2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(1)上海発、中国国際航空CA833便でパリへ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(3)パリ・オルリー空港からエールフランス国内線でカルヴィ・サント・カトリーヌ空港へ。 »

2016年12月 4日 (日)

初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(2)パリ・オルリー空港での6時間の乗り継ぎ時間。

Cly0401
2016年6月19日、日曜日。パリ・シャルル・ド・ゴール空港ターミナル1。「ほんまもん」の中国国際航空CA833便が予想外に!?遅延もなく到着してしまったために、朝7時にはスーツケースも受け取り、外に出られてしまった。14:10パリ・オルリー空港発カルヴィ行きのエールフランスAF7570便の出発まで今から7時間もある。

今からパリ市内に出て、スーツケースを預かってもらうことができれば、少しだけパリ散策もできなくはないけれど、どうしようかなぁ?パリ北駅に行けばスーツケースを預かってもらえるのだろうか。テロ対策で閉鎖されているとスーツケースを持ったままパリ市内を行動することになる。CDGターミナル2には荷物預かりサービスがあることは知っているので、CDGVALに乗ってターミナル2に行き、そこでスーツケースを預けようかなぁ?

Cly0402
いろいろと考えてみるけれど、CDG空港でスーツケースを預かってもらっても、また空港まで戻って来るのが面倒だし、パリ市内に出たとしても、ほとんど観光する時間はない。「ほんまもん」の中国国際航空CA833が遅延することも考慮した上での隙間なので、最初から期待していない隙間。とりあえず、オルリー空港に向かうことにする。オルリー空港からオルリーバスに乗ってパリ市内に簡単に出られる。もしも、オルリー空港で早めにスーツケースをチェックインできてしまえば、時間つぶしにパリ市内に出てもいい。

Cly0403
「ほんまもん」の中国国際航空CA833便が定刻通りに着いてしまったので、時間があまってしまった。ディスプレイの時刻は7:09。8分後に来る“3 TERMINAL SUD”と表示されているバスがオルリー空港行き。

Cly0404
自動券売機で無事にバスのチケットを購入。片道21ユーロ。

Cly0405
バスがやってきたけれど、これはリヨン駅経由モンパルナス駅行きのバス。

Cly0406
そのうしろにもバスが来ている。近づいてみると、このバスこそオルリー空港行きのバス。

Cly0507
オルリー空港行きのバスはCDGターミナル2から来た様子にて、先客がすでに乗っておりほぼ満席。

Cly0508
バスはターミナル1を出発。中国国際航空の機材が2機見える。上海からのCA833便と北京からのCA875便。北京からのCA975便も遅延せずに到着している様子。さすがに「乗客の権利」が明文化されているヨーロッパ路線は遅延しないのかなぁ?

Cly0509
日曜日早朝の高速道路は渋滞もなく順調そのもので、40分くらいでオルリー空港が見えてくる。ここでも、渋滞して時間がかかるかもしれないという時間の計算がずれてくる。不確定要素の保険のための考えていた時間がすべて順調に進んでいる。

Cly0510
オルリー空港・ターミナル西“Orly Terminal Ouest”に朝8時前にバスは到着。

Cly0511
バスを降りて、オルリー空港・ターミナル西“Orly Terminal Ouest”に入る。

Cly0512
出発ロビーは上の階にあるので、エスカレータで出発ロビーに上がる。

Cly0513
出発ロビーに上がると自動チェックイン機が並んでいる。

Cly0514
さっそくチェックイン。まだ朝8時前なので、13時までに戻って来るにしても5時間もある。スーツケースをドロップインできてしまえば、パリ市内に遊びに行けるかもしれない。

Cly0515
時刻は7:56。オルリー空港にある自動チェックイン機も日本語に対応しているので手続きは簡単。荷物のタグも印刷完了し、あとはスーツケースをドロップインすれば手続きは完了。

ところが、カウンターに行く前にチェックポイントがあり時間が早すぎるから受け付けられないとのこと。空港のインフォメーションで、荷物を預かってもらえるところはないかと聞いてみるけれど、「ない」との回答。オルリー空港・ターミナル南“Orly Terminal Sud”にはないかと聞いてみるけれど、「ない」との回答。これから5時間、スーツケースと一緒に行動しなければならなくなってしまった。

Cly0516
とりあえず、PAULに入って、カフェオレでも飲むことにする。幸いなことに、オルリー空港はWifi無料なので、時間つぶしができなくはないかも。

Cly0517
今回の旅程は、いつものサンドイッチ形式ではなく、カルヴィに2泊した後にパリで1泊する旅程にしている。最初からパリのホテルにお願いしてスーツケースを預かってもらう作戦にすればよかったかなぁ。今からパリ市内に出て、パリのホテルにスーツケースを置きに行こうか。ここからパリ市内のホテルまで1時間、戻って来るのに1時間。最大でも朝9時から12時までの3時間しか自由に使えない。そこまで無理してパリ市内にいく必要はあるかなぁ?

Cly0518
今回の旅行で最初にフランスで食べるものは、PAULのパン・オ・ショコラと大好きなタルト・オ・シトロン。そして、カフェオレ。無理してパリ市内まで行くのが面倒になってきて、Wifiも無料で繋がることだし、5時間をパリ・オルリー空港で過ごすことにする。

Cly0519
WifiがつながるのでWebを見てのんびりしていると、突然、テーブルの上にボールペンとノートが置かれる。

Cly0520
聴覚障害者だから4ユーロで買ってほしいということか。そのままテーブルに置いておくと回収していった。PAULには電源もあり、Wifiに無料で接続できるので時間つぶしは苦痛ではない。

Cly0521
2時間ほどPAULでのんびりしていたけれど、さすがに飽きてきたので、オルリー空港ターミナル西を探検することにする。オルリー空港は、以前にベルリンからのイージージェット、マラケシュからのロイヤルモロッコ航空で2回ほど到着に使用したことはあるけど、出発は初めての使用。到着時はバス乗り場を探すだけなので、ターミナル内を探検したことがない。

Cly0522
2016年6月、ちょうど今回の旅程にユーロ2016フランス大会が開催されており、専用グッズ売り場が設置されている。スーツケースを転がしながらのオルリー空港ターミナル西を出発ロビーから到着ロビーまで一通り探検。インフォメーションの女性はオルリー空港内に荷物預り所はないと言っていたけれど、やはり見つからない。

Cly0523
時間つぶし意味も含めて、11:30の開店と同時にレストランに入ってしまうことにする。といってもオルリー空港内のレストランの選択肢はあまりなく、チェーン店“Hippopotamus”の系列と思われる“Red D'HIPPO”に入ってみることにする。

Cly0524
今日のお昼ごはんは、ステーキ。私の場合、フランス旅行の際にはレストランでコース料理を食べてしまうことが多いけど、フランスで食べるシンプルな“Steak Frites”も美味しい。

Cly0525
カルトの一番上に書かれていたステーキ“Steak de filet de bœuf races à viande 180g”をミディアムレアで注文。大盛りのフリットがフランスらしい。

Cly0526
ステーキであるからこそ、肉の美味しさがストレートに伝わって来る。最近、フランスに来ると美味しいものを食べたいと思ってちゃんとしたレストランに入ってしまうことが多いけど、チェーン店系レストランだって、カフェのお昼ごはんだって、街角のサンドイッチだってフランスは十分に美味しい。B級グルメからちゃんとしたレストランまで、値段に関わらず美味しいものは美味しいのに、最近の私のフランス旅行は、お金をかけすぎているかもしれないなぁ。

Cly0527
14:10発カルヴィ行きのエールフランスAF7570便は定刻通りの出発。出発はホール4の40番ゲート。ようやく、スーツケースをドロップイン。

Cly0528
ホール4ゲート40の案内に従って手荷物検査場へ。

Cly0529
国内線の制限区域内のロビーにはエリックカイザーのカフェがあるくらいで、お店は少ない。

Cly0530
エリックカイザー?どうしてもフランスに来ると、エクレールが食べたくなってしまう。エクレールやタルト・オ・シトロン、フランなどのシンプルなお菓子が大好き。

Cly0531
待合室には椅子が並んでいるだけで何もない。

Cly0532
このところ、中東系エアラインを使用することが多いので、エールフランスに乗るのは2014年11月の南フランス・プロヴァンス一人旅から1年半ぶり。

Cly0533
いよいよ、カルヴィ行きのエールフランスAF7570の搭乗開始。

Cly0534
機材はエールフランスのエアバスA320。いよいよ、まだ知らないコルシカ島(コルス)へ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(1)上海発、中国国際航空CA833便でパリへ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(3)パリ・オルリー空港からエールフランス国内線でカルヴィ・サント・カトリーヌ空港へ。 »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
中華航空のくだりはないドイドキして読んでいましたが、無事に到着されて何よりです。

私もカタールに良く使いますが、今のところトラブル無しです。どのキャリアでもアクシデントの時の先読みと、根気強い交渉が大事ですね。

私は食いしん坊なので、町でのさりげない美味しい物のアップを期待しています。(≧▽≦)

はなこさん、こんばんは。

中国系航空会社でもカタール航空でも、イレギュラーなことが発生しなればコストパフォーマンスが良いフライトということだと思います。中国国際航空は北回り航路を取るので中東エアライン御三家を利用するよりも移動時間が短くなるので身体は楽ですので、私は今度、航空券が高い時期には選択肢として「あり」かなぁと感じています。

今回、イントロダクションが長かったですが、次回、いよいよコルシカ島に到着です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64580384

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(2)パリ・オルリー空港での6時間の乗り継ぎ時間。:

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(1)上海発、中国国際航空CA833便でパリへ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 2日目(3)パリ・オルリー空港からエールフランス国内線でカルヴィ・サント・カトリーヌ空港へ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ