2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 準備編(1):大逆転の中国国際航空で行くパリ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 準備編(2):定時運行率37%中国国際航空上海行きCA920便の不安。 »

2016年11月18日 (金)

上野、東京都美術館で「ゴッホとゴーギャン展」を見て、修理完了のスーツケースを引き取りに浅草へ。

2016111801
2016年11月10日、木曜日。駒形にあるエースカスタマーセンターへ。15年は使用しているサムソナイトのスーツケースが、10月のフランス旅行で、経年劣化していたタイヤのゴムが最後の最後にパリ・シャルル・ド・ゴール空港で取れてしまう。現在のサムソナイトのスーツケースは海外製だけど、当時はライセンスを受けたエース製で、日本国内で製造されたもの。エースで作られたスーツケースは駒形にあるエースカスタマーサービスに持ち込むと、職人が丁寧に修理してくれる。

2016111802
すっかりゴムの部分が外れてしまったキャスター。

2016111803
そのほかのキャスターもひび割れていたりしているので、全てのキャスターのタイヤの交換をお願いする。当日の夕方までには出来上がるとのことだったんだけど、午後は用事があるので翌週の11月18日、金曜日に引き取りに行くことにした。もちろん、代引きで送ってもらうこともできるんだけど、上野や浅草を歩いてみるのもいいかと思って、引き取りに行くことにした。

2016111804
2016年11月18日、金曜日。上野駅公園口。

2016111805
上野公園に向かう。

2016111806
銀杏の木が黄色く紅葉している。もう外苑前の銀杏並木もきれいな時期なのかなぁ。一人で見にいってもいいけど、共感できる人が隣にいたらもっといい。

2016111807
美術館そのものが世界遺産になっている、ル・コルビュジエ“Le Corbusier”設計の国立西洋美術館。

2016111808
だけど、今日の目的は国立西洋美術館ではないので、さらに上野公園を歩く。今日は暖かくてお出かけ日和。

2016111809
目的地は東京都美術館。

2016111810
なかなか時間が取れなくて、平日休みの日にいつか来ようと思っていた「ゴッホとゴーギャン展」。東京都美術館の展示はテーマがおもしろくて、今まで気がつかなかった視点で絵画を見ることができるので好き。

2016111811
展示を見ていてもわかるんだけど、ゴーギャンと言えば、ブルターニュ地方のポンタヴェン。2010年9月に私はポンタヴェンを訪れている。残念ながら、旅行記を書き始める前なので、この時のブリュターニュ旅行は「まだ知らないどこかへ」には収録されていない。訪問した時は雨。ポンタヴェンはアヴェン川が流れている。海に近いので、ヨットが停泊している。

2016111812
ポンタヴェンの名物はブリュターニュ名物のバタークッキー。写真では欠けてしまっているけれど、右手にあるのが“Traou Mad”のお店。

2016111813
村の中心部にも左手に“Traou Mad”のお店が見える。私がフランスでお土産を買うときに、フランスに詳しい人にお土産を買うときには“Palets Bretons”の中でも“Pont-Aven”のものを買って行くことがある。

2016111814
町の中に川が流れていて、私の大好きな水のある町。雨じゃなかったら、ゴーギャンが愛した村をもっと歩いてみたかったなぁ。今回の東京都美術館の展示でもポンタヴェンをいかにゴーギャンは愛していたのかを深く知った気がする。

2016111815
町の中心から坂を上ったところにあるトレマロ礼拝堂。

2016111816
人の気配がない場所にあるひっそりとした礼拝堂。

2016111817
ゴーギャンの「黄色いキリスト」のモデルとなったキリスト像がある。東京都美術館の「ゴッホとゴーギャン展」、ポンタヴェンもアルルもサン・レミ・ド・プロヴァンスも訪れたことがあるので、フランスの風景が思い浮かぶようで楽しかった。

2016111818
上野公園内の紅葉も赤く色づいている。

2016111819
スーツケースを引き取ってしまうと行動できなくなってしまうので、上野と浅草をもう少し散策することにする。

2016111820
上野駅から御徒町駅へ向かうガード下にあるお昼から飲める「大統領」に入る。都内に出るといつもフレンチを食べているわけではなく、大衆的なお店も大好き。フレンチからB級グルメまで守備範囲は広く、値段に関わらず美味しいものは美味しいというのが私のスタンス。

2016111821
ビールは瓶ビールしかない。けっきょく、中を追加で頼むんだったら、本物のビールの方がいいかと思ってビールにしたけれど、お店の雰囲気としてはホッピーの方がよかったかなぁ。

2016111822
ここの名物の420円のモツ煮が美味しい。

2016111823
カウンターに一人で瓶ビールからグラスに注ぎ、味付けガツをつまみにちびちび飲む。滅多に昼間からビールを飲むことなんてないので、なんだか休日を満喫しているようで幸せな気分。

2016111824
上野駅のマルイの裏手は昼間から飲める飲み屋が並んでいる。立ち飲みカドクラというお店に引き込まれて行く。ここは「太昌園」という焼肉屋さんの系列お店みたい。

2016111825
ここには生ビールがある。しかも350円と安い。ロンドンのパブのようにキャッシュオンデリバリーで、その都度お金を支払う。

2016111826
名物と書かれていたハムカツ、ポテトサラダ入りをつまみに生ビールを飲む。これも350円と安い。

2016111827
このままだと上野に沈没してしまうので、ハムカツとビール1杯だけでお店を出て浅草に向かう。

2016111828
上野でビールを飲んだあとのシメに蕎麦を食べることにする。駒形のエースに向かう途中にある並木藪蕎麦へ。10人くらい並んでいるけれど、回転が早い。

2016111829
ここの鴨南蛮、美味しい。暖かいそばなのに、蕎麦湯がついてきて、蕎麦湯でつゆを割って飲むと美味しい。

2016111830
まだ時間が早いので、駒形には向かわずに浅草寺にお参りに行くことにする。

2016111831
仲見世通りを歩くけど、東京観光の必須スポットだけあって外国人が多い。

2016111832
浅草寺にお参りをして、ふと最後にデザートを食べようと思いつく。

2016111833
浅草寺の裏手にある5656会館の前にある信号を渡る。

2016111834
千葉屋の大学芋も美味しいけれどお持ち帰り専用だし、今日は「梅むら」へ。

2016111835
浅草寺の裏手にあるので場所がわかりづらいのか、先客は女性2名のみ。ここで食べるのは、もちろん「豆かん」。「梅むら」のふっくらとした豆が好き。

2016111836
スーツケースを持って帰らなくてはならないので、夕方のラッシュの前に電車に乗って帰りたい。今日の上野、浅草散策はここまで。「おっさん」らしさ満載になってしまったなぁ。とても女性とデートに歩くコースじゃない。デートに使えるようなお店を開拓しておかなくちゃ!「むぎとろ」なんてどうだろう?1階で平日ランチの「麦とろごはん」食べ放題はお得だけど、女性とのデートには向かないか。一番いいのは、今日のようなコースで私と一緒に歩いても「楽しい」と感じてれる女性を見つけるのがベストなんだけど、そんな女性はなかなかいない。

2016111837
駒形にあるエース本社に到着。奥には「駒形どぜう」の看板が見える。「駒形どぜう」でネギを山ほど載せて「どぜう鍋」を食べるプランでもよかったなぁ。でも、この選択肢も女性とデートに来る場所としては微妙かなぁ?

2016111838
すでにエースとサムソナイトのライセンス契約は切れているので同じ部品ではないけれど、キャスターが復活。これでまた愛用しているエース製スーツケースと一緒に旅ができる。修理代金はキャスター4つで14000円に消費税で15120円。安いスーツケースだったら新品が購入できてしまうかもしれない。でも、私はモノを修理してでも長く使うのが好き。15年くらい一緒に旅行してきたスーツケースだけど、まだ10年以上使うつもりでいる。

2016111839
明るいうちに自宅に帰る。最寄駅にあるカルディでは、“Traou Mad”のバタークッキーが売られている。そう、ポンタヴェンまで行かなくても、フランスまで行かなくても、実はカルディで売られている。帰宅後は、ゴーギャンの愛したポンタヴェンのバタークッキーを食べて、ポンタヴェンの風景を思い浮かべる。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 準備編(1):大逆転の中国国際航空で行くパリ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 準備編(2):定時運行率37%中国国際航空上海行きCA920便の不安。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64511395

この記事へのトラックバック一覧です: 上野、東京都美術館で「ゴッホとゴーギャン展」を見て、修理完了のスーツケースを引き取りに浅草へ。:

« 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 準備編(1):大逆転の中国国際航空で行くパリ。 | トップページ | 初めてのコルシカ島、弾丸カルヴィ一人旅 準備編(2):定時運行率37%中国国際航空上海行きCA920便の不安。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ