2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(3)パリ・オルリー空港到着。パリでの定宿、プラス ディタリー ビュット オ カイユのホテルへ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(5)パリ、オベルカンフのオベール・サレ“Ober Salé”で夕ごはん。 »

2017年2月 1日 (水)

初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(4)絶体絶命の大ピンチ!パリ、シテ島でスリに囲まれる。

Cly2101
2016年6月21日、火曜日。今日は夏至に当たる日。時刻はすでに夕方の5時。今日の夕食はガイドブックを見て、レピュブリックの近くにあるビストロ、アスティエ“Astier”に行ってみることにする。「おひとりさま」で「予約なし」の必勝法は、開店直後を狙うこと。開店時間の19時ごろに到着できるように時間調整をしながらゆっくりと最も日が長い夏至のパリを歩くことにする。私が「ティモテル プラス ディタリー ビュット オ カイユ」を気に入っている理由は、坂を降りたところにパティスリーがあること。

Cly2102
13区のわかりづらいところにあるパティスリー「ローラン・デュシェーヌ」“Laurent Duchêne”まで徒歩3分くらい。

Cly2103
なんのコンテストかはわからないけれど、パリで一番美味しいクロワッサンであると書かれている。

Cly2104
ケーキが美味しそう。せっかくパリに来たのだから、ケーキを食べなくちゃ。だけど、これから夕ごはんを食べに行くというのにケーキを食べるとお腹いっぱいになってしまう。

Cly2105
それでも誘惑に負けてケーキを購入。フランスの包装紙だけでケーキの包む方法ってすごいと思う。

Cly2106
歩きながらでも食べられる私が大好きなエクレール。日本でもっとシュークリームではなくエクレールを作るお店があっていい。

Cly2107
そして、定宿にしている理由がもう一つあって、モノプリがすぐ近くにあること。帰り道は坂を登らなければならないので少し辛いけど…。

Cly2108
どうしても“Grève Générale”なんて書かれているポスターを見つけると「いつ?」と反応してしまう。

Cly2109
メトロ6号線のGlacière駅に向かう途中で果物屋さんを発見。

Cly2110
私がずっとクラクフの市場でこの「平べったい桃」を見つけてから“UFO”という名前で呼んでいたんだけど、フランス語では“Peche plate”と呼ぶことが初めてわかる。フランス語でも意味は「平べったい桃」という感じかな?

Cly2111
Glacière駅からメトロ6号線に乗り、途中でメトロ4号線に乗り換える。

Cly2112
久しぶりにパリのノートルダム大聖堂に行こうかと思って、シテ駅 “Cité” で下車したところでスリに遭遇する。シテ駅はメトロ4号線がセーヌ川の下を通っているためか、けっこう深い駅になっている。そのため、地上に上がるにはエレベータがついている。

そのエレベータの中での出来事。エレベータの中で男性がいきなり、床に携帯電話を落下させる。携帯電話は電池ケースが外れて電池が床に散乱する。男性が拾おうとするときに不自然に私の両足に絡んでくる。困ったことにエレベータの中なので両足を掴まれて逃げられない。そして、仲間のスリが近づいて来る。絶体絶命の大ピンチ!

Cly2113
もう、この時点で足への絡み方が不自然極まりない。きっと、一人の男が足元に絡んでいるうちに、仲間が財布や貴重品を抜く作戦だったのだろうけど、仲間の男がしくじったのかエレベータが地上に到着してしまい、作戦失敗。私があまりにも足への絡み方が不自然極まりないことに気がついて、仲間と思われる男に向けて、目を合わせて、口をへの字にして両手を手のひらを上にあげて、ゲームオーバーと言わんばかりの「肩すくめのポーズ」をとったところで、あきらめた様子。けっきょく何も取らずに去っていった。エレベータを降りた後で、財布も小銭入れもリュックサックもすべて無事。私は結果的に何も被害はなかったけれど、シテ駅 “Cité”のエレベータの中は、携帯電話を落として注意を引くスリがいるので要注意。エレベータの中なので逃げられないので気をつけた方がいい。

Cly2114
久しぶりにシテ島に来たけれど、シテ島の花市場を歩くのが好き。

Cly2115
今日の目的は久しぶりにノートルダム大聖堂を訪れること。

Cly2116
ノートルダム大聖堂の前のプジョー208。

Cly2117
夕方の時間だからか観光客はたくさんいるけれど、以前よりも少ない気がする。時間帯の問題なのかなぁ。テロの影響なのかなぁ?

Cly2118
ミサが行われているみたい。最後列に座り、パリを訪れることができたことを感謝する。それに、スリにあっても被害がなかったことを。

Cly2119
ノートルダム大聖堂のステンドグラスを、今回のパリは町歩き用カメラのCanon Powershot G9Xで撮影。ちなみにコルシカ島での写真はNikon1 J3で撮影。

Cly2120
ノートルダム大聖堂を訪れた後は再びメトロ4号線でレ・アールへ。前回はフォーラム・デ・アールが工事中だったけど、リニューアルオープンしたはずなので、どのように変わったのかをチェック。メトロの駅を出た地下部分は以前と変わらない。

Cly2121
どのように変わったのかをみるために、いったん地上に出てみることにする。曲線の屋根がかかっている部分が新しくなった場所かなぁ?

Cly2122
このカノぺ“Canopée”と呼ばれる屋根部分がリニューアルされた部分。

Cly2123
確かに以前のフォーラム・デ・アールとは雰囲気が随分と変わっている。エスカレータで降りようとすると手荷物チェック。2015年11月13日のテロの影響でセキュリティが強化されている。

Cly2124
ショッピングセンターの中に入ってみると、FNACの位置もGO SPORTの場所も以前と変わりがないことに気がつく。建て替えられたわけではなく地下部分は以前と変わらず、以前に中庭があった場所に「カノぺ」が作られていることがわかる。FNACで今はどのようなアーティストが売れているのかをチェックして、そろそろ夕ごはんを食べるために、シャトレ駅からメトロ11号線に乗って、レピュブリック駅を目指す。

Cly2125
レピュブリック駅でメトロを降り、レピュブリック広場へ。広場の中央にはマリアンヌ像が立つ。

Cly2126
このレピュブリック広場には、2015年11月13日に発生したパリ同時多発テロ犠牲者への追悼の場所になっている。

Cly2127
130名の命が奪われたパリ同時多発テロ。その中でも、バタクラン劇場での死者が7割弱を占めている。追悼の意味でもバタクラン劇場を訪れてみようと思ったけど、私の旅は行き当たりばったり。しかも、iPhoneはホテルの無料wifiや公共の無料wifiでしか使用していないので、急に思い立っても場所がわからない。オベルカンフのあたりだと思っていたけれど…。

Cly2128
私はテロのターゲットというのは、なんらかの象徴があるものだと思っていた。パリ同時多発テロの場合は、発生した日が13日の金曜日という象徴性はある。しかし、事件の場所がなぜパリ10区や11区なんだろう。オベルカンフあたりは歓楽街ではあるけれど、バタクラン劇場に何かの象徴性があるのだろうか。その後のニース、ブリュッセル空港、ベルリンのテロなどを見ていると、ただ単に人が集まっている場所で多くの人を殺傷することしか念頭にない。そう考えると、目的に大義はなく、ただ単にひとりでも多くの人を殺傷することだけ。今のヨーロッパはどこにいても「大義なきテロ」に遭遇する危険性がある。

Cly2129
パリのレストランについては、コルシカ島とは違って、日本語で書かれたガイドブックが山ほどある。その中でも数多くのガイドブックに登場するビストロ、アスティエ“Astier”を今日は訪れてみることにする。最寄駅はメトロ3号線のParmentier駅だけど、レピュブリックからも歩ける距離。

Cly2130
この辺りを歩くのは実は初めてなんだけど、バーからは外まで鳴り響くほどの大音量の音楽が流されている。

Cly2131
しかも、大音量の音楽が鳴り響いているお店は1軒だけではない。このカフェでは生演奏で音楽が鳴り響いている。この界隈が音楽を流すお店が多い歓楽街なのかなぁ?

Cly2132
地図を見ながらビストロ、アスティエ“Astier”に到着。だけど、お店が開いていない。お店がお休みというわけではなく、お店の中を見るとすでに椅子やテーブルは片付けられており、営業をしていない。このあたりで発生したパリ同時多発テロ事件の影響だろうか。わりと発行年の古いガイドブックから、新しいガイドブックまで確実に掲載されているビストロだったのに…。残念ながら、アスティエ“Astier”の味を確かめることはできず…。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(3)パリ・オルリー空港到着。パリでの定宿、プラス ディタリー ビュット オ カイユのホテルへ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(5)パリ、オベルカンフのオベール・サレ“Ober Salé”で夕ごはん。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64749243

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(4)絶体絶命の大ピンチ!パリ、シテ島でスリに囲まれる。:

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(3)パリ・オルリー空港到着。パリでの定宿、プラス ディタリー ビュット オ カイユのホテルへ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(5)パリ、オベルカンフのオベール・サレ“Ober Salé”で夕ごはん。 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ