2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 4日目(5)イスタンブール、エジプシャンバザールへ。

Ath2601
ジュース屋さんでザクロジュースを飲んで、シルケジ駅方面へ向かう。

Ath2602
シルケジ駅の手前にはバクラワなどのトルコ菓子の専門店がある。アテネでもバクラワの専門店はあったけど、イスタンブールのお菓子屋さんのほうが規模が大きいかもしれないなぁ。

Ath2603
ロクムだって、山盛りで売られている。トルコのほうがギリシャよりもお菓子屋さんとして、専門店としてきちんとなり立っている気がする。

Ath2604
オリエント急行の終着駅だったシルケジ駅。アンカラ通り沿いの駅舎は素朴な駅舎で、オリエント急行の終着駅である雰囲気はない感じ。実は、「トルコ大爆勝」でもバスの中からこの駅舎を説明されていただけだったので、ここがシルケジ駅の駅舎と思い込んでいた。だけど、アンカラ通り沿いではない場所にきちんと歴史を感じるようなシルケジ駅の旧駅舎はあったみたいだけど、私は事前に綿密に調査をしていかないので残念ながら見逃している・・・。また、地下にはマルマライと呼ばれるボスポラス海峡を横断する地下鉄道の駅が設けられている。今回は時間があまりないけれど、時間があればマルマライに乗ってヨーロッパとアジアを横断するのもおもしろかったかもしれないなぁ。

Ath2605
シルケジ駅前からは、もうボスポラス海峡が見える。

Ath2606
JTB旅物語の団体パッケージツアー「トルコ大爆勝」では、自分の足でガラタ橋を渡っていないので、ガラタ橋を自分の足で渡ってみたくて、ガラタ橋の方向に向かって歩くとイェニ・ジャミーが見えてくる。イェニ・ジャミーに近づいてくると、徐々に人々で賑わってくる。

Ath2607
イェニ・ジャニーの手前にある人々で賑わう路地に入ってみることにする。路地に面するファーストフード店のドネルケバブが美味しそう。観光地で食べるよりも現地の人で賑わうチェーン店のほうが美味しいのかもしれないなぁ。

Ath2608
「トルコ大爆勝」の時には、すぐ近くのレストランで昼食をとったにも関わらず、訪れていないエジプシャンバザールへ。たしかガラタ橋を見下ろせる位置のレストランだったのに、すぐそばにあるエジプシャンバザールを訪れないのが、団体パッケージツアーの不思議。訪れてしまうと、立ち寄ったおみやげ店が割高だということがわかってしまうからかなぁ?雰囲気としては、私はグランバザールよりもエジプシャンバザールが好きかもしれない。グランバザールよりも雑多な感じで、いかにもイスラム教文化の市場の雰囲気がいい。

Ath2609
積まれているのは石けん。色とりどりの石けんは見ているだけでも楽しい。

Ath2610
スパイス屋さん。このお店ではないけれど、「じろう」という日本語を話すトルコ人のお店でいろいろとスパイスのことを日本語で教えてくれる。「じろう」さんは、本物のイラン産のサフランのすばらしさを教えてくれたり、おみやげ用の安いスパイスはよくないなど、品質のいいものを紹介してくれる。しかし、品質の良いものはお値段もそれなりに高くて、なにも買わなくて「じろう」さんには申し訳なかったんだけど・・・。

Ath2611
このお菓子はどんな味がするんだろう?見たことがない食べ物の味を想像するのが楽しい。

Ath2612
山盛りのロクム。ロクムにも色々な種類があるんだなぁ。

Ath2613
バクラワも沢山の種類が並べられている。ものすごく甘いんだけど、実はバクラワってけっこう好き。

Ath2614
デーツの中に詰め物がしてあるお菓子。お菓子だけを見てもトルコは食文化として洗礼されている気がする。トルコ文化をきちんと感じるには、トランジットで立ち寄るのではなく、ディスティネーションとしてトルコ旅行をするべきだろうなぁ。

Ath2615
エジプシャンバザール、私にとってはものすごく楽しい。トルコ大爆勝で訪れていないので、ここへ来てよかった。間違いなく、私はグランバザールよりも食料品が多く並ぶエジプシャンバザールのほうが好き。観光客目当てのお店も多いけど、一般市民向けの生活感を感じるお店も多くて、市場好きの私にとっては最高に楽しい場所。

Ath2616
市場巡りが楽しいのは、その土地での生活を垣間見える気がするから。市場で売られている物を見て、その土地で生活している人がなにを食べて、どのように調理されるのか、生活を想像するのが好き。

Ath2617
陶器のデザインもおもしろい。エジプシャンバザール、時間があったら半日くらいみていたいくらい楽しいけれど、今回はトランジットの短い間での散策なので、バザール巡りは再びイスタンブールを訪れたときに楽しむことにする。きっと、その時は一緒に共感できる人と一緒に。

Ath2618
大きな道路を横断するための地下道を通り、ガラタ橋へ。地下道を通り抜けたあたりから、ガラタ橋の名物の鯖サンドをつくるお店が並ぶ。イスタンブールにいるのに、鯖を焼くにおいが漂い、なんだか日本の定食屋さんにいる気分。

Ath2619
ガラタ橋は2段構造になっていて、1階部分はレストランになっているところがおもしろい。そして、橋の2階部分には釣り竿が並んでいる。釣りをするには1階部分のほうが海に近いけど、1階部分からの釣りは禁止されているのかなぁ?これだけ釣り人がいるということは釣れるということなのかなぁ?

Ath2620
サバサンドのレストランがあるガラタ橋のたもとには、日曜日ということもあってなのか、ものすごく賑わっている。

Ath2621
レストランをのぞいてみると、鯖が大量に焼かれている。においは鯖を焼いているにおいそのもの。

Ath2622
半身まるごとなので、けっこう大きい。焼いた鯖をパンで挟んだ「サバサンド」も食べてみたかったけど、焼いているにおいが鯖なので、なんとなく味が想像の範囲を超えないような気がして、今回はやめておくことにする。

Ath2623
歩いているうちに、イスタンブールの夕暮れ。今回の旅行では、アテネでもサントリーニ島でも、夕暮れの風景をぼーっと眺めることが多い。そして、ぼーっと夕暮れの風景を眺めているのがなかなか心地よい。普通に生活していると、夕暮れを眺められることってあまりないもの。

Ath2624
空を見上げると、だんだんと夕闇が近づいている。

Ath2625
夕暮れのモスクのシルエットがいい。

Ath2626
こんなに釣り人がいるのだから、絶対に魚が釣れるに違いないと思って、誰かが魚を釣り上げないか観察してみるけどなかなか釣れない。

Ath2627
残念ながら魚を釣り上げる瞬間に立ち会うことはできず、このままここにずっといても仕方がないので、新市街であるイスティクラル通りを目指して先に進むことにする。

Ath2628
JTB旅物語の団体パッケージツアー「トルコ大爆勝」では、テュネルと呼ばれるケーブルカーでイスティクラル通りまで登ったけど、今回は徒歩で坂を登ることにする。イスタンブールの街の風景は、カラキョイ地区の特徴なのかもしれないけど、ヨーロッパの町の風景。

Ath2629
坂の途中に「トルコ大爆勝」では訪れていないガラタ塔と呼ばれる塔があり、ここからイスタンブールの町を眺めてみたいと思っていた。

Ath2630
ガラタ塔は青色にライトアップされており、幻想的な光景。ガラタ塔に登ってみるつもりだったのだけど、日曜日ということもあって、美しいイスタンブールの夜景を見たいと思うのは私だけではなく誰もが思うことらしく、入場待ちの列ができている。入場待ちの列が長いので、残念ながら、次回、一人旅ではなくイスタンブールを訪れたときに登ることにして、ガラタ塔は見学せずにとっておくことにする。だって、並んでいるのはカップルばっかりで、きっと、一緒に共感できる人がいてこその絶景だと思うから・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月27日 (日)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 4日目(4)イスタンブールでザクロジュース。

Ath2501
アヤソフィアに隣接するもうひとつの見所であるスルタン・アフメット・ジャーミィは、見学時間が決まっており、いつでも見学できるわけではない。イスタンブール・マラソンで封鎖されている道路を渡ったときに、ちょうど14時を回ってしまって見学時間を過ぎてしまい、アヤソフィアを先に見学する。15時から見学時間が開始となり、ブルーモスクに向かう。

Ath2502
敷地内に入ると、結婚写真を撮影しているカップル。ブルーモスクの敷地内で新婦はウェディングドレス姿。イスラム教で肌が露出したウェディングドレス?外国人なのかなぁ?トルコ人なのかなぁ?トルコ人だとしたら、トルコのイスラム教がかなり寛容で、世俗化していることがわかる。

Ath2503
建物の外周が身を清める洗い場が並んでいる。ここで身を清めているのは当然ながらイスラム教徒だと思うけど、ジーンズ姿などのカジュアルな服装。

Ath2504
スルタン・アフメット・ジャーミィは、大きすぎて写真には収まりきれない。

Ath2505
モスクの中庭は多くの人で賑わっている。

Ath2506
イスラム教徒の礼拝のための入口と観光客の入口は分かれており、観光客は裏手にある入口にいく。見学の列ができているけど、そんなに長くはない。

Ath2507
ミナレットの彫刻がおもしろい。私はこのようなイスラム教文化の複雑な幾何学模様の彫刻が大好き。

Ath2508
入場時間は細かく決められており、14時から15時の間は見学できず、夕方は16:30で閉まってしまう。私は行き当たりばったり訪れてしまったけど、効率よく観光したい人は見学時間を調べておいた方がいいかも。金曜日以外は午前中の朝一番に訪れたほうが確実に入れるかもしれない。

Ath2509
入場の際にも肌を露出するような服装は禁止されており、スカーフなどは貸してくれる。

Ath2510
いよいよスルタン・アフメット・ジャーミィの内部へ。ブルーモスクと言われる由縁の青色を基調としたイズニックタイルの色彩が何とも言えずに美しい。

Ath2511
天井のドームを見上げると、青色、赤色の文様が組み合わさり、何とも言えない美しさ。許されることなら、絨毯の床に仰向けに寝っ転がって、ずっとしばらく眺めていたい気分。

Ath2512
ステンドグラスの影響か、緑色、黄色に見える場所がある。外から入る光をうまく利用して、美しさをより感じるように工夫されている。ここを訪れるのは2回目だから感動がないかと言えばそうでもなく、やっぱり美しさに圧巻される。

Ath2513
床は一面に絨毯が敷き詰められている。中央部はイスラム教徒の信者でないと入ることができない。ふと気がつくと女性信者の姿はない。イスラム教徒であっても男性しか中央部には入れない。女性信者用の場所は観光客が入れる場所よりも奥にある。女性信者よりも観光客が前というのも不思議な感じ。

Ath2514
私はイスラム教文化のドアの幾何学模様が大好き。

Ath2515
そして、もしかしたら通り過ぎてしないそうな、さりげなく美しい天井の装飾を見るのが好き。

Ath2516
スルタン・アフメット・ジャーミィ、2度目の訪問だけど、やっぱり興味深い。再び広場に出ると、ファーストフードの売店が並んでいる。

Ath2517
トルコのカフェにはどこでもオレンジやザクロが並べられている。その場で絞りたてのジュースって私は好き。

Ath2518
こちらのお店でもオレンジとザクロ。だけど、ブルーモスク前の広場はきっと観光地価格なんだろうなぁ?

Ath2519
観光地である広場の中で安いお店はないかと屋台を探していたら、焼きトウモロコシも観光地価格で2トルコリラのお店が多い中で、格安の1.5トルコリラのお店を発見。アテネでもイスタンブールでも疑問に思ったことなんだけど、日本ではトウモロコシはどちらかというと夏の食べ物。北海道でも、せいぜい秋の食べ物。ヨーロッパでもよく見かける焼き栗は秋に収穫するだろうから冬の風物詩としてわかるような気がするけど、トウモロコシってどうなんだろう?1年中売られているのかなぁ?それを確かめるには、夏にイスタンブールを訪れるしかないかなぁ。

Ath2520
なんとなく味を確かめてみたくなって、1.5トルコリラの焼きトウモロコシを安いからと買ってみたら、心なしか見本よりも小さいような気がするのは気のせい?まぁ、味見程度でお腹いっぱいになるつもりはないから、これで十分なんだけど・・・。普通に美味しいんだけど、なぜ冬にトウモロコシという疑問は残念ながら解決しない。

Ath2521
そして、冬にヨーロッパに行くとかなりの確率で食べている焼き栗も一緒に購入。

Ath2522
栗を剥きながら食べるのがいい。

Ath2523
スルタンアフメット地区から、残念ながら日曜日はグランバザールがお休みなので、坂を下ってシルケジ駅方面に向かう。

Ath2524
トルコって、やっぱり独特の魅力がある。色とりどりのランプが美しい。

Ath2525
トラムがイスタンブール・マラソンの影響で動いていないので、道路は歩行者天国状態。

Ath2526
絨毯とキリムのお店がある。JTB旅物語「トルコ大爆勝」の時は、途中で絨毯の専門店に立ち寄っていろいろと説明を聞いた。団体パッケージツアーのおみやげ店巡りは、買うか買わないかは別として基礎的な知識を教えてくれるのは、今考えればありがたかったかも。

Ath2527
この写真は2011年1月に「トルコ大爆勝」に参加したときに、グランバザールからレストランに向かう観光バスの中から撮ったもの。このジュース屋さんは、たしかシルケジ駅の手前の角にあったのを覚えていて、ここに立ち寄って見たいなぁとシャッターを切ったのを覚えている。バスの車窓で見たこのジュース屋さんを探してみることにする。だって、オレンジやザクロがたくさん積まれていて美味しそうだったんだもの。

Ath2528
基本的に私は一度訪れた場所の土地勘を持っていることが多くて、「トルコ大爆勝」の時のバスの車窓から見た記憶の通り、バスの中から見たジュース屋さんを発見!

Ath2529
このジュース屋さんをバスの車窓から見て、ずっと寄ってみたいなぁと思っていた。だけど、団体パッケージツアーなので、当然ながら行き当たりばったりで立ち寄るわけにもいかない。ザクロジュースが3トルコリラと安い!

Ath2530
さっそくザクロジュースを注文すると、少年のような店員が機械を使ってザクロを搾っている。

Ath2531
「トルコ大爆勝」の時も感じたことだけど、このジュース絞り器がすごい。

Ath2532
コップいっぱいの絞りたてザクロジュース。

Ath2533
お店の前にベンチがあって、ザクロジュースを飲んで一休み。私は団体パッケージツアーもいいけど、やっぱり行き当たりばったりの旅が好き。気になったら立ち止まる。気になったら食べてみる。寄り道ばかりで、観光名所よりも町の雰囲気を感じるのが好き。そんな私の旅行につき合ってくれるような人はこの世にいないのかなぁ?いないかもしれないね。だって、予定も細かくは立てないし、寄り道ばかりで、一緒にいるとイライラしちゃうかもしれない。だって、今回の記事もブルーモスクの話よりも寄り道の話ばかりだもん。イスタンブールまで来てトウモロコシの旬はいつだろう?なんて、私と一緒に考えたくないものねぇ・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月23日 (水)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 4日目(3)2015年11月13日パリでのテロ事件2日後の平和なイスタンブール。

Ath2401
2015年11月15日、日曜日のイスタンブールは、イスタンブール・マラソンが開催されている。人々が集まるイベントなのに、ここまでセキュリティチェックを受けることなくたどり着いている。イラクやシリアに隣接するトルコのほうが緊張した雰囲気なのかと思っていたけれど、イスタンブールは平和な日曜日。

Ath2402
マラソンは市民マラソンで大勢のランナーがゴールを目指して走っている。ゴール地点のすぐそばに観光客でも普通にアクセスできてしまう。この日のイスタンブールは平和だったんだなぁ。

Ath2403
2日前の2015年11月13日、金曜日にテロ事件が勃発したフランス・パリでは厳戒態勢がとられているが、イスタンブールにはのどかな平和があるなんて、なんだか不思議な感じ。経済危機にあるギリシャものんびりとした雰囲気だったし、シリアと隣接するトルコものんびりとした雰囲気で、テレビのニュースで見るのと実際に訪れて感じる印象はずいぶんと異なる。

Ath2404
公園内では火気を用いた屋台でトウモロコシなどが売られており、日常的な平和を感じる。

Ath2405
イスタンブール・マラソンで一番大きな問題は道路がマラソンコースになってしまっており、アヤソフィアやブルーモスク方面に渡れない。私だけではなく、渡りたくても渡れない人たちはたくさんいる。

Ath2406
渡りたくても我慢している人は当然ながら私だけではなかったみたいで、しばらくすると強引に渡ろうとする人々によって混乱が生まれ、どさくさに紛れて反対側に渡ることができる。

Ath2407
5年ぶりのアヤソフィア。私の旅のテーマとして、イスラム教文化とキリスト教文化の交差点というのがあるけれど、ここはその意味では究極の場所。

Ath2408
反対側に見えるのは、逆光のために写真ではうまく風景を伝えられないけど、スルタン・アフメット・ジャーミィ。いわゆるブルーモスク。前回ここに来たときは真冬の1月で、雪がちらついていたけど、今日はまだ暖かい。

Ath2409
そういえば、機内食を食べただけで、きちんとしたお昼ごはんを食べていない。だいぶ遅くなってしまったけど、公園内にあるお店でチキンのドネルサンドを食べることにする。

Ath2410
チキンのケバブを削り取り、ドネルサンドが作られていく。

Ath2411
ポテトも入りボリューム満点で美味しい。ギリシャといい、トルコといい、適当に入ったお店で安いものでも十分に美味しい国は幸せ。

Ath2412
お腹も満足したところで、アヤソフィアに5年ぶりに入ってみることにする。アヤソフィアは紀元360年に完成し、その後に火災などを受けて紀元537年に再建され、ギリシア正教の大本山として信仰を集めた。当時のイスタンブールは、当時は東ローマ帝国(ビザンツ帝国、ビザンティン帝国)の首都としてコンスタンティノープルと呼ばれていた。

Ath2413
ところが、オスマントルコによって、1453年にコンスタンティノープルは陥落し、ビザンツ帝国も滅亡する。イスラム教のオスマントルコによって、アヤソフィアはモスクに改修される。これ以上アヤソフィアのことを詳しく知りたい場合はガイドブックや、他の人のブログを参照してほしい。現在は博物館とされているアヤソフィアの横には清めの洗い場と思われる建物がある。

Ath2414
ここはモスク?キリスト教会?アヤソフィアの内部に入ると、キリスト教会時代のモザイク画がある。オスマントルコは、異教徒であるモザイクイコンを破壊せずに漆喰で覆っていた。

Ath2415
巨大なドームの内部に入ると、残念ながら一部は修復中で足場が組まれている。

Ath2416
ドームの上部にはキリスト教の熾天使(セラフィム)が見える。

Ath2417
イスラム教のモスク特有のアラビア文字の円盤と、キリスト像が同居している不思議な空間。モスクとキリスト教の大聖堂の要素が混在している。

Ath2418
モスクの特徴であるメッカの位置を示すミフラーブがあるが、もともとはキリスト教の大聖堂であったため、当然ながらメッカの方向を意識して建てられていないので、建物の正面にはない。

Ath2419
有名な「聖母マリアの手形」と呼ばれている柱。柱に空いている穴に親指を入れて、残りの4本の指を一回転させることができれば願いが叶うという。ここを訪れた人の多くが願いをかなえるために親指を入れるので、そこだけ光沢がある。

Ath2420
「一人旅」の卒業を願ってチャレンジしてみると無事に一回転完了!今年こそ「一人旅」を卒業できるのか?

Ath2421
アヤソフィアの魅力は1階だけではない。スロープを上り、2階に上がる。

Ath2422
2階からの風景は残念ながら作業用の足場が組まれて、今ひとつの風景。

Ath2423
「デイシス」と呼ばれるモザイクイコン。アヤソフィアの2階には、大聖堂だった時代のモザイクイコンが多く残されている。

Ath2424
柱の装飾などはイスラム教文化のものだろうなぁ。JTB旅物語「トルコ大爆勝」の時は団体パッケージツアーであるので自由時間に制限があるので、余裕を持って見学できなかったけど、ゆっくり見学するとキリスト教文化とイスラム教文化の混在するアヤソフィアの美しさに魅了される。

Ath2425
聖母子と12世紀の皇帝ヨハネス2世コムネノス夫妻のモザイクイコン。私たちはイスラム教というと、どうしても現代社会の影響でイスラム教徒の「ほんのごく一部の過激な思想を持つ人たち」のことを考えてしまうけど、このモザイクイコンを破壊せずに漆喰で覆っておこうと考えたイスラム教徒の人たちはすごい。

Ath2426
キリストと皇帝コンスタンティノス9世・ゾエ夫妻のモザイクイコン。トルコという国はやっぱりおもしろい。「ほんのごく一部の過激な思想を持つ人たち」から見ればモスクの中に異教徒の偶像があること自体がおかしなことで、イスラム教とキリスト教が両立するアヤソフィアを博物館として存続させている寛容なイスラム教があることを知るべきだろう。

Ath2427
キリスト教のモザイクイコンもすばらしいけど、私はイスラム教文化の幾何学模様が好きだったりする。

Ath2428
イスラム教文化では人物像が描かれることがないので、装飾などにイスラム教文化のすばらしさを感じる。

Ath2429
十字架が掘られているけど、破壊されずによく残されていたなぁ。「ほんのごく一部の過激な思想を持つ人たち」の影響を私は確実に受けていて、異教徒の物は破壊するという偏見が自分の中にあることに気がつく。

Ath2430
5年ぶりのアヤソフィアは、キリスト教文化とイスラム教文化を感じられる、まさに東西文化の交差点であるイスタンブール独特のもの。

Ath2431
イスラム教文化とキリスト教文化の交差点を旅のテーマとしている私は、隣り合う文化は、敵対するのではなく、相互に影響し合い、融和する場面もあるんじゃないかと考えている。「ほんのごく一部の過激な思想を持つ人たち」のおかげでイスラム教全般に悪いイメージが生まれてしまっているけど、実際は敵対するばかりではないに違いない。アヤソフィア博物館、訪れたのは今回が初めてではないけれど、じっくり見ることができて、なかなかおもしろい。東西文化の交差点であるイスタンブール、やっぱり魅力的な町。ギリシャの帰りに立ち寄ってよかった。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月22日 (火)

成田発ブリュッセル行き、ANA231便はデュッセルドルフにダイバート。

Bru2016
私は2016年3月9日水曜日、朝8時にブリュッセル国際空港にいた。その時に撮ったブリュッセル空港出発カウンターの写真。それまで、ベルギーで普通に観光もして、ワッフルを食べて、ビールを飲んで、ムール貝を食べて楽しんでいた。それなのに、ブリュッセルでテロ事件が発生するなんて・・・。

201603221
2016年3月22日火曜日。成田空港を出発してずっとブリュッセルに向かっていたANA、NH231便の行方が気になり、軌跡を追う。当然ながらブリュッセル国際空港は閉鎖されており、着陸できない。

201603222
どうやら、NH231便は、デュッセルドルフ空港にダイバートする様子。徐々に高度が下がってくる。

201603223
3D画像でみると、すでに着陸態勢。

201603224
NH231便は、無事にデュッセルドルフ空港に到着。1枚目の写真は、おそらく爆弾が爆発したと言われている付近で撮影している。私が事件に巻き込まれていても不思議はない。2016年3月22日がなにか特別な日なのだろうか。なぜベルギーのブリュッセル国際空港なのか。どのような大義があるのだろう?

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月20日 (日)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 4日目(2)まさかのイスタンブール、トランジット大作戦。

Ath2301
ターキッシュエアラインズTK1846便はアテネを発ち、エーゲ海上空をイスタンブールに向けて飛行中。

Ath2302
たった1時間35分の短いフライトだけど、サラダとサンドイッチ、チョコレートムースの機内食が出る。

Ath2303
そして、行きの飛行機でも楽しんだ塩味のヨーグルトドリンク、アイラン。慣れてくるとこれがなかなか美味しい。

Ath2304
そして、まもなくイスタンブール・アタテュルク国際空港に着陸。

Ath2305
さすが、ターキッシュエアラインズのハブ空港のイスタンブール・アタテュルク国際空港。ターキッシュエアラインズの航空機が並んでいる。

Ath2306
今回は沖止めではなく、ボーディングブリッジ。飛行機を降りたところで、乗り継ぎの場合は、出発ロビーにそのまま案内される。再度、手荷物検査を受けなくて済むので便利かも。

Ath2307
だけど、私はトランジットの時間を利用してトルコに入国してしまう。今回の手配で工夫したところは、イスタンブールで12時間の乗り継ぎ時間があること。通常の手配だと、ターキッシュエアラインズ深夜便TK52便を利用する場合は、接続を考えるとアテネ22:05発TK1844便を使うのが、アテネ観光を夜まで楽しめるのでベストなフライト。

15NOV TK1844 ATHIST 22:05 23:40
16NOV TK52 ISTNRT 01:10 19:55
※TK=ターキッシュエアラインズ ATH=アテネNRT=成田空港 IST=イスタンブール

2015年11月のダイヤだと、ターキッシュエアラインズの東京成田空港行きは1日2便を運行しており、TK50昼便も運行されており、TK50便に接続するにはアテネ10:40発TK1846便を使うのがベストなフライト。

15NOV TK1846 ATHIST 10:40 12:15
15NOV TK50 ISTNRT 14:15 08:55 +1

Ath2308
私はあえて、アテネを朝10:40に発ち、11/16深夜1:10発TK52便を手配し、意図的に12時間55分の乗り継ぎ時間を作り、イスタンブールを歩くための「トランジット大作戦」をもくろむ。実は、インターネットで検索をかけても、このフライトの組み合わせは出てこない。格安航空券ではなく、ターキッシュエアラインズのWEBサイトから正規割引航空運賃で手配しているからこそできる選択だったりする。本当はターキッシュエアラインズの場合はHISなどで格安航空券を手配したほうが安いんだけど、私のように直前の手配だとIT運賃での格安航空券は手配できない。

15NOV TK1846 ATHIST 10:40 12:15
16NOV TK52 ISTNRT 01:10 19:55

Ath2309
12時間も時間があるので、当然ながら「トランジット大作戦」として、イスタンブール市街へと向かう。JTB旅物語「トルコ大爆勝」では団体パッケージツアーだったので、公共交通機関に乗ることもなかったけど、今日は自由に地下鉄に乗り、イスタンブール市街に向かう。

Ath2310
券売機の使い方がよくわからないので、改札口の駅員さんに訪ねてみる。

Ath2311
そうすると、とても親切な駅員さんでジェトンと呼ばれるプラスチック製のコインを4枚、わざわざ自動券売機で買ってきてくれる。4枚あれば、イスタンブールまで行って、帰りも戻って来られると帰りの分まで買ってくれた。トルコ人ってなかなか親切。

Ath2312
無骨な感じの地下鉄車両に乗る。途中の駅でトラムに乗り換えることも、駅員さんが親切に教えてくれる。

Ath2313
空港が始発駅なので車内はガラガラ。地下鉄は旧市街まで乗り入れていないために、ブルーモスクなどがあるスルタンアフメトに向かうためにはゼイティンブルヌ駅でトラムに乗り換える。

Ath2314
ゼイティンブルヌ駅でトラムに乗り換える時に、ジェトンと呼ばれるコインを自動改札機に投入する。ほとんどの人がこの駅でトラムに乗り換えるので、人の流れについて行けば大丈夫だし、駅員さんも親切。このときは、ジェトンがうまく自動改札機に反応せず、駅員さんに助けてもらう。トルコ人って、とても親切。

Ath2315
進行方向と同じトラムに乗る。

Ath2316
トラムは混雑しており座れない。だんだんとイスタンブール旧市街が近づいている。気になるのは、車内放送がなにかを伝えていること。聞き取れた単語は「イスタンブール・マラソン」という言葉。2015年11月13日金曜日には、パリでテロ事件が発生しているというのに、パリよりもイラクやシリアに近いイスタンブールでは市民マラソンが中止にならずに開催されているのかなぁ?パリよりもイスタンブールのほうが平和なのかもしれない。

Ath2317
「イスタンブール・マラソン」の車内放送の意味がわかったのは、イスタンブール・マラソンのためにトラムは途中駅までしか運行されないということだったらしい。今回の旅行、アテネでもバスがデモのために途中で降ろされてしまい、どうもスケジュール通りにはいかない。

Ath2318
トラムはこの駅で折り返し。今はどのあたりにいるのか見当もつかない。仕方がないので、トラムの線路をたどって歩いて行くしかない。

Ath2319
旅は計算通り、予定通りには行かないもの。でも、こういうことがなかったら、イスタンブールの街を歩くこともなかったかもしれないなぁ。予定外の街歩きを楽しむことにする。

Ath2320
トルコで売られているスィミットと呼ばれるドーナツ型のパン。アテネの町中でも同じようなドーナツ型のパンが売られていたなぁ。

Ath2321
“Misir”ってなんだろう?「なんだろう?」と興味を持つと、つい寄り道してしまう。

Ath2322
“Misir”はトウモロコシ。アテネの町と同じく、売られているのはトウモロコシと焼き栗。イスラム教国家であるトルコとギリシャは、お菓子のバクラワもそうだけど、食文化的にもやっぱりお隣の国だけあって似ている。

Ath2323
トラムが動いておらず、ほぼ歩行者天国の線路沿いの道を人の流れに従いながら歩いて行く。日曜日だからか、人々の流れはのんびりとした雰囲気。

Ath2324
ジュース屋さん。イスタンブールはお店がたくさんあって楽しい。やっぱり、団体パッケージツアーよりも自分で自由に町を歩ける旅行が好き。

Ath2325
歩いて町の雰囲気を感じるのが好き。イスタンブールの町はお店も多くて賑やかで、平和な町。この風景もトラムが普通に動いていたら通り過ぎてしまう風景。ましてや、団体パッケージツアーであれば観光バスで町の雰囲気を通り過ぎ、観光名所だけを巡るだけ。

Ath2326
やっぱり自由旅行で気になったお店をのぞきながら、歩くのが好き。バクラワも専門店が並んでおり、ギリシャよりもトルコのほうがお菓子として完成度が高いような気がする。

Ath2327
だんだんとブルーモスクのあるスルタンアフメトが近づいてきたのか、お店の名前に「スルタンアフメト」の文字。バクラワ、ロクムの並ぶおみやげ屋さん。

Ath2328
大通りから路地に入ると食堂街。イスタンブールって、雰囲気的にはヨーロッパの町に近い。イスタンブール・マラソンがなかったら、町の雰囲気を感じられなかったかもしれないなぁ。

Ath2329
10分ほど歩くと公園が見えてきた。遠くに大きなミナレットが見える。

Ath2330
ここでもスィミット屋さん。公園のあちらこちらに屋台があり、スィミットやとうもろこしなどが売られている。本当に2015年11月13日、金曜日にフランス、パリでテロ事件が発生した2日後の風景なのだろうか。11月15日、日曜日のイスタンブールにはのどかな平和を感じる風景がある。

Ath2331
JTB旅物語の団体パッケージツアー「トルコ大爆勝」でイスタンブールを訪れたのは約5年前の2011年1月。以前に訪れた場所ではあるけれど、アヤソフィアやブルーモスクを再び自分のペースで時間の制約なしに訪れてみることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月16日 (水)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 4日目(1)ギリシャの洗礼は最後まで終わらない。

Ath2201
2015年11月15日、日曜日。アテネのパンホテル“PAN HOTEL”のレセプションの奥の朝食レストランで、チェックインを済ませた後に朝ごはん。

Ath2202
ハムやチーズもあり、パンに挟んでサンドイッチを作ることもできるけど、今朝は軽く済ませる。空港に着いてからプライオリティパスが使用できるラウンジに行ってもいいし。

Ath2203
やっぱりギリシャで食べるヨーグルトは美味しい。これだけでも朝ごはんとして十分に楽しめる。

Ath2204
ホテルを出て、スーツケースを引きながらシンタグマ広場に向かう。これでアテネともお別れ。

Ath2205
日曜日の朝のシンタグマ広場は人通りも少なくて静かな感じ。

Ath2206
メトロのほうが到着時間を読めるので、最後はメトロでアテネ・エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港に向かう。アテネに到着したときはストライキでメトロが動いていなくて大変な思いをしたけれど、さすがに木曜日に大規模なストライキを実施したばかりだから、しばらくはストライキということはないだろう。

Ath2207
えっ?もう帰ると言うのにギリシャの洗礼は終わらない。メトロの入口のシャッターが閉まっている・・・。悪い冗談かと思って目を閉じて、もう一度見たけど、やっぱりシャッターは閉められている。閉められたシャッターに張り紙がしてあるけど、スーツケースを転がして見に行くのも面倒なので、わざわざ見に行かないけれど、この雰囲気は間違いなくストライキ・・・。またしてもストライキ・・・。労働者の権利を主張するのは理解するけれど、それにしてもストライキを打ちすぎじゃない?なにが起こるかわからないギリシャ。時間には余裕を持ってホテルを出てきたからいいけど、まずは空港に向かう代替手段を見つけなくちゃ。シンタグマ広場から出るX95番空港バスは大丈夫なのかなぁ?最後までギリシャはスケジュールが予定通りに流れない・・・。

Ath2208
よかった!シンタグマ広場から空港へ行くX95番空港バスは普通に動いているみたい。チケットを購入して、バスに乗る。まったく、ギリシャの洗礼は最後まで終わらない。つい3日前の11/12木曜日に大規模ストライキを実施したばかりだというのに、11/15日曜日にもまたストライキだなんて、ちょっと頻繁すぎるんじゃない?私は労働者の権利は守られるべきだと思っているけど、ギリシャでは頻繁すぎるストライキに対しては私の中に違和感が生まれてくる。今日は、11/13金曜日にフランスでテロ事件から初めて迎える日曜日。フランスで起きた事件に対する平和を訴えるデモであれば納得するんだけど・・・。

Ath2209
日曜日ということもあって、空港バスは渋滞にはまることもなく無事にアテネ・エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港に到着。

Ath2210
これであとは飛行機に乗るだけ。

Ath2211
まずはチェックインを済ませて、スーツケースを預けて身軽になりたい。

Ath2212
案内版を見てターキッシュエアラインズのチェックインカウンターを探す。

Ath2213
ターキッシュエアラインズのチェックインカウンターは、通常のチェックインは混雑しているけど、インターネットでオンラインチェックインを済ませておけば、誰も並んでいないチェックインカウンターで荷物をドロップインするだけあっという間に完了。オンラインチェックインは手続きを済ませてあれば、プリンタがなくてもカウンターで紙の搭乗券を出してもらえる。

Ath2214
シンタグマ駅のシャッターが閉まっていた理由を確認するために、空港ターミナルビルを出て郊外鉄道のアテネ空港駅に向かう。

Ath2215
4日間ギリシャに滞在して、そのうち2日間はストライキで動いていないということは、私の滞在期間中のアテネのメトロの運行率は50%なんて、ある意味ですごい。

Ath2216
あれ?改札口が開いている。ストライキじゃなかったのかなぁ?空港駅はシャッターが開いていて列車は運行されているみたい。シンタグマ駅ではシャッターが閉められていたような気がするけど、単に日曜日は運行開始が遅いのかなぁ?

Ath2217
張り紙を発見すると、やっぱりメトロ1~3号線の24時間ストライキが実施中。

Ath2218
郊外鉄道やバスは通常通り運行されている。アテネ中心部からアテネ空港駅へは地下鉄3号線が郊外鉄道に乗り入れる形で運行されている。空港からは郊外鉄道で、地下鉄3号線との接続駅までは電車で行けるけど、地下鉄3号線は全線ストライキで運休のために、アテネ中心部に入ることはできない。

Ath2219
やはり今日もストライキかぁ。アテネで宿泊するときは、空港バスとメトロと2系統のルートを考えておかないと、私のように極力タクシーを使わない貧乏旅行者には本当に危険。

Ath2220
さっさと搭乗券の確認を受けて出発ロビーに入ってしまう。

Ath2221
そろそろ、本気で“Superdrystore極度乾燥(しなさい)”が日本に上陸する日が来るんじゃないかなぁ?と思い始めている。日本人が、おかしな日本語の服を着るのもどうなんだろう。

Ath2222
もう空港で買う物もないので、プライオリティパスが使える“Aristotle Onassis Lounge”へ。

Ath2223
日曜日の朝のラウンジはほとんど人がいない。

Ath2224
エミレーツ航空以外、「まだ知らない」航空会社の機内誌がちょっと楽しい。

Ath2225
軽食のコーナーは朝食時間にしては簡単なものしか置かれていない。クッキーが大量に並べられていて空いたスペースを埋めている感じ。

Ath2226
本日、2回目の朝食を軽く済ませる。ヨーグルトはホテルで食べたほうが美味しかったなぁ。

Ath2227
朝10:40発のターキッシュエアラインズTK1846便の搭乗ゲートはA9ゲート。搭乗ゲートに向かう。

Ath2228
ターキッシュエアラインズTK1846便イスタンブール行きは定刻通り10:40出発予定。

Ath2229
ボーディングが始まり機内へと向かう。どうやら、機材は行きと同じくエアバスA321。

Ath2230
エアバスA321は単通路型なのに全長が長いので、ボーディングに時間がかかる。

Ath2231
エアバスA320シリーズで個人モニタがついているのは意外と珍しい。

Ath2232
ターキッシュエアラインズTK1846便はスポットを離れて、滑走路に向けてタキシングを始める。さようなら、アテネ。ギリシャの町の雰囲気は大好きなので、いつかまた私は個々に戻ってくる。その時は一人旅ではなく、感動を共感できる人と一緒に。すばらしい感動だけではなく、ストライキで移動できずに困難も私と共感することになるかもしれないけど・・・。楽しいことも困難なことも一緒に感じられる人と再びギリシャに来られればいいけど・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月13日 (日)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 3日目(5)アテネで最後の夕ごはん。

なんとかブリュッセルから帰国。ベルギー旅行記の前に、まずはギリシャ旅行記をまとめてしまうことにする。

Ath2101
遅めのお昼ごはんとして絶品ギロピタを食べて、さらにパンドロスウ通りを歩く。ギロピタ、安くて美味しかったなぁ。滞在がもう少し長ければもう1回食べてみたいなぁ。パンドロスウ通り、狭い路地なのにお店が並んでおり、土曜日ということもあって人通りが多い。ヨーロッパにいるのに、アラブ文化圏のスークにいるような雰囲気。こういうごちゃっとした雰囲気って、実は好き。

Ath2102
サンダル屋さんやおみやげ店が並んでいる通りを歩くのが楽しい。

Ath2103
ふと、ジュース屋さんのオレンジジュースが2ユーロの看板に目がとまる。その場で絞るフレッシュオレンジジュースが2ユーロは安いかも。

Ath2104
2ユーロに惹かれてオレンジジュースを注文してしまったけど、ザクロジュースにすればよかったかなぁ。懐かしいなぁ。JTB旅物語の「トルコ大爆勝」で、途中のドライブインで生搾りザクロジュースをよく売っていたっけ。

Ath2105
2ユーロのフレッシュオレンジジュース、美味しいし、2ユーロとは思えないほどの量で大満足。

Ath2106
パンドロスウ通りを歩くと、モナスティラキ広場に出る。

Ath2107
広場に面してメトロのモナスティラキ駅がある。メトロの駅からどんどんと人が出てくる。

Ath2108
モナスティラキ広場からさらに通りが伸びている。この先の通りも賑やかな雰囲気。ギリシャは財政危機状態にあるとニュースで聞くけど、アテネの町を歩く人々を見る限りでは土曜日の午後ということもあってか活気がある感じ。

Ath2109
モナスティラキ広場は、公園のようなシンタグマ広場と違って、人々が集まる賑やかな広場。

Ath2110
その広場の中心には教会が建っている。現代の人々で賑わう広場なのに、ぽつんと古代からの教会が普通にあるって不思議な感じ。

Ath2111
ハドリアヌスの図書館の奥にはアクロポリスが見える。風景は古代遺跡なのに、現代の人々が行き交っているミスマッチがおもしろい。町に古代と現代が入り交じるアテネは歩いていて楽しい。

Ath2112
タベルナの並ぶ通りに入ってみる。土曜日の夕方に近い時間だけど、タベルナは賑わっている。

Ath2113
アテネの賑やかな雰囲気って好きだなぁ。観光名所を巡るのも楽しいけど、アテネの本当の楽しさって街歩きなんじゃないかなぁ?この通りのお店は、ギロピタのお店ばっかり。「ギロピタ通り」と言わんばかりに、どのレストランからも美味しそうなにおいがする。

Ath2114
エルムー通りのカプニカレア教会まで戻ってきてしまった。今回の旅行は、観光名所を巡るのはもうあきらめて、アテネの街歩きを楽しむことにする。観光名所は、またアテネを訪れたときにすればいい。もしかしたら、その時は一人旅ではなく、アテネの楽しさを共感できる人と一緒に歩けるかもしれないし。

Ath2115
もう、明日の朝にはアテネを発たなければならないので、ショッピングタイム。おみやげ店が並ぶアドリアノウ通りを目指す。町の中に街路樹のある雰囲気が、キプロスのニコシア(レフコシア)でも好きだったんだけど、アテネでも好き。

Ath2116
おみやげを買って帰る相手がいるわけじゃないし、なにか買いわけじゃないけど、お店をのぞきながら歩く。おみやげ店を見て歩くと、買うつもりじゃないのに、たまにおもしろいなぁと興味を持ってしまって買ってしまうことがある。おみやげって欲しいと思った時が買い時で、次に同じようなものを見つけようとしても見つからない時がある。

Ath2117
そろそろ歩き疲れたので、いったんホテルに戻ろうかなぁ。ミトロポレオス大聖堂を見つければ、すぐにシンタグマ広場へ行ける。

Ath2118
エルムー通りをパンホテルに向かって歩く。

Ath2119
今日のパンホテルの部屋は、一昨日泊まったときよりも小さな部屋で、通りに面していない部屋だけど、建物の隙間からパルテノン神殿が見えることに気がつく。

Ath2120
毎日のように夕日を見て来たけど、今日は夕日を見逃す。夕日の代わりに三日月を見る。

Ath2121
7時過ぎになり、アテネ最後の夕食を食べに行くことにする。

Ath2122
「地球の歩き方ギリシャ2012」に掲載されているキダシネオン通りにあるレストランに行ってみることにする。

Ath2123
キダシネオン通りはガイドブックに紹介されているとおり、レストラン街になっており、歩いていると客引きから声がかかる。

Ath2124
ガイドブックに載っている「ビザンティノ」に入ってみることにする。

Ath2125
ビニールシートに覆われた外の席に座る。夕食の時間には時間が早いのでレストランは空いている。混んでいると一人客では入りづらいので、私はまだ開店直後の空いている時間に夕ごはんに出かけることが多い。

Ath2126
ギリシャって、生ビールはないのかなぁ?ずっと瓶ビールを飲んでいる気がする。

Ath2127
たぶん、キプロスで覚えたんだと思うけど、フェタチーズの載ったグリークサラダがやっぱり好き。

Ath2128
メインは海老のサガナキ。

Ath2129
トマト味のソースの中に、海老とチーズを入れて焼いた料理。殻つきの海老が食べづらいけど、海老の甘みが感じられて美味しい。今回の旅行中、ギリシャ料理は、すべての料理が美味しかった気がする。キダシネオン通りは観光客向けなのかなぁ?おまけのデザートが出てこない。

Ath2130
食後の余韻を楽しみながらキダシネオン通りを歩く。

Ath2131
職場へのおみやげはほぼスーパーマーケットで調達しているんだけど、どうもギリシャらしいものが今ひとつ見つけられず、おみやげ屋さんでお菓子を購入。

Ath2132
トルコのおみやげ屋さんでどこでも置いてあるナザール・ボンジュウ。イスラム教やキリスト教などの宗教には関係ないものなんだろうなぁ。

Ath2133
右側に見えるナザール・ボンジュウの生地がちょっとかわいい。

Ath2134
今日の夕ごはんはデザートを食べなかったので、アイスクリーム屋さんに目がとまる。

Ath2135
11月なのにアイスクリーム。だけど、美味しい。

Ath2136
最後にアクロポリスに建つパルテノン神殿を眺める。今回の旅行で私がアテネを歩いた範囲はものすごく狭いんだけど、古代と現代が混じり合っているアテネの町はおもしろかったなぁ。こんなにアテネの街歩きが楽しいと思わなかった。旅程を組む時に、せっかくターキッシュエアラインズを使用しているんだから、夜22:05発のTK1844便を手配すればよかったなぁ。そうすれば、もう1日アテネを楽しめたのに。でも、少し足りないくらいでちょうど良かったのかもしれない。ギリシャにまた来たいという気持ちになるし、それに次に来るときは一人旅じゃないかもしれないから・・・。連れと一緒に感動を倍に感じられたらきっともっとすてきな旅になるだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月 9日 (水)

【現地速報版】カタール航空、ブリュッセル空港での悲劇。

Bru06



2016年3月9日、水曜日。ブリュッセル国際空港15:15発カタール航空QR194便ドーハ行きのボーイングB787は、定刻より15分早く、15時にブリュッセル国際空港を出発。ところがプッシュバックしたところで、機長のアナウンス。テクニカルな問題でスポットに戻ることに。

機内でずっと待たされるが、2時間経過しても飛べず。17時半に、乗客全員が一旦飛行機を降りて、出発ロビーで待たされる。その後も出発予定はどんどん伸びて、20時半に欠航が決定…。

Bru07



もうちょっと早く欠航が決まれば、ブリュッセル20:50発ANA直行便NH232便に振り替えてもらったのになぁ…。おそらく、カタール航空、急病人で検索すると出てくる、2014年2月3日「カタール航空急病人の悲劇」のように、何もなければ問題ないけど、トラブルが発生するとボロが出てグタグタ。

20時半に欠航が決定。再予約に2時間かかり、22時半。ホテル行きのバスが出たのが23時。なぜかアントワープのホテルまでいくことになり、1時間かかって深夜0時過ぎにようやくチェックイン。カタール航空のトラブルのせいで9時間も無駄な時間を…。

Bru08



飛行機に乗るはずがなぜかバス。どうせ欠航して他社便に振り替えなるなら、もっと早く判断すればいいのに。もっとも、無理に飛ばしても、従業員の勤務時間の問題からカラチでテクニカルランディングになるかもしれない…。2014年2月3日の「カタール航空急病人の悲劇」の場合は、翌日チェックインに手間取り、団体パッケージ旅行客は優先して乗せて、個人旅行客はチェックインが間に合わないと成田空港に置いてきぼりになった人もいたみたいで、それよりはマシかなぁ。チェックインに手間取ったからと個人旅行客を犠牲にする航空会社なんて、ひどすぎる。今回、カタール航空の評判を調べていて、2014年2月3日のカタール航空急病人の悲劇だけは気になっていたけど、それが現実になるとは…。

ということで、けっきょく予定通りに帰れず、職場に連絡を入れて、半日休んで、成田空港から職場に向かう羽目に…。カタール航空、最悪…。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


2016年3月 8日 (火)

【現地速報版】13年ぶりのベルギーへ。

Bru03
ヨーロッパでどこが一番いいですか?と聞かれた時、ずっとベルギーのブルージュと答えている。だけど、ブルージュを訪れたのは、2002年。今から14年前のこと。その後にたくさんの国、たくさんの都市に行っているけど、再び訪れてみても、今でもヨーロッパで一番好きな町なのかなぁ?

Bru04
そう、2003年にもベルギーを訪れていてベルギーはお気に入りの国のはずなのに、ずっと行けていない。だけど13年ぶりに訪れたベルギーは、やっぱり大好きな国。風景が美しいし、食べ物も美味しい。

Bru05
やっぱりムール貝は最高に美味しいし、ベルギービールも最高。これからもヨーロッパでどこが一番いいですか?と聞かれた時に、私はずっとベルギーのブルージュと答えよう。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月 6日 (日)

【現地速報版】初めてのカタール航空。

Bru01
2016年3月5日、成田空港。3月は例年だとアジア旅行か国内旅行の予算と休暇しか取れないはずが、カタール航空で出発10日前にも関わらず航空券が67673円。

Bru02
つい、うっかり、アジア旅行のはずがヨーロッパへ。カタール航空、特別によくもなければ悪くもない普通の航空会社で、普通に快適なフライト。ドーハ・ハマド国際空港に無事に到着。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年3月 3日 (木)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 3日目(4)遅めのお昼ごはんは絶品ギロピタ。

Ath2001

アクロポリス観光、パルテノン神殿もエレクティオンもなかなか楽しかった。残念ながら、明日はアテネ・エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港10:40発ターキッシュエアラインズTK1846便で午前中にアテネを去らなければならないので、アテネで遺跡を間近に見られたのはアクロポリスのみになってしまった。プロピレア(前門)を出て、出口に向かう。

Ath2002
ちょっとだけ興味があるのは、屋根がどのように架けられていたのか。パルテノン神殿も、修復工事が終わると屋根が架けられるんだろうなぁ。きっと、今のパルテノン神殿のイメージとは全く異なる外観になるのだろう。

Ath2003
プロピレア(前門)を出て、出口に向かう。ちょうど高台になっており、周囲をよく見渡せる。

Ath2004
アテネに到着した初日はストライキのためにアクロポリスに入場できずにこの岩山からアクロポリスを眺めていたなぁ。

Ath2005
丸ごと岩なんだ。岩の大きさにびっくりする。

Ath2006
そして、すでに14時半になってしまっており、これからは入場できない古代アゴラ。

Ath2007
古代アゴラを歩いてみたかったなぁ。最終日に夜22:05発のTK1844便ではなく、朝10:40発のTK1846便を手配してしまったので、タイトな旅程の中で、もともとアテネはハイライトのみの観光になってしまうことはわかっていたけど、アクロポリスと古代アゴラだけは入場観光するつもりだった。アテネ到着初日にストライキで入場できなかったのが予想外・・・。

Ath2008
古代アゴラの中にあるヘファイストス神殿には屋根がある。屋根はどうなっているんだろう?この神殿は近くで見てみたかったなぁ。こんなにアテネ観光がおもしろいなら、22:05発の夜便にすれば明日1日中観光できたのに・・・。料金が高くなってしまっても夜便にすればよかった・・・。私の旅行はいつも直前の手配になってしまうために希望通りのフライトだと料金が予算オーバーになってしまう場合がある。そのためにベストなフライトは予算オーバーのために選べないことも多い。

Ath2009
アクロポリスをもう一度、振り返る。アクロポリス、なかなか楽しかった。

Ath2010
登っているときは実は気がついていなかったんだけど、飛び出るような位置にアテナ・ニケ神殿が見える。

Ath2011
この神殿は壁面もあるし、天井もありそう。パルテノン神殿は今では柱しか残っていないけど、本来はこのアテナ・ニケ神殿のような感じだったのかもしれないなぁ。

Ath2012
あれっ?ギリシャに三毛猫がいる。

Ath2013
出口から外に出る。14時半を過ぎているので、アクロポリスの入場門は閉ざされている。「地球の歩き方」には冬季は平日17時まで、土日14時半までと書かれているけど、アテネに到着した初日の木曜日に訪れたときも表示は14時半までだったので、平日でも14時半で閉まってしまうと考えておいた方がいいかも。

Ath2014
チケット売り場もシャッターが閉められている。冬季は公務員の勤務時間から逆算して開館時間が決められているのかなぁ?

Ath2015
アクロポリスの入口に一軒だけ売店がある。

Ath2016
サントリーニ島からの飛行機を降りてから、アクロポリスに来るの に必死で、なにも飲んでいないので喉がからから。

Ath2017
このお店の看板商品?のフローズンレモネードは、さっぱりしていてなかなか美味しい。そういえば、もうすぐ3時になってしまうというのにお昼ごはんを食べていない。この時間になるとレストランでちゃんと食事をするには遅すぎるし、たぶんビールを飲んでまったりしたら、そのまま夜になっちゃう。

Ath2018
とりあえず、レストランがありそうなアクロポリスの麓に降りることにする。

Ath2019
残念ながら、古代アゴラは14:30を過ぎているので、やっぱりすでに閉まっている。

Ath2020
すごい!このおじさん、笛でネコを呼び寄せているのかなぁ?おじさんの膝の上に乗っているネコがかわいい。

Ath2021
笛で猫を呼び集める?そんなはずはない。キャットフードが撒かれているだけだった。

Ath2022
お昼ごはんを食べられそうな食べ物屋さんを探して、さらに坂を下る。

Ath2023
アテネは遺跡だらけ。坂を下りるとローマン・アゴラに出る。

Ath2024
古代のアテネは高台のアクロポリスだけではなく、このような建物が町中にあったのだろうなぁ。アテネは、風化されている遺跡も多いけど、長い歴史の中で遺跡が埋まることなく、遺跡のある場所がそのまま残っているところがすごい。

Ath2025
アクロポリスを見上げると、岩山の上の堅牢な要塞。

Ath2026
ローマン・アゴラを囲む歩道はカフェになっている。さすがにおなかが空いてきた。もっと、ファーストフード的なお店はないかなぁ?

Ath2027
小さな広場があり、レストランが並んでいる。

Ath2028
この広場はレストラン街。広場の両側はレストランになっている。ちゃんとしたレストランじゃなくて、簡単に食べられるものでいいんだけど。

Ath2029
人通りも多くなってきて、だんだん繁華街に近づいてきた。

Ath2030
レストラン街になっている通りを発見する。3時なのにレストランは賑わっている。このレストラン、混んでいるし美味しいのかなぁ?

Ath2031
ギロピタを食べている人が多い。ギロやケバブの専門店みたい。すぐに料理ができそうだし、ギロピタを食べて見ようかなぁ?

Ath2032
テイクアウトもできるので、レジでお金を支払い、できあがるのを待つ。目の前で料理が作られるのを見るのって大好き。

Ath2033
テイクアウトのギロピタ。肉の種類が選べて、ポークを選択。

Ath2034
ギロピタはフライドポテトも入っておりボリューム満点。安いのに美味しい。ちゃんとしたレストランで食事しなくても、ギロピタで十分に美味しい。もっと、ギリシャ滞在が長ければ、何回でも食べたいくらい。安いものでもおいしいギリシャ、ストライキは困るけど、なかなか楽しいディスティネーション。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

Link

無料ブログはココログ