2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(5)アヌシー湖の遊覧船。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(1)アヌシーを発つ前にフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”のケーキ。 »

2015年12月 6日 (日)

フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(6)アヌシーで夕ごはん。

Xcf2001
白鳥の親子は透明度の高い湖をのんびりと移動している。
 
Xcf2002
フランスの夕ごはんは遅いので、まだ食事を取っているひとはあまりいない。レストランが賑やかになるのは暗くなってから。
 
Xcf2003
水面に反射する旧牢獄も美しい。
 
Xcf2004
ホテルに向かって路地を歩いているとギャラリーの看板。
 
Xcf2005
アヌシーを描いた風景画が展示されている。
 
Xcf2006
イビス・アヌシー・サントル・ヴィエーユ・ヴィルの敷地内にはフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”というパティスリーがあるけど、残念ながら今日はお休み。帰国後に調べて見ると、もしかして有名なお店だったのかなぁ?
 
PHILIPPE RIGOLLOT
 
Xcf2007
フランスの夕ごはんは遅めなので、お店が開きはじめるのは19:30か20:00くらい。まだ時間が早いのでホテルの部屋に戻ることにする。
 
Xcf2008
たまたまテラスつきの部屋だったので、テラスでベンチに腰かけて運河をぼーっと眺める。
 
Xcf2009
アヌシーに到着したときは曇っていてどうなるかと思ったけど、結果的には天候回復を待つためのお昼寝作戦は成功だった。
 
Xcf2010
レストランの開店直後をねらって19:30にホテルを出る。今回の旅行では最後の夕食だけど、レストラン探しはせずにホテルのそばで済ませてしまうことにする。
 
Xcf2011
ホテル前の広場からサント・クレール通りに出る路地にあるレストラン“Les Chineur de la Cuisine”に入ってみることにする。イビスから歩いて徒歩1分以内にあるレストラン。2件先には、お昼ごはんを食べたビルポケもあるからそこでも良かったんだけど。
 
Les Chineur de la Cuisine
 
Xcf2012
今年2015年は選ばれなかったのかもしれないけど、2014年のゴーミョー“Gault&Millau”のシールを見つけてしまったから、ここでいいかなぁと思って。
 
Xcf2013
食前酒のパスティスは、舌がしびれるから料理の味がわからなくなる懸念はあるけど、パスティスを飲みながら料理を決める。この地方の名物料理もあるんだけど、どうも今回の旅行は前半にチーズ料理を食べ過ぎたため、普通のフレンチが食べたくて28ユーロのムニュを注文。
 
Xcf2014
スイカのスープがアミューズとして運ばれてくる。
 
Xcf2015
アボカドとトマトのムースの上にリエットが載っていて、なかなか美味しい。
Verrine de Tomates et Avocat au Pistou et sa Rillette de Poisson.
 
Xcf2016
メインは普通の肉料理が食べたくて頼んでみたけど、このレストラン美味しいかも。
Épaule d'agneau aux Tomates confites.
 
Xcf2017
パフェと言うからどんなのが来るかと思ったら、お皿で出てきた。美味しかったし、28ユーロだったらリーズナブルな価格なんじゃないかなぁ。
Parfait à la Framboise et Citron.
 
Xcf2018
7月のフランスは9時近くなってもまだ明るいので、食後の散歩に再びアヌシー湖まで歩いてみることにする。
 
Xcf2019
だいぶ日が傾いてきているけど、まだ日は暮れていない。
 
Xcf2020
運河沿いを歩いてアヌシー湖を目指す。
 
Xcf2021
旧牢獄が見えてきた。
 
Xcf2022
旧牢獄を通り過ぎれば、もうアヌシー湖。21時近いけど、まだ明るいし、人通りも多い。
 
Xcf2023
運河沿いのレストランに夕日があたり、いい感じ。
 
Xcf2024
アヌシー湖に到着。
 
Xcf2025
フランスって風景が楽しめる場所には必ずベンチがあるような気がする。ベンチに座って、アヌシー湖をしばらくぼーっと眺める。アヌシーを訪れて本当に良かったなぁ。
 
Xcf2026
アヌシーは町自体がかわいらしいし、のんびりできる町。
 
Xcf2027
大音量で音楽が流れ、大きな輪ができている場所をのぞいてみる。
 
Xcf2028
ダンスのパフォーマンスが行われている。
 
Xcf2029
太陽がようやく沈む。ようやく薄暗くなり始め、レストランの灯りが徐々に輝き始める。
 
Xcf2030
そろそろ鴨たちもおうちに帰る時間かなぁ?
 
Xcf2031
旧牢獄前にあるカフェの一角では、生演奏のパフォーマンス。
 
Xcf2032
もともと夜遊びはしないし、明日の午前中にはフランスを発つので荷物の整理をしなくちゃ。
 
Xcf2033
運河沿いの道でもパフォーマンスが行われている。アヌシーの夜って楽しいかもしれないなぁ。連泊しても楽しそう。
 
Xcf2034
運河沿いにイビスの赤い看板が見えてきた。
 
Xcf2035
地方都市にあるイビスにしては、間際に手配したせいもあるけど98.6ユーロと安くはない。だけど、運河沿いで景色はいいし、旧市街に行くのも近いし、ホテル選びは正解だったかも。あと気になるのは、ホテルの敷地内にあるフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”というパティスリー。明日は何時からやっているのかなぁ?アヌシーと発つ前にお店が開けばいいんだけど・・・。

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(5)アヌシー湖の遊覧船。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(1)アヌシーを発つ前にフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”のケーキ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62821160

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(6)アヌシーで夕ごはん。:

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(5)アヌシー湖の遊覧船。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 5日目(1)アヌシーを発つ前にフィリップ・リゴロ“PHILIPPE RIGOLLOT”のケーキ。 »

Link

無料ブログはココログ