2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(7)コルシカ島、カルヴィで夕ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(2)コルシカ島の世界自然遺産、スカンドラ自然保護区。 »

2016年12月25日 (日)

初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(1)カルヴィ港発スカンドラ自然保護区への遊覧船。

Joyeux Noël !

Cly1001
2016年6月20日、月曜日。カルヴィで迎える初めての朝。旅行に出ると、私は飲み歩いたりはしないし、一人なので早く寝てしまうことが多い。旅行に出た時くらいゆっくり寝ていればいいのだけど、朝6時には目が覚めてしまう。

Cly1002
まだ日が昇っていないみたい。

Cly1003
ベランダで朝の少しひんやりとした空気を浴びるのもいい。

Cly1004
ツバメがもう空を舞っている。カルヴィのツバメたちは日が沈むのが遅いので宵っ張りで朝は早起き。

Cly1005
朝6時半になると、私がフランス旅行に来ると朝、必ずと言って行うことはテレビをつけてTF2の“Télématin(テレマタン)”を見ること。久しぶりのウイリアム・レイメルジ“William Leymergie”。ウイリアム、何年この番組をやっているんだろう?テレマタンの好きなところは、番組開始直後にメテオがあること。私はテレマタンのメテオを見て、その日の予定を考える。

Cly1006
バルコニーの椅子に座り、海風を感じてぼーっと海を眺めていたら、建物に太陽に光が当たり始める。

Cly1007
ようやく太陽が上がってきた。

Cly1008
ホテルの朝食レストランへ。窓がない朝食ルーム。

Cly1009
一般的なホテルのコンチネンタルブレックファースト。

Cly1010
カルヴィらしいのはカニストレリ“Canistrelli”が置かれていること。

Cly1011
バケットを切って、ハムとチーズを挟んだだけでも、ジャムと発酵バターをたっぷり塗っただけでも私には十分に美味しくて幸せな気分。

Cly1012
部屋に戻ってバルコニーの椅子に座って今日の予定を考える。

Cly1013
せっかく天気がいいので遊覧船に乗ることにする。15時にはカルヴィに戻れるので、それからビーチでのんびりしてもいい。明日6月21日が夏至なので21時まで明るい。そのため、15時からでも十分に時間がある。

Cly1014
ホテルを出発。ブーランジェリーがホテルのすぐ隣だから、ここでパンを買って朝食にしてもよかったかもしれないなぁ。

Cly1015
小さなスーパーマーケットで水を購入。

Cly1016
ホテルの目の前が港なので乗船場まで1分もかからない。

Cly1017
6月20日、月曜日9:15発スカンドラ自然保護区“Scandola”とジロラータ“Girolata”を巡る遊覧船のチケットを購入。

Cly1018
料金は昨日確認した通り62ユーロ。昨日説明を受けた時に把握していたけれど、高額なのにクレジットカードは受け入れ不可なので要注意。

Cly1019
遊覧船はけっこう大きな船。

Cly1020
乗船する際に、今日はちょっと揺れるかもしれないと言われる。

Cly1021
海風が気持ちいいのでテラス席の最前列に座る。

Cly1022
ガラス越しに写っている通り、日の当たるテラス席はほぼ満席。小さな子どもが数名乗船しているけれど、このあと、子どもたちには「少し揺れる」船の悲劇が訪れることをまだ知らない。

Cly1023
定刻通り9:15にカルヴィの港を出港し、船は岸から離れていく。

Cly1024
今日も大型フェリーが接岸している。フランス本土と船の旅もいいのかもしれないなぁ。フランス本土を夜出発して朝到着するのなら、ホテル代が節約できるし、夜間を移動に使えば時間を有効に使えるのでいいかもしれない。

Cly1025
海から見たカルヴィのシタデルもいい。

Cly1026
船は方向を変えて、カルヴィの港を離れていく。

Cly1027
フェリーが大きいために、カルヴィの城塞が小さく見える。

Cly1028
遊覧船はカルヴィの港を出て、外海に出ようとしている。

Cly1029
海からではないと見ることのできない角度から見るシタデル。

Cly1030
自然の地形を生かしているんだろうけど、右側の天然の岩山の斜面は外敵に攻め込まれるかもしれないなぁ。

Cly1031
シタデルのある岬を一周する形で船はスカンドラ自然保護区に向かっている。

Cly1032
ちょうど岬の先端が岩山になっていて、自然の地形を生かしていることが海側から見るとよくわかる。

Cly1033
だんだんとカルヴィのシタデルが遠ざかっている。

Cly1034
船はスカンドラ自然保護区に向けてコルシカ島をどんどん南下して行く。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(7)コルシカ島、カルヴィで夕ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(2)コルシカ島の世界自然遺産、スカンドラ自然保護区。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64670336

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(1)カルヴィ港発スカンドラ自然保護区への遊覧船。:

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(7)コルシカ島、カルヴィで夕ごはん。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 3日目(2)コルシカ島の世界自然遺産、スカンドラ自然保護区。 »

Link

無料ブログはココログ