2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(6)ブルージュから缶ビール“Jupiler”を飲みながらブリュッセルへ。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(8)ブリュセル最後の夜は、やっぱりシェ・レオンのムール貝のワイン蒸し! »

2016年9月 7日 (水)

ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(7)ブリュセルの繁華街、ヌーヴ通り“Rue Neuve”を歩く。

Bru2201
ブリュッセル中央駅に到着。ブリュセル中央駅は地下駅なので、地上に出た時に現在位置と方角がわからなくなる。

Bru2202
今日のホテルは、一昨日宿泊したホテル・モーテル・ワン・ブリュッセル“Hotel Motel One Brussels”なので、さすがに迷うことはない。

Bru2203
“Le Soir”という新聞社の前を通り過ぎれば、ホテルはもうすぐそこにあるはず。新聞社の1階はその名も“Brasserie de la Presse”というブラッスリーになっている。

Bru2204
やっぱり、マルタに行ってから建物の出窓が気になってしまう。じっくり眺めると、この建物の装飾全体が美しい。

Bru2205
ホテル・モーテル・ワン・ブリュッセル“Hotel Motel One Brussels”に無事に到着。ロビーはバーになっている。チェックインを済ませて、私がブルージュに行っている間、ブリュッセルでお留守番をしていたスーツケースを受け取る。私がよく使うスーツケースをお留守番させての小旅行は、いつもの通り大成功。

Hotel Motel One Brussels
http://www.motel-one.com/en/hotels/brussels/hotel-bruessel/

Bru2206
ホテルの部屋の雰囲気やシャワールームなどは前回紹介しているので今回は省略。

Bru2207
明日の昼にはブリュッセルを出発しなければならないので、おみやげを購入してスーツケースにパッキングするのなら、今日中に買い物に出ようかなぁ。少し大きめのスーパーマーケットを探しにブリュッセル市街地に出ることにする。ここからの写真は、Nikon1 J3からCanon Powershot G9Xにカメラをチェンジ。夜景を含めて、G9Xでどのような写真を撮れるのか試してみることにする。

Bru2208
Canon Powershot G9Xは軽量コンパクトな分だけ広角が少し弱いかも。サン・ミッシェル大聖堂の全体を撮ろうとするとかなり下がらないと撮れない。

Bru2209
サン・ミッシェル大聖堂からグラン・プラスの方角を見ると市庁舎の鐘楼が見える。

Bru2210
スーパーマーケットを探しに市庁舎の鐘楼のあるグラン・プラスの方向ではなく、坂を下っていく。

Bru2211
「ギャルリー・サン・チュベール」“Galerie St.Hubert”の反対側の入口があるけれど、ふと表示を見ると「ギャルリー・ロワイヤル・サン・チュベール」“Galerie Royales St.Hubert”になっている。「地球の歩き方」に表記を合わせたんだけど、「ロワイヤル」を入れたほうが正式名称なのかなぁ?

Bru2212
さらに坂を下っていくとモネ広場“Place de la Monnaie”に出る。モネ・センターの建物は面白い形のビル。

Bru2213
左に曲がればグラン・プラスや証券取引所などの中心部に続くショッピング街。

Bru2214
モネ広場には1819年に建てられた王立モネ劇場が建つ。

Bru2215
人の流れを観察していると、モネ広場からヌーヴ通りに抜ける人が多いことに気がつく。きっと、ヌーヴ通りはショッピング街に違いない。規模の大きそうなスーパーマーケットを探しに、ヌーヴ通りを歩いてみることにする。

Bru2216
“GALERIA INNO”と言うデパートを発見。やっぱり、このヌーヴ通りは近代的なショッピング街。

Bru2217
デパートGALERIA INNOの向かいに立つのはノートルダム・デュ・フィニステール教会“Église Notre-Dame du Finistère”。

Bru2218
気になってしまうのは教会の前に立つお菓子を売っている露天のお店。

Bru2219
綿あめにチョコバナナにりんご飴かなぁ?日本のお祭りによく出ている露天商の人気のお菓子が大集合。

Bru2220
GALERIA INNOの奥には、“City2”というショッピングセンターが並んでいる。

Bru2221
大きめのスーパーマーケット、フランス資本のカルフール“Carrefour”を無事に発見!私は世界各国、どこへ行っても市場やスーパーマーケットが大好き。だって、どのようなものが売られているのかを観察すれば、その地で生活が少しでもわかるような気がする。売られているもので、その国や地域の特色がないかを探すのが好き。ちなみにベルギーの特色といえば、パンやお菓子売り場にベルギーワッフルが売られていること。マルタでもそうだったけれど、パン売り場は日持ちがしないものが多くて一般的なおみやげには向かないかもしれないけれど、その地域の特色があるお菓子を見つけられることが多いので、私は必ずチェック!

Bru2222
スーパーマーケットを探検するのはやっぱり楽しい。近代的なショッピング街はガイドブックに明記されていないことも多くて、人の流れについて行って発見することが多い。ヌーヴ通り、なかなか楽しい。おみやげも無事に購入できたので、再びグラン・プラスの方向に歩き始める。

Bru2223
私がつい気になってしまうのがお花屋さん。

Bru2224
花束やブーケのコーディネイトはお国柄なのか、フロリストのセンスなのかなぁ?

Bru2225
C&Aは昔からフランスではよく見かけるけど、日本には進出してこないなぁ。

Bru2226
ガイドブックにも載っていないようなパサージュ“Passage du Nord”を歩いてみたり、観光名所を歩くのも楽しいけれど、ガイドブックに載っていないようなショッピング街を見て歩くのが好き。

Bru2227
C&Aのビルの一角にあるワッフル屋さん“Vitalgaufre”がふと気になる。たぶん、ヌーヴ通りは地元の人も利用するショッピング通り。そのショッピング通りにあるお店で、観光客目当てのお店よりも、ベルギーの人を相手にしているお店なら、チェーン店だとしても美味しいんじゃないかなぁ。

Bru2228
チョコレートのワッフルを頼んだら、店員さんが作業をしている。

Bru2229
チョコレート?のリエージュ・ワッフルが完成。でも、想像のチョコレートのワッフルとは違う。一体、どこがチョコなんだろう?

Bru2230
どうやら、チョコレートの棒を店員さんが差し込んでいたみたい。これがまた美味しくて、幸せな気分。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(6)ブルージュから缶ビール“Jupiler”を飲みながらブリュッセルへ。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(8)ブリュセル最後の夜は、やっぱりシェ・レオンのムール貝のワイン蒸し! »

ベルギー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64172305

この記事へのトラックバック一覧です: ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(7)ブリュセルの繁華街、ヌーヴ通り“Rue Neuve”を歩く。:

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(6)ブルージュから缶ビール“Jupiler”を飲みながらブリュッセルへ。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(8)ブリュセル最後の夜は、やっぱりシェ・レオンのムール貝のワイン蒸し! »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ