2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅0日目 エミレーツ航空EK319便で、まさかの雨のドバイ国際空港へ。(エミレーツ航空の機内食2016) | トップページ | 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅1日目(2)一人旅には広すぎるルメリディアン・セントジュリアン・ホテル&スパ。 »

2016年4月17日 (日)

冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅1日目(1)エミレーツ航空EK107便でキプロス・ラルナカ経由マルタへ。

Mla0201
2016年1月13日水曜日、早朝のドバイ国際空港。乗り継ぎのための手荷物検査を終えてエスカレータに乗って出発ロビーへと向かう。

Mla0202
別にトイレには用はないんだけど、ドバイ国際空港のトイレはホースに手動のシャワーがついたトルコ式シャワートイレを見ると感じることは、前にも書いたかもしれないけど、日本式シャワートイレは中東では売れないのかなぁ。

Mla0203
だって、ドバイ国際空港のこのトイレの製造元は“TOTO”だし・・・。「ウォシュレット」は世界中で売れないのかなぁ。

Mla0204
ドバイ国際空港の出発ロビーは、いつも大勢の乗り継ぎ客で賑わっている。

Mla0205
7:50発エミレーツ航空EK107便マルタ行きは、B9番ゲートからの出発。よかった、今いる場所はコンコースBなので、ここから徒歩5分しかかからない。それでも徒歩5分というのはそれなりに歩くことになるけれど・・・。バルセロナ行きやアムステルダム行きなどは、ここからシャトルに乗ってコンコースAまで行って、そこからさらに歩くので16分もかかる。

Mla0206
実は今回の旅行は出発直前に手配したために準備がほとんどできていない。いつものヨーロッパ仕様の荷物をパッキングしてきたけど、ドバイ国際空港に到着してから、ふと不安がよぎる。変換プラグをCタイプしか持ってきていないけれど、マルタってイギリス領だったことがありクルマが左側通行だということを考えると、もしかしてマルタはコンセントがイギリス方式のBFプラグ?マルタで充電ができないと困るので、電器店で変換プラグを見てみることにする。

BF方式の変換プラグを探していると、なぜか電器店の店員から大人気。あなたのカメラは“G9X”か?ドバイにはまだ入ってきていないので見せてくれ。今回がデビューの新おでかけカメラのCanon Powershot G9Xはドバイで大人気。

Mla0207
ドバイ国際空港の中で私が好きな場所はコンコースCにあるマルハバラウンジ。ここのマルハバラウンジがいちばんゆったりしていて好き。

Mla0208
早朝のラウンジは空いているのでのんびりと過ごせる。

Mla0209
軽食コーナーをのぞいてみる。

Mla0210
朝食としてヨーグルトなどを軽く食べる。きっとまた目的地に着くまでに機内食を食べることになる。

Mla0211
今回がデビューのCanon Powershot G9X。ズームは35mmフィルム換算で28-84mm。以前使用していたCanon Powershot S95は28-105mmだったので望遠が弱い。そして、Canon Powershot G7Xは24-100mmなのでG7Xよりも広角も望遠も弱い。カメラの表現力としてはG7Xのほうが上なんだけど、私にはG7Xは重く感じ、そしてデザインがあまり好きではなくG7Xの導入を見送った。G9Xのコンパクトさに惹かれ、ちょうどFujifilm XQ-2が保証期間でありながら有償修理となったこともあって嫌気が差したこともあって、G9Xに一目惚れして衝動買い・・・。

Mla0212
搭乗時間が近づいてきたので、B9番ゲートに向けて歩き始める。

Mla0213
ドバイ国際空港は出発ロビーに座るところが少なく、ラウンジに入らないとゆったりできない。ドバイ国際空港は、待合室に入る前に搭乗券の確認が行われる。

Mla0214
エスカレータを降りたところに待合室がある。

Mla0215
EK107便マルタ行きは、キプロス・ラルナカ経由マルタ・ルア国際空港に向かう。2011年に私はこのEK107便に乗ってキプロスを訪れている。私はラルナカで降りてしま ったので不確かな記憶だけど、マルタに向かう乗客はラルナカに着いた時点で降りずに機内で待機となっていたはず。

Mla0216
ボーディングが始まり、機内へと向かう。今回はボーディングブリッジを使用した搭乗。

Mla0217
機材はエアバスA330。単通路型の機材を持たないエミレーツ航空の中ではもっとも小型の機材。

Mla0218
エアバスA330のコンフィグは2-4-2の1列8席。

Mla0219
機材が古い・・・。個人モニタが小さいし、USBコネクタもないので充電もできない。もはやエミレーツ航空は最新の機材ばかりを揃えている新鋭航空会社ではなく、数あるメジャーキャリアのひとつ。航空券も最安値であることは少なくなったけど、サービスが安定していて普通に快適で安心できる航空会社として、エミレーツ航空の使用頻度は最近高くなっている。

Mla0220
離陸後、さっそく機内食が出る。朝食としてイタリア風オムレツのフリッタータ“Spinach and Sweetcorn Frittata”をセレクト。

Mla0221
キプロス・ラルナカへの航路はイラクを避けるようにサウジアラビア上空を通過し、予定されている航路ではヨルダン上空からシリアを突っ切る様子。はたして、シリア上空は安全なのだろうか!?

Mla0222
サウジアラビア上空。おそらく、メッカのもっとも近くを飛んでいる。

Mla0223
ああ、インシャアッラー。なんていうことだろう。ダマスカスの地名が見える。エミレーツ航空EK107便は、まさかのシリア領空に突入!?

本気で大丈夫なのかなぁ。シリアを中央突破しようとしている。地対空ミサイルが飛んできませんように!なんて、実はこの写真は4年前の2012年8月に今回と同じエミレーツ航空EK107便でラルナカに向かったときの写真。2012年8月の段階ではシリアはまだ平和だった。ドバイから最短ルートでラルナカに向かうことができた。

Mla0224
2012年8月には最短ルートで向かっていたエミレーツ航空EK107便は、シリアを中央突破できればラルナカはすぐなのに、途中から左旋回し西に向かう。イラクとシリア上空を飛べないことはかなりの遠回り。

Mla0225
中東って難しい。イラクとシリアだけではなく、アラブ系航空会社のエミレーツ航空は、イスラエル上空も避けなければならないので、さらにシナイ半島よりも大きく大回りをしてカイロ上空を通過する。

Mla0226
シリアが安定していればすぐに着いてしまうキプロス・ラルナカも、イラクとシリア、そしてイスラエル上空も迂回するために、ものすごく遠回り。ドバイから向かって西にあるはずのキプロス・ラルナカなのに、飛行機は東に向かっている。

Mla0227
ようやく窓から陸地が見えてきた。シリアが安定していれば一直線の航路ですぐなのに、ずいぶんと迂回してキプロス・ラルナカ国際空港にまもなく到着。

Mla0228
懐かしいなぁ。2012年8月に訪れたラルナカのビーチが見えてきた。キプロスでのんびりする旅も楽しかったなぁ。

Mla0229
キプロス・ラルナカ国際空港に到着。スポットに入り、ボーディングブリッジが架かる。

Mla0230
ラルナカが目的地の乗客のみ飛行機から降りる。マルタまで乗る乗客は機内待機。清掃の係員が機内に入ってくる。ラルナカで降りる乗客が全員降機すると手荷物チェックが行われ、所有者不明の手荷物がないかをチェックする。しばらくすると、エミレーツ航空EK107便はラルナカからマルタまでの区間も航空券が購入できるようで、数名の乗客が搭乗してくる。1時間後に再び飛行機はラルナカ国際空港を離陸する。

Mla0231
そして、ラルナカ・マルタ間でも簡単な機内食が出る。

Mla0232
ギリシャのエーゲ海の島の上空を西に向かう。2ヶ月前の2015年11月に訪れたばかりのサントリーニ島が地図に表示されている。

Mla0233
イタリアにはバーリの地名も見える。このところ、私のディスティネーションは地中海方面の目的地が多いのかなぁ?地中海を西に進み、まもなく今回の目的地のマルタに到着。

Mla0234
マルタ・ルア国際空港に到着。マルタ・ルア国際空港にはそもそもボーディングブリッジはないみたい。タラップで地上に降りる。

Mla0235
現地時間13:25にマルタ・ルア国際空港に無事に到着。天候はよく晴れている。1月だけど気候は温かい。バスに乗ってターミナルビルへ移動する。

Mla0236
“Non-Schengen Arrivals”と書かれている入口から、ターミナルビルに入る。へぇ、マルタってシェンゲン条約加盟国なんだ。ヨーロッパ経由で入国した場合はマルタの入国スタンプはもらえない。いよいよマルタに入国し、まだ知らないマルタの旅が始まる。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅0日目 エミレーツ航空EK319便で、まさかの雨のドバイ国際空港へ。(エミレーツ航空の機内食2016) | トップページ | 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅1日目(2)一人旅には広すぎるルメリディアン・セントジュリアン・ホテル&スパ。 »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

キプロス」カテゴリの記事

マルタ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ラコスケさんこんばんは。

キプロスの海、マルタの空、青いですね!
これぞ地中海という感じですね。

まだ見ぬマルタのこと、ラコスケさんのブログで知ることができると思うとワクワクします。

地中海に私が行けるのは、きっと10年以上先になってしまうと思うので、今はラコスケさんの旅行記で、旅行気分に浸らせてもらいます!

イブさん、こんばんは。

このところ、旅行記の描写が細かすぎて、マルタに到着するまでのプロローグが長すぎる気がしますが、目的地へ到着前の気持ちの高揚感を伝えたいと思っていますので、一緒に旅行している気分で楽しんでいただければと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/63498505

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅1日目(1)エミレーツ航空EK107便でキプロス・ラルナカ経由マルタへ。:

« 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅0日目 エミレーツ航空EK319便で、まさかの雨のドバイ国際空港へ。(エミレーツ航空の機内食2016) | トップページ | 冬のマルタ・ヴァレッタ一人旅1日目(2)一人旅には広すぎるルメリディアン・セントジュリアン・ホテル&スパ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ