2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(5)モンタンヴェールでお昼ごはん。そしてプレヴァンへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(1)天気の良い日はシャルラノンへハイキング。 »

2015年10月28日 (水)

フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(6)シャモニー・モンブランで夕食、おひとり様には食べられないラクレット。

Xcf1001
ブレヴァンのカフェで絶景を眺めながらビールを飲み、ロープウェイでシャモニー・モンブランの町へと戻る。
 
Xcf1002
やっぱり、プランプラからブレヴァンまでのロープウェイは途中に支柱がないみたい。
 
Xcf1003
ロープウェイの山麓駅であるプランプラに到着。
 
Xcf1004
ここにもレストランがある。せっかくマルチパス・モンブランでロープウェイは2日間乗り放題なんだから、モンブランを見ながらごはんを食べに来てもいいかもなぁ。
 
Xcf1005
スキー場にあるゴンドラリフトでシャモニー・モンブランへ下る。
 
Xcf1006
ゴンドラ駅までのこの坂道が帰りは楽だけど、行きは上り坂なのでけっこうつらい。スキーシーズンだったら、ここまで上がるリフトがあるみたいなんだけど、夏は動いていない。
 
Xcf1007
坂道を下るとサン・ミシェル教会。
 
Xcf1008
そういえば、教会の中に入っていない。いつものように教会の席に座り、教会の静寂を味わう。
 
Xcf1009
サン・ミシェル教会の前は観光案内所があったり、市庁舎が並んでいる。
 
Xcf1010
町の中心部のバルマ広場に面したおみやげ屋さんには民芸品が並んでいる。こういうお店って、実はけっこう好き。
 
Xcf1011
行列ができているアイスクリーム屋さんがある。美味しいのかなぁ?並んでいるお店を見ると気になってしまう。
 
Xcf1012
いろいろなフレーバーがあるみたい。もう、これは並んでみるしかない。
 
Xcf1013
定番過ぎるかもしれないけど、バニラのアイスクリーム、美味しい。夏のヨーロッパはアイスクリームが美味しい。
 
Xcf1014
ハイキングから帰ってきたシャモニー・モンブランの町はごった返すほどの人ではないけど、適度に賑わっていて町歩きも楽しい。
 
Xcf1015
まだ夕食には早い時間なので、いったんホテルに戻って、着替えることにする。
 
Xcf1016
バルコニーがない裏側の部屋だけど、窓を開ければクーラーがなくても風が心地よい。
 
Xcf1017
しばらくホテルの部屋で休んで、夕食の時間なので再びシャモニー・モンブランの町に出る。7月のフランスは、午後7時でも普通に明るい。
 
Xcf1018
今回の旅行は、レストラン選びにはあまりこだわらないことにしたので、旅行者向けのレストランに適当に入ることにする。ラクレットというチーズの表面を溶かして、じゃがいもの上にかけて食べる「ラクレット」という料理を食べてみたいと思い、ラクレットを食べられるレストランを探すことにする。アトモスフィアー“Atmosphére”の隣にある、いかにも郷土料理を出しそうなレストランのメニューをのぞいてみる。
 
Xcf1019
あれっ?「タルティフレット」は1人前でも大丈夫だけど、「フォンデュ」や「ラクレット」は2人前から?おひとり様には「ラクレット」は食べられないみたい・・・。
Xcf1020
2人前からというのはさっきのお店だけなのかなぁ?ラクレットは食べられないのかなぁ?パカール通りにあるレストランで「ラクレット」を探す。
Xcf1021
やっぱり、このレストランもラクレットは2人前から・・・。ラクレットは、「連れ」がいないと食べられない。うーん、ラクレットを食べるためには、「おひとり様」を卒業しなくてはダメということなのかなぁ。
 
Xcf1022
アルヴ川を渡り、カジノの横にある席数が多そうなレストランに行ってみる。
 
Xcf1023
“Le monchu”は、建物に“RACLETTE”の電飾もあることだし、このレストランだったら「おひとり様」でもきっと食べられるに違いない。
 
Xcf1024
うーん、「ラクレット」は、私に「早く結婚しなさい」と言っている。
 
Xcf1025
もう、おひとり様でも楽しめる「ラクレット」を探すのはあきらめて、レストラン探しも面倒になったのでこのレストランに入ってしまうことにする。
 
Xcf1026
テラス席の奥では、カップルがラクレットを楽しんでいる。食べたかったなぁ、ラクレット。早く結婚して、再びシャモニー・モンブランに来なくちゃ!それに、エギーユ・デュ・ミディの展望台から2人で眺めなくちゃ!どうも、神様は私にもう一度シャモニー・モンブランを「もう一度1人じゃなく2人で訪れなさい」と言っている。
 
Xcf1027
「おひとり様」でも楽しめるメニューの中から、前菜はコンテチーズを使ったオニオングラタンスープ。コンテは大好きなチーズで、冬だったら必ずスーパーで買って日本まで持ち帰る。チーズたっぷりで美味しい。
 
Xcf1028
そしてメイン料理は、私の悪い癖で「まだ知らない」料理を試したくなってしまう。運ばれてくるまで、どのような料理だかわからないサヴォア地方の名物料理だという“Croûte au Fromage servie avec Jambon Cru”。
 
Xcf1029
グラタン皿にパンと白ワイン、たっぷりのチーズがかけられたパンのグラタン。ワインとチーズ味だからチーズフォンデュのような味で美味しい。そしてワインが進む。
 
Xcf1030
デザートは頼まずに食後はエスプレッソで。
 
Xcf1031
散歩がてら、昨日も立ち寄ったアイスクリーム屋さんへ。
 
Xcf1032
デザートはカシスのソルベで口をさっぱりさせる。どうも、シャモニーに来てからアイスクリームがお気に入り。
 
Xcf1033
歩いていると、カフェの一角から生の歌声が聞こえる。
 
Xcf1034
夜9時でもまだ明るい。シャモニー・モンブランの町は山岳リゾート地だけあって、街歩きが心地よい。
 
Xcf1035
目の前でとろけるラクレットをジャガイモにかけて食べる料理の「ラクレット」を食べたかったなぁ。「ラクレット」を食べるためには、まずは一緒にシャモニー・モンブランに行ってくれる「連れ」を見つけなくちゃ。まさか、ラクレットのために「おひとり様」の寂しさを感じるとは思わなかったなぁ。
 
Xcf1036
今日はエギーユ・デュ・ミディの展望台に上るのを忘れたり、ラクレットを食べられなかったり、悔いの残る経験ばかり。でも、見残したり、食べ損ねたりしたものがあったほうが、またこの地を訪れた時の楽しみになっていいじゃない。きっと神様が「もう一度ここに来なさい」と言っている。その時はラクレットを楽しむためにも「おひとり様でなく来なさい」って。

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(5)モンタンヴェールでお昼ごはん。そしてプレヴァンへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(1)天気の良い日はシャルラノンへハイキング。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんなにお手軽に行けてこの絶景w(゚o゚)w

でも一気に標高が上がって、高山病の心配はないのでしょうか?
大丈夫でした?

ミモザさん

谷を挟んで反対側からみるモンブランは最高ですよ。マルチパス・モンブランは安くはないですが、ロープウェイ、ゴンドラ、リフトに乗り放題なのでハイキングをしなくても楽しめます。高山病は気にもしていませんでしたが、私は問題なかったですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62566723

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(6)シャモニー・モンブランで夕食、おひとり様には食べられないラクレット。:

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(5)モンタンヴェールでお昼ごはん。そしてプレヴァンへ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 3日目(1)天気の良い日はシャルラノンへハイキング。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ