2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(2)ハイキング延長戦。さらにラック・ブランへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(3)ラック・ブランでお昼ごはん。 »

2015年11月 5日 (木)

プジョー208との生活:東京モーターショー2015でタルトフランベを。(NEWプジョー208を試乗する)

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208
2015110501
2015年11月5日木曜日。プジョー所沢。
 
プジョー所沢
 
2015110502
プジョー208アリュールは少し遅めの6ヶ月点検とオイル交換のためにドッグイン。
 
2015110503
点検の合間にNEWプジョー208に試乗させてもらうことにする。この日、プジョー所沢に置いてあるのは、マイナーチェンジ後のPeugeot208 Style 6AT。フォグランプの周囲のデザインが変わったのは目立つけど、そんなに外観は変わらないかなぁ。
 
2015110504
Style6ATには、アクティブシティブレーキが標準装備。
 
2015110505
室内から見ると、アクティブシティブレーキのユニットはけっこう大きい。
 
2015110506
私が乗っているプジョー208アリュール3ドアと比較すると、Styleはハンドルが革巻ではない。
 
2015110508
そして、エアコンがマニュアル。ホイールがアルミではなくスチールでタイヤサイズが185/65R15。価格は217万円。当時は円高ユーロ安だったせいもあるけれど、3年前のアリュール3ドア5MTの定価199万円はずいぶんとお得な価格だったなぁ。
2015110507
今回のマイナーチェンジで最も変わった点は、外観ではなく、NEWプジョー308と同様に、新型1.2L PureTech 3気筒ターボエンジンになったことと、オートマがシングルクラッチのETG5ではなく、「アイシン製」6速エフィシェント・オートマチック・トランスミッションに変更になった。
 
2015110509
ターボで力強さを感じるようになったことと、最大の進化は、ギアがどんどん上がる省エネ志向な感じだけど、オートマがスムーズになったことで、国産車のオートマに慣れている人にとっても違和感がないクルマになった。
 
2015110510
ライオンの爪痕をモチーフにしたテールランプもより主張するようになった。オートマに乗りなれた人にとっては、なかなかいいクルマに仕上がっているんじゃないかなぁ。残念ながら、5ドアマニュアル仕様のPeugeot208 Style 5MTは、ターボではなくNA。5ドアでいいから、1.2L PureTech 3気筒ターボエンジンを積んだマニュアル車がほしかったなぁ。そして通常のモデルは5ドア車のみのラインアップとなり、3ドア車はホットモデルのGTiのみになってしまったのも残念。
 
2015110511
点検が終わり、青梅街道と環八通りを通って、高井戸インターから首都高速に入る。代々木PAでちょっと休憩。
 
2015110512
首都高速に入る前にお昼ごはんを食べればよかったのに、目的地に着くまでにお昼ごはん。
 
2015110513
代々木PAの2階はカフェテリアがあり、代々木公園や新宿副都心を眺めながら食事がとれる。
 
2015110514
「梅とろろ昆布うどん」が気になって食べてみたけど、なかなか美味しい。首都高のパーキングエリアで食事をしたのは初めてだったけど、代々木PA、けっこういいかも。
 
2015110515
今日の目的地は東京ビックサイト。目的は東京モーターショー。
 
2015110516
まず目指すのはプジョーブース。
 
2015110517
2年前はしょぼくて、しかもドアにロックがかけられていて、クルマの中を見ることもできなかったけど、今年はやる気が見られる。
 
2015110518
展示車両も308、508、2008、NEW208とフルラインアップ。508はディーゼルエンジンで行くのかなぁ?プジョー2008こそ、1.2L PureTech 3気筒ターボエンジンと「アイシン製」6速エフィシェント・オートマチック・トランスミッションを積めば、もっと売れると思うけどなぁ。
 
2015110519
「オレンジ・パワー」のプジョー208、なかなかかっこいい。
 
2015110520
展示されているのはPeugeot208 Allure 6AT Cieloパッケージ。
 
2015110521
アリュールなので、私が乗っている3ドアマニュアルのアリュールと内装は変わらない。革巻きのハンドル。
 
2015110522
オートエアコン。
 
2015110523
タッチスクリーン。
 
2015110524
デザインは変わっているけど、機能的にはあまり変わっていない。“CarPlay”にも対応していないみたい。
 
2015110525
“PEUGEOT CONNECT APPS”の画面があるけど、今のところは日本国内では使えないみたい。
 
2015110526
東京モーターショーの前にNEWプジョー208を試乗してしまったのが悪いんだけど、どうもプジョーブースの印象が薄い。今年はルノーも印象が薄く、シトロエンが面白いかも。
 
2015110527
NEW DS 4 CROSSBACKも気になる。
 
2015110528
CITROËN C4 CACTUSは右ハンドル車が出品されている。
 
2015110529
右ハンドルで室内も見ることができる展示がされているけど、今すぐ発売されればかなり面白いクルマ。
 
2015110530
今年はマツダのブースが面白い。
 
2015110531
ロータリーエンジン、復活するのかなぁ。
 
2015110532
ロードスター、一度は乗ってみたい。
 
2015110533
日産自動車、オーナーズラウンジを設けているけど、日産車のオーナーってかなりの人数なんじゃないかなぁ。プジョーブースも幕張で東京モーターショーが開催されていた時代は、オーナー専用ラウンジがあったんだけど…。プジョーは日産ほどオーナーはいないんだから、ゆったり座れるスペースで優遇されてもいい。
 
2015110534
スズキのイグニスも面白い。
 
2015110535
アルトワークス、出るのかなぁ?
 
2015110536
2年ぶりのモーターショー、なかなか楽しかった。
 
2015110537
帰ろうと思って東口の出口に向かうと、出口の手前で気になる屋台を発見。「ベーコンと玉ねぎのアルザスパイ」だって!?それって、私の大好きなタルトフランベのことじゃない?
 
2015110538
予想外に東京モーターショーで「タルトフランベ」を食べられてフランス気分。ちゃんとアルザスの味がする。クルマじゃなければ、ヴァンショー“Vin Chaud”も飲んでみたかったなぁ。
 
2015110539
プジョー208アリュールで、数ヶ月ぶりに首都高を走るけど、たしかにターボエンジンのほうが力強いだろうけど、けっして速くはないけど、私にとっては十分にキビキビ走ってくれるので、NAのエンジンで十分。これからもプジョー208アリュール3ドア5MTが私の相棒。

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(2)ハイキング延長戦。さらにラック・ブランへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(3)ラック・ブランでお昼ごはん。 »

プジョー208との生活」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

東京でフランス気分」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62621517

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー208との生活:東京モーターショー2015でタルトフランベを。(NEWプジョー208を試乗する):

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(2)ハイキング延長戦。さらにラック・ブランへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(3)ラック・ブランでお昼ごはん。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ