2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(6)アヌシーで夕ごはん。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(2)アヌシーからジュネーヴ空港へ。 »

2015年12月 9日 (水)

フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(1)アヌシーを発つ前にフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”のケーキ。

Xcf2101
2015年7月9日、木曜日。アヌシーのホテル、イビス・アヌシー・サントル・ヴィエーユ・ヴィルで迎える今回の旅行で最後の朝。バルコニーに出て、朝の空気を吸う。
 
Xcf2102
今日は朝から晴れている。ティウー運河“Canal du Thiou”をぼーっと眺める。7月の朝の空気は涼しくて心地よい。
 
Xcf2103
運河では水鳥が食事中。
 
Xcf2104
いつものように、テレビをつけてTF2の“Telematin(テレマタン)”のウイリアム・レイメルジ“William Leymergie”の顔を見る。これがフランス旅行の時の私の日常。
 
Xcf2105
今回の旅行では、私はシャモニー・モンブランでは3泊もしたのに、一度もホテルで朝食をとらなかった。変なところで私はケチなので、ホテル・アルピナ“Hotel Alpina”の朝食はリゾートホテル価格の17ユーロもするので、ブーランジェリーでパンを買ってすませていた。それに、ブーランジェリーで見つけた“Croix de savoie”というヴィエノワズリーがお気に入りになったし・・・。フランス滞在の最後くらいはホテルで朝食をとることにする。
 
Xcf2106
大型チェーン系ホテルのイビスの朝食は、ビュッフェ形式でコールドミールしかないけど、わりと充実している。イビスはチェーン系大型ホテルなので、個性はないかもしれないけど、大はずれはしないので価格が適当であればよく利用している。
 
Xcf2107
ゆで卵ができるイビスなんて、今回が初めてかも。エッグプラントやタイマーが準備されている。“Coque”と“Moullet”の単語の意味の違いはゆで時間でニュアンスがわかるような気がする。
 
Xcf2108
今回の旅行でカフェ・オ・レを初めて飲む。やっぱり、朝ごはんはホテルでのんびり食べるほうが私は好きかもなぁ。
 
Xcf2109
“Mollet”のゆで卵が美味しい。日常生活ではなかなかエッグプラントを使って、スプーンですくってゆで卵を食べることってない。そもそも、ゆで卵って私はほとんど食べないかも。ラーメン屋で食べる味玉くらいかなぁ?
 
Xcf2110
デザートは季節のフルーツのメロンとアプリコット。
 
Xcf2111
ジュネーヴ空港行きのバスは10:15の出発なので、朝のアヌシーを散歩することにする。アヌシーの町は小さいので2時間もあれば十分に回れてしまう。
 
Xcf2112
風景というのは光の加減で見え方が違う。快晴のアヌシーでは、昨日は気がつくことができなかった美しい風景が見つかるかもしれない。同じ風景でも異なる印象を感じるかもしれない。
 
Xcf2113
運河沿いにアヌシー湖を目指して歩いていく。水面に映る建物が美しい。
 
Xcf2114
朝のアヌシーは人通りも少なくてひっそりとした雰囲気。
 
Xcf2115
カモの親子は今日も元気。
 
Xcf2116
昨日から何度も見ている旧牢獄の風景だけど、水面に反射する光景がいい。
 
Xcf2117
白鳥の親子も昨日と同じ場所でくつろいでいる。
 
Xcf2118
団体パッケージツアーでは、まず訪れることのないアヌシー。日本人と会うこともない。知られていないだけで、フランスの地方には魅力的な町がたくさんある。
 
Xcf2119
透明度の高いアヌシー湖の美しさ。アヌシーを訪れて本当によかった。
 
Xcf2120
アヌシーの町を見守るアヌシー城も夕方だと逆光になってしまったけど、朝の順光だときれいに見える。
 
Xcf2121
ヨーロッパ公園のなかには日本庭園を模した場所もある。朝の日差しが優しく差している。
 
Xcf2122
朝のベンチに座り、美しいアヌシー湖をぼーっと眺める。リゾート気分も味わえるし、アヌシーで連泊してもよかったかもしれないなぁ。
 
Xcf2123
白鳥が優雅に湖を進んでいる。
 
Xcf2124
愛の橋“Pont des Amours”には誰もいない。
 
Xcf2125
愛の橋から運河を眺める。なんて美しい風景なんだろう。
 
Xcf2126
愛の橋からアヌシー湖を眺める。
 
Xcf2127
残念ながら、そろそろホテルに戻り、美しいアヌシーの町を去り、今回の旅行を終える時間。ホテルに向かって歩き始める。
 
Xcf2128
アヌシーを訪れて本当に良かった。フランスでまた私のお気に入りの町ができてしまった。
 
Xcf2129
鐘楼が片方しかないノートルダム・ド・リエス教会を通り、ホテルに帰る前にお買い物。
 
Xcf2130
エミレーツ航空のよいところは、預け入れ荷物が30キロまで無料であること。スーツケースに若干の余裕があるので、最後にモノプリで自分用のフランス土産を買い足す。7月でドバイ経由でなければ、発酵バターを買って帰りたいんだけどなぁ。
 
Xcf2131
買い物をすませて、サン・ピエール大聖堂に立ち寄り、席に座って教会の静寂を感じる。
 
Xcf2132
よかった。ホテルに隣接するパティスリーは朝から開いているみたい。
 
Xcf2133
事前に調べたわけではなく、たまたまホテルの前にあったフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”というパティスリー。
 
PHILIPPE RIGOLLOT
 
Xcf2134
並んでいるケーキがどれも美しくて、美味しそう。チョコレートやフランス菓子も置いてあり、このパティスリー、なかなかいいかも。
 
Xcf2135
なかなかいい感じのパティスリーなので、チョコレートなどのお土産をたくさん購入。そして、ケーキが美味しそうなので、アヌシーを去る前にケーキを1つだけ買って、ホテルで食べることにする。
 
Xcf2136
出発前のホテルでケーキを食べる。お店の人にどれがスペシャリテなの?と聞いて教えてもらった“Mr Smith”というケーキ。アヌシーを去る前に幸せな気分。

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(6)アヌシーで夕ごはん。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(2)アヌシーからジュネーヴ空港へ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62839460

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(1)アヌシーを発つ前にフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”のケーキ。 :

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(6)アヌシーで夕ごはん。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(2)アヌシーからジュネーヴ空港へ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ