2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(3) ブリュッセル、ようやくたどり着いたグラン・プラス。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(5)ブリュッセル、レストランが並ぶ聖カトリーヌ教会へ。 »

2016年7月10日 (日)

ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(4) 世界三大がっかり名所、ブリュッセルの小便小僧“Manneken Pis”へ。そして小便少女!?

Bru0501
グラン・プラスから、シンガポールのマーライオン、コペンハーゲンの人魚像と世界三大がっかり名所の一つである「小便小僧」“Manneken Pis”を目指して歩き始める。ダンドワ“Dandoy”という歴史がありそうな雰囲気のお菓子屋さんを発見する。お菓子屋さんをみつけると、どんなお菓子が売られているのか、つい足を止めてしまう。

Bru0502
「スペキュロス」というクッキーがおみやげに良さそう。私がおみやげを買うとしたら、空港やおみやげ屋さんで買うことは少なくて、スーパーマーケットで買うお菓子か、地元のお菓子屋さんのどちらか。自分用に買うおみやげの場合や、もしも大切な人にお土産を買う場合は、間違いなく地元のお菓子屋さん。

Bru0503
ダンドワ“Dandoy”では、ワッフルが焼かれている。四角いブリュッセル風ワッフルと、丸いリエージュ風ワッフル。今度はブリュッセル・ワッフルを食べてみなくちゃなぁ。さすがに、寄り道しすぎなので誘惑を断ち切り、小便小僧を目指して歩き出す。

Bru0504
ベルギーの名産なのかレースを扱うお店が多いみたい。

Bru0505
民芸品や工芸品はちゃんとしたものはそれなりのお値段というのが当たり前。安いおみやげ用のものはベルギーで作られた物ではない場合もあるみたい。

Bru0506
グラン・プラスから小便小僧までの道は観光客が必ず通る道なので、おみやげ物屋さんが多い。

Bru0507
小便小僧に近づいてくると、お店の装飾も小便小僧を意識してくる。

Bru0508
東京都内でもお店を見かけるレオニダス“Leonidas”。地元の人なのか、観光客なのかはわからないけれど、お店の中にはけっこう人がいる。

Bru0509
レオニダスもイースターにちなんだニワトリや卵形のチョコレートが売られている。

Bru0510
そしてついに、世界三大がっかり名所の一つである小便小僧“Manneken Pis”に到着する。世界三大がっかり名所の巡礼に訪れたのだろうか、同じ衣装を着た団体客で取り囲まれてしまっており、小便小僧に近づけない。しかも、残念ながら雨が降ってきた。

Bru0511
遠くから小便小僧を眺めるけど、さすがに「世界三大がっかり名所」とあって、ものすごく小さい!

Bru0512
過去の旅行記を見ていただければわかるかと思うんだけど、私は滞在日数が少ない旅行のわりには、傘を差すような大雨に降られることがあまりない。だけど、今回だけは折りたたみ傘を登場させなければならないほどの強い雨。軒下で雨が弱くなるまで雨宿り。それに団体客がいるので小便小僧に近づけない。

Bru0513
雨は止むことはないけれど、ようやく小便小僧に近づくことができる。小便小僧とは13年ぶりの再会だけど、やっぱり小さい。

Bru0514
小便小僧は、取り囲んでいる団体客と同じ服装をしている。いったいなんの団体なんだろう?

Bru0515
小便小僧のすぐそばにあるワッフル屋さんの小便小僧のほうが、本物の小便小僧よりもよほど大きい。

Bru0516
ベルギーワッフルが1ユーロは安いなぁ。お店は観光客で賑わっている。日本語の「ここで低価格」はなにを言いたいんだかわからない。中国語の「最低価格」で十分なような気がする。

Bru0517
小便小僧からグラン・プラスに引き返す。天気が微妙なので、ブリュッセルの街歩きはこれくらいにして、このままベルギービールでも飲みに行っちゃおうかなぁ?再び、ダンドワ“Dandoy”の前を通る。

Bru0518
今日はまだ買わないけれど、おみやげになりそうなものを探しに、ダンロワのお店の中に入ると、ワッフルを食べている人がたくさんいる。

Bru0519
四角いブリュッセル風ワッフルだったら、そんなにお腹にたまらないかなぁ?きっと、歴史がありそうなお店だからダンロワ“Dandoy”のワッフルは美味しいだろうなぁ?一度は乗り切った誘惑に負けようとしている。どうも今回のベルギー旅行、気まますぎる気がする。

Bru0520
サクッとした生地で、軽い食感。ダンロワのブリュッセル風ワッフル、シンプルに砂糖だけのものを注文して食べてみると美味しい。

Bru0521
ダンロワのお店を出ると、小便小僧の周囲にいた団体が旗を掲げて歩いてくる。どんな団体なんだろうなぁ?

Bru0522
グラン・プラスに戻る。どうも今日の天候は不安定で、晴れ間が見えたり、雨が降ったりで安定しない。

Bru0523
グラン・プラス裏手にある証券取引所に出る。今日はまだ初日なので、雨の中を無理して観光しなくてもいいかなぁ。まだ夕ごはんには時間が早いけれど、イロ・サクレ地区にあるブッシェ通り“Rue des Bouchers”に向けて歩いてみることにする。

Bru0524
このお店はお客さんがいっぱいだけどなんのお店だろう?街歩きをしていて、混んでいるお店があるとつい立ち止まってのぞいてしまう。

Bru0525
パンとケーキのお店みたい。ケーキが美味しそう。おなかが空いていたら、間違いなく誘惑に負けて食べている気がする。

Bru0526
ガイドブックに載っていない通りを歩くのが楽しい。

Bru0527
イロ・サクレ地区のブッシェ通り“Rue des Bouchers”に入る。狭い路地の両側にレストランが並んでいる。ガイドブックなどを見ると、ぼったくりレストランもあるみたい。

Bru0528
この通りのレストランの中で一番有名なのはここでしょう。フランス・パリでもこのレストランの名前を見たことがない人は少ないはず。

Bru0529
13年ぶりのシェ・レオン“Chez Léon”のブリュッセル本店。フランス・パリのあちらこちらにあるシェ・レオンの支店でムール貝を食べる度に、ブリュッセルのシェ・レオンにもう一度行きたいなぁと思っていた。でも、今日はフリットを食べたり、ワッフルを食べたり、もう少し歩かないとおなかが空かない。

Bru0530
そういえば、イロ・サクレ地区には「小便小僧」に並ぶ観光名所がひっそりとたたずんでいる。小便小僧と違って、細い路地にあり、そこに観光名所があることすらわからず、おそらく通り過ぎてしまうだろう。

Bru0531
隠れたブリュッセルの観光地は、ブッシェ通りから細い路地に入り、デリリウム・カフェ“Delirium Cafe”の向かいにある小便少女“Jeanneke Pis”。おそらく、小便小僧のパロディとして作られたんだろうなぁ。ひっそりとした場所にあり、しかも柵に囲まれている。そして、小便小僧と違って、観光客はほとんどいない。

Bru0532
柵が邪魔なので、柵の隙間から小便少女を写真に撮ろうとするとどうしてもアップになってしまい、えげつない絵になってしまう。小便小僧は服を着ているのに・・・。

Bru0533
雨が降っているので、ブリュッセル街歩きは小休止。ここに来たのは小便少女が目的ではなく、反対側にあるデリリウム・カフェ“Delirium Cafe”でビールを飲むのが目的。ベルギーのブラッスリーは、ビールの種類がありすぎて、どれを頼んでいいのかわからない。

Bru0534
デリリウム・カフェで大好きなブランシュ“Blanches”のビールを楽しむ。ビールが美味しい。ベルギービールを探求するだけのためにブリュッセルに来てもいいかもしれないなぁ。ブリュッセル、半日も経っていないのに楽しくて仕方がない。やっぱり私はベルギーが好き。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(3) ブリュッセル、ようやくたどり着いたグラン・プラス。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(5)ブリュッセル、レストランが並ぶ聖カトリーヌ教会へ。 »

ベルギー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/63894773

この記事へのトラックバック一覧です: ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(4) 世界三大がっかり名所、ブリュッセルの小便小僧“Manneken Pis”へ。そして小便少女!?:

« ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(3) ブリュッセル、ようやくたどり着いたグラン・プラス。 | トップページ | ムール貝を食べにベルギーひとり旅 1日目(5)ブリュッセル、レストランが並ぶ聖カトリーヌ教会へ。 »

Link

無料ブログはココログ