2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2016年7月16日、成田発ターキッシュエアラインズTK53便、クーデター未遂事件によりアンタルヤにダイバート。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 2日目(1)ブリュッセルから雨のアントワープへ。 »

2016年7月17日 (日)

ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(6)ブリュッセルでの夕食はムール貝とフリット、そしてヒューガルデンの幸せな3点セット!

Bru0701
看板の灯りに惹かれて、サン・カトリーヌ教会から路地に入ったところにあるレストランに入ってみることにする。

Bru0702
日曜日でも営業している「ル・プレ・サレ」“Le Pré Salé”というレストランに入ってみることにする。ちなみに全くの偶然ではなくて、ドーハ国際空港のラウンジで乗り継ぎの時間待ちでレストランを調べていて「ベル通」というWEBで、このレストランに絶対に行こう!と思ってはいなかったんだけど、レストランの候補として参照している。

http://www.bel2.jp/eat_drink/article/LePreSale.html

Bru0703
お店の中に入ってみると、かしこまった感じではなく、庶民的な食堂といった雰囲気。

Bru0704
開店直後だったみたいで、まだお客さんがいない。「ベル通」によると、このレストランは特級のムール貝のみを使用していて、シーズンではない3月下旬~7月まではムール貝を置かないというこだわりのお店らしい。

Bru0705
黒板メニューにフランス語の“Moules”、オランダ語の “Mosselen” が書かれている。
Marinière 香味野菜
Vin Blanc 白ワイン
Crème クリーム
Ail にんにく
Ail et Crème にんにくとクリーム
Provençale プロヴァンス風(トマト)

うーん、どれにしようかなぁ。クリームも美味しいんだよなぁ。でも、基本は“Moules Marinière”なので、香味野菜のみのシンプルなムール貝を注文。

Bru0706
そして、大好きなホワイトビールのヒューガルデン。日本で飲むとベルギービールは高級品だけど、ベルギーに来れば安く楽しめる。

Bru0707
ムール貝が運ばれてきた。ムール貝の湯気でカメラのレンズが曇ってしまう。あぁ、13年ぶりにベルギーを訪れたいと思ったのは、今回の旅行記の「ムール貝を食べにベルギーひとり旅」というタイトル通り、これが食べたかったから。バケツのような大鍋いっぱいに、とても1人前ではない大量のムール貝が盛られている。そして、付け合わせはフリッツ。ベルギービールを飲みながら、フリッツをつまみ、ムール貝をひたすら食べる。この光景を見たかった。

Bru0708
「ベル通」の情報の通り、ここのムール貝は大きい。セロリもいっぱい入っている。食べきれないのでは思うほどの大盛りムール貝をひたすら食べる。塩気も強くなく、蒸し加減もよく、このお店のムール貝は美味しい。

Bru0709
バケツのような鍋いっぱいに盛られたムール貝。これだけ多いと飽きてしまうと思うかもしれないけれど、13年ぶりに味わったムール貝は想像通り美味しく、もちろん一人で完食。13年前の記憶は間違ってしなかった。ムール貝、フリッツ、ベルギービールの幸せな3点セットを食べるためだけにベルギーを訪れてもいい。

Bru0710
お店の表示も左側がフランス語、右側がオランダ語になっている。やっぱり、ムール貝は最高に美味しかったなぁ。ヨーロッパ旅行のディスティネーションを選択する中で、もしも小国だからと「偏見」や「思い込み」でまだベルギーを訪れたことがない人がいたとすれば、それはもったいない。ブリュッセルに半日いただけでも、ムール貝を食べただけでも私は幸せな気分になってしまう。

Bru0711
お店を出て、再びグラン・プラスに向けて歩き始めようとしたときに、ふとレストランの前で気になるものが。

Bru0712
カラド・ブルーのプジョー208。こんなに格好良くて200万円程度で買える外国車なのだから、最近のフランス車は壊れないし、もっと日本で走っていてもいいのに・・・。

Bru0713
聖カトリーヌ教会には地下鉄駅があり、ホテルの近くまでメトロで帰ることもできるけど、グラン・プラスの夜景も見てみたいし、歩いて帰ることにする。

Bru0714
夜の聖カトリーヌ教会。

Bru0715
聖カトリーヌ教会から歩いて10分くらいでグラン・プラスに到着。

Bru0716
広場は夜になっても大勢の観光客が夜景を楽しんでいる。

Bru0717
ライトアップされた王の家。明るいときに見た風景と違って、また美しい。

Bru0718
ブラバン公爵の館。

Bru0719
ギルドハウスも美しくライトアップされている。

Bru0720
グラン・プラスの夜景は美しく、広場の中央で立ち止まり、ぐるっと一周してしまう。360度どこを見てもその美しさに魅了されてしまう。

Bru0721
ブリュッセルは美術館などに行かなければ、グラン・プラスや小便小僧などの観光名所を見て回るだけならば半日で見終わってしまうかもしれない。団体パッケージツアーだったら、グラン・プラスと小便小僧だけで1時間も滞在しないかもしれない。でも、ゆっくりとウインドウショッピングしたり、ベルギーワッフルを食べてみたり、ブラッスリーでベルギービールを飲んでみたり、のんびりと滞在するのであれば最高の場所。

Bru0722
私は「ヨーロッパでどこがお勧めですか?」と聞かれたときに、ベルギーとずっと答えていた。13年ぶりにベルギーを訪れてみて、その答えは間違っていなかったなぁと確認できたような気がする。

Bru0723
ライトアップされた市庁舎が美しい。

Bru0724
私はいつものように夜遊びはしないので、グラン・プラスを離れ、ホテルに戻ることにする。

Bru0725
到着初日でまだ半日しか滞在していないのに、ブリュッセル観光、楽しかったなぁ。

Bru0726
そういえば食後のデザートを食べていないけれど、到着してすぐにフリッツ専門店とワッフル専門店につかまった広場を通る。

Bru0727
ライトアップされているサン・ミッシェル大聖堂。ここまで来れば、ホテルはもうすぐ。

Bru0728
ホテル・モーテル・ワン・ブリュッセル“Hotel Motel One Brussels”に戻る。

Bru0729
「ヨーロッパでどこがお勧めですか?」と聞かれたときに、私はベルギーとずっと答えていた。だけど、実は私がお勧めしてきたディスティネーションはブリュッセルではない。その答えが正しいのかどうか、明日はブリュッセルを発つ。明日は晴れてくれるといいけれど・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2016年7月16日、成田発ターキッシュエアラインズTK53便、クーデター未遂事件によりアンタルヤにダイバート。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 2日目(1)ブリュッセルから雨のアントワープへ。 »

ベルギー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/63917930

この記事へのトラックバック一覧です: ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(6)ブリュッセルでの夕食はムール貝とフリット、そしてヒューガルデンの幸せな3点セット!:

« 2016年7月16日、成田発ターキッシュエアラインズTK53便、クーデター未遂事件によりアンタルヤにダイバート。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 2日目(1)ブリュッセルから雨のアントワープへ。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ