道線の主力電車である4ドアの231系。

Ise1526
231系は乗った車両はロングシート。端っこまで行けばクロスシートもあるかもしれないけれど。10両編成と長いのに、ほとんどの座席が熱海駅から埋まってしまっている。途中駅からは普通の通勤電車のように混雑してくる。

Ise1527
昔はアクティは戸塚駅には止まらなかったんだけど戸塚駅に停車。そして、快速アクティ小金井行きは、19:13東京駅に到着する。

Ise1528
東京駅に到着。浜松駅を14:27に出発して、東京駅まで4時間45分。トイレ休憩のために静岡駅で降りた以外はずっと電車に乗り続けた。

Ise1529
今回の青春18きっぷを使った伊勢神宮への旅の最後に乗る列車はJR中央線。19:23東京駅発通勤快速高尾行きは10両編成。中央線は東京駅始発なので、これで丸3日間、全ての区間で立つことなく着席。

Ise1530
通勤快速高尾行きは、20:02に最終目的地の国分寺駅に到着。今回の伊勢旅行は国分寺駅に始まり、中央本線を乗り継ぎ、中央本線を完全乗車(みどり湖経由)し、名古屋へ。帰りは名古屋駅から東海道線と中央線で国分寺駅へ。ちょうど一筆書きをするような列車の旅。ちなみに、一部の「概念」にこだわる人たちは、このような書き方をすると辰野経由じゃないと中央線完全乗車とは言えないとか、一筆書きではなく名古屋駅から金山駅が重なっていると指摘するかもしれないけれど。

まだ知らないどこかは、海外にあるとは限らない。初めて町歩きをした松本、妻籠宿もおもしろかったなぁ。伊勢神宮の外宮を初めて参拝した。かつては賑わっていただろう湯の山温泉でゆったりとできた。地方の私鉄で活躍する元西武鉄道の電車にも巡りあえた。飛行機を使った旅行も好きだけど、たまには各駅停車でのんびり車窓を眺めながら行く旅もいい。(青春18きっぷで伊勢参り一人旅 おしまい)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« 青春18きっぷで伊勢参り一人旅 3日目(2)浜松のうなぎ料理「あつみ」でお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 準備編 »

中部地方」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/65120746

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷで伊勢参り一人旅 3日目(3)東海道線の車窓の風景を眺めながら東京へ。:

« 青春18きっぷで伊勢参り一人旅 3日目(2)浜松のうなぎ料理「あつみ」でお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのフランス、オーベルニュ地方ひとり旅 準備編 »

Link

無料ブログはココログ