2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« JAL成田・パリ線減便へ。代わりに羽田発深夜便JL41/42便の復活を! | トップページ | 初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 0日目 ターキッシュエアラインズ深夜便でイスタンブールへ。 »

2015年12月21日 (月)

初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 準備編

Jtr1
私の目的地は、自分の目で見てみたいと思った場所。いつかはギリシャのサントリーニ島の風景を自分の目で見たいと思っていて、少し前からギリシャ行きの旅程を考えていた。今年2015年7月、夏の旅行はギリシャにしようと思っていた矢先にギリシャの財政問題による混乱が6月に発生しており、直前になってギリシャ行きを断念し、フレンチアルプスのシャモニーとアヌシーに変更することになる。その際に、休暇5日間で行く弾丸ギリシャ旅行の基本的な旅程の下調べは終わっていたので、ビーチやプールでのんびりすることはできなくなってしまったけど、今年の秋の旅行は、夏に行けなかった「初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅」を実行することにする。
 
サントリーニ島弾丸旅行については先行研究があり、新しい旅行記だと2015年4月のターキッシュエアラインズを利用した3泊6日(5日間の休暇)の旅行記が4travelに掲載されている。ターキッシュエアラインズを利用するとイスタンブールからアテネまでは1時間と断然近いので、他のヨーロッパ系航空会社を使用するよりも短時間で到着できる。そして、ターキッシュエアラインズは、仕事帰りに利用できる成田空港または関西国際空港発の深夜便がある。
 
※参考
 
 
いつものように私の休みが決まるのが前月の月末。10/25に11月の勤務シフトが決まり、11/12~16の5日間の休暇が確保できることがわかる。2週間後に迫っている休暇に当てはまるようにターキッシュエアラインズのフライトを当てはめてみる。会社帰りに成田空港に直行すれば、休暇初日の朝9時にはアテネ空港に到着できるし、最終日もアテネに夜22時まで滞在できるので、5日間の短い休暇で、ほぼ丸4日を観光に当てることができる。やっぱりギリシャ弾丸旅行にはターキッシュエアラインズがベスト。
 
(行き)
11NOV TK53 NRTIST 22:25 04:20+1
12NOV TK1845 ISTATH 07:30 09:00
(帰り)
15NOV TK1844 ATHIST 22:05 23:40
16NOV TK52 ISTNRT 01:10 19:55
※TK=ターキッシュエアラインズ NRT=成田空港 IST=イスタンブール ATH=アテネ
 
次にアテネからサントリーニ島へ行くフライトを調べてみる。残念ながら閑散期である11月はフライトが少なく、ライアンエアーが2往復、エーゲ航空が2往復の1日4往復しか飛んでいない。夏のスケジュールだと便数が増えるので、スカイスキャナー でチェックした方がいい。
 
 
行きにそのままサントリーニ島に飛んでしまうにはフライトスケジュールが微妙で、ターキッシュエアラインズTK1845便で9:00にアテネに到着し、10:00発のエーゲ航空A3352便に乗り継ぐには、別切り航空券で荷物だけスルーにしてもらうようにお願いしたとしても、1時間の乗り継ぎ時間はちょっと厳しい。帰りもエーゲ航空A3360便で21:05にアテネに到着してから、22:05発のターキッシュエアラインズTK1844便までは1時間の乗り継ぎ時間しかないので、やはり厳しい。帰路にライアンエアーFR1236便を使用すれば19:15にアテネに到着できるけど、格安航空会社を利用してのタイトな乗り継ぎは危険すぎる。かといって、乗り継ぎのために半日アテネ空港で時間をつぶすのももったいないし・・・。
 
(行き)アテネ→サントリーニ島 冬スケジュール
FR1232 ATHJTR 07:00 07:50
FR1236 ATHJTR 18:25 19:15
A3352 ATHJTR 10:00 10:45
A3360 ATHJTR 19:00 19:45
※FR=ライアンエアー A3=エーゲ航空 ATH=アテネ JTR=サントリーニ島(ティラ)
 
(帰り)サントリーニ島→アテネ 冬スケジュール
FR1233 JTRATH 08:20 09:10
FR1237 JTRATH 19:45 20:35
A3353 JTRATH 11:20 12:05
A3361 JTRATH 20:20 21:05
※FR=ライアンエアー A3=エーゲ航空JTR=サントリーニ島(ティラ)ATH=アテネ
 
残念ながら、空港からアテネまでの往復時間がロスタイムになってしまうけど、先行研究と同様にアテネを拠点としての「小旅行」を組み合わせるしかない。ということで、格安航空会社のライアンエアーにもかなり惹かれたんだけど、タイトな旅程の場合、遅延や欠航をできるだけ避けるためにスターアライアンスメンバーのエーゲ航空でアテネからの「小旅行」を手配する。この「小旅行」方式は、私の得意技で、過去にはローマに荷物を置いてアマルフィに1泊2日の小旅行に出かけたり、今年2015年2月にもミラノに荷物を置いてマテーラに2泊3日の小旅行に出かけている。
 
13NOV A3352 ATHJTR 10:00 10:45
14NOV A3353 JTRATH 11:20 12:05
※A3=エーゲ航空 ATH=アテネ JTR=サントリーニ島(ティラ)
 
ということで今回の1泊2日のサントリーニ島への旅程が完成。結果的に、私独自のオリジナリティがうまく出せず、先行研究とほぼ同じ旅程になってしまったけど・・・。
 
11/11(水)22:00成田空港発ターキッシュエアラインズTK53便でアテネへ(機内泊)
11/12(木)9:00アテネに到着。到着後、アテネ観光。(アテネ泊)
11/13(金)エーゲ航空でサントリーニ島へ(サントリーニ島泊)
11/14(土)エーゲ航空でアテネへ。到着後アテネ観光(アテネ泊)
11/15(日)アテネからイスタンブール経由で帰国(機内泊) 
11/16(月)19:55成田空港到着。
 
ちなみに私はいつもぎりぎりの手配になってしまうため、今回は料金よりも旅程重視でエーゲ航空の国内線往復だけでも3万円近い出費。ターキッシュエアラインズ夜便も、ぎりぎりの手配だったために10万円を超えてしまった。だけど、あらかじめ旅程が組める人だったらターキッシュエアラインズは安く手配できると思うし、アテネからサントリーニ島へのフライトでエーゲ航空が高かったら、ライアンエアーを選ぶ方法もある。
 
 
○ターキッシュエアラインズ以外の方法を考える。
 
私は短い休暇の中で現地滞在時間をいかに多くするかという視点で航空券を探すので、どうしても深夜便使用を考えてしまうんだけど、航空券を探す過程でターキッシュエアラインズ以外のフライトも調べてみる。ギリシャは日本からのフライトを考えて見る場合、エールフランスでパリまで行ってしまうと引き返すことになるために逆にロスタイムになる。昼間のフライトだったらアエロフロート・ロシア航空を利用するとロスタイムが少ない。地理的にヨーロッパの東に位置するので中東系エアラインの使用が便利かもしれない。
 
(1)エティハド航空
 
料金が高くなってしまうので、サントリーニ島に安く行ける方法を探していたら、裏技的な航空券を発見する。エティハド航空がコードシェア便を持っており、サントリーニ島に安く行くのであればエティハド航空がベスト。アテネや他の島へも立ち寄りたい場合は、オープンジョーを上手く活用すればいい。冬スケジュールだと往路のアテネでの待ち時間が少々長くなってしまうので、アテネとサントリーニ島のオープンジョーで手配して、先にアテネ観光を済ませて、アテネからサントリーニ島への片道だけ別手配するのがいいかもしれない。
 
11NOV EY871 NRTAUH 21:20 05:10+1
12NOV EY91 AUHATH 09:00 12:45
12NOV EY3724 ATHJTR 19:00 19:45
 
15NOV EY3745 JTRATH 11:20 12:05
15NOV EY90 ATHAUH 13:35 20:25
15NOV EY878 AUHNRT 22:10 13:15+1
※EY=エティハド航空 NRT=成田空港 AUH=アブダビ ATH=アテネ JTR=サントリーニ島(ティラ)
 
(2)カタール航空
 
アテネまでのフライトだったら、エティハド航空以外では、中東系エアラインのカタール航空がアテネに行くには接続がよく、往路もお昼前に到着できるし、帰路の出発が遅いので現地滞在時間を長く取れる。
 
QR807 NRTDOH 22:20 04:45+1
QR209 DOHATH 07:15 11:20
 
QR212 ATHDOH 18:25 23:35
QR806 DOHNRT 01:15 16:55
※QR=カタール航空 NRT=成田空港 DOH=ドーハ ATH=アテネ
 
カタール航空は、羽田深夜便を利用できる。メリットとしては最終日の夜までアテネに滞在できるけど、往路のドーハでの接続時間が45分というのが少しでも遅延したら即アウトで危険ということと、復路は22:45に羽田空港に到着したところで都心に住んでいないと家に帰れないという欠点があるけど。
 
QR813 HNDDOH 00:15 06:30
QR209 DOHATH 07:15 11:20
 
QR208 ATHDOH 00:10 05:20
QR812 DOHHND 07:25 22:45
※QR=カタール航空 HND=羽田空港 DOH=ドーハ ATH=アテネ
 
(3)エミレーツ航空
 
中東エアライン御三家の残るエミレーツ航空はサントリーニ島までコードシェア便で安く行けるエティハド航空、現地滞在時間が長いカタール航空と比較すると、残念ながら特色がない。
 
EK319 NRTDXB 21:20 04:15+1
EK105 DXBATH 09:55 13:20
 
EK106 ATHDXB 15:25 22:05
EK318 DXBNRT 02:55 17:20
※EK=エミレーツ航空 NRT=成田空港 DXB=ドバイ ATH=アテネ
 
結果的には、サントリーニ島に格安で行くという意味ではエティハド航空をチェックする必要があるかもしれないけど、私のように手配がぎりぎりになってしまうことがないのであれば、やっぱりターキッシュエアラインズ深夜便が現地滞在時間を最大にできるのでベストである気がする。

« JAL成田・パリ線減便へ。代わりに羽田発深夜便JL41/42便の復活を! | トップページ | 初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 0日目 ターキッシュエアラインズ深夜便でイスタンブールへ。 »

ギリシャ」カテゴリの記事

トルコ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62910484

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 準備編:

« JAL成田・パリ線減便へ。代わりに羽田発深夜便JL41/42便の復活を! | トップページ | 初めてのギリシャ、アテネ・サントリーニ島ひとり旅 0日目 ターキッシュエアラインズ深夜便でイスタンブールへ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ