2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 2日目(3)サントリーニ島、フィラの街を歩く。

Ath1101
教会の中に入り、いつものように教会で静寂を味わう。

Ath1102
教会の椅子に座り平穏に旅行できることを神に感謝する。この日、2015年11月13日の金曜日の夜になってテレビのニュースでパリの事件を知ることになるけど、今回の旅程でディスティネーションを選ぶときにパリにいた可能性もあったのに・・・。

Ath1103
教会の外にはかわいらしい小物を売るお店。私の街歩きは立ち止まってばかり。こういう旅をしているから「女子」が書いているブログと間違えられるのかなぁ。でも、興味を持ったら立ち止まるのが私の旅。

Ath1104
海沿いの路地に出る。

Ath1105
しばらく海沿いの道を歩き、フィラの町を一望できる場所に出る。フィラの町は断崖にへばりつくように町が広がっている。

Ath1106
断崖絶壁の斜面を利用してみごとに建物が建っている。

Ath1107
海を眺めれば大きな客船。

Ath1108
エーゲ海のクルーズ旅行も楽しいかもしれないなぁ。一度はクルーズ旅行にも参加してみたいけど、今はなかなか長い休みが取れないからのんびりと船の旅は難しいかな。それに、一人で船旅も微妙だし。

Ath1109
断崖絶壁の下に小さな旧港がある。フェリーや大型客船はここには停泊せずに、フィラから少し離れたアティニオス港が玄関口。海を見るために旧港まで降りてみようかと思ったけど、かなりの高低差があるし、オフシーズンなので人の気配がない感じ。降りてみようか迷うところ。

Ath1110
フィラの町は断崖絶壁の上にあり、これだけの高低差があり、歩いて登るのは大変かも。

Ath1111
丸いドームのギリシャの教会ってかわいらしい。

Ath1112
先ほど訪れた教会の全体を写真に撮ろうとしても、教会の周囲は建物が密集していて、全体をうまく写真に撮れない。やっぱり、ギリシャの教会ってかわいい。色合いがかわいい。

Ath1113
旧港まではロープウェイが架けられている。たしかにフィラの町から旧港までは、ロープウェイがなければ登ってくるのはかなり大変。降りてみようかと思ったけど、まずはフィラの町を歩いて全体像をつかむことにする。

Ath1114
海沿いの細い道を歩く。海が見えるところにはレストランやカフェが並んでいる。

Ath1115
フィラの町の中心部に近づいてきた。おみやげもの屋さんが並んでいる。

Ath1116
ギリシャのフローズンヨーグルトかぁ。美味しそう。夏だったら、間違いなく見つけた瞬間に食べただろうなぁ。2012年にキプロスを旅行した時に、8月だったために暑くて、観光はいつもお昼までで、毎日のようにビーチでのんびりしていた。きっと夏だったら暑くて歩けないだろうから、街歩きだったらこのくらいの時期のほうがいいのかも。

Ath1117
フィラの町はクルマの入れない道幅の狭い小径が続く。

Ath1118
フィラのメインストリートのヒパパンティス通りにはお土産店が並ぶ。

Ath1119
近くでフィラの町を見てみると、やっぱり断崖絶壁にへばりつくように建てられている。ギリシャの島というと、すぐそばに海があるイメージだけど、サントリーニ島のフィラの町は断崖絶壁にあるのでビーチはない。

Ath1120
海側の斜面にも町が広がっているので坂道が多い。私はギリシャの町の雰囲気って好きかも。

Ath1121
フィラの町の中心にある大聖堂に着く。

Ath1122
大聖堂の前が広場になっており、展望台になっておりフィラの町を眺望できる。ガイドブックなどで見るサントリーニ島の風景には、よく青色のドームの教会が写っているけど、ここフィラではないみたい。それでも美しい海が見える風景をしばらくぼーっと眺める。

Ath1123
海を眺めていたら、ロバがやってきた。観光客向けかと思ったら、背中に積んでいるのは荷物。

Ath1124
フィラの町は狭い坂道が多く、車両が入れないのでロバが物資を運ぶ重要な手段なんだろうなぁ。

Ath1125
少し高台になっている場所から大聖堂前の広場を見下ろす。大聖堂の中に入る方法がわからなくて、大聖堂の中には入らない。

Ath1126
白亜の大聖堂だけではなく、白亜の鐘楼。

Ath1127
大聖堂を鐘楼も含めて全体を写真に撮れないか、階段を降りてみることにする。

Ath1128
斜面が急なので建物に隠れてしまい、大聖堂全体を上手く撮れない。

Ath1129
旧港を見下ろすと、海が透き通っていてきれい。

Ath1130
坂道の途中からフィラの町を見上げる。教会の鐘楼が見える。

Ath1131
今日の街歩きはこの教会からスタートした。寄り道せずに歩けば教会から大聖堂まで10分くらい。フィラの町は大きくない。

Ath1132
遠くにイアの町並みが見える。よくガイドブックに載っている青色のドームの教会はイアの町にあるんだろうなぁ。お昼ごはんを食べて午後はイアの町に行ってみよう。イアへ行くバス乗り場はどこにあるんだろう。サントリーニ空港からホテルの送迎車で町に入ってしまったので、サントリーニ島の公共交通機関を把握していない。

Ath1133
ホテルのプールが見える。夏だったら、プールサイドのベッドで絶景を眺めながらのんびりできたら最高に幸せだろうなぁ。でも、その時は「ハネムーンの下見」ではなく、最高の幸せを共感できる連れと一緒に。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月29日 (金)

エミレーツ航空、マルタ行きがチュニス経由に。そしてラルナカ経由アテネ行きに。

最近気になった航空関係の記事を4つほど。

(1)2016年3月1日よりエミレーツ航空マルタ行きがチュニス経由に。そしてラルナカ経由アテネ行きに。

エミレーツ航空、マルタ線の一部とラルナカ線の全便を運休 3月1日から
http://www.traicy.com/20160124-EK

以前に私はEK107/108便を利用してキプロスに旅行したことがある。このEK107/108便はラルナカ経由で最終目的地はマルタまで運航している。Traicyの記事では「エミレーツ航空は、3月1日以降、ドバイ〜マルタ線の週2便と、ドバイ〜ラルナカ線の全便を運休すると発表した。ドバイ〜マルタ線は月・水曜の週2便を運休し、それ以外はチュニス経由で運航する」と報じているが、ラルナカ線は全便を運休するわけではないので記事の表現としては誤報。

以下のエミレーツ航空のプレスリリースを見ればわかるとおり、EK107/108便は2016/3/1よりラルナカ経由アテネ行きに変更となるのでTraicyの記事の「ドバイ〜ラルナカ線の全便を運休」は明らかに誤報。

Emirates Announces Second Daily Service to Athens
http://www.emirates.com/ae/english/about/media-centre/2920366/emirates-announces-second-daily-service-to-athens

12 January 2016
Dubai, UAE - 12 January 2016: Emirates today unveiled plans to boost capacity to Athens with the addition of a second daily flight to the Greek capital from 1 March 2016. The addition of a second daily service will take the total weekly Emirates flights serving Athens to 14. The flight will be linked to the existing Dubai-Larnaca route, allowing travellers to book tickets between the Cypriot city and Athens.

The Dubai-Larnaca-Athens service will be operated by a state-of-the-art Boeing 777-300ER aircraft in a three-class configuration, with eight Private Suites in First Class, 42 lie flat seats in Business Class, and 310 spacious seats in Economy Class.

"Emirates started serving Athens in June 1996; since then we have carried over 2.2 million passengers on the route. Boasting a rich history and picturesque islands, Greece is a popular destination for travellers from the UAE, Australia, China and South Africa. The expanded schedule will also enable more seamless connections for business and leisure passengers travelling from Athens to key destinations like Dubai, Manila, Johannesburg, Dhaka, Melbourne, and Hong Kong," commented Thierry Aucoc, Senior Vice President, Commercial Operations, Europe and Russia.

"By linking the new service to our existing Dubai-Larnaca flight, Emirates becomes the only airline to operate a wide-body aircraft on the popular Larnaca-Athens route," added Aucoc.

Customers on Emirates’ flights enjoy the famed hospitality of its multi-national Cabin Crew, including Greeks, as well as gourmet cuisine and Emirates’ award-winning ice entertainment system. With more than 2000 channels of on-demand entertainment, from movies, television programmes, games, audio books, and music from around the world, ice has been named the world’s best inflight entertainment system by Skytrax for 11 consecutive years. As with all Emirates flights, passengers also enjoy generous baggage allowances: 50kg in First Class, 40kg in Business Class, and 30kg in Economy Class.

Starting 1 March 2016, EK 107 will depart Dubai at 0750hrs, arriving in Larnaca at 1020hrs. It will then depart Larnaca at 1150hrs, arriving in Athens at 1335hrs. The return flight, EK 108, will leave Athens at 1615hrs, arriving in Larnaca at 1800hrs. It will then depart Larnaca at 1930hrs, and land in Dubai at 0125hrs the next day.

キプロスはギリシャ文化とトルコ文化を一度に味わえる魅力的なディスティネーション。今まではEK107/108便がラルナカ経由マルタ行きであることを生かして、マルタとキプロスをストップオーバーすることで両方楽しめるという裏技があったけど、残念ながらその方法は使えなくなってしまう。その代わり、アテネとキプロス、チュニスとマルタという周遊の方法が新たに生まれる。チュニスのメディナは迷子になっても脱出できるので、治安さえ落ち着いていればマグレブ文化入門としてはチュニスは魅力的なディスティネーション。

(2)イベリア航空、マドリード線開設
2016年10月18日からイベリア航空がマドリード線を18年ぶりに運行再開。機材はエアバスA330-200で、成田発が月・水・土、マドリード発が火・金・日の週3便となる。スペインへの直行便は今まではなかったので、マドリード経由でスペイン旅行が便利になる。

2016/10/18~
IB6800 NRT MAD 11:20 18:20
IB6801 MAD NRT 17:20 09:35+1
※IB=イベリア航空 NRT=成田空港 MAD=マドリード

(3)ANA、プノンペン線開設
2016年9月1日よりANAがプノンペン線を新設。韓国系航空会社はプノンペンやシェリムアップに直行便を飛ばしており、カンボジアに進出する企業のビジネス路線としても、観光路線としても使える。北米路線との接続を考慮して夕方発になる場合が多いけど、乗り継ぎ需要よりも日本国内からの需要が大きいのか午前中の出発。また、正式発表はされていないが、ANAはメキシコシティに就航の報道もされている。

2016/9/1~
NH817 NRT PNH 10:50 15:10
NH818 PNH NRT 22:50 06:45+1
※NH=ANA NRT=成田空港 PNH=プノンペン

(4)イランがディスティネーションの候補に!?
イランへの各国の経済制裁が解除され、イランがエアバス機を118機購入するとの報道が出ている。その内訳はエアバスA380が12機、A320ファミリーが45機、A330シリーズが45機、A350が16機となっている。イラン航空は以前ボーイングB747SPという機材で成田空港に乗り入れていたが、現在は運休となっている。その理由として経済制裁の影響で欧米からの新しい機材の導入が困難になっていたことがあるので、エアバス機を大量導入することで、数年後には東京路線も再開することになるかもしれない。それと同時に、「まだ知らない」ディスティネーションであり、ビザも現地でアライバルビザが取得できることから、イラン旅行ブームが来るかもしれない。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ANA、エアバスA380購入を正式発表!

スカイマーク債権者集会でインテグラルを主にANAホールディングスがスポンサーに加わる債務者案にエアバスが投票したあたりから、スカイマークが購入するはずだったエアバスA380を投票の見返りに購入するという噂話はあったけど、やはり「見返り」は事実だったようで2016/1/29正式発表があった。

固定資産(航空機)の取得に関するお知らせ
http://www.anahd.co.jp/pr/201601/20160129-3.html

ANA Group selects the A380
http://www.airbus.com/presscentre/pressreleases/press-release-detail/detail/ana-group-selects-the-a380

しかし、ホノルル線に使用するとのことで、エアバスA380をどのようなコンフィグで考えているのだろう?エアバスA380の静寂性と機体の広さを利用してエミレーツ航空のように2階をすべてビジネスクラスにして、フラッグシップとなるべきビジネスクラスのシートを売りにしてビジネス路線に投入したほうが宣伝になるような気がする。スカイマークは成田・ニューヨーク線に投入する予定だったので、ニューヨークなどの北米路線に飛ばす。高品質のビジネスクラスを体験すれば、競合他社と差別化できる。エアバスA380の快適さはビジネスクラスを充実させてこそ、他社と差別化できる気がするけど、さすがにエアバスA380を埋めるほどの需要はないのかなぁ?

おそらく、経緯から考えるとエンジンも同じなのでスカイマークに納入されるはずだった機体と推測されるけど、すでに2機は完成しているはずだけど、スカイマーク仕様のA380は特異なコンフィグだったために内装を変更するために2年もかかるのだろうか。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月28日 (木)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 2日目(2)エーゲ航空でアテネからサントリーニ島へ。

Ath1001
いよいよ10:00発サントリーニ島行きエーゲ航空352便のボーディングが始まる。

Ath1002
飛行機を利用すれば、アテネからわずか45分でサントリーニ島に到着する。サントリーニ島の風景は写真などではよくみるけど自分の目で見たらどれだけ美しいのかなぁ。自分の目で見てみたい。風を肌で感じてみたい。私のディスティネーション選びは、自分の目で見てみたいと思った場所というとても単純なこと。

Ath1003
機材はエアバスA321。単通路型で席数が多いのでボーディングに時間がかかるけど定刻に出発できそう。

Ath1004
エーゲ航空のWEBで航空券を購入し、座席指定ができたので前から2番目の窓側の席。空港の風景を眺めると、前日に私がイスタンブールから乗ったターキッシュエアラインズの飛行機がスポットに入っている。昨日はエアバスA321だったのに、今日は大型機のエアバスA340で運行されている。

Ath1005
エーゲ航空のエアバスA321の機材は、座席もシートポケットが上部にある新しいシート。

Ath1006
出発前にキャンディが配られる。

Ath1007
ポケットに入れて溶けてしまっても困るので、その場で食べてしまうことにする。

Ath1008
いよいよアテネ空港から離陸し、サントリーニ島に向けて出発。

Ath1009
すぐに青いエーゲ海が見えてくる。

Ath1010
エーゲ航空はギリシャのナショナルフラッグキャリアでフルサービスキャリアのエアラインなので、たった45分間のフライトなのにクッキーが配られる。

Ath1011
チョコクッキー、美味しい。

Ath1012
エーゲ海にはたくさんの島が浮かんでいる。

Ath1013
有名な島ではないんだろうけど、海岸沿いの海がきれい。

Ath1014
あっという間に着陸態勢に入り、サントリーニ島が近づいてきた。

Ath1015
サントリーニ空港に到着。サントリーニ空港は小さな空港なので、ボーディングブリッジなんて、もちろんない。階段を上って空港の建物に行くのかなぁ?

Ath1016
タラップから地上に降りる。前方と後方にタラップが架けられる。

Ath1017
スポットはなく、滑走路と平行に飛行機は駐機している。出発時にはプッシュバックしなくても、そのままタキシングし、滑走路に向かうことができる。

Ath1018
空港の建物は階段を上ればすぐだけど、バスに乗る。

Ath1019
バスは坂を上るだけですぐに着いてしまい、小さなサントリーニ空港の建物に入る。

Ath1020
預け入れ手荷物はないのですぐにロビーを出ると、ホテル名と私の名前を書いた紙を持った男性が待っている。男性の案内で空港の外に出る。そう、今回宿泊するホテルは無料で空港まで送迎をしてくれるので事前に頼んでおいたから。

Ath1021
私だけを乗せたクルマは、空港から15分ほど離れたフィラの町を目指す。

Ath1022
フィラの中心部から少し離れたところでクルマを降りる。今回宿泊するホテルは、ドリームアイランドホテル“Dream Island Hotel”という小さなホテル。空港までの送迎は無料なので、便名と到着時間をあらかじめメールで連絡しておけば空港まで迎えに来てくれる。

Dream Island Hotel
http://www.dreamislandhotel.gr

Ath1023
先に部屋を見せてくれると言うことで、ご主人について行く。プールが見えてくる。夏だったら最高のホテルだなぁ。

Ath1024
部屋はプールサイドにあり、プールを囲んで部屋が並んでいる。なかなかいいホテルじゃない。一人で泊まるのはもったいないくらい。部屋の場所だけ教えてくれただけで、まだ清掃中とのことで午後になるまでは部屋の中には入れない。

Ath1025
レセプションでチェックインといっても、「あとでまた来てね」というだけ。空港まで迎えに来てくれたのは、レセプションの女性のご主人ということがわかる。このホテルは家族経営の小さなホテル。ロビーの雰囲気はのんびりしていて、心がのんびりしてくる。

Ath1026
まだお昼前。サントリーニ島を観光できるのは今日しかないので、さっそくフィラの町に向かうことにする。

Ath1027
ホテルを出ると、すぐに教会がある。ガイドブックに載っているような観光名所ではないのにかわいらしい教会。Dream Island Hotelは、島の内陸部にあるのでシービューではないだろうと疑っていたんだけど、たしかに少し遠くに海が見える。

Ath1028
ホテルはフィラからイアに向かう主要道路沿いに入口がある。この看板が目印。

Ath1029
この道がバスも通るサントリーニ島の主要道路。交通量が少ないのでレンタカーを借りるというのもいいかもしれないけど、道路は広くない。

Ath1030
ガイドブックのような美しい風景を求めて、フィラの中心街に向けて路地に入る。

Ath1031
クルマが入れないような路地を歩くのって大好き。迷子になるけど迷路のような路地も好き。

Ath1032
この建物は教会かなぁ?パステル色の壁の色もかわいらしいし、まだ歩き始めたばかりだけど、心がのんびりしてきて、フィラの街歩きが楽しくなってきている。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月24日 (日)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 2日目(1)アテネ発1泊2日のサントリーニ島への小旅行。メトロに乗ってアテネ空港へ。

Ath0901
2015年11月13日、金曜日の朝。アテネのシンタグマ広場にほど近い“PAN HOTEL”。まだ朝の時点ではなにも知らないけど、この日の夜にパリではテロ事件が発生した。私の場合は日程が決まってから目的地を確定するので、実は旅行先の候補には、せっかく11月の第3週に旅行に行けるんだから、もういちどフランス・ブルゴーニュ地方のボーヌで行われる「黄金の3日間」に行ってみようという候補もあった。結果的にはギリシャに行くことにしたけど、もしかしたら、今日、パリに滞在していたかもしれないなぁ。

Ath0902
今日はこれから、今回の旅の目的であるサントリーニ島への1泊2日の小旅行に出かけることにする。デイパックに1泊分の着替えだけを詰め込んで、残りの衣類などはスーツケースにパッキングしてしまう。私がよく使う方法なんだけど、中抜けで同じホテルを予約して、スーツケースはホテルに置いていってしまう作戦。

Ath0903
PAN HOTELのエレベータは、ヨーロッパのホテルではたまにあるんだけど、ドアになっていてエレベータ内はものすごく狭くて、スーツケースを入れてしまうとどう考えても1人しか乗れない。

Ath0904
フロントでチェックインを済ませ、スーツケースは明日帰ってくるまで預かってもらうことの了承を得て、荷物室に入れてもらう。チェックアウト後にホテルで朝食をとることにする。

Ath0905
1階のフロントの奥が朝食レストランになっている。

Ath0906
朝食メニューは一般的なコンチネンタル・ブレックファースト。

Ath0907
だけど、ヨーグルトが濃厚でものすごく美味しい。

Ath0908
「1泊2日の小旅行」に向かうためにデイパックを背負ってホテルを出る。

Ath0909
朝のシンタグマ広場は静かな雰囲気。

Ath0910
今日はメトロが動いているみたいなので、メトロでアテネ空港に向かってみることにする。

Ath0911
シンタグマ駅は赤色の2号線と青色の3号線の2路線が通っている。

Ath0912
切符は自動券売機で購入。

Ath0913
自動券売機は英語表示にしてしまえば難しくない。2015年11月現在の料金は、シングルチケットは1.2ユーロ、1日券が4ユーロと価格としては安いかも。空港マークを押して、空港まで往復14ユーロのチケットもあったけどストライキにあたってしまえばメトロに乗れずに無駄になってしまうので、8ユーロで空港行きの片道チケットを購入。どうも、昨日のストライキのせいでギリシャの交通機関を信用していない。

Ath0914
改札口はない信用乗車方式。刻印機で切符を刻印して、空港行きの列車が出るホームを目指す。

Ath0915
シンタグマ駅構内は近代的できれいな感じ。改札がない信用乗車方式だと切符がなくても駅構内に入れてしまうので、怪しい人がいるかもしれないと警戒してみたけど、治安が悪い感じはしない。

Ath0916
シンタグマ駅から毎時6分と36分の30分に1本程度の割合で空港行きの列車が来るので、案内表示を見ながら列車を待つ。列車内はそんなに混んではないみたい。

アテネ市内からアテネ空港へのメトロ時刻表
http://www.stasy.gr/index.php?id=70&L=1

Ath0917
しばらく待っていると、あと4分で空港行きの列車が到着するという表示。

Ath0918
ようやく空港行きの列車がシンタグマ駅に到着。しばらくメトロ3号線を走り、途中から地上に出て郊外鉄道にそのまま乗り入れる。

Ath0919
動いてさえいれば、渋滞にはまることのないメトロのほうが到着時間を読みやすい。昨日のようなストライキは、どのくらいの頻度で発生しているのかなぁ?到着時間は読みやすいけど、そもそも動いていなければ鉄道の定時に到着するメリットは失われてしまい、信頼性がない。

Ath0920
昨日はすっかり閉まっていたアテネ空港駅の改札口のシャッターが開いている。

Ath0921
無事にメトロでアテネ空港に到着。ごく普通のことなんだけど、なぜかほっとする。

Ath0922
大きな荷物はアテネのホテルに置いてきてしまったので、預け入れ手荷物もなく、搭乗券はすでにオンラインチェックインを済ませてあるので、チェックインカウンターに立ち寄ることなく、そのまま搭乗券を見せるだけのセキュリティチェックに進む。

Ath0923
アテネ空港は近代的な新しい空港。

Ath0924
うーん、搭乗ゲートを把握するために出発案内版を見るけど、ギリシャ文字だと読めない。

Ath0925
英語に切り替わり、10:00発サントリーニ島行きエーゲ航空352便はB05番ゲートから出発することを確認する。メトロが動いていないことも考えて早めに出発したので、まだ出発まで1時間半あるのでラウンジに行くことにする。うーん、交通機関が動かないことも想定するのはやっぱり面倒かも。

Ath0926
アテネ国際空港でプライオリティパスが使用できる“MELINA MERKOURI LOUNGE”へ。

Ath0927
軽食コーナーは朝食の時間帯なのでクロワッサンやクッキーが並んでいる。

Ath0928
あまり利用している人もいないので、ソファでのんびり過ごす。

Ath0929
PAN HOTELで朝食は済ませているので、軽くつまむ程度。

Ath0930
私の悪い癖は、どうしても見たことのないものに興味を示してしまう。この“Cremita”というヨーグルトではなさそうなものはなんだろう?よく見れば“rice pudding”という表示も書かれているけど。

Ath0931
“Cremita”は“rice pudding”という表示の通り、冷たいクリームの中にごはんが入っている。日本人的な固定観念から考えると、炊いたごはんをミルクぽいクリームの中に入れた冷たいデザートなんて、美味しくないと考えてしまうに違いない。でも、それは「固定観念」にとらわれて頭の中で考えたこと。ごはんという「概念」にとらわれなければ、美味しいじゃん。

Ath0932
搭乗時刻が近づいてきたので、B05番ゲートへ向かう。

Ath0933
やっぱりギリシャ文字だとよくわからないけど、B5番ゲートはエーゲ空港352便サントリーニ行き。いよいよ、今回の旅で一番行きたかったサントリーニ島へ出発する。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月20日 (水)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 1日目(7)アテネ、リカヴィトスの丘から見る夕日。

Ath0801
リカヴィトスの丘の上からだんだんと沈んでいく太陽を見る。

Ath0802
普段の生活では、なかなか沈んでいく太陽をずっと見ることってほとんどない。空がどんどんと夕日色に染まっていく。なんて美しいんだろう。海に反射する太陽がきれい。ピレウスのあたりなのかなぁ?

Ath0803
夕日がよく見える場所を見つけて、ぼーっと太陽が沈んでいくのを見る。普段の生活の中で、夕日の美しさを感じる余裕があるだろうか。そもそも、太陽が沈むまで職場の建物の中にいるので、夕日そのものを見る機会がない。

Ath0804
わざわざアテネまで来なくても、日本にいても夕日が美しい日もあるはずなのに、日本にいると気がつかない。日常生活の中にも美しさがあるはずなのに、気がついていないんだろうなぁ。

Ath0805
太陽が沈むと、逆光で見えなかったアクロポリスの丘が見えてきた。

Ath0806
アテネの町に太陽の光が届かなくなり、町が段々と暗くなってくる。海の色がきれい。

Ath0807
夕日が沈む瞬間って、なんだか感動的な瞬間。こういうときには、隣に一緒に感動を共感してくれる人が欲しいなぁっていつも思う。

Ath0808
夕日が沈んでも、しばらく風景をぼーっと眺めていく。

Ath0809
アクロポリスの丘の上に建つパルテノン神殿がリカヴィトスの丘からちゃんと見える。やっぱり、近くでパルテノン神殿を見てみたいなぁ。サントリーニ島から帰ってきたらリベンジしなくちゃ。

Ath0810
夕日が沈んだ後も、多くの人が余韻を楽しみアテネの町を見下ろしている。

Ath0811
再びケーブルカーで麓のコロナキ地区に戻ることにする。

Ath0812
トンネルの中では光のショーがあり、風景は見られないけど楽しむことができる。

Ath0813
坂道を下り、シンタグマ広場に戻ることにする。

Ath0814
コロナキ地区にはおしゃれなお店が多い。なんのお店なんだろう?

Ath0815
かわいらしいパティスリーだった。

Ath0816
コロナキ地区には映画館もある。

Ath0817
ちょっと気になるのはこの“NIOTH”という映画のポスター。 2015年のカンヌ映画祭に出品された“La giovinezza”(英題“Youth”)というイタリア映画みたいだけど、どんな映画なんだろう?

Ath0818
コロナキ広場の入口に老舗の雰囲気のパティスリーがあるので入ってみることにする。

Ath0819
パティスリーに入ってみても、その国らしい素朴なお菓子が好きで、プリンのようなクリーム菓子を購入。その場でスプーンもつけてもらい食べてみるけど、想像通りの味だけど美味しい。

Ath0820
そして、フランス資本のスーパーマーケットのカルフールを発見。スーパーマーケットでその国らしいものを探すのが好き。

Ath0821
国会議事堂前に戻ってくる。

Ath0822
シンタグマ広場は落ち着いた雰囲気で噴水がライトアップされている。

Ath0823
ホテルのそばのお菓子屋さんをのぞいてみる。

Ath0824
バクラバ(バクラワ)が美味しそう。以前にトルコで食べたときに、ものすごく甘いことは知っているんだけど・・・。

Ath0825
今日の夕食はホテルのすぐ裏手にある“PARADOSIAKO”というタベルナで済ませてしまうことにする。時間が早いのか、お客さんは誰もいない。

Ath0826
とりあえずビールを注文したら、食堂らしく瓶ビールが出てきた。料理がわからないと話していたら、若い女性が人懐っこくて親切で、厨房に案内してくれて、作り置きの料理を見せて説明してくれる。

Ath0827
やっぱり、キプロスを旅したときからずっと、ちょっと塩辛いフェタチーズの載ったグリークサラダが好き。

Ath0828
厨房を見てわかったことは、この食堂は作り置きの料理を温めてくれるだけ。だけど、ピーマンとトマトをくりぬいてピラフが詰められた“Stuffed Vegetables”が美味しそうだと思って頼んでみたけど、想像通りなかなか美味しい。ギリシャ料理って、料理方法としては素朴だけど、素材の味を生かしてあり好きかも。

Ath0829
食後のシナモン味のデザートはサービス。お昼ごはんの時に発注しすぎたので、控えめにしたけど、ピーマンもトマトも大きいので、ちょうどよかった。

Ath0830
夕食を済ませ、私は夜遊びはしないのでホテルに戻る。スーパーマーケットでギリシャらしいものを探した結果、本場のギリシャヨーグルトって、ギリシャではどうなんだろう?と思って買ってみる。

Ath0831
ギリシャヨーグルト、濃厚でクリーミーで美味しい。ようやく休暇1日目が終わる。アテネ空港ではメトロがストライキで満員の空港バスに乗った。そのバスは道路が閉鎖されてしまいシンタグマ広場より手前で運行終了。ものすごく不安な思いをしたっけ。坂道を登り、アクロポリスに行ったらストライキで入れなかった。なんだか、いろいろあった1日だけど、私はアテネの町の雰囲気って好きかもしれないなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月17日 (日)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 1日目(6)アテネを散策。夕刻のリカヴィトスの丘へ。

Ath0701
15時を過ぎたので、シンタグマ広場に近いパンホテル“PAN HOTEL”に戻り、チェックイン。

PAN HOTEL
http://www.panhotel.gr

Ath0702
なぜか一人なのにトリプルルームをあてがわれる。ツインの寝室の他に、もう一部屋、シングルの寝室がある。1泊だけの宿泊なので、いつものようにホテルの部屋のクロゼットに明日の着替えだけスーツケースから取り出し、ハンガーに掛ける。

Ath0703
トリプルルームのこの部屋はバスタブ付。

Ath0704
道路側に面した部屋でバルコニー付き。

Ath0705
バルコニーに出てみると、シンタグマ広場が見える。PAN HOTELは空港行きのバス乗り場から道を曲がることなく一直線に進めばいいので、とてもわかりやすい場所にある。

Ath0706
コロナキ地区を通り、アクロポリスの丘から見えたリカヴィトスの丘に行ってみることにする。アクロポリスからリカヴィトスの丘がきれいに見えたんだから、きっとリカヴィトスの丘からアクロポリスがきれいに見えるに違いない。行けなかったパルテノン神殿も見下ろせる。国会議事等前でのデモも終わったみたいで、シンタグマ広場は落ち着いた雰囲気を取り戻している。

Ath0707
アテネ空港行きX95番バス乗り場には、道路封鎖も解除された様子で空港行きのバスが停車している。

Ath0708
空港バスは1時間に3~4本は運行されており、24時間運行なので空港バスは便利かも。鉄道は動いていれば時間が読めるけど、トラブルがあって列車が動かない場合は身動きが取れなくなってしまう。

Ath0709
アテネでホテルを選ぶときには、ストライキでメトロが動かないことがあることを留意しておかないと、悲惨な思いをすることになるかもしれないなぁ。そうなると、アテネでは複数の交通手段を利用できるシンタグマ広場周辺にホテルを取るのが無難かもしれない。私はフランス・パリでホテルを手配するときも、メトロがストライキで動かない時に、パリ・シャルル・ド・ゴール空港に向かう代替ルートを検討するようにしている。

Ath0710
道路が閉鎖され歩行者天国だった国会議事堂前の道路も普通にタクシーが走っている。

Ath0711
街角のお花屋さん。お花屋さんも国によってディスプレイの方法が違ったりして、お花屋さんを観察するのが好き。

Ath0712
無名戦士の墓に向かって衛兵が行進してきた。

Ath0713
コロナキ地区に入る。庶民的なタベルナやカフェが並ぶプラカ地区よりも、町並みが整っている雰囲気。

Ath0714
コロナキ地区のカフェは、どことなく上品な感じ。

Ath0715
リカヴィトスの丘へはケーブルカーが出ているので、ケーブルカー乗り場を目指して坂を上り始める。最大の問題はケーブルカーもストライキで終日運休ということもあり得ること。

Ath0716
段々と坂道は急になってきて、道路ではなく階段になる。坂道を登りながらも、心配なのはケーブルカーが運行しているのかどうか。

Ath0717
リカヴィトスの丘へ登るケーブルカー乗り場に到着。地下にあるのか、駅という感じがしない建物。入口は開いているみたいだけど、はたして運行しているかどうか・・・。

Ath0718
よかった。どうやら運行しているみたい。

Ath0719
ケーブルカーは地下トンネルの中を上っていく。

Ath0720
ケーブルカーが山頂駅に到着する。

Ath0721
ケーブルカーの駅を出るとカフェがある。ガイドブックによるとカフェだけではなく、「オリゾンテス・リカヴィトウ」という高級レストランもあるみたい。たしかに、リカヴィトスの丘からアテネの風景を見ながら食事をするのはすばらしいかも。ひとり旅ではなく、「連れ」がいれば、ここで夜景を見ながら食事をするのもいいかもしれないなぁ。

Ath0722
リカヴィトスの丘からは周囲に広がるアテネの町を一望できる。

Ath0723
アテネ観光の「へそ」であるシンタグマ広場もよく見える。

Ath0724
アクロポリスの丘も見えるけど、残念ながら逆光になってしまい、パルテノン神殿はカメラでも肉眼でもよくわからない。アテネの町の奥には海が見える。

Ath0725
リカヴィトスの丘の上には、小さなゲオルギオス聖堂が建っている。だんだんと太陽の光が夕日の色に変わってきた。白い壁の教会が夕日に染まっていく。

Ath0726
ゲオルギオス聖堂は小さな教会。今回の旅で初めて教会に入り、平穏に旅ができることを神に感謝する。

Ath0727
ギリシャの国旗も夕日色に染まってきた。もうここまで来たら、太陽が沈むまでこの丘でアテネの町を眺めていようかな。

Ath0728
夕方になるとギリシャ国旗を降納するみたいで軍の男性が旗を降ろし始めた。

Ath0729
一人の男性が国旗に向けて敬礼しながら、徐々にギリシャ国旗が降納されていく。

Ath0730
空全体が夕日色に染まってきた。太陽が沈むまであと少し。急ぐ旅ではないし、このまましばらくアテネに沈む太陽をぼーっと眺めることにする。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月13日 (水)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 1日目(5)ストライキ中のアテネで、プラカ地区を散策する。

Ath0601
ギリシャの雰囲気を好きになったきっかけは2012年のキプロス旅行。そう考えると、キプロスって、ギリシャ文化と北キプロスのトルコ文化が同時に楽しめるという、すばらしいディスティネーションだったなぁ。

Ath0602
今日、11月12日のアテネは、地下鉄がストライキで動いていないためにどこにも行けない。歴史的文化財もストライキのために、史跡巡りもできないという、ある意味で現実のギリシャを感じる日。

Ath0603
私は街歩きが好き。観光名所と観光名所の間にある町並みの風景が好き。大きな木の木陰にあるオープンテラスのレストランの雰囲気の良さ。アテネの町の雰囲気って、けっこう好き。

Ath0604
路地に面したレストランもどことなく絵になる風景。

Ath0605
11月中旬なのに温暖で、レストランはオープンテラスが賑わっている。

Ath0606
アテネって、観光名所を巡るよりも街歩きのほうが楽しいかもしれないなぁ。

Ath0607
歩いていてもふと足を止めてしまうような風景に魅了される。

Ath0608
雰囲気の良いレストラン街を抜けて、おみやげ屋さんが並ぶアドリアノウ通りに出る。

Ath0609
おみやげ屋さんには、イーブルアイの模様が並んでいる。イーブルアイは、トルコでよく見かけた青色の目玉のナザール・ボンジュウそのもの。トルコとギリシャは、お隣の国なので似ているものも多い気がする。それに、JTB旅物語の団体パッケージツアー「トルコ大爆勝」で感じたとおり、ベルガマなどの地中海沿岸の都市は、ギリシャやローマ文化の影響を受けており、古代よりつながりがあるんだろうなぁ。

Ath0610
刺しゅうとかコットン製品を扱うお店を見るのも好き。

Ath0611
海綿のスポンジがたくさん売られている。キプロスでもよく見かけたような気がする。

Ath0612
お菓子は、ターキッシュエアラインズで搭乗後に出るロクム(ギリシャ語では「ルクミ」)やバクラワ(ギリシャ語では「バクラバ」)が並んでおり、やっぱり、トルコとのつながりが強いことがわかる。

Ath0613
あとはオリーブやマスティハなどの化粧品。

Ath0614
さらにアドリアノウ通りをおみやげ屋さんに足を止めながら、進んで行く。

Ath0615
通りからアクロポリスが見える。アクロポリスは、岩山の上に立つ難攻不落の城塞。でも、パルテノン神殿は見られない・・・。回り込めば、見える場所があるのかなぁ?

Ath0616
パルテノン神殿が見られる場所を探して、アクロポリスの周囲を歩く。

Ath0617
歩いていたら新アクロポリス博物館に到着。あれ?新アクロポリス博物館はもしかして開いてる?

Ath0618
新アクロポリス博物館自体が遺跡の上に建てられている。

Ath0619
エレクティオン神殿の女神像のオリジナルが展示されているけど、残念ながらストライキのおかげでエレクティオン神殿そのものを見学できていないのでイメージが湧かない。6体ある女神像は5体しかない。残りの1体は残念ながら大英博物館にあるらしい。1体だけ遠くロンドンにいるなんて、なんだかかわいそう。

Ath0620
新アクロポリス博物館から、アクロポリスが見える。

Ath0621
パルテノン神殿が見える。今までで一番はっきり見えるけど、やっぱり近くで見てみたいなぁ。

Ath0622
展示をみても部分的にしか見ることはできないけれど、パルテノン神殿にはペディメントに美しい彫刻がなされていた。一部は世界からのお宝を集めた大英博物館に展示されている。

Ath0623
かつては、立派な彫刻がなされたペディメントがあったんだろうなぁ。

Ath0624
博物館にはテラスにカフェがある。11月中旬になるのに屋外のカフェは賑わっている。

Ath0625
テラスからはアクロポリス、そしてパルテノン神殿がよく見える。このままパルテノン神殿を見ずにアテネを去ることになるのかなぁ。明日はサントリーニ島に行ってしまうので、明後日の土曜日、サントリーニ島からアテネに戻ってくるからまだチャンスはある。

Ath0626
ゼネスト中でも新アクアポリス博物館を見学できてよかったなぁ。国立考古学博物館にも行ってみたいけど、そもそも地下鉄が動いていないし、博物館そのものが開いているかわからないので、今日はこのまま街歩きを続ける。街路樹が美しい通り。

Ath0627
プラカ地区のメインストリートであるキダネシオン通りを歩いてみる。ギリシャの町並みって、やっぱり好き。

Ath0628
キダネシオン通りはカフェ・レストラン街。11月なのにオープンテラスの外の席が気持ちよさそう。

Ath0629
小さな広場にはオレンジがたわわに実っている。

Ath0630
町の中の樹木がある風景がいい。やっぱり、ギリシャの町並みって好き。ギリシャの魅力って、町並みにあるんじゃないかなぁ。

Ath0631
木陰のカフェでのんびりお茶するのも楽しいだろうなぁ。町全体が、カフェでくつろぐ人も多くて、まったり気分。

Ath0632
のんびりしたい時にはギリシャはいいかもしれないなぁ。どうしても日常生活だと「予定」とか「時間」に支配されている。せっかく来たんだから「観光しなくちゃいけない」と思うから、ストライキで閉鎖されているとがっかり気分になる。旅行というのは、普段の「予定」や「時間」から解放されて、まったり過ごしてもいいんじゃないかなぁ?アテネの美しい町並みを歩いてみて、やっと気持ちがのんびりしてくる。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月 9日 (土)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 1日目(4)パルテノン神殿へ。ギリシャの洗礼はまだ終わらない。

Ath0501
ギリシャのレストランって、なんていい雰囲気なんだろう。思い起こせば、2012年に訪れたキプロスでギリシャ文化を感じて、いつかはギリシャ本国を訪れたいと思っていたけど、想像以上にギリシャの街歩きは楽しい。

Ath0502
アクロポリスに向かって坂道を上っていく。

Ath0503
なんていう花なんだろう。私の街歩きは、気になったら立ち止まってしまうので、スムーズには進まない。

Ath0504
雰囲気が良さそうな脇道をみつけると、つい寄り道したくなってしまう。

Ath0505
寄り道は失敗することも多いんだけど、今回は正解。アテネの町を見下ろす展望台に出る。

Ath0506
シンタグマ広場の方向からはここまでデモの音が聞こえてくる。上空にはデモを取材するヘリコプターが飛んでいる。

Ath0507
アテネからの空港バスが、シンタグマ広場にたどり着く途中で運行を打ち切られ、どうしていいかわからなくなったときに、この丘が見えたので、なんとかシンタグマ広場にたどり着くことができた。リカヴィトスの丘の道しるべがなければ、もっと困っていたかもしれないなぁ。

Ath0508
元の道に戻り、再びアクアポリスを目指す。素朴な教会の建物がなかなかいい。

Ath0509
古代アゴラを見下ろしながら、まずはアクロポリスを目指す。最初にアテネを代表する風景であるパルテノン神殿を見なくちゃ!

Ath0510
パルテノン神殿の入口に到着。あれ?門が閉まっている。

Ath0511
職員は暇そうに仲間とのおしゃべりを楽しんでいるのに、なぜ門が閉まっているんだろう?昼休みの時間なのかなぁ?

Ath0512
えーっ!?なんていうこと?2015年11月12日木曜日は、アクロポリスはストライキのために閉鎖中・・・。まだギリシャの洗礼はまだ終わっていなかった・・・。せっかくアテネに来たのに、アテネを代表するパルテノン神殿が見られない。恐るべし、ギリシャのストライキ。

Ath0513
パルテノン神殿を見上げてみるけど、やっぱり丘を登らないとパルテノン神殿は見られない。

Ath0514
もう今日の観光はあきらめたほうがいいのかも。メトロが動かないので移動もできないし、この調子だと観光名所のどこへ行ってもストライキで閉まっている気がする。観光はあきらめて、のんびりとアテネの町の雰囲気を味わえばいいかなぁ。だって、すでに起きてしまったことはどうしようもない。ストライキを憎んでもなんら問題は解決しないし、むしろギリシャのストライキやデモを体験できたこともよい思い出になるに違いない。

Ath0515
パルテノン神殿をあとにして、坂を上るときに見つけたレストランでお昼ごはんを食べることにする。その前に、岩の上に人がいる場所はなんだろう?

Ath0516
岩山に上るとアテネの町が一望できる。ギリシャの教会って、独特でおもしろいなぁ。

Ath0517
「高い丘の上の都市」であるアクロポリスは外敵を防ぐための堅牢な城塞にしか見えない。

Ath0518
パルテノン神殿は、この角度からは見えそうにない。

Ath0519
アクロポリスの下には古代アゴラと呼ばれる地域が広がっている。

Ath0520
広大な敷地に建物が点在している。

Ath0521
そして、リカヴィトスの丘が見える。リカヴィトスの丘からアクアポリスを望めば、パルテノン神殿が見えるかなぁ。今日は観光をあきらめたつもりなんだけど、やっぱりアテネに来たからには自分の目でパルテノン神殿を見てみたい気持ちは抑えきれない。

Ath0522
しばらく岩山の上で腰かけて、アテネの風景をぼーっと眺める。

Ath0523
もはや、わかりきっていることだけど、古代アゴラの入口も閉鎖されている。

Ath0524
そもそも、空いている時間が8時から14時半までって、どういうことなんだろう?労働者の労働時間から開館時間が決められているのかなぁ?ギリシャでは利用者の利便性よりも先に労働者の権利が優先されているのかなぁ?

Ath0525
読むまでもないけど、本日はストライキのために閉鎖中。頭の中ではわかってはいるけど、アテネに来たのに観光ができないって、なんのためにギリシャに旅行に来たんだろう。

Ath0526
そんながっかり気分をのんびりしているネコを見て癒やされる。

Ath0527
とりあえずは、お昼ごはんにしようかな。

Ath0528
坂を上るときに見つけたパリオ・テトラディオ“Palio Tetradio”というレストランに入ってみる。

Ath0529
やっぱり、このレストランは雰囲気が最高にいい。折れかけた心が、雰囲気の良いレストランに入って少しだけ回復してくる。もともと私が好きなのは、観光名所ではなく、町の雰囲気を歩いて感じること。こうなったら、今日はアテネの町の雰囲気を満喫しよう。

Ath0530
キプロスに旅行した時に、毎日のように、たしか、フェタチーズが必ず入っていたグリークサラダを食べていたような気がする。ビールもギリシャのものを注文。

Ath0531
やっぱり、キプロスで知った、このグリークサラダが好き。トマトとピーマン、玉ねぎ、オリーブと塩気のあるフェタチーズだけなんだけど、美味しい。

Ath0532
ズッキーニのフリットがとろとろで美味しい。

Ath0533
メイン料理はナスと肉の煮込み料理。ナスが美味しい。ギリシャ料理、キプロスでも味わったけど、私は好きかも。だけどパルテノン神殿を見られなかった反動でギリシャ料理を楽しもうという気持ちが強くなり、どうみても発注しすぎ。しかも一品の量が多い。2人で食べてちょうどいいくらいの量。

Ath0534
さすがに全部は食べきれない。お腹いっぱいになって幸せな気分になる。そして、ネコを見ていると、今日はのんびりアテネの町を歩こうという気分になってきた。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月 5日 (火)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 1日目(3)シンタグマ広場でデモに遭遇。

Ath0401
パンホテル“PAN HOTEL”にスーツケースを置いて、アテネ空港ではメトロのストライキでどうなるかと思ったけど大きく時間をロスすることもなく、お昼前からいよいよアテネの町の散策を開始する。休暇5日間の弾丸旅行で、明日の朝には1泊2日のサントリーニ島旅行に向かうため、アテネを観光する時間も限られている。

Ath0402
まずはシンタグマ広場を通り、無名戦士の墓を目指すことにする。

Ath0403
シンタグマ広場は単なる広場ではなく、樹木が多く公園のようになっていて、中央にはスブラキの屋台が並んでいる。

Ath0404
フレンチフライ、ソーセージ、トマトに野菜が並んでいる。どうやら、スブラキと一緒にサンドイッチにしてくれるみたい。でも、かなりボリュームがありそうで、これを食べてしまったら、もう他になにも食べられなくなりそう。

Ath0405
でも美味しそうだなぁ。スブラキの美味しそうなにおいに負けそうになる。

Ath0406
なんとかスブラキの誘惑に負けずにシンタグマ広場を抜ける。目の前の建物は国会議事堂。

Ath0407
すでに道路は警察によって閉鎖されており、嵐の前の静けさといった雰囲気。すっかり歩行者天国になっている。空港バスを降りてから見た厳重な警備体制から考えると、時間はわからないけど、これからシンタグマ広場周辺でデモが行われるに違いない。

Ath0408
運良く、ちょうど衛兵の交代が始まったところみたい。

Ath0409
見物客は多くないので、ゆったりと衛兵の交代をながめる。

Ath0410
無名戦士の墓には横たわる兵士が刻まれている。ふと背後から、先ほどのまでの静けさを打ち消すような騒がしい音が聞こえてくる。

Ath0411
とうとうデモ行進がシンタグマ広場にやってきた。おそらく労働組合が組織したもので、同じ旗を持ち、静かに行進している。フランスで見かけるデモと雰囲気は変わらず、暴徒ではないみたい。

Ath0412
騒がしいデモに気を取られているうちに、衛兵の交代は無事に終了。

Ath0413
かなり大規模なデモのようで、どんどんと国会議事堂前の道路にデモ隊が集まってくる。

Ath0414
あっという間に、国会議事堂前の道路は人でいっぱい。厳重な警備体制から暴動を起こすような過激な人たちかと思ったけど、かなりの動員数だけどデモ自体は怖いものではなさそう。

Ath0415
シンタグマ広場の樹木には、大きなオレンジが実をつけている。これ以上、デモを観察していても仕方がないので、シンタグマ広場を離れてアテネ観光をすることにする。なにしろ、弾丸旅行なのであまりのんびりしてはいられない。それに、デモ隊の一部が暴徒化することも考えられなくはないので、この場を離れた方がいい。

Ath0416
まずは、天気も良いことだしプラカ地区を歩いてアクロポリスのパルテノン神殿を目指すことにする。シンタグマ広場から、賑やかそうなエルムー通りを歩いてみる。

Ath0417
エルムー通りは落ち着いたショッピング街。多くの人で賑わっている。

Ath0418
屋台で売られているものをついチェックしてしまう。パンを売る屋台があったり。

Ath0419
栗やとうもろこしを売る屋台があったりして、歩いていてなかなか楽しい。

Ath0420
地図を見ながら、プラカ地区を歩いてアクロポリスを目指す。大きな教会は残念ながら工事中。

Ath0421
アテネで一番の大聖堂とガイドブックに書かれているミトロポレオス教会は、残念ながら足場が組まれて工事中。

Ath0422
しかも、建物の中も工事中とは・・・。教会の椅子に座り、無事にギリシャに旅行に来られたことを神様にお礼したかったんだけど。

Ath0423
あまり寄り道せずに、まずはアクロポリスに向かうことにする。

Ath0424
おみやげ物屋さんが並ぶ通りは、どことなくのんびりとした雰囲気。

Ath0425
かわいい小物が並ぶお店を見つけると、つい足を止めてしまう。こういうことをしているから、女子が書いているブログと間違われるのかなぁ?

Ath0426
町中にあるタベルナもいい雰囲気。ギリシャの町の雰囲気って私は好きなのかも。私はギリシャに来たのは今回が初めてだけど、実は2012年にキプロスを訪れており、ギリシャの町の雰囲気はレフコシア(ニコシア)のライキ・ギトニア地区やラルナカで感じている。

Ath0427
「高い丘の上の都市」を意味するアクロポリスは、文字通り丘の上にあり、ゆるやかな坂道になってきた。

Ath0428
通り沿いのお店ではドレスが売られている。

Ath0429
正面に見える丘がアクロポリス。これからあの丘の上まで坂道をあがっていく。アテネを訪れたのは初めてだけど、「高い丘の上の都市」であるアクロポリスを訪れたのは実は今回が初めてではなかったりする。2011年に参加したJTB旅物語の団体パッケージツアー「トルコ大爆勝」で、トルコのベルガマで、できたばかりのロープウェイに乗ってベルガマのアクロポリスを見学している。ベルガマのアクロポリスも興味深かったけど、アテネのアクロポリスに建つパルテノン神殿はどんな雰囲気なんだろうなぁ。一歩、一歩、期待を膨らませながら坂道を上っていく。

Ath0430
しばらく坂を上っていくと、坂道の両側にレストランが並んでいる。なんていい雰囲気なんだろう。

Ath0431
絶対にお昼ごはんを食べるのは、雰囲気重視でこのレストランだな。やっぱり、ギリシャの町の雰囲気って、私は絶対に好き。

Ath0432
でも、ほんの少しお昼ごはんの時間には早いので、まずはアクロポリスに上ってパルテノン神殿を見てからここに戻ってこようかな。このネコちゃんと再び会うことを誓って、アクロポリスを目指す。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

2016年1月 1日 (金)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 1日目(2)空港からアテネ市街へ。そして、ギリシャの洗礼を受ける。

Bonne année !
Ath0301
ターキッシュエアラインズTK1845便はイスタンブールを発ち、アテネに向かう。わずか1時間半のフライトなのに、ボックスに入った機内食が配られる。

Ath0302
機内食はサラダとパンとフルーツだけの簡単なもの。やっぱり、サラダの底にあるトマト、キュウリ、チーズ、オリーブは定番。ドリンクはカートに気になる飲み物を見つけてしまう。

Ath0303
成田からの飛行機には積んでなかったような気がするけど、カートに載っていたのは、ちょっとだけ塩味のヨーグルトドリンクのアイラン!やっぱり、私はトルコがけっこう好きなのかもしれないなぁ。

Ath0304
窓際の座席からエーゲ海の島々を眺める。

Ath0305
あっという間に飛行機は高度を下げ、アテネの町が見えてきた。

Ath0306
アテネ・エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港に到着。アテネの空港には、さすがにエーゲ航空の航空機が並んでいる。

Ath0307
入国審査もスムーズで、スーツケースもすぐに受取り、到着ロビーに出る。

Ath0308
空港からアテネ市街に向かうには、メトロかエアポートバス。ホテルはシンタグマ広場のそばにあるので、バスでも地下鉄でもどちらでもいいけど、なにしろ弾丸旅行なのでアテネ観光に当てられる時間も限られているので、メトロのほうが早くアテネ市街に出られると思って、連絡通路を渡りメトロの駅へ向かう。

Ath0309
朝9時すぎのメトロの駅は閑散としている。

Ath0310
時計の時刻は9:10。9:30発のメトロに乗れば40分ほどでシンタグマ広場に到着できるはずなんだけど、どうも雰囲気がおかしい。案内版には列車の時刻が表示されているけど、ホームに向かう通路はシャッターが降りていて閉鎖されている。

Ath0311
おかしい。案内窓口も閉まっている。

Ath0312
案内表示を見ると“Strike”の文字が並んでいる。この日11/12木曜日はメトロ、郊外鉄道ともにゼネラルストライキで全滅。なんだか、いきなりギリシャの洗礼を受けた気がする。弾丸旅行なので早くギリシャ市内に向かいたいのに・・・。

Ath0313
バスは動いているみたいなので、バス乗り場への向かいバスのチケットを購入。シンタグマ広場行きのバス乗り場を教えてもらう。メトロがストライキで動いていないのでアテネ市街に向かうには公共交通機関はエアポートバスしかないので、当然ながらバス乗り場は混雑している。

Ath0314
X95番シンタグマ広場行きバス乗り場を発見。

Ath0315
だけど、バスが来たところで、これだけの人たちを乗せ切れるのかなぁ?しかもバスはなかなか来ないので、どんどん人が増えていく。それぞれの人はスーツケースなどの大きな荷物を持っている。もちろん、乗車するための列などはなくカオスな状況。バスに乗れなかったら時間がもったいないのでタクシー利用を本気で考える。

Ath0316
このような場面に遭遇したら、次に来たバスに無理にでも乗ってしまうしかない。次のバスを見送っても、その次のバスが空いているというわけではなく、けっきょくは強引に乗ってしまうしか方法はない。唯一の救いは連接バスだったので、1台のバスに乗れる人数が多かったこと。なんとか満員のバスに乗る。

Ath0317
空港からアテネ市街に向かうチケットは一律片道5ユーロ。満員で身動きが取れないので、乗客にリレーしてもらい、チケットを刻印機に入れて打刻してもらう。

Ath0318
バスは出発し、アテネ市街に向かう。アテネ市街に到着しても、メトロはストライキで全滅だろうなぁ。今日の移動はシンタグマ広場から徒歩が中心になるだろうなぁ。

Ath0319
バスは途中から一般道に入る。車窓に見える教会がギリシャぽいなぁなんて感じながら、まだ知らないアテネの町を歩くことへの期待感が膨らんでくる。しかし、ギリシャの洗礼はまだ終わらない。

Ath0320
シンタグマ広場ヘ向かう途中でX95番エアポートバスは運行を打ち切られ、どこだかわからない場所に全員降ろされる。路頭に迷うってこういうことなのかなぁ?まったく見ず知らずの場所でぽつんと降ろされる不安感を味わうことってあまりない。というのも、道路が警察によって閉鎖されており、これ以上シンタグマ広場方面に進めない。

Ath0321
現在地がわからない。方向がわからない。方角もわからない。現在地を知るヒントは車窓からヒルトンホテルを通過したのが見えたこと。バスの進行方向の右手にリカヴィトスの丘と思われる丘が見えたことから方角に見当をつける。それにバスに乗っていた旅行者の歩く方向を判断して、歩き始める。まぁ、少し歩いてみてダメだったらiPhoneのデータローミングをオンにすれば現在地はすぐにわかるんだけど。

Ath0322
バスが走るはずだった道路には警察官が立っている。

Ath0323
警察の護送車が停車している。警察官にシンタグマ広場の方向を聞くと、正しい方角に歩いてみたいでホッとする。

Ath0324
ストライキでメトロやバスが動かないことはフランスでもあることだけど、ギリシャってちょっとしたことが起きても動じないくらいの度胸がないと旅を楽しめないかもしれないなぁ。

Ath0325
護送車が道路を封鎖している。ストライキとデモはセットなので、アテネの町の中心であるシンタグマ広場で労働者によるデモが行われるのだろう。だけど、警察官の武装と、警戒の厳重さは、今までに体験したことがあるフランスのデモと違って、暴徒化する人たちが多いのかなぁ?

Ath0326
目の前に大きな広場が見えてきた。これがシンタグマ広場なのかなぁ?道路が閉鎖されているのでクルマが走っていない。

Ath0327
広場は平和な雰囲気で、露店でナッツが売られている。これからこの場所が暴徒と化した人たちのたまり場になるのかなぁ?

Ath0328
グランド・ブルターニュ・ホテルの名前をガイドブックで確認すると、ここがシンタグマ広場で間違いない。ここまで来てしまえば、あとは今日のホテルを探すのみ。もしも、アテネから発つ時に今日のようなストライキに当たってしまったら、どうするんだろう?メトロは動いていない。そして、道路が閉鎖されてしまい、シンタグマ広場にある空港行きバス乗り場にバスは来ない。きっと困るだろうなぁ。そう考えれば、帰りじゃなくて、行きで良かったかもしれない。それに、遭遇した時は不安だったけど、結果的にはなんとかなったわけだし、なかなかできない体験ができておもしろかった。人生、ポジティブシンキングに生きなくちゃ。

Ath0329
シンタグマ広場にはスブラキの屋台が並び、奥にはギリシャの国会議事堂がそびえ立っている。

Ath0330
よかった、無事にシンタグマ広場に近いホテルに到着できた。今回のホテルはシンタグマ広場から1分の場所にあるパンホテル“PAN HOTEL”。とにかく、明日にはまたアテネ・エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港に向かわなければならないので、空港への交通の便が良いシンタグマ広場に近いことで予算に見合ったホテルを選択。まだ部屋には入れないということで、スーツケースを預けて、いよいよアテネの街歩きがスタート。

PAN HOTEL
http://www.panhotel.gr
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ