2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(4)絶体絶命の大ピンチ!パリ、シテ島でスリに囲まれる。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 5日目(1)パリ同時多発テロ後のバタクラン劇場へ。 »

2017年2月 5日 (日)

初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(5)パリ、オベルカンフのオベール・サレ“Ober Salé”で夕ごはん。

Cly2201
すっかり、アスティエ“Astier”に行くつもりだったので、パリのビストロを紹介している本で現在地に近い場所にあるレストランを探し始める。オベルカンフに本に掲載されているレストランがあるので、オベルカンフ駅まで歩いて来る。

Cly2202
バタクラン劇場はどこにあるのだろう?こういう時にスマートフォンを海外でも使えたら便利だなぁと感じる。まぁ、ローミングをオンにすればいつでも利用できることなんだけど。地図を見なくてもスマートフォンがあれば道に迷わないかもしれないけれど、私は道に迷って予定外に出会う風景も好き。オベルカンフのカフェでは生演奏中。

Cly2203
目的のレストランは、オベルカンフ通りにあるオベール・サレ“Ober Salé”というレストラン。場所は確認できたけど、まだ19:30のオープン前なのでレストランの周辺を歩いてみることにする。

Cly2204
レピュブリック広場で追悼の場所を見てから急に現場であるバタクラン劇場を訪れてみたくなってしまった。多分、オベルカンフ周辺のはずなんだけれど、闇雲に歩いていても見つからない。バタクラン劇場は見つからないけど、“Cirque d'Hiver”という建物を見つける。パリで常設のサーカスが見られるのかなぁ。ちょっとおもしろそう。

Cly2205
急遽、日本から持ってきたパリのビストロのガイドブックで見つけたレストラン、オベール・サレ“Ober Salé”に「おひとりさま」で「予約なし」で入ってみることにする。

Cly2206
「おひとりさま」で「予約なし」でも問題なく席に着かせてくれる。フランス人の食事は遅いので開店直後の19:30から20:00くらいまでに入るのがポイント。

Cly2207
食前酒は頼まずにいきなりワインを注文。メニューを見て、36ユーロのコースメニューを注文する。

Cly2208
まずはアミューズ。

Cly2209
前菜には、夏はやっぱりガスパチョがあればガスパチョが好き。7月にアンダルシアを旅したことがあるんだけど、毎日のようにガスパチョが気に入って飲んでいた。面白いのが、メロンのガスパチョで、甘いスープ。

Gaspacho de melon et son tartare de haddock

Cly2210
メインは三択で魚料理か子羊はわかるんだけど、きのことセロリの詰め物がしてある鶏肉料理を選んでみる。

Suprême de volaille fermière farci aux champignons et céleri , crème de foie gars et pâtes maison.

Cly2211
ソースも美味しいし、なかなか美味しい料理。

Cly2212
つけ合わせのパスタが絶品でものすごく美味しい。

Cly2213
デザートはイチゴのサバランを頼んだはずなのに想像と違う形状。“Fraises”なんてないじゃない。

Savarin aux fraises Maras des bois , mousse au lait de coco et galabe

Cly2214
崩してみるとイチゴがいっぱい入っていて美味しい。急遽探したレストランだったけれど、オベール・サレ“Ober Salé”、なかなか美味しいビストロだった。

Cly2215
オベルカンフは大音量で音楽が流れている。スピーカーが積まれたトラックの前で歌っている人がいる。オベルカンフは音楽の町なのかなぁ?

Cly2216
オベルカンフ駅前のブラッスリーは賑わっている。

Cly2217
今日6月21日は夏至だから明るいけれど、もう21時。なんだか感覚がおかしくなる。バタクラン劇場の場所がわからなかったのは残念だけど、メトロに乗ってホテルに戻ることにする。オベルカンフ駅からメトロ5号線でプラスディタリーまでは乗り換えなしで行ける。

Cly2218
プラスディタリーは5号線、7号線、6号線が走っておりなにげに交通の便がいい。

Cly2219
メトロ5号線はいったん地上に出てセーヌ川にかかる橋を渡る。

Cly2220
プラスディタリー駅に到着し、ホテルまでプラスディタリーから歩いて帰ろうと思って、乗り換えずに地上に出てみると大音量で音楽が流れている。オベルカンフが特別な町だったわけではなく、今日のパリはどこでも音楽が溢れていることに気がつく。私がいかに旅行の準備をおろそかにしているか、いかに行き当たりばったりかがわかってしまうけど、実は夏至である6月21日は、音楽祭“Fête de la musique”で、パリ中でライブなどが開催されており、音楽を楽しむ日。

Cly2221
初めから旅行の準備段階から情報を収集していれば、無料でライブを聴きに行ったりすることもできたのになぁ。最近はパリに行く時にはレストランのガイドブックは持って行くけど、パリのガイドブックを持っていかない。今回なんて、コルシカ島のガイドブックはそもそもないので、観光案内的なガイドブックを持ってきていない。プラスディタリーのショッピングセンターの設計は東京都庁を建てた丹下健三の設計。

Cly2222
プラスディタリーの広場内でもたくさんの人が集まっている。

Cly2223
テロに対して厳重警戒されているパリだけど、市民は音楽のある生活を楽しんでいる。行き当たりばったりの私が悪いんだけど、事前に音楽祭“Fête de la musique”のことを知っていれば、もっと楽しめるプランが組めたかもしれないなぁ。

Cly2224
カフェの前ではバンドの生演奏。オベルカンフを歩いている時には、大音量の音楽の理由がわからなかったけど、今日は音楽祭“Fête de la musique”であることがやっと理解できたので、立ち止まって音楽を楽しんでしまうことにする。

Cly2225
プラスディタリーから低層の建物が並ぶビュット オ カイユに向けて歩く。ここでも、音楽が流れてくるとともに人だかりができている。

Cly2226
群衆に混ざって立ち止まり、音楽を楽しむ。

Cly2227
アイスクリーム屋さんを発見。

Cly2228
いつも頼んでしまうピスタチオのアイスクリーム、ちょっと緑色が不自然に強すぎるかなぁ。

Cly2229
今日は夏至ではあるけれど、平日のはず。しかも時刻は21時を超えているのにビュット オ カイユはこの混雑。

Cly2230
道端でビールを立ったまま飲みながら友人たちとおしゃべりを楽しむ。平和なパリがここにある。カフェやバーも大賑わい。

Cly2231
まさに音楽祭“Fête de la musique”。今日はお祭りなんだなぁ。

Cly2232
ちゃんと調べていれば、いろいろなジャンルのちゃんとしたライブも聞けたかもしれないけれど、街角のライブを立ち止まって聴くだけでも十分の楽しい。私が単に知らなかったことが原因だけど、予想外に音楽祭“Fête de la musique”のパリを楽しめたことは良かったかも。

Cly2233
時間の感覚がおかしくなっていて、立ち止まってライブを楽しんでいたので時刻はすでに22時。「連れ」がいれば、バーやカフェでビールを飲んでもっと楽しむんだろうけれど、そろそろホテルに戻ろう。

Cly2234
ホテルを出たのが夕方の5時ごろ。夏至のパリは日が長いので夕方からでも十分に楽しめる。その代わり、夏至の時期はエッフェル塔のライトアップなどは暗くならないので楽しめないけれど。

Cly2235
私のパリの常宿である「ティモテル プラス ディタリー ビュット オ カイユ(Timhotel Place d'Italie Butte aux Cailles)」に戻ってくる。現在はブランドが変わって、「イビス スタイルズ パリ プラス ディタリー ビュット オ カイユ ホテル(Ibis Styles Paris Place d'Italie Butte aux Cailles Hotel)」として営業している。シャワーを浴びて、外が明るいのでカーテンを閉めて眠りにつく。明日は、中国国際航空CA934便北京行きは20:20発と遅いので、パリ観光を楽しんでから、夕方にはパリ・シャルル・ド・ゴール空港へ向かう。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(4)絶体絶命の大ピンチ!パリ、シテ島でスリに囲まれる。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 5日目(1)パリ同時多発テロ後のバタクラン劇場へ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64749653

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(5)パリ、オベルカンフのオベール・サレ“Ober Salé”で夕ごはん。:

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(4)絶体絶命の大ピンチ!パリ、シテ島でスリに囲まれる。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 5日目(1)パリ同時多発テロ後のバタクラン劇場へ。 »

Link

無料ブログはココログ