2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(7)ブリュセルの繁華街、ヌーヴ通り“Rue Neuve”を歩く。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(1)ノイハウスの高級ベルギーチョコが無料で食べ放題?ノイハウス・チョコレートショップ工場店へ。 »

2016年9月11日 (日)

ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(8)ブリュセル最後の夜は、やっぱりシェ・レオンのムール貝のワイン蒸し!

Bru2301

ヌーヴ通りからグラン・プラスの方向に歩き始める。モネ広場に面するショッピングセンターなどに立ち寄りながら、気になるものや面白いものがないかと探す。

Bru2302
ベルギー資本のスーパーマーケットのデレーズ“Delhaize”の小さなお店がある。すでにカルフールでおみやげになりそうなものを買ってしまったけれど、デレーズの方がベルギーらしかったかなぁ?

Bru2303
寄り道している間に周囲が暗くなってきた。「ギャルリー・ロワイヤル・サン・チュベール」“Galerie Royales St.Hubert”に入る。

Bru2304
ブリュッセル最後の夕食は何を食べようかなぁ?とイロ・サクレ地区でレストラン探し。

Bru2305
ベルギーで最後の晩餐に食べるとしたら、やっぱりムール貝のワイン蒸しかなぁ?今回のベルギー旅行だって、ムール貝のワイン蒸しを食べにベルギーに来たようなものだから。

Bru2306
定番すぎるかもしれないけれど、13年ぶりにシェ・レオン“Chez Léon”に入ってみることにする。

Bru2307
さすがにガイドブックに載っている有名店だけあって、シェ・レオンは日本人だらけ。それに、地球の歩き方を読むとイロ・サクレ地区のレストランでは、ぼったくりに注意と書かれているので、どうしてもガイドブックに掲載されている有名店に入るしかない。

Bru2308
ビールは無難な“Duvel”を注文。ベルギービールは種類が多すぎて、奥が深すぎる。それぞれに特徴があっておもしろい。

Bru2309
注文したのはムール貝のワイン蒸し。やっぱり、このバケツのような大鍋に盛られたムール貝に最初にベルギーに来た時にその量と美味しさに魅了されて、再びベルギーを訪れている気がする。

Bru2310
やっぱりベルギーが好き。ムール貝は美味しいし、ベルギービールも美味しい。中世の雰囲気を感じるブルージュの町。風景も美しくて食べ物も美味しい。

Bru2311
シェ・レオン“Chez Léon”のムール貝のワイン蒸し、スープがけっこう塩気が強くてしょっぱい。こんなだったっけなぁ。パンを浸して食べるにはいいかもしれないけれど。大きな鍋いっぱいに入っているムール貝だけど、美味しいのでビールを飲みながらどんどん食べれてしまう。

Bru2312
もちろん一人で完食。美味しかったなぁ。また時間が経てば、このムール貝の美味しさが再び私をベルギーに導いていくのだろう。その時は一人旅ではなく、このムール貝の美味しさを共感できる人と一緒だといいけれど。

Bru2313
短い5日間の休暇でいくベルギー旅行もそろそろ終盤に差し掛かっている。ブリュッセルで過ごす夜も今日が最後。明日にはカタール航空の飛行機に乗ってドーハに向かう。

Bru2314
最後にもう一度ブリュッセルの観光名所を歩いてみることにする。

Bru2315
市庁舎の鐘楼のライトアップ、何度見ても美しい。

Bru2316
もう一つの目的は、Canon Powershot G9Xで夜景をどの程度撮影できるのか試してみる。

Bru2317
デジタル一眼レフカメラの方が表現力は高いのだろうけれど、私が旅行用のカメラに求めることは軽量コンパクトで、オートフォーカスが速いこと。私が求める旅行用カメラとしては満足いく性能。もう少しレンズの倍率が高いといいけれど、それはG7Xを買えばいいということだろう。

Bru2318
触れると幸運が訪れるという「セルクラースの像」にもう一度触れてみる。再び、ブリュッセルを訪れることができますように。その時には、できれば一人旅ではなく…。

Bru2319
ブリュッセルは大都市のわりに夜が早いのか、3月という時期が閑散期にあたるのか、夜になると人通りも少ない。

Bru2320
世界三大がっかり名所の「小便小僧」に会いに来てみるけど、やっぱり小さい。

Bru2321
今日は服を着ていないので、一昨日見た小便小僧は特別バージョンだったのかもしれないなぁ。

Bru2322
そろそろホテルに戻ることにする。グラン・プラスからブリュッセル中央駅の方向に出る石畳の道に小さな発見をする。

Bru2323
帆立貝の形をしたマークがブリュッセルにも埋められているんだ。フランスを旅行していると聖ヤコブの道“Chemins de St-Jacques”の巡礼路にあたる都市を訪れることもあるけれど、スペインのサンティアゴ・デ・コンポテステーラへ続く巡礼路はブリュッセルまで伸びているのかなぁ。

Bru2324
明日にはブリュッセルを出発し、カタール航空でドーハに向かう。どうしても、ブリュッセルの思い出を積み込みたくて、“Gaufre de Bruxelles”の前で足が止まってしまう。本場のベルギーワッフルを食べる機会もしばらくない。

Bru2325
ワッフルの食感もいいし、チョコレートが濃厚で美味しい。

Bru2326
休暇5日間の弾丸旅行だったけど、ベルギー旅行は楽しかったなぁ。私が14年間ずっと「ヨーロッパでどこがお勧めですか?」と聞かれたときに、ずっと「ブルージュ」と答えていたことが間違っていなかったことも確認できた。

Bru2327
サン・ミッシェル大聖堂前の広場でまた、小さな発見をする。

Bru2328
この帆立貝の印をたどっていけば、フランスを経由してサンティアゴ・デ・コンポテステーラまで行けるのかなぁ。なかなか私は長い休みが取れないけれど、いつか巡礼の道を一部分でいいから歩いてみたいなぁ。

Bru2329
ヨーロッパらしさをコンパクトに味わうのであれば、ベルギーはお勧めの国。ベルギーをまだ知らないのであれば、バケツのような鍋に入ったムール貝を食べるだけでも訪れた方が絶対にいい。

Bru2330
新聞社“Le Soir”までくれば、ホテルはすぐそば。私は基本的に一人で夜遊びはしないので早めにホテルに戻ってしまう。

Bru2331
ホテル・モーテル・ワン・ブリュッセル“Hotel Motel One Brussels”に戻る。明日2016年3月9日は、15:15発ブリュッセル発ドーハ行きカタール航空QR194便でベルギーを発つ。お昼ぐらいまでは時間があるけれど、おみやげもほぼ揃ってしまったし、午前中でどこに行こうかなぁ。この時は「カタール航空の悲劇」に翌日遭遇することになることはまだ知らない。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(7)ブリュセルの繁華街、ヌーヴ通り“Rue Neuve”を歩く。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(1)ノイハウスの高級ベルギーチョコが無料で食べ放題?ノイハウス・チョコレートショップ工場店へ。 »

ベルギー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ラコスケ様

はじめまして。
突然のコメント失礼いたします。トリップノート編集部と申します。
ブログを拝見し、コメントを残させていただいております。

過去に遡って記事を拝見させていただいたのですが、ヨーロッパ特にフランスがお好きなんですね!フランスといえばパリとしか思い浮かばなくても、ラコスケ様の記事を見てフランスは奥深いな、もっと行ってみたいなと思う人も多いと思います。写真もとてもきれいですね。個人的にはカルヴィの港町の写真が懐かしい感じがして好きです。

私共の運営する、オンラインの旅行マガジン&ガイドブック[tripnote]では、現在、旅行に関する記事を書いてくださる《トラベルライター》を募集しておりまして、特に旅行についての情報発信を積極的になさっている方へお声がけさせていただいております。

《トラベルライター》の具体的なお仕事内容としましては、ご自身で訪れた経験のあるスポット(観光名所や旅先のレストラン、ショップなど)について、ご自身で撮った写真を中心に記事を執筆していただくお仕事で、基本的にこちらから記事のテーマを指定することはなく、トラベルライターさんご自身が、紹介したいスポットを決めて記事を書いていただく、在宅での業務となります。

報酬としましては、1記事につき固定報酬500円+従量報酬(有効なアクセス数に応じて)をお支払いいたします。

少しでも《トラベルライター》に興味を持っていただけるようであれば、以下の募集ページより、お気軽にご応募いただければ幸いです。

■トラベルライター募集ページ
https://tripnote.jp/minna

500円の報酬の記事を書くために、著作権を無視した写真の盗用などが行われていることを考えると悲しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64188349

この記事へのトラックバック一覧です: ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(8)ブリュセル最後の夜は、やっぱりシェ・レオンのムール貝のワイン蒸し!:

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(7)ブリュセルの繁華街、ヌーヴ通り“Rue Neuve”を歩く。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 4日目(1)ノイハウスの高級ベルギーチョコが無料で食べ放題?ノイハウス・チョコレートショップ工場店へ。 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ