2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(1)朝ごはんは “Croix de savoie”、シャモニー・モンブランからアヌシーへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(3)作戦成功!晴れたアヌシー散策。 »

2015年11月21日 (土)

フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(2)曇り空のアヌシーでお昼ごはん。

Xcf1601
アヌシー駅は近代的な駅。
 
Xcf1602
アヌシー駅を背にRue de la Gareをティウー運河“Canal du Thiou”に向かって歩き始める。
 
Xcf1603
5分も歩かないうちにティウー運河“Canal du Thiou”が見えてきた。今日のホテルは、ティウー運河沿いに立つイビス・アヌシー・サントル・ヴィエーユ・ヴィル。ビジネスホテルのイビスにしてはおしゃれな外観。
 
イビス アヌシー サントル ヴィエーユ ヴィル
ibis Annecy Centre Vieille Ville
 
Xcf1604
私の旅行はいつも直前の手配なのでリーズナブルなホテルが確保できないことがある。アヌシーもヴァカンスシーズンのためか、間際すぎたのか、安めのホテルが見つからず、アコーのサイトから98.6ユーロで手配。イビスにしては・・・と言ったら失礼なのかもしれないけど、都市部のイビスは部屋がものすごく狭い場合もあるけど、さすがに98.6ユーロもするだけあって、イビスにしては料金が高いためか、部屋もゆったりしている。
 
Xcf1605
バスタブはなく、最近のヨーロッパのホテルでは一般的なガラス張りのシャワー室。
 
Xcf1606
アコーのサイトから直接手配したためか、たまたまなのかはわからないけど、バルコニー付の部屋に案内される。
 
Xcf1607
バルコニーからはティウー運河“Canal du Thiou”が見える。
 
Xcf1608
水は透き通っていてきれいだし、緑が多くて、バルコニーでのんびりするのは気持ちがいいかも。
 
Xcf1609
荷物を整理して、アヌシーの街歩きを開始する。この風景だって、青空だったらもっと美しいはず。シャモニー・モンブランのホテルで見たテレ・マタンのメテオでは午後から回復してくるはずなんだけど・・・。ストラスブールやコルマールなど運河が町を通る町って好きかも。スイスのトゥーンもよかったし、ベルギーのブルージュも美しかったなぁ。
 
Xcf1610
ホテル・イビスからティウー運河沿いに歩いてみるけど、やはりアヌシーの旧市街はそんなに大きくないみたい。
 
Xcf1611
橋の欄干には花が飾られており、町をさらにかわいらしく彩っている。
 
Xcf1612
まずは街歩きのための地図をもらうために、観光案内所を目指す。
 
Xcf1613
アヌシーの観光案内所はアヌシー駅から離れた場所にあり、アヌシー湖の湖畔に立っている。
 
Xcf1614
観光案内所にしては巨大な建物。
 
Xcf1615
入ってみるとホールになっていて、空を見上げるとパラソルを使ったアート。
 
Xcf1616
巨大チェスで遊ぶ人たち。
 
Xcf1617
ゲームで遊ぶ子どもたち。
 
Xcf1618
その一角が目指す観光案内所。アヌシーの地図をもらう。観光案内所でもらう地図にはお勧め散策ルートが書かれている場合が多く、私はその散策ルートに従って街歩きをすることが多い。
 
Xcf1619
アヌシーはシャモニー・モンブランよりはフランスらしい風景。それでいて、フランスの他の町と異なる雰囲気も感じる。
 
Xcf1620
果物屋さんをみると、つい足を止めてしまう。
 
Xcf1621
以前にポーランドのクラクフで初めて見つけた“UFO”がフランスでも売られている。
 
Xcf1622
いろいろなパニエが飾られたお店。私が女子だったら、じっくり見てしまうかもしれない。
 
Xcf1623
アヌシーを代表する風景である運河に挟まれた旧牢獄が見える。美しい風景なんだけど、やっぱり太陽の光が足りない。写真ではアヌシーの町のかわいらしさが十分に伝わらない。
 
Xcf1624
雑貨屋さんをみつけるとつい足を止めてしまう。こういうことをしているから、女子が書いているブログと間違えられる。
 
Xcf1625
でも、雑貨を見るのって楽しくて、私は大好き。
 
Xcf1626
時計がある広場もかわいらしいんだけど、必要なのは太陽の光。明日の朝にはアヌシーの町を発たなければならないので、アヌシーの町を歩くことができるのは今日しかない。半日あれば見て回れそうな町の広さだし、7月のフランスは9時近くまで明るい。ここで大きな「賭け」をしてみることにする。天気予報では午後になれば晴れてくる可能性がある。お昼ごはんを食べてホテルで昼寝をして、午後に晴れることに賭けてみる。
 
Xcf1627
ということで地球の歩き方フランスに掲載されている「ル・ビルボケ」“Le Bilboquet”でお昼ごはんにしてしまう。「ル・ビルボケ」は、ホテルから徒歩1分のところにある。
 
Xcf1628
23ユーロの昼定食を注文し、食前酒のパスティスを飲みながら料理がくるのを待つ。ちなみに水はヌメアと同様に水道水。
 
Xcf1629
アミューズは一口のスープ。
 
Xcf1630
前菜はトマトのカルパッチョ。“Carpaccioi de Tomates Green Zébra,Taboulé Rafraichissanta à la Menthe”
 
Xcf1631
フェラという魚はよくわからないけど、白身魚でなかなか美味しい。“Filet de Féra de nos Lacs Alpins Cuit à la Plancha,Quelques Girolles et Pomme de Terre Ratte”
 
Xcf1632
デザートはしっかりとしたタルト。
 
Xcf1633
食後の余韻はエスプレッソで。普通のエスプレッソを頼んだのに、こんなにお菓子がつくのは珍しい。実はシャモニー・モンブランで名物料理にこだわった結果、チーズ料理ばかりだったので、率直に言えばチーズ料理に飽きてしまい、普通のフレンチがどうしても食べたかったので幸せな昼定食だった。パスティスとワインを飲んでほろ酔い気分でホテルに戻ってお昼寝タイム。ホテルでお昼寝をして天気の回復を待つという「賭け」はうまくいくのか。それとも、滞在時間を無駄にしてしまう残念な結果になってしまうのか!?

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(1)朝ごはんは “Croix de savoie”、シャモニー・モンブランからアヌシーへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(3)作戦成功!晴れたアヌシー散策。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62725180

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(2)曇り空のアヌシーでお昼ごはん。:

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(1)朝ごはんは “Croix de savoie”、シャモニー・モンブランからアヌシーへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 4日目(3)作戦成功!晴れたアヌシー散策。 »

Link

無料ブログはココログ