2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(3)マルクト広場の鐘楼から見たかわいらしいブルージュの町の風景。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(5)ブルージュの運河でボートクルーズ。 »

2016年8月28日 (日)

ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(4)ブルージュでベルギービールを飲みながらお昼ごはん。

Bru1901
鐘楼から見下ろす、かわいらしいブルージュの町を見たあとは、ブルグ広場へ。ブルグ広場には市庁舎が建つ。

Bru1902
市庁舎に入って左手にあるカウンターでチケットを購入し、階段を上がって2階にあるゴシックホールを見学することにする。

Bru1903
絵画や部屋の装飾がおもしろい。

Bru1904
部屋全体がおもしろいと思うけど、特に私は扉の装飾がお気に入り。

Bru1905
市庁舎の横には聖血礼拝堂が立っている。その名の通り、「聖血の遺物」が納められている。

Bru1906
内部に入ると装飾が美しい礼拝堂。

Bru1907
祭壇の装飾を見入ってしまう。「聖血の遺物」は14時から見ることができるようだけど、今回は午後に再訪するのを忘れてしまったために見ることができず。いつか、「連れ」と一緒にブルージュを再訪した時に、馬車に乗ることとともに楽しみとして残しておくことにする。

Bru1908
最後に公文書館。自由ブルージュ博物館となっており、カール5世を讃える目的で作られた。

Bru1909
暖炉の上の木製の彫刻がすばらしい。

Bru1910
公文書館から出ると、ブルグ広場の奥にはマルクト広場にある鐘楼が見える。

Bru1911
市庁舎と公文書館の間の道を進むことにする。

Bru1912
ブルージュの紋章なのかなぁ?

Bru1913
市庁舎のすぐ裏には運河が流れており、運河クルーズの船乗り場になっている。運河クルーズには参加してみようかなぁ。夏だったら賑わっているんだろうけれど、3月は観光シーズンではないためか、もう少し人が集まらないと船が出なそう。

Bru1914
私は町の中に水がある風景が好き。だから、ブルージュが好きなのかもしれないなぁ。

Bru1915
橋を渡ると魚市場。市場という名前を聞くと、探検したくなってしまう。どのような魚が売られているのか、世界どこへ行ってもその地で暮らす人々の生活が見えるような気がして、市場は大好き。

Bru1916
残念ながら、今日は市場が開かれていないのか、時間が遅かったのか、魚は売られている様子はなく、アクセサリーなどが置かれている。これはこれで楽しい。

Bru1917
運河沿いの道を歩く。やっぱり、私は水のある風景が好き。雲が多くなってしまって、私が大好きな水面への反射する建物の風景を見られないのが残念。

Bru1918
「天井のない美術館」と言われるブルージュの町。中世の街並みと運河が組み合わさって、どこを歩いても絶景ポイント。

Bru1919
美しい風景だけど、贅沢を言えば、晴れて水面に反射する聖母教会を撮りたかったなぁ。

Bru1920
運河沿いを美しい風景に魅了されて歩いていたら、つい聖母教会まで歩いてしまった。

Bru1921
そろそろお昼ごはんにしようかなぁ。マルクト広場に戻ることにする。

Bru1922
オランダ語なのでちゃんと読めないけれどビスケット屋さんかなぁ。

Bru1923
小さなお菓子屋さんを見るのが好き。お菓子だったら、値段も高くないので、美味しそうと感じたらお土産に買って帰ることもできるし。自分用のおみやげは、現地のお菓子屋さんでおみやげ仕様のものではないお菓子を買って帰るのが好き。

Bru1924
マルクト広場に戻ってくる。次回、「連れ」と一緒にブルージュを再訪した時には馬車に乗ろう。中世の街並みを馬車から眺めたら、なかなかいい雰囲気だろうなぁ。

Bru1925
お昼ごはんを食べるレストランを探す。今回は情報なしに自力でレストランを選んでみることにする。

Bru1926
ブラッスリー“CAMBRINUS”がいい雰囲気かもしれない。

Bru1927
それに、15ユーロのランチコース(日替わり昼定食)がある。オランダ語はよくわからなけれど、メインの“Worst”はドイツ語に近いとすればソーセージかなぁ。前菜“Gegratineerd hespenrolletje met witloof”なんて、まったくと言っていいほどわからない。だけど、私は読めないメニューを頼むのが好き。だって、どのような料理が来るのか、ドキドキしながら待つのもいいじゃない。それに「まだ知らない」味に巡りあえるかもしれない。

Bru1928
中に入ってみると、なかなかいい雰囲気のブラッスリー。さっそく、日替わり昼定食を注文。日替わり昼定食があるときは、私はその日しか食べられないメニューを味わいたくて注文することが多い。それにサービスメニューなので安いし。

Bru1929
ベルギーに来たら、もちろんベルギービール“Cambrivinus Blond”。これから運ばれてくる前菜はなんだろう?もちろん、わからないことは店員さんに英語で聞いてしまえばいいんだけど、私は何が来るのか「わからない」というのも好きなので、あえて聞いてみないこともある。

Bru1930
いよいよ謎の前菜“Gegratineerd hespenrolletje met witloof”が登場。これは…、どうやらチコリのグラタン!チコリにハムが巻かれており、グラタンになっている。ほろ苦いチコリのグラタン、最高に美味しい。読めなかった前菜が大当たり!

Bru1931
メイン料理は想像通りのソーセージ。ボリュームたっぷりの大きなソーセージ。ビールが進む。

Bru1932
食後はコーヒーかアイスクリームとのことで、アイスクリームを選択。15ユーロの昼定食に、3.95ユーロのビールで計18.95ユーロの大満足のお昼ごはん。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(3)マルクト広場の鐘楼から見たかわいらしいブルージュの町の風景。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(5)ブルージュの運河でボートクルーズ。 »

ベルギー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/64116762

この記事へのトラックバック一覧です: ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(4)ブルージュでベルギービールを飲みながらお昼ごはん。:

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(3)マルクト広場の鐘楼から見たかわいらしいブルージュの町の風景。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 3日目(5)ブルージュの運河でボートクルーズ。 »

Link

無料ブログはココログ