2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(8)コルシカ島、カルヴィで最後の夕ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(2)カルヴィ・サント・カトリーヌ空港からエールフランスAF7571便でパリ・オルリー空港へ。 »

2017年1月22日 (日)

初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(1)コルシカ島、カルヴィのビーチでまったりと過ごす。

Cly1801
2016年6月21日、火曜日。今日は夏至なので1年の中で昼間が一番長い。TF2の“Télématin(テレマタン)”を見ると、あれ?ウイリアム、今日はお休み?

Cly1802
コルシカ島カルヴィで迎える最後の朝。

Cly1803
朝の空気も冷たくはなく、爽快な感じで心地よい。

Cly1804
昨日の方が雲が少なく快晴だったので、スカンドラとジロラータに昨日行ってしまって運が良かったなぁ。

Cly1805
ツバメは朝から空を舞っている。

Cly1806
今日の天気は雲が多いけれど晴れ。今日の午後にはパリに戻るけど、パリは曇っているみたい。私はフランスにいるときは、テレマタンの天気予報を見てからその日の予定を考える。旅程に若干の余裕があれば、晴れるのを待つために美術館などの屋内観光を先に済ませることもある。

Cly1807
ホテルの朝食レストランへ。

Cly1808
バケットを2つに切ってサンドイッチを作る。一つはハムとチーズ。もう一つはジャムと発酵バターをたっぷり塗る。そして、カフェオレ。これだけで私は幸せな気分になってしまうのだから、安いものだ。

Cly1809
今日は平べったい桃が置いてある。ポーランドのクラクフの市場で最初にこの桃を見つけた時には“UFO”という名前が書かれていたっけなぁ。この桃が好きで、見つけるとつい食べてしまう。

Cly1810
今日は14:00発のAF7571便、パリ・オルリー空港行きでパリに戻る。国内線なので13時までにカルヴィ・サント・カトリーヌ空港に到着できていれば大丈夫だろう。せっかく、のんびりするためにコルシカ島に来ているんだから、今日はビーチでのんびりしていよう。

Cly1811
すぐに出発できるように大まかに荷物をまとめて、ビーチに出かけることにする。

Cly1812
まだ時間帯が早かったみたいで、朝のビーチは誰もいない。

Cly1813
いざ、ビーチに到着すると、晴れているんだけど雲が多くて天候的には今ひとつ。

Cly1814
うーん、ビーチでのんびりするには太陽の光がほしい。

Cly1815
海に入ろうと思って波打ち際に行くと貝殻がたくさんある。でも、海に入るのを辞める。

Cly1816
せっかくビーチでのんびり寝転ぶには太陽の光が欲しい。9時からスーパーマーケットが開いているはずなので天候回復を待つことにして、「晴れ待ち」のために先にお買い物をしてしまうことにする。

Cly1817
駐車場を横切る。ここにもプジョー208。

Cly1818
プジョー208の隣にあるプジョー車はなんだろう?実は写真の編集段階でこのクルマの存在に気がついたので、現地では詳しく撮影していない。

Cly1819
調べてみるとPeugeot Partner Tepee。Partnerって商用車だと思っていたんだけど、乗用車バージョンもあったのか。調べてみると7人乗りもあるみたいで、なかなか面白いクルマ。日本では背の高いユーティリティ性の高いクルマの方が売れるから、場合によってはプジョー2008SUVよりも売れるんじゃないかなぁ?ルノー・カングーRenault Kangooに対抗して日本でも売ってみたらどうでしょう?プジョー・シトロエン・ジャポンさん!

Cly1820
ホテルのWifiに接続し、事前にスーパーマーケットの場所を調べておいたので、この道路沿いにあるはず。

Cly1821
SUPER Uというスーパーマーケットを発見。

Cly1822
SUPER Uは、コルシカ島のおみやげコーナーが充実している。色々な種類のカニストレリ“Canistrelli”が売られている他にもコルシカ島のお菓子がたくさん。

Cly1823
ソシソン“Saucisson sec”だけではなく、コッパ、ロンゾといった肉製品もたくさん置かれている。ハエが舞っているお土産店で買うよりも清潔な雰囲気。残念ながら、動物検疫の問題で禁輸品なのでお土産としては日本に持ち帰ることができないので、買っても現地で食べてしまうしかない。一人じゃなければなぁ。部屋でワインのつまみに最高なんだけど。こういう時に「連れ」がいればなぁと寂しくなる。だけど、スーパーマーケットなのに試食の係員がいて、コッパやロンゾを試食させてくれる。美味しくて欲しくなってしまい、余計に悔しい。

Cly1824
私がもう少し長い休みが取れるんだったら、ワインとコッパやロンゾとコルシカ産のチーズとバケットを買えば、幸せな「部屋飲み」ができるんだけどなぁ。そして、そんな部屋飲みを楽しんでくれる「連れ」がいればさらに楽しい。

Cly1825
コルシカ島は豊かな土地。コルシカ産の果物が売られている。このスーパー、観光客目当てなんだろうけれど、コルシカ産コーナーが充実していて楽しい。

Cly1826
スーパーマーケットでお土産用のカニストレリ“Canistrelli”を仕入れて、再びカルヴィの海岸に戻ると空は雲が切れていい感じ。

Cly1827
ダイソーで購入した日本の伝統的な柄のレジャーシートを敷く。

Cly1828
レジャーシートの上に座り、そして寝そべる。

Cly1829
音がすると思ったら、コルシカ鉄道の列車がリル・ルースに向かってのんびりと走っている。

Cly1830
ビーチで寝そべり、空を見上げて太陽の光を浴びる。

Cly1831
小さな女の子が波打ち際で遊んでいる。

Cly1832
お昼に近づくに連れてビーチは賑やかになってくる。

Cly1833
賑やかといっても、まばらにいる程度でのんびりした雰囲気。体が火照ったら海に入り、また太陽の光を浴びる。

Cly1834
2時間くらいビーチでのんびり過ごし、そろそろホテルに戻ることにする。

Cly1835
ブログの記事としては町歩きだと2時間も歩けば写真がたくさん撮れるので雰囲気を伝えやすいけれど、ビーチで何もしない2時間の幸せはうまく表現できないかもしれないなぁ。

Cly1836
パリからエールフランス直行便も出ているのに、カルヴィは知られていないだけで、素晴らしいディスティネーション。

Cly1837
“Hotel Balanea”に戻り、着替えをしてから、スーパーマーケットで買ったカニストレリ“Canistrelli”などをスーツケースにパッキングする。スーツケースをパッキングしてしまうと、楽しかったカルヴィを去ることを実感して寂しい気分。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(8)コルシカ島、カルヴィで最後の夕ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(2)カルヴィ・サント・カトリーヌ空港からエールフランスAF7571便でパリ・オルリー空港へ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64745532

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(1)コルシカ島、カルヴィのビーチでまったりと過ごす。:

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(8)コルシカ島、カルヴィで最後の夕ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 4日目(2)カルヴィ・サント・カトリーヌ空港からエールフランスAF7571便でパリ・オルリー空港へ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ