2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅2日目(3)ヴァレッタ、蜂蜜色の町を歩く。 | トップページ | 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅2日目(4)ヴァレッタ、聖エルモ砦へ。 »

2016年5月10日 (火)

2016年9月4日、オーストリア航空日本路線から撤退へ。ANAへ路線移管はないのだろうか?

Os
すでに2016年4月に発表になっていることなので新しい情報ではないのだけど、オーストリア航空のウィーン・成田線が2016年9月4日をもって運行終了となる。実は2016年3月に、カタール航空の欠航に伴う代替便として、予定外にブリュッセルからウィーン経由でオーストリア航空に乗ることになり、オーストリア航空は快適だし、メインハブのウィーン国際空港の乗り継ぎがものすごく便利なことがわかり、おすすめしようかと思っていたところなので残念・・・。

Os2
http://www.austrianairlines.ag/Press/PressReleases/Press/2016/04/020.aspx?sc_lang=en&mode=%7b30999B4B-42D0-45A6-B671-FE5E3CB68ED8%7d

http://www.austrian.com/?sc_lang=ja&cc=JP

ヨーロッパでの乗り継ぎ便を使用する場合、パリ・シャルル・ド・ゴール空港は巨大空港でありすぎるために、乗り継ぎのためにはターミナル2Eから別の建物であるターミナル2Fに移動するのならまだしも、マイナーな路線だとバスに乗らないと行けないターミナル2Gまで移動することになるために、ものすごく乗り継ぎが面倒になる。パリ・シャルル・ド・ゴール空港の場合は、近年になって手荷物検査を再度必要としないターミナル2Eと2Fの連絡通路が新設されたり、若干改善はされているけれど、それでもものすごく歩く。エミレーツ航空を使用する場合もドバイ国際空港の巨大さは、乗り継ぎの不便さにつながってしまう。

乗り継ぎに便利なのは、ターミナルが複数あるような巨大空港ではない空港ということで、アムステルダム・スキポール空港はその意味では好きな空港だけど、今回、オーストリア航空を使用してみて、飛行機を降りてから再度の手荷物検査もなく、シェンゲン条約加盟国の出国審査を並ぶことなく通過するだけで、あっという間にオーストリア航空OS51便ウィーン発東京・成田行きのゲートまでたどり着けたことに感動する。ウィーン国際空港、こんなに乗り継ぎに便利な空港があったのか。そして、ウィーン空港内でザッハートルテも食べることができるし、大好きなモーツァルト・クーゲルンや、マナーのウェハースを買えるのもいいし、乗り継ぎにはものすごく楽しいウィーン国際空港。せっかくウィーン乗り継ぎの便利さと楽しさを知ったので、これからはオーストリア航空も選択肢に入れようと考えていた矢先に、まさかのオーストリア航空撤退とは・・・。

冬ダイヤからANAがボーイングB787で運行することになったりはしないのだろうか。B777を埋めるほどではないにしろ、ANAのB787であれば運行できるのではないか。ANAにとってもオーストリア航空との共同運行便のウィーン路線は歴史がある路線で、通常のコードシェア便は4桁の便名が付与されているんだけど、東京・ウィーン線だけは特殊で10年くらい前まではANA運航便と同様に3桁の便名だった記憶がある。その当時は、単なるコードシェア便だけではなく機材こそオーストリア航空だったけどANAの乗務員も常務していた、まさに「共同運行便」だったはず。

      

ディスティネーションの魅力としても、ウィーンは魅力的なディスティネーションであり、また、オーストリア航空とコードシェアを組むことで、プラハ、ブタペスト、クロアチア、ギリシャなどへの最短ルートとなり、東欧・中欧への有効なハブとなり得る。ANAの運行であれば、ウィーン発は夕方となり日本から旅行する場合は現地滞在時間を長くできる。今までオーストリア航空が毎日運行しており、すでに一定の需要の実績があるのだから、ANAが中型機のB787でウィーン路線を引き継いでくれないかなぁ?ウィーン空港の乗り継ぎの簡単さ、ウィーンそのものの都市の魅力といい、ウィーン直行便を失ってしまうのはあまりにももったいなすぎる。ANAにとって共同運行便として伝統のあるウィーン路線をぜひ復活させて欲しい。

もっとも、ANAがさらに戦略的に攻めるのであれば、大韓航空がチェコ航空を買収したように、週3便で成田路線を開設したLOTポーランド航空を買収するか、または資本参加を含めた業務提携を行ってしまうというのも手だとは思うけど・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅2日目(3)ヴァレッタ、蜂蜜色の町を歩く。 | トップページ | 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅2日目(4)ヴァレッタ、聖エルモ砦へ。 »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/63598455

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年9月4日、オーストリア航空日本路線から撤退へ。ANAへ路線移管はないのだろうか?:

« 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅2日目(3)ヴァレッタ、蜂蜜色の町を歩く。 | トップページ | 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅2日目(4)ヴァレッタ、聖エルモ砦へ。 »

Link

無料ブログはココログ