2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(3)ダンドワのワッフルを食べて、ブリュセル国際空港に向かう。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(5)カタール航空、ブリュッセル空港での悲劇。機材故障による欠航で帰国予定日に帰国できない最悪の事態に。 »

2016年9月25日 (日)

ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(4)カタール航空、ドーハへ向かうボーイングB787が、まさかの機材故障。

Bru2701
カタール航空のチェックインを済ませて、もうブリュッセル空港で買うものもないので手荷物検査に進む。それに、空港ラウンジでお昼ごはんを食べようと思っていた。

Bru2702
空港の中に入ってもチョコレートショップ。有名なブランドのベルギーチョコレートだったら空港内でも買うことができる。だけど、寂しいことにホワイトデーのプレゼントも要らないし、自分用のチョコレートは山ほど買ってあるので、もうチョコレートは要らない。

Bru2703
もう買うものもないので出国審査場に進む。

Bru2704
ブリュッセル国際空港は出国審査場を過ぎるとあまりお店がない。おみやげを買い忘れた時には、出国審査場を通る前に探したほうがいいかも。

Bru2705
ラウンジに向かう。ブリュッセル国際空港でもプライオリティパスで利用できるラウンジがある。

Bru2706
プライオリティパスで利用できるダイヤモンド・ラウンジ“Diamond Lounge”に入る。お昼ごはんをラウンジで食べるつもりだけど、食事系のものがどの程度置かれているんだろう?

Bru2707
ラウンジ内は広く、ゆったりとしてくつろげる雰囲気。

Bru2708
軽食コーナーに行ってみると、食事メニューがちゃんとあるみたいでランチメニューがあるみたい。

Bru2709
前菜はクレソンのスープ、タンドリーチキン、クスクスなど温かい食事が置かれている。

Bru2710
そして、さすがはベルギー。ベルギービールが飲める。Leffe Bruinが置いてある。

Bru2711
Leffe Blondも飲み比べられるなんてなかなかいいじゃない。

Bru2712
空港ラウンジで食べるお昼ごはん。

Bru2713
クレソンのスープ。

Bru2714
飛行機に乗ってしまうと食べられない生野菜。旅行に出るとに、野菜不足を感じて、無性に野菜が食べたくなり、たまにカフェで山盛りサラダを頼み、もりもり野菜を食べる。

Bru2715
クスクスにタンドリーチキンをのせて食べると、カレーライスみたい。美味しいけれど、そもそも、タンドリーチキンって、こんな感じのものだったっけ?

Bru2716
そして、Leffeを飲む。しかも、グラスもちゃんとLeffe専用のグラスなのがうれしい。もちろん、置いてあるビールは一通り飲み比べ。ベルギービールが飲み放題なんて、なかなか幸せなラウンジ。

Bru2717
お昼ごはんとビールを飲んで、幸せな気分でラウンジを出て、カタール航空ドーハ行きQR194便が出発するB14番ゲートに向かう。これから、ドーハ経由の長旅が始まる。中東系エアラインは、ドーハやドバイまで7時間程度乗った挙句に、日本までさらに10時間と、それなりに体力が必要。ANAだったら、直航便なので楽に日本に帰ることができるのになぁ。まぁ、航空券は今回の格安カタール航空と比較すると2倍くらいするんだけど…。

Bru2718
B14番ゲートに到着する。天井にはANAの広告がひたすら続く。

Bru2719
心配していた「カタール航空、急病人の悲劇」のようなトラブルもなく、カタール航空QR194便ドーハ行きは15:15定刻通りに出発予定。

Bru2720
そして、スケジュール通りに搭乗開始。

Bru2721
機材はボーイングの最新鋭機種であるB787ドリームライナー。

Bru2722
スケジュール通りにボーディング。カタール航空のB787のコンフィグレーションは、3-3-3の横9列。エミレーツ航空のボーイングB777の3-4-3のコンフィグ並みにエコノミークラスは狭い。もっとも、最近はどこの航空会社もボーイングB777は3-4-3の横10列のコンフィグが普通になってしまったけれど。

Bru2723
最新鋭機種だけあって、画面は大きいし、USB端子もあるので充電も可能。コントローラーはスマートフォンのように大きい。

Bru2724
定刻よりも早く、ゲートが閉まり、プッシュバックが始まる。これで3度目になるけれど、何度見てもカタール航空のFCバルセロナの安全確認ビデオが面白くて見入ってしまう。カタール航空、結果的には大きな遅延にも遭遇しなかったし、機内食は少しチープな感じだけど航空券の値段を考えれば、問題ないかなぁ。航空券が安かったら問題なくリピートありだなぁと「この時までは」感じる。すでにスポットを離れ、飛行機は滑走路に向かう「はずだった」。

Bru2725
機内にアナウンスが入る。機材の不具合のために一旦ゲートに引き返すというアナウンス。プッシュバックして、いざ滑走路に向けて走り出そうとする段階で何らかのエラーがあった様子。エラーが発覚するのが飛んでからでなくてよかった。リセットをかけて再起動してすれば、すぐ修復できるだろう。ドーハでの乗り継ぎ時間は1時間45分あるので、多少遅れても大丈夫。

Bru2726
機内にはブリュッセル空港のメンテナンスのスタッフが乗り込んでくる。さすがに航空機の不具合は、不具合があった時にパソコンを再起動すれば復旧するような単純な問題ではない様子。

Bru2727
ポテトチップが配られる。時間はどんどん経過し、1時間が経過してドーハでの成田空港行きQR806便への乗り継ぎが微妙になってくる。しかし、私はまったくと言っていいほどに焦っていない。なぜかというと、ドーハからは成田行きが出発した6時間後に、羽田行きが飛んでいる。羽田行きQR812便に振り替えてもらうことができれば、羽田空港到着が深夜になってしまうけれど、同日に東京まで戻ることができる。東京まで戻ることができればあとはなんとかなるだろう。翌日は仕事の予定なので、日程だけは予定通りに帰れないと困ってしまう。カタール航空QR806便は、QR812便が保険として6時間後に東京に向かうことがわかっているのである意味で安心。

3/9 QR194 BRUDOH 15:15 23:20
3/10 QR 806 DOHNRT 01:05 16:55

3/10 QR812 DOHHND 07:05 22:45
※QR=カタール航空 BRU=ブリュッセル DOH=ドーハ NRT=成田 HND=羽田
(注)QR812便の実際の2016年3月10日の出発時間は若干異なる。

Bru2728
ジュースが配られる。6時間以内の遅延であれば、ドーハに到着してから羽田行きに振り替えてもらう交渉をすればなんとか帰ることができるだろうと楽観的に考えていたので、焦ることはない。どうせなら機内食を出してくれてもいい。

Bru2729
なかなかメンテナンスが終了せず。要するに事態は進展していないということなんだけど、アナウンスも少ないので、徐々に乗客は退屈になってくる。

Bru2730
時間を見てみると確かに退屈に感じるわけで、もう2時間も飛ばない飛行機の中に缶詰になっている。もうこの時点で、ドーハでの東京・成田行きQR806便への乗り継ぎはアウトであることが確定。ドーハに到着してから羽田行きに振り替えてもらう交渉をしなければならないけど、羽田空港に深夜22:45に到着となるQR812便が満席ということはないだろうから振り替えてもらえるだろうと楽観的に考える。

Bru2731
そして、アナウンスが再び入る。メンテナンスに時間がかかりそうなので、一旦、出発ロビーに全員を下すとのこと。最新鋭機であるボーイングB787ドリームライナーであるのにカタール航空はメンテナンスをきちんと行っていないのだろうか。それとも、ボーイングB787だから問題なのだろうか。

Bru2732
ずっと楽観的に考えていたけれど、なんだか、雲行きが怪しくなってきたぞ。私の航空会社の選び方は、まずは少ない休暇を最大限に生かすために、深夜便を利用するなどのスケジュールが最優先。その次がコストパフォーマンス。飛行機なんて単なる移動手段であり、きちんと目的地まで運んでくれて、予定通りに日本に帰ることができれば問題ないと考えている。ところが、予定通りに運んでくれないということになると、結果的にカタール航空は「安かろう悪かろう」だったという判断をするしかなくなる。

まだカタール航空ドーハ発羽田行きQR812便までは4時間程度の時間がある。あと4時間でメンテナンスを完了させてドーハに向かって飛んでくれないと、予定通りの日程で帰国できなくなってしまう。そうなると、HISの口コミ情報の「カタール航空最悪」という口コミが正しかったということを証明してしまうことになる。今回は、カタール航空は「安かろう悪かろう」ではないことを証明する実証実験だったので、やっぱりカタール航空は「安かろう悪かろう」だったという結果を回避するためには、残り4時間のうちにメンテナンスの完了を待つしかない。私は短い休暇に目一杯旅程を組み込むので、3月11日は仕事があるので、何としてもドーハに飛んでくれて明日3月10日のうちに東京に到着してくれないと困ることになってしまう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(3)ダンドワのワッフルを食べて、ブリュセル国際空港に向かう。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(5)カタール航空、ブリュッセル空港での悲劇。機材故障による欠航で帰国予定日に帰国できない最悪の事態に。 »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

ベルギー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64245216

この記事へのトラックバック一覧です: ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(4)カタール航空、ドーハへ向かうボーイングB787が、まさかの機材故障。:

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(3)ダンドワのワッフルを食べて、ブリュセル国際空港に向かう。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(5)カタール航空、ブリュッセル空港での悲劇。機材故障による欠航で帰国予定日に帰国できない最悪の事態に。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ