2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(3)世界自然遺産、ジロラータ(ジロラタ)でお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(5)コルシカ鉄道でカルヴィからリル・ルース“L'Île-Rousse”へ。 »

2017年1月 4日 (水)

初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(4)船で行くか、山道を1時間半ほど歩いていくしかないジロラタ(ジロラータ)の集落。

Cly1301
お昼ごはんを食べて、船で行くか、山道を1時間半ほど歩いていくしかないジロラタの集落を歩いてみる。

Cly1302
私は、美しい風景を見て、ふと足を止めて花を眺めたり、のんびり歩くのが好き。

Cly1303
遊覧船が出発するまで海辺の海岸でのんびりしていようかなぁ。

Cly1304
海岸に降りて桟橋に近い場所にあるジロラータにたった1軒しかないお土産店をのぞいてみることにする。

Cly1305
軒先には木彫りの魚が吊るされている。

Cly1306
吊るされている木彫りの魚の民芸品がちょっとかわいい。

Cly1307
素朴な感じのお土産店だけど、なかなかいい感じ。

Cly1308
なんて、のどかな風景なんだろう。海岸沿いのレストランの前では牛がのんびりとくつろいでいる。

Cly1309
海岸は砂浜ではなくて少し大きめの石。牛だってのんびりとくつろいでいるんだから、砂浜に座り込む。

Cly1310
砂浜に座り、周囲を眺めてみると岩山の上でのんびりとくつろいでいる人がいる。

Cly1311
砂浜に寝転んで日光浴をしている人、水着を着て海に入っている人もいる。

Cly1312
私も砂浜に寝転んでみる。美しい風景を見ながらのんびりするのは至高のひととき。私は夏の旅行のディスティネーションには、自然が美しくて、のんびりできる場所を選んでいる気がする。このままずっと青い空と青い海を見ていたい。

Cly1313
波打ち際は海藻のようなものが浮遊しており、浜辺の海の透明度は高くない。

Cly1314
ジロラータは本当にハイキングコースを歩かないとクルマが走る道路にたどり着かないみたい。山側から歩いて来る、ハイキングの装備をした人も多い。

Cly1315
そろそろ遊覧船に戻らなければいけない時間。スカンドラ自然保護区の海を見るだけではなくて、海辺でのんびりできる時間があるジロラータもセットになったプランにしてよかった。

Cly1316
桟橋からジロラータの集落を振り返る。たった2時間の滞在時間だけどのんびりできた気がする。

Cly1317
行きと同じテラス席の最前列に座る。人数確認をちゃんとしているのかなぁ?

Cly1318
ジロラータの集落を遊覧船は出航する。

Cly1319
きれいな海をカヤックで進むのもいいなぁ。

Cly1320
遊覧船はバックしながらジロラータの桟橋から離れていく。

Cly1321
遊覧船はこれからどこにも寄らずにカルヴィの港を目指すみたい。もしかして、この船が15:00出発のスカンドラのみの3時間コースにもう一度出航するのかなぁ?このまま一直線にカルヴィに向かうのなら、15:00までにカルヴィに戻ることができる。

Cly1322
なにしろ、明日2016年6月21日は夏至で北半球ではもっとも日が長い。日が長ければまだ観光できるかもしれない。このままカルヴィ駅に向かって、15:00発のコルシカ鉄道でリルルースに行けないかなぁ?まぁ、間に合わなかったら、カルヴィの海岸でのんびり過ごせばいい。

Cly1323
船にはフランス国旗ではなく、ハチマキを巻いた「ムーア人の横顔」のコルシカ島の旗がたなびいている。

Cly1324
左側の沖になにかが見える。

Cly1325
ヨットとすれ違う。

Cly1326
カルヴィへの帰路は沖合いを全速力で進むために行きよりも揺れない。

Cly1327
この灯台が見えて来れば、カルヴィの港まであと少し。

Cly1328
船の右側にカルヴィの城塞が見えてきた。帰りは右側の席に座るべきだったかも。

Cly1329
カルヴィの城塞の写真を撮ろうと思って、席を立ち、遊覧船の最後尾に移る。船尾の旗はフランス国旗。

Cly1330
カルヴィの城塞が近づいて来る。

Cly1331
遊覧船の乗客はみんなカルヴィの城塞を眺めている。

Cly1332
カルヴィの町が近づいてきた。

Cly1333
まもなくカルヴィの港に入港する。

Cly1334
今回宿泊している“Hotel Balanea”はなかなか素晴らしい立地条件で、遊覧船乗り場の目の前にある。遊覧船乗り場は15:00出発の船を待っている乗客で溢れている。むしろ、スカンドラだけの3時間コースの方が乗客は多いかもしれないなぁ。

Cly1335
まもなく、遊覧船はカルヴィの港に接岸する。3時間コースだと一度も上陸しないでスカンドラの遊覧だけになるけれど、船で行くか、山道を1時間半ほど歩いていくしかないジロラタの集落に上陸してのんびりしている時間がよかったなぁ。私の旅の目的は、基本的には旅程は短いけれど、のんびりすること。天気も良かったし、今日はスカンドラ自然保護区“Scandola”とジロラータ“Girolata”を巡る遊覧船に乗って本当によかった。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(3)世界自然遺産、ジロラータ(ジロラタ)でお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(5)コルシカ鉄道でカルヴィからリル・ルース“L'Île-Rousse”へ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64716893

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(4)船で行くか、山道を1時間半ほど歩いていくしかないジロラタ(ジロラータ)の集落。:

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(3)世界自然遺産、ジロラータ(ジロラタ)でお昼ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(5)コルシカ鉄道でカルヴィからリル・ルース“L'Île-Rousse”へ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ