2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(2)ニッカウヰスキー余市蒸溜所のガイドツアー。 | トップページ | ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(4)小樽、ルタオのカフェで生ドゥーブルフロマージュ。 »

2016年11月 8日 (火)

ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(3)余市、柿崎商店「海鮮工房」でお昼ごはん。

Spk1101
ニッカウヰスキー余市蒸溜所の見学ツアーを終えて余市を散策。リタロードと呼ばれる道を歩くと余市教会がある。

Spk1102
余市教会の裏手には「リタ幼稚園」がある。リタ夫人の遺産の一部が寄付されて建築費用の一部とされたことから余市幼稚園をリタ幼稚園と改名したのだという。

Spk1103
余市川沿いの「リタの散歩道」を歩く。のどかな川沿いの遊歩道はのんびりできていい。

Spk1104
ほぼニッカウヰスキー余市蒸溜所を一周して、余市駅の方向に向かう。途中でニッカ沼と呼ばれる小さな沼がある。

Spk1105
ニッカ沼ではカモがのんびりと水面を移動中。

Spk1106
帰りの汽車まで時間があるので余市駅前交差点にある柿崎商店に入ってみる。

Spk1107
店先には生ホッケやぼたんえびが箱売りされている。

Spk1108
お店の中に入る。昨日の小樽のお寿司屋さんで食べたホッキ貝、美味しかったなぁ。

Spk1109
干物でしか見たことのないホッケ。生ホッケはどのようにして食べるんだろう?

Spk1110
「ヘラがに」ってなんだろう?私は市場やスーパーマーケットなどが大好き。見たことや食べたことのないものを見ると、どんな味なんだろう?どのように料理して食べられるんだろう?と想像するのが楽しい。

Spk1111
八角のお刺身、美味しいんだよなぁ。東京でしか食べたことがないけれど。

Spk1112
半身で売られているのは「余市」と書かれた鮭が売られている。もう鮭の時期なんだなぁ。

Spk1113
「宗八かれい」は小ぶりだけど随分と安い。柿崎商店、見ているだけで楽しめてしまう。

Spk1114
お惣菜コーナーには「ほっけフライ」。お惣菜コーナーも地方の特色がある場合があるので必ずチェック。

Spk1115
「ホッキ飯」なんて美味しそう。これを汽車の中で食べてもいいかも。

Spk1116
果物コーナーに行くとメロンが売られている。積丹半島ドライブで岩内からニセコに向かう途中で「らいでんメロン」の看板をたくさん見てきたけど、ブランドメロンとして美味しいのかなぁ。

Spk1117
余市やお隣の仁木町は果物の産地。ぶどうも安く売られている。送料がかからなければ買っていきたいくらいなんだけど。

Spk1118
生プルーンって大好き。1パック198円なんて安い。これだったら持って帰ることができるかなぁ?

Spk1119
かぼちゃも美味しそう。柿崎商店ですっかり楽しんでしまう。北海道の「道の駅」が農産物直売所としてあまり発展していないのは、民間の商店が充実しているからなのかなぁ?

Spk1120
次の小樽行きの汽車が12:31発でまだ1時間ほど時間があるので余市で早めのお昼ごはんを済ませてしまうことにする。1階の柿崎商店の品揃えを見て期待できると思って、2階にある「海鮮工房」に入ってみることにする。食堂といった雰囲気で、ショーケースにはサンプルが並んでいる。「うに丼」はやっぱり、夏に来なくては食べられない。食べたことがない「宗八」が気になる。

Spk1121
先に食券を買って、自由に席に着く。

Spk1122
もちろん、レンタカーではないのでお昼からサッポロクラシック。今日は朝からウイスキーを飲んで、お昼はビールと飲んでばっかり。

Spk1123
色々と悩んで、昨日はうにやイクラを堪能したので、気になったのは貝類の刺身の「磯丼」。昨日のホッキ貝が美味しかったんだもん。ごはんは酢飯にも変更できるというので酢飯にしてもらう。

Spk1124
ホッキ貝、つぶ貝、ホタテと貝三昧。想像通り美味しい。私はうにやイクラよりも貝の方が好きなのかも。次は夏に来て生うにを食べなくちゃ、判断はできないけれど。

Spk1125
単品で注文した「宗八ガレイ」がまた美味しい。

Spk1126
柿崎商店「海鮮工房」で昼食を済ませ、余市駅に向かう。

Spk1127
余市駅前交差点にバス停を見つける。鉄道で帰るつもりだったけど、バスで帰ってもいい。

Spk1128
あれ?バスの方が鉄道よりも高頻度で運行されており、1時間に1〜2本のバスが運行されている。鉄道は「旅情」を感じるためにはいいかもしれないけれど、生活者にとっては高頻度で運行されている方が利用価値はあるだろうなぁ。

Spk1129
もともと鉄道のダイヤに合わせて行動しているために、ちょうどよいバスがなくて、鉄道の方が効率的なので余市駅に向かう。

Spk1130
函館本線の日中帯の鉄道のダイヤは運行本数がかなり少ない。もっとも、フランスの地方で鉄道旅行を考えるとこれでも多い方だけど。日中帯はフランスだとフランス国鉄SNCFは、平行して線路があるのにバスを運行している場合もある。大量輸送が必要な通勤・通学時間帯は鉄道、生活圏としての移動が少ない時間はバス運行でコスト削減は、フランスらしい合理的な考え方。

Spk1131
余市は交通の要所らしく、ここから積丹半島方面や岩内方面に行くバスが通るので、小樽、札幌方面行きのバスはかなり高頻度で運行されている。鉄道のダイヤに合わせて行動していたんだけど、最初からバスを調べておくべきだったかもしれない。これでは生活者はバスに乗る。

Spk1132
余市駅の2階は展示スペースになっており、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」やマッサンを利用した余市のPRポスターが貼られている。

Spk1133
スキージャンプ選手の道具などが展示されているけれど、私は船木選手くらいしか知らない。

Spk1134
ようやく改札が始まり、ホームに入る。

Spk1135
午後、飛行機が出発する前はどこで過ごそうかと考える。札幌で「オータムフェスト」でサッポロクラシックを飲みながらまったり過ごすのもいいし、小樽で少しは賑やかな観光地を歩くのもいい。今回は小樽にしてみようかな。小樽までの切符を買う。

Spk1136
2両編成の小樽行きの気動車が入線して来た。気動車に乗って、再び小樽へと向かう。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(2)ニッカウヰスキー余市蒸溜所のガイドツアー。 | トップページ | ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(4)小樽、ルタオのカフェで生ドゥーブルフロマージュ。 »

北海道」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64452655

この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(3)余市、柿崎商店「海鮮工房」でお昼ごはん。:

« ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(2)ニッカウヰスキー余市蒸溜所のガイドツアー。 | トップページ | ウィスキーを飲みに余市・積丹半島ひとり旅3日目(4)小樽、ルタオのカフェで生ドゥーブルフロマージュ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ